Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

2020.01.11 Saturday

映画と銃「Rogue One: A Star Wars Story」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

皆様、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
2020年いかがお過ごしでしょうか?

今年のお正月は御節料理を知り合いから分けて頂きまして、いつもの年よりお正月気分となりました。
某スタッフは御節料理を自分である程度作ったらしいですが…そんなことできるのですね。

さてこの年末年始はスターウォーズの新作「スカイウォーカーの夜明け」公開でございます。
とりあえずの7、8、9作目の完結編。
今回の新トリロジーとも言える7、8の流れでは賛否両論。特に8に関しては評価の低い方が多いような感じではありました。元々スターウォーズは1、2、3、4、5、6で完結しているのは確かにありますし、それを超えるのはなかなかに難しいのもあるでしょう。
ともあれやってくれるならありがたいですし、私はそれなりに楽しみにしております(このブログを書いている時点でまだ観ていない)。

さてさてそんなスターウォーズと言えば過去にも旧作のネタで何度か弊社ブログでも取り上げました。
なにしろ登場するブラスターは実銃をアレンジしている上に、かなりシカゴ的な銃も多く登場いたします。
そのアレンジはアメリカ映画は実銃をSFガンにアレンジするのが巧いなぁ…と思わせるものもあれば、かなり雑なアレンジもあったりと…そこに注目するだけでも面白いのです。

そして新7、8とそのスピンオフで言うならば…登場銃が興味深いのは、今回ご紹介する「ローグワン」でございました。


ローグワンは「新たなる希望」で、「反乱同盟軍のスパイが帝国軍のデス・スターの設計図の奪取に成功し・・・」という下りのお話。「新たなる希望」直前の話というわけです。

で…そこに登場する銃は…
まずはわかりやすいところで…
皆様ご存知。スターウォーズを観たことがない方でも、ダースベイダーとこの人たちは知っているというくらいに有名なストームトルーパー。
3.jpg
そんなストームトルーパーの銃はいつものあれでございます。
スターリングSMGモディファイブラスター。
4.jpg
これがなんだか妙にカッコイイ。
昔はなぜか左手で撃っていましたよね?4の頃はちゃんと発砲排莢していたという(一番の理由はビームを描き込む際に発砲がわかりやすいからだとか)。

なんだかすごく印象的な黒のデストルーパーもちょっと違う型のものを使用。
5.jpg

わりと有名な話ではありますが、実は反乱軍もスターリングモディファイを使用。
6.jpg
こちらは言われないとわからない感じです。
これも4の冒頭で使用されていました。あのシーンはスターリング同士で撃ち合っているわけですね。
この頃は007映画などでもそうですが、複数使用であまり銃種にこだわらないシーンでスターリングが多く登場します。当時はプロップ屋さんに沢山あったということかも知れません。

ストームトルーパーは他にもルイスガン(マガジンを外している)なども使用。
7.jpg
実はルイスガンもストームトルーパーが分隊支援火器っぽく昔から手にしていますね。
あの太いジャケットがまんまブラスター感を出しているからでしょう。

変わったところで…ローグワンという部隊名をある意味一番見た目で醸し出している感じのこの人。

当初はこの銃がよくわからなかったのです。
アモシュートのようなエネルギーチューブのようなものを背中から延ばしている、かなり派手な銃で、劇中でも目立っています。

でも、わからないですよね。
9.jpg
原型などなく映画オリジナルかと思っていました。

実はサイガだそうです。
いや…サイガを元にする必要があったんだろうか?というくらいの見た目。

逆にわかりやすいのはこちら。
10.jpg
もう、ヘリボーンからの掃射っぽい、というか、ここのカットだけ地獄の黙示録みたいなところにぴったりなM60ベース。
レシーバーからストックのところはそのままな感じです。
というか構えまで同じ。

そしてローグワンを象徴するような銃がこちら。
11.jpg
これを観た時、スターウォーズまでついにM4カービンが出てきた…
と思いました。

M16系列のレシーバーがよくわかります。
12.jpg

マガジンは縦列で2本入っているようです。
13.jpg
どうも銃身が短くて少し仕様が違う感じのもあるようです。
まさしく最近のARバリエーションっぽい。

なお、ローグワンの1人のこの人も。
14.jpg
こちらはピストル型のブラスターでございますね。

ヒロインはわかりやすくルガーP08モディファイでした。
2.jpg
これはこれでスターウォーズっぽい。

なお、先ほどのデストルーパーですが・・・
8.jpg
実はMG34も使っています。
バイポッド部が何かのエネルギーチューブの先端っぽい。
これは機関銃ではなく、スナイパーライフルのような長距離ライフルブラスター設定らしいです。

