Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
シカゴレジメンタルス 東京上野本店で銃やミリタリーに興味のあるアルバイト・スタッフを募集中です。 詳しくは東京店までお問い合わせください!

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.01.17 Thursday

グサでカチャカチャカチャ!とやってドン!っていうやつ

どーも、ケンです。

今回はこれです。
3.jpg
わかりますか?

フタを開くとこんなです。
4.jpg
ああ、バッグに縫い付けられたマニュアル(なんて親切な仕様!)でピンときますよね。

映画を観てると時々出てくるアレです。

プラトーンの夜間待ち伏せで慌ててカチャカチャやっていたアレ。
1.jpg

コマンドーでシュワルツネッガーが仕掛けていたアレ。
2.jpg

グサっと差して設置。カチャカチャカチャ!とやってドン!と爆発なやつ。
昔、中坊の頃に「あれな指向性地雷と言ってねー」と自慢げに話し始めた友人から聞いて、その正体を初めて知ったのでした。

つまりこれ。
5.jpg
クレイモアの指向性対人地雷…その訓練セットです。
ブルーの本体が訓練用の証。当然本品は安全品です。爆発も炎上も煙も出ません。

実際、これで訓練をしている写真も結構見かけます。
0.jpg

なお、マニュアルを開くとこんな感じ。
9.jpg
こういうマニュアルが綺麗だと、全体の保存状態の良さがわかりますね(使用感はあります)。

これがセット内容。フルセットですね。
6.jpg

本体。
7.jpg
ブルーの訓練仕様。

裏面にちゃんとPRACTICEと書いてある。
8.jpg

こちらがある意味本体以上に見覚えがある品。起爆スイッチ。
10.jpg
例のカチャカチャカチャですな(要3回)。

ですがカチャとやるのをセイフティ・バーが妨げています。
12.jpg
とてもシンプルかつ確実な安全装置です。

セイフティ・バーを外すには、溝にハマってロックされているので、このようにコの字のバーを矢印の方向に押してやり…
13.jpg

そして上に上げる。
14.jpg
これでスイッチを妨げるものがなくなったのがわかります。つまりカチャカチャできます。

起爆コードへの繋ぎ方はこう。
15.jpg
それぞれの接点のゴムカバーを外して繋ぐだけ。

コードの反対側がデトネーターですね。
16.jpg
これを本体に差し込むわけです。

このように…(やりたくなる)
17.jpg

これでOK!
18.jpg
違う!!

思わずネタをやりましたが、
実は昔イベントですね、こういう商品で友人と親しい店主さんで「これここ?」みたいに本当にやった話。
いや、当時は私を含め、店主も友人もみんな正しいやり方を知らず(今ほどネットも詳しくは無く、動画なんてほとんど無い時代)

あーだこーだやっていて…それはそれで楽しかったですね。

さて正しい方法は…

まず起爆部のフタ及びプラグを外します(使うのは左右どちらでも可能。設置する地形や状況で合う方を)。
20.jpg
取り外しはネジ式。

なぜ外すかと言うと、この状態でフタになっているから。
19.jpg
良く見ると中に穴が通ってない。

外すとこんな。
21.jpg
全くフタには見えないけど、片側はフタ(写真右)で、片側は穴が通っている起爆プラグとなっており(写真左)、これを外して入れ替えてフタと起爆プラグとに使いわけているわけです。

で、デトネーターのコードを溝からこのように入れて
22.jpg

こんな感じ。
23.jpg

そして起爆プラグをネジ込む。
24.jpg

これで準備完了。
25.jpg

こんな感じの繋ぎになるわけです。
31.jpg

なお、クレイモアの設置方法は・・・
この脚を展開します。
26.jpg
この足は開き、回転しと自在なので、かなり色々な地形に対応しますね。

基本は刺すわけですが、刺さなくても自立して飾れます。
27.jpg

これはコレクションとしてありがたい。

ついでに言うと、ここが照準。
28.jpg

ここから覗くわけです。
29.jpg
時代によってクレイモアは細かい部分で仕様が変わっており、ここがピープサイトの時代もありました。
今はただの台形。

基本的にここから覗いて水平出して、覗いて見えた視界50mの範囲は有効射程。何だかんだで100mくらいは十分ヤバく、200mでも結構危険です。
なお、ここにペンを置くのがツウです。
30.jpg
ペンを置いて後ろから覗くと目標方向を指しているかわかりやすい。
設置照準後、後ろからペンのお尻を見て、ちゃんと目標に向かって真っすぐだな(クレイモアは前後が短いので、長いペンを使うわけ)と確認。
※なお、もう少し標準的な感じのボールペンを使った方が雰囲気です。

