Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.07.22 Monday

大阪店ラスト1挺(今のところ)セトメ モデロC 自動小銃

皆様こんばんは最近、教育放送の「フランケンシュタインの誘惑」を楽しみにしているナベです(核兵器、ナパーム、毒ガス、ロボトミー手術、東独のドーピング、放射能etcなどの話で夜見てると若干気が滅入ってきますが・・・)。

 

DSCN5210.jpg

本日はこちら遂に大阪店では最後の1挺(現時点で)になってしまった「セトメ モデロC 自動小銃 」でございます。 セトメ モデロC は1960年代から生産されスペイン全軍に採用されました、ドイツのGew.3自動小銃の兄貴分としても有名ですね。

 

1280px-Celebración_de_la_Patrona_de_la_Guardia_Civil_04-660x440.jpg

また軍以外にも国防省に所属し内務省管轄のスペイン国家憲兵隊(グアルディア・シビル)もセトメ モデロCを装備していました。 グアルディア・シビル、現在ではG36やMP5を使っているようですが後方部隊や訓練部隊ではまだセトメ モデロCを使っていたりするのでしょうか(さすがにモデロL?)

 

セトメ モデロLはこちら

 

DSCN5211.jpg

セトメ モデロC、大戦中のドイツStG45突撃銃の流れを汲むだけあって大変スマートで近代的な銃ですが木製のハンド・ガードやストックのためか?妙な地中海的温かみ?を感じてしまいます。

 

DSCN5214.jpg

折角ですので先日東京店から届きました弟分のGew.3 FS 自動小銃と並べてみました。 形状や基本のシステムは同じですが・・・色合い異なることもあって似て非なる感じがします・・・ラテンとゲルマンとでも言いましょうか・・・まあ各々味があって良いですね!

 

Gew.3 FS 自動小銃はこちら

 

DSCN5212.jpg

大変良い風合いを醸し出しているマガジン・ハウジングの左側面にはCETME(Centro de Estudios Técnicos de Materiales Especiales)とモデル名、口径、シリアル、サンタ・バーバラ造兵廠の刻印が確認出来ます。

 

DSCN5215.jpg

・・・どうでもいい話ですがシミュラクラ現象かセトメのストックを見てると顔ぽく見えて仕方ありません・・・それでは!

 

大阪店最後(今のところ)のセトメ モデロC 自動小銃はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、【無可動銃】BAR M1918A2 ブローニング オートマチック ライフル が東京店に入荷しました。 HPとDetailed Photos(詳細画像)は本日アップしております。 ご予約頂いているお客様にご案内中ですが、キャンセル待ちも承りますので、お気軽にお問合せください。

 

【無可動銃】BAR M1918A2 ブローニング オートマチック ライフル(お客様連絡中、40万円、税別)はこちら


2019.07.21 Sunday

レミントンM870ウィングマスターショットガンとオシャレなアクセサリー

皆様こんばんは、蝉が鳴き始めたので梅雨明けか〜と思ったのですが・・・まだまだ結構降りますね、ナベです。

 

本日はこちら「レミントン M870 ウィングマスター ショットガン」とイメージをガラッと換えて楽しむことが出来るオシャレアクセサリーのご紹介です。

 

その御洒落アクセサリーがこちら「HOGUE社製 レミントン M870系ショットガン 固定ストック(左)」と「ArmsTech社製 レミントン M870ショットガン用 伸縮式ストック(右)」です、早速慎重に慎重にM870 ウィングマスターに取り付けてみたいと思います。

 

DSCN5122.jpg
まずは「HOGUE社製 レミントン M870系ショットガン 固定ストック」、M870から慎重〜に折り畳みストックを外し固定ストックの軟質パットプレートの上下にあるネジも外します。

 

DSCN5119.jpg

そしてT型レンチを差し込みで回して固定します。 割と簡単に取り替えることが出来ました。

 

DSCN5117.jpg

ジャ~ン!全景です。 折り畳みストックだとメカニカルな感じですが固定ストックに交換すると、一気にスタンダードなショットガンに様変わりしますね。 個人的に好みです〜。

 

DSCN5133.jpg

お次はこちら「ArmsTech社製 レミントン M870ショットガン用 伸縮式ストック」を取り付けてみます。 ・・・どうやって付けるん?と暫し思案し3箇所のイモネジを六角レンチで外して分離。

 

DSCN5127.jpg

先にグリップ部分をネジ止めして〜先程と逆にイモネジを嵌め込み伸縮式を固定します。

 

DSCN5131.jpg

こちらが取り付けたそのお姿、メカニカル、スタンダードときて今度は急にタクティカルな感じになりますね〜(※ナベ個人の感想です。)。

 

三者三様、同じ銃とは思えない変貌ぶりです(ナベ的に)。 割と簡単に取替えできるし!コレハ楽シイ!