またこのデストルーパーが腰に下げているピストルは…実はレキシムを切ったもの。
この銃も過去作品で同じようなモディファイをされて使用されました。

そしてそのデストルーパーを率いるクレニック長官(白服の人)の腰にあるピストル型ブラスター
16.jpg

実はMP40モディファイ。
15.jpg
主にグリップフレームを流用しています。言われるとなるほど…という。

というように、私は映画を観ると、あの銃はなんだ?と目をこらしてしまうのでございます。さすがに2回目の鑑賞の時が多いのですが・・・

では皆様、2020年を是非良い年にして参りましょう。

>>スターリングはこちら
>>MP40はこちら
>>M16はこちら
>>レキシム FV Mk4はこちら
>>サイガはこちら



本日のツーポイント情報!!

*明日1月12日(日)〜1月13日(祝・月)に開催のビクトリー・ショーに弊社「シカゴレジメンタルス」並びにシカゴ社長の個人的なお店「宮崎商店」も出店いたします。

 


第92回 ビクトリー・ショー
都立産業貿易センター台東館 (最寄り駅浅草)
(東京都台東区花川戸2−6−5)

6階GUNフロアー(左壁側の奥のI12〜16の5ブース)


ビクトリー・ショーの公式HPはこちら
開催時間

1月12日〜13日 10:30〜17:00

 

シカゴレジメンタルスブースでは、無可動実銃を展示・販売しますので、是非お立ち寄り下さい。

お手にとって心ゆくままに無可動実銃をご堪能頂けるこの機会を是非お見逃しなく♪

 

宮崎商店ブースではシカゴの店舗では通常は販売しないトイガン(合法エアガン、合法モデルガン)、軍装品などを展示・販売します。これらは無可動実銃買取りの際に「処分」を依頼された品ですので、マーケット・プライスを無視した価格設定でご好評をいただいております。

また今回 合法無可動拳銃 も即売致します。

 

※無可動拳銃は全て、シカゴ社長自身が合法加工状態である事を確認した上で販売いたします。販売にあたっては加工部分を撮影した一丁につき4枚のカラー画像入り書類をお付けします。 その書類には販売した際の加工状態を明確にしてあります。お買い上げの際はこの書類に加工確認の為のご署名をお願いします。また身分証明書の提示(コピーさせて頂きます)もお願いします。
シカゴレジメンタルス 個人ブース 宮崎商店 に是非お立ち寄りください。

 

*【無可動銃】 ロシア AKM 自動小銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像)にアップしました。 ぜひHPをご覧下さい。

・【無可動銃】 ロシア AKM 自動小銃 はこちら


2019.12.15 Sunday

web Gazette vol.17

御機嫌よう、スタッフBでございます。

先日、スタッフSから発表がありました通り、Gazetteの新作が完成いたしました。
2.jpg

現在せっせと発送中。
すでにお手に取られているお客様方も、これから到着するお客様もいるかと思われます。
なにぶん、発送も手作業なのでまだ到着していないお客様は今しばらくお待ちくださいませ。

そしてweb Gazette vol.17も公開されました。
0.jpg

使い方は今更申し上げるまでもありません。

表紙をクリックして頂きましたら・・・


ダウンロードされ、


PDFで見ることが可能でございます。


小冊子は持っているだけでなんだかうれしい。
一方webでしたらタブレットやスマホでも楽しむことが可能。


それぞれの銃の、通常のHPの商品ページで見るのとはまた違った趣や発見があったりいたしますので、どちらも楽しんで頂けましたら幸いでございます。

そしてやはり、すでにスタッフSからもお話させて頂きましたが、フリーニュースレター登録をして頂くと、過去のVol.15、16と共に計3冊、無料で送付させて頂きます。
1.jpg

Gazette及びweb Gazette共に、どうぞよろしくお願いいたします。

>>フリーニュースレター登録はこちら
>>web Gazetteはこちら


本日のワンポイント情報!!