あ、そうそう、忘れちゃいけない、余った(?)このパーツ。
32.jpg

実は通電チェッカーです。
33.jpg

こんな感じね。
34.jpg

で、カチャっとやると・・・
35.jpg

ランプが光ります。
36.jpg
これで起爆スイッチがちゃんと発電しているかわかります。
※本品もちゃんと光りましたが、光ったところを写すのは大変なので、光った画像は合成のイメージです。

これはなかなか楽しい。

なお、訓練では仕掛ける手順、そして爆発させなかった場合の回収訓練までをセットでやります。
設置しても、爆発させなかったら、そのままにしておくと危ないし勿体無いので、ちゃんと回収するのです。

以上、クレイモア訓練用セットでした。
この品はかなり面白いですよ。
50.jpg
あっという間に売れちゃうような気もしますので、ご検討はお早目に。

M68 訓練用クレイモア・セットはこちら

 

 

本日のツーポイント情報!!

*先日買取で東京店に入荷した電話機などの軍用機械類をHPにアップしました。 当店では通常取り扱わない一品物ばかりですので、この機会にぜひご検討ください!

アクセサリーHPはこちらより

 

・アメリカ海兵隊 1980年頃 壁掛電話機 (3万円、税別)

・米海兵隊 CQC-23496 船内電話中継機 (1.5万円、税別)

・英軍 野戦電話機 SP (1万円、税別)

・CEIA社製 小型金属探知機 (15万円、税別)

・アメリカ軍 TA-312/PT無線機セット (2万円、税別) など

 

* シカゴレジメンタルスでは引き続き東京上野本店アルバイト・スタッフを募集中です。 銃やミリタリーに興味のある方、土日勤務可能な方大歓迎です。 詳しくは下記のアルバイト募集ブログをご覧ください!

東京上野本店アルバイト募集ブログはこちら


2019.01.16 Wednesday

丁度鉄十字が見えるように畳みました。 ドイツ国防軍 海軍旗

うどんは好きでもカレーうどんは邪道と心のどこかで思っておりまして、これまであまり食べる機会は無かったのですが、最近思いつきで食べてから、なかなか悪くないと心変わりしてきました。 だしは関西派、こんばんはアルバイトSです。

 

DSCN0001.JPG

普段なかなか扱わない品が入ってきておりまして、今回ご紹介したいのが現在4Fのショーケースに並んでいるコレです。

どこか見慣れたカラーリングですね。 畳まれていますが厚さからしてそこそこサイズが大きそうです。 と言うわけで早速広げてみますと……

 

DSC03606.JPG

随分大きな旗です…!シカゴブログをご覧の方には何を今更、かもしれませんがナチスドイツ時代のドイツ国防海軍 クリーグスマリーネの海軍旗です。 HPにUPするに当たって広げた写真を撮らなければなりませんでしたが、その際に社長から「破らないよう気をつけてね!」と注意が……。 不肖アルバイトS、僕もそこまでドジじゃないですよと内心思っていましたが、ここまで大きいとどこかに引っかかっているのに気付かず引っ張ってビリッとやってしまいそうです……!確かに注意しなければ危険でした。 幸い今の所は破ってしまうような事故は起こっていません。

 

ついでに大きさを計ってみると、大体200cm×330cmくらいでした…

DSCN0002.JPG

と思いきやちゃんとサイズがスタンプで打たれています、正しくは200×335cmです…! このサイズは駆逐艦もしくは巡洋艦で使用されていたサイズだそうです。 横にはクリーグスマリーネのスタンプも打たれていますね。 象徴的なワシが、良く見るカッコいい意匠ではなくややシンプル、どこか不恰好ですがこれこそがオリジナルです。

 

DSCN0003.JPG

別のところにはメーカーのスタンプも。 ズデーテン地方にあったJohann Liebieg&Comp会社なのですが、当時チェコ最大の製織会社で、工場の周辺に労働者の為の施設が多数建てられ、街丸ごとこの会社関連施設と言った程だったそうです。

 

DSCN0006.JPG

大きさ故に目立ちませんが、多少年季が入っておりまして小さなシミや汚れが所々に見られます。

 

DSCN0004.JPG

小さな穴も複数箇所にポツポツ開いています。 ただこれも、広げて離れて見たら全く判りません。

 

DSCN0005.JPG

ランヤードも充分しっかりしているので、揚げることも出来そうです。 ただしお伝えしたように細かい穴が開いていますので、強い風を受けたりするとそこから破れてしまう可能性も捨て切れません。 なにより鍵十字がデッカく入っていますので、野外で広げるのは避けた方が良いと思われます……!