 

おっと忘れてました。Remingtonとババ~ンとスタイリッシュにロゴの入ったショットガン用ケース(残念ながら今回のM870は入りませんが、10,000円はお値打ち価格と思います)も入荷しましたので雰囲気作りの一環として、こちらも如何でしょうか?それでは〜。

 

レミントン M870 ウィングマスター ショットガンはこちら

 

HOGUE社製 レミントン M870系ショットガン 固定ストックはこちら

 

ArmsTech社製 レミントン M870ショットガン用 伸縮式ストックはこちら

 

レミントン 樹脂製 ショットガン・ケースはこちら

 

本日のワンポイント情報!!

【無可動銃】セトメ モデロC 自動小銃 と【無可動銃】ポーランド PPS43 短機関銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像)にアップいたしました。 ぜひHPをご覧ください。

・〈大阪品〉【無可動銃】セトメ モデロC 自動小銃 (8万円、税別) こちら

・〈東京品〉【無可動銃】 ポーランド PPS43 短機関銃 (4.6万円、税別) こちら


2019.07.20 Saturday

ガゼットしおりのその後

早く梅雨明けませんかねぇ…でも暑いのは嫌だ〜〜こんばんはスタッフSです。

 

まずはお知らせです。

昨日告知させて頂きました正社員募集ですが、昨日1日で弊社で想定していた募集人数を超えたため、募集を締め切らせて頂きました。

沢山のご応募を頂きまして誠にありがとうございました。

なお、既にご応募頂いてる方には個別に対応させて頂きますので今しばらくお待ちくださいませ。

 

当スタッフS、ひょんな偶然から出戻り 早5年?ほどシカゴで働いておりますが

シカゴにいると「なんだこれ初めて見た〜!」という銃や銃付属品に遭遇することも多々。

銃のことを知れば知るほど「私はまだ何も知らない…」(無知の知)みたいな状況の連続で勉強の日々。

ブラッッックからの出戻りなのでやりがいとかそういうワードは嫌いなほうなんですけど…

文字通りとっても>>>やりがい<<<があります。

そして、同時に知の知を活かす印刷物の業務を一手に任せて頂いており大変幸運です。

箔押しの印刷物やってみたいな〜〜って漠然と考えていたらタイミングよく「こういうのが作りたい」という話が出てきて作成した豪華なシカゴの案内物に箔押しを施せたり。

会社の金で箔押しができたぞ!!!(こらっ!言い方!)

 

更に、ガゼットしおりではついに「型抜きやってみたい」願望も達成いたしました。シカゴ会長主導のもとスタッフであーでもないこーでもないとアイデアを出した際に型抜き案が出たときは「しめしめ…」と思っていました。

 

で、「そういえばガゼットしおり、10枚全部は公開してなかったような?」ということで、
ガゼットしおりの告知ブログを書いた当時はまだ10種類全部が完成していなかったのもあり、この機会に全種類を大公開しちゃいます!
>ガゼットしおりについては こちら または こちら


在庫があり現在進行形でお求めいただくのが可能な銃からレアな銃まで、時代もいろいろなチョイスでお送りしております。(国もできるだけバラけるようにしました。)


>PSh41 短機関銃 はこちら
>トンプソン M1928A1 短機関銃 50連ドラム・マガジン付 はこちら
>SCAR-H 自動小銃 はこちら
>ウィンチェスター M73 はこちら
>MG42 汎用機関銃 はこちら

 

このガゼットしおり、何気に発行から約3ヶ月ほどとなりますが、このブログをご覧の皆様は現在何枚お持ちでしょうか?
ぜひ、引き続きガゼットや銃関連書籍の”しおり”として、いつかの割引券として、捨てずにお持ち頂けると幸いです^^

そして、なんと早くも10枚全部お集めになった第1号のお客様も登場され、 二百ン十万円(税別)の高額無可動銃にご利用になりました!!(ありがとうございます!)
10枚集めると20%オフになるわけですが、20%オフを使うタイミングは任意ですので、高額商品購入時にも適用されるとのこと! 金額が大きいと割引額で、もう1挺買えてしまいそうです。すごいですね…!

