Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.08.20 Sunday

コレクションにも良さげな AK74マニュアル

こんばんはアルバイトSです。

DSCN9994.JPG

以前は何冊かあったのですが、いよいよ最後の1冊になってしまったこちらのAK74 マニュアル。

ハードカバーになっていて、なかなか味わい深い(?)装丁ですね。

DSCN9995.JPG

シンプルな表紙にぽちぽちとスタンプが押され、それに加えて謎の黒塗り。生活感みたいなのが溢れています……

DSCN9996.JPG

黒塗り部分を頑張って透かしてみますと微妙に見えますが所々なんて書いてあるのか判読し辛くなっています。

むしろ読めないように黒塗りしてるはずなのに多少読めてしまうのはどういうことなのでしょうか?

DSCN9997.JPG

ふんわり意味は伝わってきますが、要するにAK74とRPK74の系統なら大体これ1冊でOKみたいです。残念ながらAKS74-uはカバーして無いみたいですね。

DSCN9998.JPG

内容はさすが216ページもあるだけあってふんわりではなくしっかりしています。(ページに癖がつくのが怖いのでなるべく大きく開かないようにしております。詳しくご覧になりたい方は是非ともお求めください!)

このあたりは分解の仕方、

DSCN9999.JPG

そして弾の込め方、

DSCN0001.JPG

さらに銃の構え方と続いていきます。イラストに何やらペンで書き込まれていますが、単にイラストを上からなぞっているだけでした。落書きかよ……。

DSCN0002.JPG

対空射撃にも様々な姿勢があるそうです。左上のバックパックを枕にする方法はRPDのマニュアルにも載ってましたね。

DSCN0003.JPG

この対空姿勢で飛行機を落とす気満々のようです。

そんなアレやコレやがロシア語でみっちり書かれております。コレ一冊読みきったらロシア語力がかなり上がりそうですね。

 

>>最後の1冊になったAK74 マニュアルはこちら

 

本日のワンポイント情報!!

下取りで、 ベレッタ M1938/42 短機関銃 が東京店に入荷致しました。

 

価格が決まっておりますので、すぐにご紹介可能な商品となっています。

本日、HPとDetailed Photos(詳細画像) は完成しております。

 

ベレッタ M1938/42 短機関銃(12万円、税別


2017.08.19 Saturday

イタリアの選択 

こんにちは、日が昇ると同時に騒ぎ出す我が家のネコに毎朝、起こされているキヨミズです。朝が早すぎて眠い・・・

 

今日ご紹介しますのは、コチラ
001.jpg
ベレッタ BM59 Mark Ital 自動小銃 でございます。


M1ガーランドをイタリア独自に改修した、戦後第一世代に属する自動小銃です。
1949年のNATO発足時より加盟国であるイタリア共和国は、陸にバルカン半島、海に黒海へと通じる地中海と、戦略的に重要な位置にあり、日増しに増大する共産勢力に対抗するため、再軍備が急務とされます。1954年にNATOの小銃用標準弾薬として、7.62x51mm弾が制定されたのをきっかけに、西側諸国の小銃更新もスタートします。
イタリアもアメリカから貸与されたM1ガーランドの更新を計画し、有力な銃火器メーカーであるベレッタ社とブレダ社に設計を打診。M1ガーランドの整備も請け負っていたベレッタ社は「似たような弾使うんだし、ガーランド改修したら充分イケる!米軍も試作してるし!」と考えたかはわかりませんが、M1ガーランドの改修案を提出。
002.jpg
一方のブレダ社は、戦前より自動小銃を研究しており、少数ながら生産した実績がありましたが、提出された試作モデルはオート式ショットガンのような外観で、「そりゃまあ何というか…猟銃だよねコレ!」という感じの代物で、あえなく?敗退となりました(軍用小火器の評判は散々なブレダですが美しい猟銃や重機関銃以上の物は得意で、現在は艦載砲で有名なオート・メラーラ傘下として存続しております)FN FALやセトメ・モデロ58やM14といった当時最新の7.62mmNATOライフルと比較も行われましたが、ベレッタ案は予算や調達面でも歓迎されたようで、1959年にBM59として採用が決定されました。



もちろん、口径を.30-06から7.62mmNATOにしただけではありません。
この頃の流行であったライフル・グレネードを標準装備。22mmソケットのNATO標準グレネードが使用出来ます。このランチャーはフラッシュ・ハイダーも兼ねており、かなり効果的な消炎が可能となっております。
003.jpg
また、ガスパイプ部に基部を備えるアルミ製二脚を標準装備。
この頃のNATO軍が迎撃戦闘を念頭においていた事が良く判る装備です。