 

DSC03612.JPG

それにしても大きい旗です。 海の彼方から判別するためにはコレくらい大きくなければいけないんでしょうね……!

この旗も、かつては大西洋か北海ではためいていたのでしょうか…?

 

>>ドイツ国防軍 海軍旗はこちら

 

本日のツーポイント情報!!

* 大戦中オリジナルのドイツ軍の制帽が3点東京店に入荷し、HPにアップしました。 ぜひHPをご覧ください。

独陸軍戦闘工兵 士官用制帽(9万円、税別) はこちら

独陸軍戦闘工兵 下士官/兵用制帽(9万円、税別) はこちら

独陸軍騎兵 士官制帽(9万円、税別) はこちら

 

* シカゴレジメンタルスでは引き続き東京上野本店アルバイト・スタッフを募集中です。 銃やミリタリーに興味のある方、土日勤務可能な方大歓迎です。 詳しくは下記のアルバイト募集ブログをご覧ください!

東京上野本店アルバイト募集ブログはこちら


2019.01.15 Tuesday

旧軍リプロさく杖祭!

みなさんどうもこんばんは、アルバイト レナートで〜す。 何となく店頭の旧軍コーナーを覗いたらさく杖が増えてる!!

ということで今回はこちらのリプロさく杖をご紹介〜

 

P1270200.JPG

左から三十年式、三八式(歩)、九九式(長)、九九式(短)、二式/試製一〇〇式小銃共用、三八式(騎)、末期短寸型が揃っております! ズラッと並ぶと棒グラフみたいですね(笑)

 

P1270203.JPG

三八式歩兵銃用以外はリプロを表す「R」の刻印が小さく入っています。

 

P1270199.JPG

先端部を比べて見ました、三十年式は先端が真鍮で目立ちますね〜。 今までまじまじと見たことが無かったので三八系と九九系で形状が違うとは...お恥ずかしい限りです。

 

P1270201.JPG

ネジ切り部はこんな感じ、どれもネジ山に錆は無く綺麗ですね。 しかし末期型のネジが無く洗い矢が付けられない仕様が哀愁漂ってます...。

このリプロさく杖は結構しっかりと作られているようで、それ故か若干装着がタイトな場合があるそうです!

 

P1270205.JPG

在庫品の旧軍小銃は現在絶賛お客様連絡中だった為、急遽在庫品の平和式 教練銃と三八式 教練用模擬銃にお越し頂きました〜。

しかし教練銃と言ってもその仕様は色々、教練用銃剣や代用さく杖があるぐらいですから軍用小銃とは若干規格が違ったりします。 果たしてリプロさく杖は無事フィットするのか...!?

在庫品の教練銃はこちら

 

P1270207.JPG

平和式教練銃は1/3ぐらいのところで抵抗を感じたので諦め...ダメか〜。

一方、三八式歩兵銃 教練用 模擬銃はすんなりと入りました! 上記画像の様にちゃんと定位置でロックが掛かります。 やはり銃口下にさく杖があると安心感と言いますか、しっくり来るシルエット!

今回のリプロさく杖、どれも程度が良く出来も良い模様です! 気になっている方はこの機会に是非どうぞ!

 

旧軍 リプロさく杖はこちら 

 

本日のツーポイント情報!!

* 東京店在庫品で、 アルバニア ASh78-1 自動小銃 の新たな個体を HPとD/P(詳細画像) にアップいたしました。ぜひHPをご覧ください。 

アルバニア ASh78-1 自動小銃 ( 9万円、税別 ) こちら

 

*シカゴレジメンタルスでは引き続き東京上野本店アルバイト・スタッフを募集中です。 銃やミリタリーに興味のある方、土日勤務可能な方大歓迎です。 詳しくは下記のアルバイト募集ブログをご覧ください!

東京上野本店アルバイト募集ブログはこちら


2019.01.14 Monday

映画「ヒトラーに屈しなかった国王」視聴!