 

本日のツーポイント情報!!

【無可動銃】58式 小銃 (北朝鮮製 AK-47 自動小銃) の新たな個体をHPとD/P(詳細画像)にアップいたしました。 ぜひHPをご覧ください。

・【無可動銃】58式 小銃 (北朝鮮製 AK-47 自動小銃) (18万円、税別) こちら

 

昨日告知させて頂きました正社員募集ですが、昨日1日で弊社で想定していた募集人数を超えたため、募集を締め切らせて頂きます。沢山のご応募を頂きまして誠にありがとうございました。

尚、既にご応募頂いてる方には個別に対応させて頂きます。


2019.07.19 Friday

無茶苦茶頑張っている会社で正社員になってみませんか?

まいど!  ミュンヘンで仕入れた「バイエルン王国の大理石ライオン像」を軽井沢倉庫前の林に置く「台座製作&整地工事」の見積もりが「ライオン像の買値」以上になって驚いているシカゴ社長でございます!!

 

ヨーロッパから帰って来たら「ライオン像の台座」はきっと完成しているでしょうね! シカゴのシンボルになったら嬉しいです。

 

結構大規模な工事になっています…。 軽井沢倉庫の周辺はスイスの田舎のような景観で美しさを保たなければなりません。 ガーデン・デザインにシカゴ(社長)が全力を注いでいるので、銃を整理する時間が無くなっているのかも知れません、本末転倒ですね!(笑) ちょこっと写っている一軒屋を除いてその殆どがシカゴの私有地なので専門家に頼むと(金額的に)大変な事になってしまいます。 「専門家でも毎月ヨーロッパに行っているシカゴのセンスを理解してもらえへんし、自分で設計した方がエエわ…」とシカゴ社長大好物の自画自賛!

 

「ライオン像」を仕入れた際のブログはこちら

 

600kg以上もあるこの「大理石の像」をドイツで偶然見つけ何も考えずに「衝動買い」。 シカゴ社長の贅沢と言えばこの程度ですのでスタッフも安心ですね! ←どこがや…。

 

ヨーロッパに行ったついでに「個人的に一期一会的な品」を手に入れるのも幸せですが、同じようにお客様の「一期一会と思って頂けるような品」を見つけることも楽しくて、おまけに世界中のマイナーな街へ行けるなんて何と素晴らしい仕事でしょうか!!  

 

観光では絶対に行かないようなイタリアの小さな街にある業者とコネクションを先月作りました。 イタリア中部に位置するので色んな方法(ルート)で行くことができます、これから年に数回小さな街や村を通ってここに通う楽しみが増えました。 40年間世界中を巡ってもまだ新しい街で感動があるのも嬉しいですね!  この幸せをシカゴ・スタッフ全員に分けられないでしょうか?

 

毎月大きな国内買取りが入ってシカゴ・スタッフは人手不足気味(実際はトラの手も借りたいくらい)です。 自然と海外出張へ行くのは要領が判っている買付けスタッフに集中しパートシカゴの全員が同じように行ける目標が達成出来ていません。 

 

と言うことで「正社員を一名募集致します!!」

 

仕入れ量がドンドン増えるシカゴでは軽井沢倉庫の拡張工事を先月から始め、より効率的に作業が出来るように環境改革を行っています。 そこで人材も東京店か大阪店の正社員を一名増員して大きくなった施設を有効利用できるように考えています。 軽井沢倉庫に来るのは東京店、大阪店を問いませんのでどちらの勤務でも問題はありません。 基本的に新しく入った人は現スタッフが自由に行動(出張)出来るように東京店または大阪店の店舗で勤務します。 