グレネード・サイト兼ガス・カット・スイッチ。
サイトの目盛は50m、75m、100m。けっこう短いですね。
004.jpg
下には“ENERGA”エネルギーの伊語?・・・は ENERGIA で I が足りないみたいだな・・・
そもそもエネルギー!とか書かれても困るがな・・・と、思いまして少し調べてみますと、
これはイタリア軍でも採用されていた、ベルギー製のENERGA対戦車グレネードに対応した照尺のようです。



グレネードの発射反動に備え、厚いゴム製パッドを装備。ベレッタのロゴも入っています。
パッドの分、ストックを少し切り詰めてあります。005.jpg
クリーニングキットを入れるコンパートメントのドアはこのような形に。



フルオート機能が備えられましたので、セレクターはこの位置に。M14に比べ、射撃姿勢を崩さずに操作しやすい位置にありますが、匍匐時等でひっかけやすい位置でもあります。(作動は硬めなので、少し引っ掛けただけでは切り替わりはしないでしょう)
006.jpg
発射速度は750〜800発/分。フルオート時のコントロール性は“お察しの通り”みたいです。



マガジン挿入口。
007.jpg
ガーランドの機関部やストックを上手くくり貫いて、着脱式マガジンに対応させた設計が確認出来ます。いい仕事してますね!



 

マガジン装着時はちょっとコツが必要です。
008.jpg
まず、ストックのくり抜き部分に沿わせる形で挿入し、

止まった時点で手前に引く(下部をトリガー側に回転させる)と上手くキャッチがかかります。



ウインタートリガーを標準装備。山岳モデルだけではなく、より一般的な固定ストックモデルにも標準装備となっているのが興味深い。
009.jpg


 

機関部。ガーランドで見慣れれた光景です。
薬室は7.62mmNATOに合わせてあります(もちろん無可動加工により確認出来ませんが)

ここでガーランドに無い物は、チャージングハンドル下に見えるフルオートシアー・トリップガイド。ストックを削り込んで装着されています。



リアサイトと刻印部分。タマ替わったらサイトも替わってるんだろうな、と思いきやガーランドそのままな、いわゆるT105サイト。.30-06と7.62mmNATOでは弾道特性は似通っており、フロントサイトでの変更でのみ対応しております。
011.jpg
本個体はスプリングフィールド製を改修した物で、追加刻印が賑やかです。
完全なベレッタ製造の物の他、デンマーク製M1ガーランドからの改修品も存在するようです(残念ながら本ロットにはありませんでした)


 

ストック左側にはBM59 PB(ピエトロ・ベレッタ)の刻印。
012.jpg
リアのスリングスイベルも左側に可動し、運搬性を改善しております。
流石、目のつけ所がシャープなベレッタ。細かな部分ですが、効果的な改良です。



今回はこれまで!
次回は折り畳みストックを持つ BM 59  Ital TA をご紹介の予定です。

 

 

>ベレッタ BM59 シリーズはこちら

>M1ガーランドはこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、SMLE No.4 Mk1/3 小銃 が東京店に入荷致しました。

 

価格が決まっておりますので、すぐにご紹介可能な商品となっています。

近日中にHPとDetailed Photos(詳細画像) を完成させる予定です。

 

SMLE No.4 Mk1/3 小銃(15万円、税別)


2017.08.18 Friday

映画と銃「Tomorrow Never Dies」

御機嫌ようスタッフBでございます。

今回は007のトゥモローネバーダイに登場した意外な銃を取り上げてみたいと思います。

先日、たまたま本作を観ておりまして・・・
ブロスナンのような顔で生まれたら人生違うであろう・・・と思い・・・
いえ、今回はそこではありません。

冒頭のシーンで、「なんであろう、この銃は?」となりました。

これです。
1.jpg
冒頭の核を積んだ機体を奪取するシーン。
ちょこちょこと映っているのでございますけどね。どうもよくわからなかったという。

ぼーっと観ていますと、MP44?あるいはHK53やHK33Kか?みたいな・・・
しかしながらブロスナンボンドの時代にMP44は無いであろうとは思ったのですが・・・

良く観てもわからず・・・色々調べてみると・・・
なんとAR180。しかもカスタムだそうです。

わかりますか?
2.jpg
いや、わかりにくい・・・

一応、プロップが公開されていたので(オークション?)、それを参考に画像合成してみました。
これが合成の元になるノーマルAR18画像。最近は稀少感がございます。
3.jpg