【無可動銃】アーマライト AR18 自動小銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像)にアップしました。 ぜひHPをご覧下さい。

・【無可動銃】アーマライト AR18 自動小銃 はこちら
 


2019.05.03 Friday

映画と銃「The Getaway(1994)」

御機嫌よう、スタッフBでございます。


前回の映画と銃で「ゲッタウェイ」をやりましたが…
今回も「ゲッタウェイ」
ただし、1994年のリメイク版。
0.jpg

 

リメイク版はアレック・ボールドウィンとキム・ベイシンガー(当時夫婦)。
それにしても「よくまあ『ゲッタウェイ』をリメイクしようと思ったものだ」 という評が当時も今も多数。
実際、賛否や評価はかなり厳しいものがございました。

個人的には「レッドオクトーバーを追え」のボールドウィンは結構好きなのでございますが…ドクをやるのは無茶だと思うのでございます。

しかしちゃんと観ると、各シーンのシークエンスや各役者の演技はなかなかの映画ではあります。
オリジナルを忘れて観れるならばなかなか楽しめました。

 

今回のドクはベネリ M3 スーパー90です。
1.jpg
時代に合わせて、ショットガンが最新鋭化。如何にもオートショットガンという扱い方をします。
2.jpg

 

なぜか弾着のシーンがペキンパーを彷彿とさせるシーンが多い。
4.jpg
この辺りにオリジナルの大きすぎる影響というか呪縛を感じます。
なお、このシーンの敵はマイクロUZI。

 

個人的に好きなエレベーターにベネリ捻じ込み装填発砲シーン。
3.jpg
如何にもベネリだね、という装填です。

 

ベイシンガーはナショナルマッチを使用。
7.jpg


ドクはコンバットエリートを使用しているのですが…


ラストでは銀のリボルバーを使用。
9.jpg

 

そして宿敵はマイケル・マドセンが演じました。マドセンは良かったです。ヤバかったです。
11.jpg
やはりパイソン。今回はニッケルの2.5インチ。
この役には似合と思いました。


実はイサカなども登場します。
5.jpg
新旧ショットガン対決でございますね。


他にコブレイM11も。

8.jpg

最後に友人がベイシンガー好きで以前ゲッタウェイ新旧女優談義になったことがございます。

アリ・マッグローとキム・ベイシンガー。
12.jpg
かなり対照的な2人。しかしどちらも艶のようなものがある。
私はマッグローが好きですが…皆様はどちら派でございましょうね?

 

今回、ショットガンも多数の新入荷はこちら


本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品で、【無可動銃】UZI 短機関銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像)にアップいたしました。 ぜひHPをご覧ください。

・【無可動銃】UZI 短機関銃(9.5万円、税別) こちら


2019.04.27 Saturday

映画と銃「The Getaway」

映画と銃「The Getaway」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

今回の映画と銃は「ゲッタウェイ」

あまりに有名過ぎて今さら紹介することは無いと思っていた作品。
実は新入荷でショットガンが多数入荷したため、1つショットガンの代表作を取り上げようと思った次第でございます。

そして言うまでも無く、スティーブ・マックイーンとアリ・マッグロー出演。2人はこれをきっかけに結婚いたします。
本作をマックイーンで一番好きな作品に上げる方も多い作品であり、サム・ペキンパー最大のヒット作でもある。

ストーリー的には、銀行強盗で刑務所に服役していた主人公ドクは刑務所から出るために、顔役と裏取引で刑務所から出してもらうように妻キャロルに手配をさせ、無事に出所したドクではありましたが…
この顔役の命令で再び銀行強盗をすることに…
しかし仲間割れと妻キャロルと顔役が関係しており…
というクライムアクションでございますね。

私がこの作品を初めて観たのはおそらく日曜洋画劇場。
初めて観てショットガンスゴイ!ガバカッコイイ!と観ていたという(嫌なガキでした)

あと子供の頃は、妻を責めるドクの気持ちがよくわからなかったのでございますが…
大人になってからは…まあ、あのくらい揉めますよね…としみじみ思う次第。

さてゲッタウェイと言えばポンプアクションショットガン。
1.jpg
細かい部分を見ていくとなんだか見慣れない、ややクラシックなポンプアクション。
どうやらハイスタンダード製のポンプアクションショットガン。

有名なパトカー破壊。如何にもOOバックっぽい弾痕が…
3.jpg
さらにショットガンの射撃シーンはたいていスローになり、また緊迫感のあるシーンでは必ず一般の人の状況が飲み込めていない顔のカットが入るというのがペキンパー節。

マックイーンは物を扱う何気ない仕草が良いです。
再装填シーン1つでも真似をしてみたくなる絵になります。
2.jpg

他にもショットガンを捨てて、ガバを取り出す等。

ドクの拳銃はもちろんガバ。
4.jpg
撃つシーンになるとスター製のクローンガバに変わります。
これはガバの45のバレルは肉厚が薄すぎるためチョークの固定が難しく、ブランクを撃つには9mmバレルの厚めの肉厚を持つスターが良かったためです。映画によってはガバのフリしたスターが終始出てくる場合がございます。