皆様こんばんはお元気ですか?ナベです。 先日キヨズミさんから「ラオスがT-34戦車をロシアに返却したんだって〜」と言う話を聞き動画を探した所、貨車にズラッと並んだT-34戦車が。 靄がかかった駅に輸送中の大戦型戦車の長い列・・・とても21世紀の光景とは思えませんでした・・・。

 

800px-Haakon_VII_FSA.jpg

正月恒例、田舎に帰りビデオ屋さん(もう完全に死語)でDVD何本かレンタル、そのうちの1本「ヒトラーに屈しなかった国王」でございます(去年、映画館で見たかったのですが都合が合わず見れなかった作品)。 写真は映画の主人公ノルウェー国王ホーコン7世

 

Norwegen-Oslo-Deutsche-Panzer-im-Hafen.jpg

舞台は1940年のノルウェーでドイツ軍の侵攻(ドイツ側作戦名「ヴェーザー演習作戦」)が題材です。 写真はノルウェー首都オスロに上陸したドイツ軍の「ノイバウファールツォイク(新型戦闘車輌)多砲塔重戦車」、強そうな外見の割にはパッしない戦車でノルウェーで作戦中1輌が失われています。

 

28_cm_gun_at_Oscarsborg_Fortress.jpg

映画冒頭ではエリクソン中佐(だったと思う)指揮するノルウェー軍オスカシボルグ要塞の沿岸砲台や陸上設置式魚雷発射管が大活躍、オスロに侵入しようとするドイツ艦隊をボコボコにしてしまいます(この際の描写はリアル)。写真は要塞に設置されたクルップ社製(皮肉)28cm沿岸砲。

 

1280px-BildeB3.jpg

写真は弱小なノルウェー軍からは大した抵抗は無いじゃろう〜と油断して侵入、集中砲火を浴びて横転沈没したドイツ海軍新鋭重巡洋艦ブリュッヒャー(先々代のコルベットのブリュッヒャーはボイラーが爆発して除籍、先代の装甲巡洋艦ブリュッヒャーはWW1時に速度が遅いため英国海軍に捕捉され袋叩きにあい沈没・・・この名前縁起が悪いのでは?)この船には国王一家を拘束する予定のゲシュタポが乗船していたそうですが沈没に巻き込まれ全滅したそうです。 そのせいで国王たちは上手く脱出できた、という話も・・・。

 

19e2de9b591a581840fd3a80d22b66af.jpg

映画は基本地味なお話で、孫好きなお爺ちゃん国王の逃避行が本筋です(左はホーコン7世、右はお父さんに意見しまくる息子のオラーヴ5世)。 船は冒頭のブリュッヒャーくらいで戦車等の装甲車輌は登場せず、飛行機はノルウェー上空を乱舞するハインケルHe111爆撃機のみ個人的には援軍に来たフランスの外人部隊や英軍の姿も見たかった。

 

fSP1pQOshTk_maxresdefault.jpg

地上戦では寒そうな雪景色の中、兵力6万しかいないノルウェー軍もクラグ・ヨルゲンセン小銃で果敢に抵抗、劇中でもその姿を多く見ることが出来ます。 服装バラバラ、ヘルメットもあったりなかったりと慌てて動員した感がひしひしと感じられます。

 

ドイツ軍との交戦の場面では夜間で確認し辛いかったのですが水冷式重機関銃が射撃しているシーンもありました。 最初マキシム系の機関銃かな?と思っのですがどうやらブローニングM1917重機関銃をノルウェーが国産化したM/29重機関銃だったようです。

 

パッと見よく似ていたマキシムMG08重機関銃はこちら

 

TKC-press4.jpg

ドイツ軍は定番のKar.98k 小銃、MP40I短機関銃(時期的にMP38短機関銃?)などが登場、ドイツ側も高圧的な典型的ドイツ軍人も出て来きますが、総統から無理難題を命令され国王から拒否られ奥さんと喧嘩してヨロヨロになる駐ノルウェードイツ公使(この人が一番気の毒?)などが出て来るなどステレオタイプでないの点が良かったです。

 

MP40I短機関銃やMP38短機関銃を含むドイツ軍短機関銃はこちら

 

453490d84537c9bd4da852bd7b20e4c5.jpg

そして国防軍の歩兵に混じりチラチラ出て来る降下猟兵がこれまたニクイ、特徴的な降下兵用のヘルメットや初期の単色降下スモックを劇中堪能することが出来ます。 実際、ドイツ軍空挺部隊は銃火を交える実戦をこのノルウェーで初めて経験し、また一個中隊がノルウェー軍に撃破されたりもしたそうです。

 

史実では収奪する資源も無い中立国ノルウェーに攻め込んだ結果、ドイツのただでさえ数少ない海軍艦艇の多くを失ってしまいました(重巡洋艦1隻、軽巡洋艦2隻、駆逐艦10隻沈没)。 また連合軍がノルウェーに上陸すると思い込んだヒトラーは多数の要塞を設置した上に40万もの貴重な兵員を戦略的に無意味なノルウェーに貼り付けるはめになってしまいました・・・何のために占領したのか。 (スウェーデンからの輸入路を守る、とか海軍の基地を設置してイギリスに圧力を加えるなどの理由もあったらしいのですが)。