まずはハンドガードを外します。なんとハンドガード無なのです。ピストン部は適当で申し訳ございません。


銃身を詰めます。あるいは原型はSタイプか?
5.jpg
ハイダーは外されているようです。ピストン部も若干形状が変わっているような感じでございました。

次に最大の特徴はストックです。PPS43やスコーピオンのように上部にスイングして畳む仕様だそうです。

ストックを外し・・・
6.jpg

如何にも後付けのストックを付けます。
7.jpg

このストックは似せて画像で作ったものですが、実物はもっと粗い造りでした。
よくわからないのですが、メタルプレートなバットプレートがストックから少しはみ出すようなプレートで、上部に折り畳むときのための、銃身を逃がすスペースがあるようです。

しかし一番気になるのは・・・直銃床じゃなくなっております・・・

さらに上方に畳むにはリアサイトが邪魔だったらしく、簡易なものに変更されているようでした。
8.jpg

だけでなくコッキングハンドルはシンプルで大き目のものに変更(畳む銃としてはノーマルのハンドルは邪魔臭かった?)。
9.jpg
当然ハンドルの後方の溝も広げられている模様。これで完成です。

ちなみに畳むとこんな感じ?
10.jpg

なお、この銃、実は007お約束の秘密兵器の1つだったらしく、本銃を上着から出して、展開させるシーンも撮影済だったという話があります。ポータブル・アサルトライフルという感じだったのでございましょう。
さらには最初はショート・マガジンで、弾倉交換後に30連になるような流れであったとか。

結果的には取り出し展開させるシーンはカットされ、最初からボンドが手にしての登場。これにより秘密兵器的な扱いでも無くなってしまったようです。

これは冒頭のシーンの流れのためという理由が大きかったかと思いますが・・・
同時に、せっかく作ったけど、造りは粗いし、なんだかあまりカッコ良く無い・・・という理由もあったような気がいたします。
何しろ「銃を知らない人がモディファイしたのだろうか?」というセンスを感じてしまいますので・・・

これなら普通のAR18Sとかの方が・・・


さらに時代もあり、現在ならM4カービンのPDW系列やMP7など、コンパクトで秘密兵器っぽいフォルムのものがありますね。

それでも観ていると・・・ふと気づき、気になってしまうものでございます。

>>現在のAR18系の在庫はこちら


本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品で、 五六式騎銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像) に本日アップいたしました。ぜひHPをご覧ください。 

 

五六式騎銃(6万円、税別)


2017.08.17 Thursday

こんなものまで!? ヤフオク出品中です!!

こんばんはアルバイトSです。

先日買取で入荷した品の中で、普段では商品として全く扱わないような品やシカゴ備品(工具)としても使わない品を密かにヤフオクに商品を出品しておりましたがなんとこれが意外とウケが良かったものですから、今回更に追加で商品を出品にしております。

DSCN9982.JPG

と言うのがこちら、リローディング用品です。

ライフル用ばかりで散弾銃のものは今回ございません。ライフルを所持されていてリローディングもされる……少々マイナーすぎるような気もします……!

普段シカゴレジメンタルスで扱っている無可動実銃、軍装品etcは骨董品。言ってしまえば中古品でも当たり前といえば当たり前なのですが、今回は同じ中古品でも実用品。機能してナンボですから使えなければしょうがないのですが、余りに普段と毛色が違っているものですからかなり戸惑っております……!

DSCN9983.JPG

ケース・トリマーは発射済みで膨らんで大きくなってしまった薬莢を、削ってもとのサイズに調整する器具です。

あくまで削る器具で、リサイジング・ダイスのように押し縮めて整形する器具では有りませんのでご注意ください。

DSCN9984.JPG

COLLETは#1と#3が付属しまして、対応表も付いてきます。なんとか読めますでしょうか……?

DSCN9985.JPG

オート・プライムは薬莢に雷管を取り付ける器具ですね。

DSCN9986.JPG

画像はダミー・プライマーで7.62×39用です。この器具はダミー・カートの製作にも役立ちそうですね。

この画像では取り付けてませんが、ケース・ホルダーも3種類付いてきます。

DSCN9987.JPG

ついてくるのは#2、#10、#12でこちらがその対応表になります。

DSCN9988.JPG

続いてリローディング・スケール。火薬の量をはかるやつですね。ただ中古品ですので多少精度が落ちている可能性があります。

本来ですと数万円する品ですが、今回は¥1,000からスタートしておりますのでその点加味ください。

DSCN9989.JPG

同じく火薬の量をはかるものですが、パウダー・メジャー・キットはもっとシンプルでスプーンのような計量器具のセットとなっています。使いこまれたメジャーは黒っぽくなっています……

こちらも使用感がありまして精度が多少落ちている可能性がございます。お含みおきください……!