シカゴ軽井沢倉庫はこんな感じで、小高い丘から見渡すことのできる3,000坪を超える自然豊かな環境が自慢、写真で見える範囲は全てシカゴ!←めっちゃ自慢!! 敷地内には渓流が二本流れており、今の時期は蛍の舞うのが見られます。 シカゴ社長的には東京/大阪の各店舗での忙しい日常をここに来てリフレッシュし、尚且つ将来的には海外の業者みたいに隠れ家的な司令部にしたいと思っています。

 

応募される方は何か特技(受付事務、経理、画像加工、写真撮影、DTP、語学、貿易事務、国内外買付け経験、物書き、商品解説が出来る銃/軍装/歴史の知識など)があれば助かりますが、特技が無くても根性と行動力があって社会常識が長けており責任感が強い方を求めています。

 

オーストリアにあるシカゴ物流倉庫への出張時にいつも泊まるホテルの庭でくつろぐシカゴ英国工場長のスティーブ君、元外人部隊、シカゴ会長。 海外出張ではこのような非日常的な場面が多々あります、夏場にオーストリア物流倉庫に行けば毎回こんな感じ、オーストリアン・アルプスに癒されます。 社長的には全社員にこの環境を与えたいと思っていますが、人が少なければ中々実現できません。 当分は軽井沢倉庫でリフレッシュしてもらいたいですね!

 

「何も起こらない生活(それはそれで幸せなのですが)に物足りないなぁ〜! 」「このまま世界を知らずに終わるのか…」「何の変化もない生活を一生するのか?」と「人生に疑問を感じている方!」シカゴの仕事にトライしてみませんか?  シカゴは恐ろしく忙しい会社(保証済み!)です「救急医療チームのように一分を争う」緊急突発的な仕事も舞い込んできますし、アレもコレもしなければならないマルチな能力を求められる事もあります。 何度も言います「シカゴはオソロシク忙しいデス!」が社長の考えは「全員に同じ癒しの環境を与えたい」です。

 

シカゴ倉庫で整理を待つ銃、銃、銃…。 これらを整理しデータを取るのに今のペースでは数年かかるでしょう。 この仕事に社長が専念できるようになりたいですね。

 

ほぼ毎日ヨーロッパ、アメリカ、東京、大阪、軽井沢、その他国内で何かが起こっています。 そんな忙しい職場でしっかり仕事が出来る人材が必要です。 20-30代が最も多い職場なのであまり年齢が離れていると難しいかも知れません。 また、新入荷時には大量に商品の搬入がありますので、体力に自信のある方は大歓迎です。 贅沢を言うと車の運転が出来れば助かります。 ペーパーではなく実際に国内でも海外でも運転が出来る人がいいですね!

 


綺麗ごとばかりを並べるつもりはございません。 出張買取に行くとこのように多くの商品が一挙に入荷します、車に積むだけではなくお客様宅に傷を付けないように慎重に品を搬出し、計算して車に積みます。 体力が無ければできない側面もあります。 *荷物を落としている訳ではございません、荷台に計算しながら満タンに積んだのでドアを開いたら崩れてしまいました(涙)。 出張買取りを何十回も経験すると「お客様のコレクション・ルームを一見しただけ」で必要な車の大きさが判るようになります。←まるで引越し屋さんです…。

 

仕事が出来ればシカゴの労働条件は良いと言えるのでブログでは敢えて書きません、お問い合わせください。 シカゴ社長も近い将来リタイヤしたい(趣味?の世界中のオークション巡りは続けるでしょうね)ので、社長のアレもコレもやっているグローバル(このブログもロンドンで書いています)な仕事をスタッフが分担して出来るようにシカゴ業務全体を把握出来るような優秀な人材を捜しています。

 

シカゴ倉庫でやっと整理が途中まで進んだ古式銃。 海外の専門書にも書かれていないデーターが集められています。 普通の人の想像を超えた在庫量(仕事量)! これだけ古式銃を集め完全なデータを取ってから商品化するのは想像以上に大変な作業です。 銃が好きなのはもちろん、それをこなせる能力がある人であれば楽しめる仕事です。

 

何事にも無茶苦茶頑張っている会社なので興味がある方はご連絡宜しくお願い致します。

 