あまりに有名な至近距離でトドメを刺そうとするシーン。
5.jpg
マックイーンがこれをやったために、後の国内の映画でもこれをやる人が多く現れました。

アリ・マッグローはコルト M1903。
6.jpg
M1903はなんというか、スクリーン的には昔のギャングのイメージがございます。

アル・レッティエリ演じる宿敵ルディ。パイソンです。
8.jpg
車の網へ引っ掛け方がスゴイ。
ですが途中トルーパーに化けます。
9.jpg
この方、本当に悪役が似合う役者さんで、ゴッドファーザーにマジェスティック、マックQなどスターたちの敵を数多く演じています。なんというか、ギャングやマフィア然とした匂いがプンプンするのです。

他にもM76などが印象的に登場。
7.jpg
なぜかM76は映画に出るとこのアングルが多いです。

というわけでゲッタウェイでございました。
0.jpg

次回もゲッタウェイをやります。

今回、ショットガンも多数の新入荷はこちら


本日のワンポイント情報!!

先日買取で入荷した 火縄銃 中筒 (銃砲刀剣類登録証付古式銃、無銘) をHPとD/P(詳細画像)にアップいたしました。 ぜひHPをご覧下さい。 価格は現時点では決まっておりません。

火縄銃 中筒 (銃砲刀剣類登録証付古式銃、無銘) (価格調整中)はこちら


2019.02.02 Saturday

WEBガゼットVol.16も公開でございます。

御機嫌よう、スタッフBでございます。

今や毎年恒例となっております、ガゼットの新作ができあがりまして、お客様のお手元にもすでに届いているかと思います。

そして新作ガゼットが出ると、これもまた毎年恒例のWEBガゼットも新作分が公開でございます。

それにしてもWEBガゼットの画面も気が付けば壮観でございます。
1.jpg

このような感じで、全16巻。
2.jpg
重版無しの品でございますから、昔のものは貴重です。

これだけ続いているのは社長の情熱と現在スタッフの才能と努力の賜物。
当初の白黒も独特の味があって、私は好きなのでございますが、しかし昔だったら現在レベルのデキは難しかったかと思われます。
このレベルになると、そのうちシカゴカレンダーとかでるのではないでしょうか?(あくまでスタッフBの憶測でございます)

さて、ここをご覧になっているお客様方はすでにご存知かと思われますが、初めての方のためにご説明させていただきます。
WEBガゼットの方はこのように各表紙画像をクリックして頂きますとご覧頂けます。
3.jpg
新作はVol.16でございますね。

すると、このようなダウンロード画面となり・・・
4.jpg
しばしお待ち下さいませ。

ダウンロードが完了すれば、表紙と裏表紙が表示されます。
5.jpg

あとは「Page Up」や「Page Down」ボタンなどでページ送りができます。
6.jpg
※パソコンの環境によって、ページの表示のされ方、送り方などが異なる場合がございます。

また新規のお客様などで、実際のガゼットをまだ受け取られていないお客様に関しましては、「ニュースレター登録」で無料送付させて頂いております。
ニュースレターの登録の際にはメニューバーのこちらをクリックされて下さい。
8.jpg

あとは必要情報を入力して登録するだけでございます。
7.jpg

この機会にフリーニュースレター登録もいかがでございましょう?

また、お引っ越しなどで住所変更されたお客様等には届いていない可能性が御座います。
届くはずが「届いていない」というお客様がいらっしゃいましたら、 お手数ですがお電話もしくはメールにて、お名前と新住所をご連絡ください。

ではガゼットVol.16とWEBガゼットVol.16、どうぞお楽しみ下さい。

>>webガゼットページはこちら
>>ニュースレターの登録はこちら

 

 

本日のツーポイント情報!!

* 東京店在庫品の ワルサー MPL 短機関銃 のHP解説と画像を追加いたしました。 ぜひHPをご覧ください。

ワルサー MPL 短機関銃 (15万円、税別)はこちら

 

* シカゴレジメンタルスでは引き続き東京上野本店アルバイト・スタッフを募集中です。 銃やミリタリーに興味のある方、土日勤務可能な方大歓迎です。 詳細につきましては、氏名・年齢・住所・電話番号を明記の上、メールにてお問合せください。

お問合せ先:chicago@regimentals.jp

尚、アルバイト募集の詳細につきましては、Indeedの弊社募集広告にも掲載しておりますので、こちらも併せてご覧ください。


▲top