DSCN9990.JPG

火薬の種類によってグレイン換算してくれる対応表も入っていました。

DSCN9992.JPG

こちら2つのローダーは.243Win用です。それぞれ出品しておりまして、どちらか片方あれば最低限のリローディングは出来るのですが、やはり中古でそこそこ使用感がありますので精度が少々心配です。

特に外箱を手作りのものに置き換えている左のセットは表面錆もちらほら見受けられます。そこもやはり¥1,000の破格のお値段でスタートしておりますので、どうぞご容赦ください。

DSCN9993.JPG

こちらもローダーで6.5JAP用なのですが、少々問題がある品です。

DSCN9994.JPG

シーティング・アッセンブリーが根元から折れてしまっているため、完全なシーティングは不可能となっています。

ダミー・カートを数発作りたいような用途なら辛うじていけなくは無いと思う(あくまで僕の主観です)のですが正直素直にお勧めは出来ません。そのためジャンク品として出品させて頂いております。それでも宜しければ、ぜひぜひご入札ください……!

DSCN9996.JPG

そしてこちらもローダー、.308Win用です。

こちらは当初完全品として出品させて頂いておりましたが、破損が見つかった為ヤフオクページに追記させて頂いております。

DSCN9995.JPG

出品時に全く気が付いておりませんでした、デキャッパー(雷管を内側から押して取り外す工具)の先端が折れてしまっています。

辛うじて出品時の写真には写っていたのですが、説明では大きな破損が無いとしておりましたので、説明に誤りがございました。

 

ヤフオクの商品ページにも追記させて頂きましたが、現在入札中の方で入札のキャンセルをご希望の場合は、大変お手数ですが質問欄にてご連絡くださいませ。ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ございません。

 

>>現在出品中のヤフオクはこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

大阪店在庫品で、 五六式騎銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像) に本日アップする予定です。ぜひHPをご覧ください。 

五六式騎銃(6万円、税別)


2017.08.16 Wednesday

三八式と軍縮

皆さんこんばんは、先日TVの終戦特番で解説者さんが「人間爆弾桜花の戦果は0!」と言ってるのを聞いて、イヤイヤ駆逐艦1隻沈めてるし!他にも何隻かに損傷与えてるし!と一人空しく突っ込んだナベでございます。 そりゃまあ物量を誇る米軍にしたら桜花による損害は限り無く0に近かったんでしょうけど・・・。

 

で今回もひつこく三八式歩兵銃でございます。 それにしても初期型安全子のローレット加工が実に美しい。

DSCN5672.jpg

 

で、今回の三八式の焦点は〜。

DSCN5661.jpg

 

菊の御紋章と三八式との間に謎の文字!フ?ウ?ではなく、どうやら文と書いてあるようです。

DSCN5664.jpg

 

本来ならこう?こんな感じで赤い線が入るものと思われます(打刻忘れ?)。 おそらく軍から文部省へこの三八式を移管した際に「文」の文字が打刻されたものと思われます。

 

その、軍⇒文部省への三八式の移動は何故起きたのか?ということですがその原因を作ったのがこの方、WW1大戦後の大正時代に世界的な流れにより軍縮を推し進め4個師団を廃止した宇垣一成陸軍大臣です。 この宇垣軍縮により多くの陸軍将校のポストが消滅してしまい就職先をなんとかしなければならなくなりました(そのため宇垣さん陸軍から恨まれ後々組閣を阻まれる等々いろいろな嫌がらせを受けることとなります・・・)。

106230.jpg

 

そこで目に付けたのが各学校の軍事教練の指導者としての派遣でした。 それら派遣された現役の将校は「配属将校」と呼ばれ中等学校以上に派遣されました(よくドラマや映画で理不尽な理由で学生を殴る石頭な軍人さんとして出てきますね)。 また多くの師団が廃止されたことにより軍人と同じく三八式歩兵銃も余剰在庫になったため配属将校たちと一緒に各種学校へ転勤となりました(因みに軍事教練や配属将校への予算は陸軍ではなく文部省が出したそうです)。

 

そして三八式は配属将校が指導する射撃教練に使用され、また学生による射撃競技大会でも使用されました(大学では射撃部なども作られたそうです)。 しかし太平洋戦争が始まると大量増員された兵員に配備する銃器が不足したため、学校で余生を送っていた「文」刻印入りの三八式にも再招集がかかりフィリピンなどの戦場へ送られることとなりました。(大岡昇平氏の「俘虜記」にも「文」刻印入りの三八式の記載があった気が・・・)。

DSCN5670.jpg

 

学生さんの教練に専念したのか?あるいは最後のご奉公をしたのか?「三八式歩兵銃」はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、35M 小銃 が東京店に入荷致しました。

 

お客様ご連絡中ですがキャンセル待ちもお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。弊社でも、過去に殆ど入荷していない希少品となっております。

HPとDetailed Photos(詳細画像) にアップしておりますので、ぜひご覧ください。

 

35M 小銃 (23万円、税別)


▲top