応募ご希望の方は chicago@regimentals.jp までメールにてご連絡ください。

件名は「正社員応募」とし、
・ 名前、住所、電話番号、メールアドレス
・ 年齢、現在の職業
・ 弊社で活かせると思う特技/資格など


上記の他に履歴書に記載する内容がある程度把握できる情報があれば尚良しです。 ここで一時審査があり順調に進めば「履歴書の送付」⇒「面接(2回ほど)」⇒「採用」となります。 大阪店勤務の方は当初三か月間は東京店で研修があります。

 

募集は正社員で仕事内容が異なりますが、パート社員募集の際のブログも多少役に立つのでこちら

ちょっと古いですが2016年にリクナビNEXTに求人広告を出した際のデータはこちら

シカゴ社長の海外買付けブログはこちら

シカゴ・スタッフの海外出張ブログはこちら

 

本日のツーポイント情報!!

買取りで、【無可動銃】コレクション3挺 が東京店に入荷しました。 HPとDetailed Photos(詳細画像)はアップしております。 ぜひHPをご覧ください。お客様ご連絡中のお品物はキャンセル待ちも承れますので気になる方はお問合せくださいませ。

・【無可動銃】  Vz.58p 自動小銃 (お客様連絡中、20万円、税別)はこちら

・【無可動銃】 Colt AR-15 MATCH HBAR 自動小銃 (60万円、税別)はこちら

・【無可動銃】  M16A1 自動小銃 (57万円、税別)はこちら

 

今週末の7/20(土)&7/21(日) も先週に引き続き、書籍&その他アクセサリー類の即売会を開催します。

書籍は、洋書と海外メーカーのパンフレット類を販売します。(日本語の書籍はございません)

アクセサリー類は、今週末は「新入荷品のマガジン 約50種類」を販売することに決定しました!! 未だHPにアップしていないお品物も多数ご用意しておりますのでお見逃しなく!

開催日時:7/20(土)&7/21(日) 12:00〜19:00

開催場所:シカゴレジメンタルス東京店1階

(7/13〜15の即売会の際は入口の大きなガラス戸を開放して営業していましたが、今回は1F外玄関の木製ドアを入った所にあるガラス扉からお入りください。通常は施錠している扉ですが、開催期間中は施錠いたしません。 もちろんご予約も不要です。)

是非、書籍とマガジンの掘り出し物を見つけにご来店ください!! 

皆様のご来店をお待ちしております。


2019.07.18 Thursday

これが本物のホロサイト!

だいぶ暑くなって来ましたね、皆様いかがお過ごしでしょうか。 アルバイト レナートです。

今回も買取品のアクセサリーをご紹介〜

 

P1350519.JPG

ジャン! お馴染みEOTech社のホロサイトです。 EOTech 512.A65というモデル名だそう。 ホロサイトにも色々ありますが、こちらはナイトビジョン・モードが省略されたモデルです。

現行モデルではカメラ用電池を使用してより小型になったり、QDマウントになったりしています。

この512.A65は入手しやすい単三型電池仕様、20mmレールへのマウント固定は付属の六角レンチにて行うなど、堅実な設計ですね。

 

P1350520.JPG

付属品は紙製スリーブ、プラ・ケース、レンチとマニュアル、テスト用電池2本が入っています。

紙製スリーブは若干ダメージが見られるものの、ホロサイト本体は使用感がかなり少ない感じです。 早速テスト電池を入れてみましょう!

 

P1350522.JPG

うぉー、これが本物のホロサイトのレティクル! レプリカ品も結構出回っていますが、あれらはドット・サイト形式なんですよね。 (レティクルの投影方式が違う)

テスト用電池でしたが輝度も十分、現状輝度調整や点灯消灯もしっかり行えます。

 

P1350525.JPG

折角のホロサイトですから在庫品の中からタクティカルな1挺を選んで装着してみました。 M16 RASカスタムです。

長く伸びたレイル・ハンドガードや、今っぽい20連 P-MAGとも相性バッチリ!

M16A1 RAS カスタムはこちら

 

中々入荷しない品ですので、この機会に是非!!

EOTech EOTech 512.A65 ホロ・サイトはこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

【無可動銃】ポーランド RPD 軽機関銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像)にアップいたしました。 ぜひHPをご覧ください。 

 

【無可動銃】ポーランド RPD 軽機関銃 (11万円、税別) こちら


▲top