 

そのノルウェー駐留ドイツ軍の置き土産のKar.98K小銃はこちら

 

yjimageE3VIQKV1.jpg

派手なアクションシーンがある映画ではありませんが、ドイツに屈服し進駐(実質占領)を認めてノルウェー国民を守るか、専横なドイツに抵抗しあくまで国家(と王家)の威信を守るか、どちらかを選ぶのに苦悩する国王の姿が印象深い作品でございました。

 

 

本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品のGew.71/84 歩兵銃 のHP解説と画像を本日追加いたしました。 ぜひHPをご覧ください。

Gew.71/84 歩兵銃( 40万円、税別 )はこちら

 

 


2019.01.13 Sunday

お手製感あるマガジン・パウチ

みなさんこんばんは〜、アルバイト レナートです。 本日はちょっと珍しい?マガジン・パウチをご紹介!

 

P1270157.JPG

こちら、ブルガリア軍 AKマガジン・パウチです! 生地やフラップの留め革の色味が若干異なる2種類があり、本記事では便宜上「濃茶タイプ」と「薄茶タイプ」と呼ばせてもらいます(お茶みたいなネーミングだな...)

 

P1270160.JPG

濃茶タイプの留め革は厚めでギボシには黒い革が付いていますが、薄茶タイプは薄めの留め革、ギボシは白い革になっています。 どれも留め革が綺麗なので、ほぼ未使用のコンディションと思われます!

 

P1270164.JPG

面白いのが縫い目の違い! 濃茶タイプは綺麗に「×」が縫われている物がほとんどですが、薄茶タイプは...なんだかフリーダムな縫い目ですね(笑) 厚みがある部分を頑張って縫ったのか、縫い子さんの必死さが伝わります。 本当は綺麗に「×」に縫いたかったはず!? とは言えしっかり留まっているので強度に差支えは無いと思いますが、一体どんな状況で作られたんでしょうね??

共産圏時代のブルガリアですから、「生産ノルマに追われながら作った個体」だったりして...。 

 

P1270168.JPG

ソ連製やポーランド製のパウチが3本入りなのに対し、こんな感じでAK 30連マガジンを4本収めることが可能です! (勿論鉄製も収納可能!)

ただ中が結構タイトなようで収納、取り出し時はちょっと抵抗がある感じ。

側面はオイラーのポケットになっています。 隣に置かれているRPDのオイラーはこちら

しかしこのオイラー・ポケット、若干配置が悪いような...?

 

P1270165.JPG

というのもオイラーを入れた状態だと隣り合っているマガジンの気室と当たっている為か、マガジンの収納取り出し時に引っかかりやすい!

そもそもこのパウチは初期型らしいので、この頃はあまり洗練されていなかったのかも知れません。 ブルガリアはソ連型の3本入りパウチも使っていますし、後にAK74のパウチではオイラーのポケットが上方になっています。 やはり「取り出しづらい、入れづらい!」という苦情があったかもしれません(一生懸命作った女工さんがかわいそう...)

実際マガジンを4本入れてからオイラーを入れ、メイン気室のフラップを閉じると結構パンパンになりますね!

ちなみにオイラーを入れなければマガジン収納、取り出しも(ちょっとタイトめですが)意外とイケる感じです。

 

P1270170.JPG

調べてみると予備のマガジンを3本、銃から取り外したマガジンを1本収納するように設計されているそうです。 折角なので新入荷のブルガリアAKとパシャリ! ブルガリアAKと言えば鉄製マガジンのイメージがあったので、AK47初期型マガジンとボスニア軍用を入れてみました、良い感じですね!

キヨミズ先輩のブルガリアAKの記事はこちら

機能的にちょっと洗練されていないですが、如何にも「冷戦期に急いで作った」感じが面白いです! 生地や状態もしっかりしており、他にはないデザインがGOOD! オススメの一品です!

濃茶タイプの個体は少なくなっておりますので、お求めの方はお早めにどうぞ!

 

ブルガリア軍 AK マガジン・パウチはこちら

ブルガリア AK-47はこちら

AKのマガジンはこちら

 

本日のワンポイント情報!!

下取りで MG42 汎用機関銃 (アウトレット品) が東京店に入荷しました。 HPとDetailed Photos(詳細画像)はアップしております。 ぜひHPをご覧ください。

MG42 汎用機関銃 (アウトレット品)(16万円、税別)はこちら


▲top