Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.10.19 Thursday

映画と銃「Sector 4」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

久しぶりに銃の世界を垣間見た友人が「最近はまたボブチャウみたいなグリップのステッピングが多いんだね」と聞かれました。
ステッピング・グリップはチェッカーより遥かに手に食い込むし、樹脂フレームの増加に伴い、その加工がしやすくなってきたというのはありますね。しかし実は現状ステッピング・グリップにカスタムする最大のメリットは、より手に食い込むことにより、銃を払い落されたり、取られたりしにくくなること、という話をタクティカル大好きな友人が語っておりました。

そして関連して・・・
銃を構えた相手から銃を奪うには・・・みたいな話や技法があったりいたしますが・・・
銃を相手から奪うだけならば実は簡単です。特にそれがステッピングなどを施していない普通の拳銃ならば。
どんなに大男が構えた拳銃でも、ただ奪うだけなら女子供の力でも可能でございます。

しかしそこに撃たれるかも知れないリスクやそのプレッシャーなどが加わったら簡単ではない。

ネットでも武術の師範みたいな人がターッと銃を奪ったりしていますし、最近は日本のテレビドラマでもそれなりの武術や護身術の師に習った上で、敵の銃を払い落としたり、奪ったりするシーンがあります。
しかし・・・案外多くの場合、特に相手が銃の場合、してはいけない最大の間違いをこれらの映像では犯している場合が多かったりします。
それだけは注意しないとまず撃たれるリスクが大変高い・・・という。
簡単に言うと、サバキ、銃を奪うどの時点でも銃口が自分を向いていてはいけません。これは通常の銃の扱いではむしろ当たり前。ましてや敵が銃を持っている場合はなおさら。しかしここが案外守られていない場合が少なく無い。たぶん、相手のナイフを奪う技術の応用によるものなのか、銃を知らない武術家が教えたかなどが原因かと。
武術はあくまで武術のエキスパートなので、銃のことは詳しくない場合が少なくありません。

で、そんなシーンがある映画、それもなかなか良い例をきっちりやっている映画として、今回はこれを取り上げます。
「セクター4」

主演はこの人オリヴィエ・グラナー。
0.jpg
※私の長年の友人にすごく顔が似ている。老けた顔も似ております。

その昔はこちらのブログでも紹介した「ネメシス」という映画に出ておりまして、知る人ぞ知る、役者以前の経歴がよくわからないけど、やたら良く動く俳優さんという感じ。

今回も脱出時、腕を縛られているため、足技のみでクルクル回ってゲリラを倒すグラナーさん。
2.jpg
こんな脱出方法はグラナーとかラングレンやヴァンダムしかできません。

こちらはネメシスの頃。挽歌の影響が強いですな。
20.jpg
>>以前の「ネメシス」のブログはこちら

ちなみに「ネメシス」以降はさらにマイナーな作品ばかりにしか出ておらず、本当にあまり知られておりません。
なお、昔は日本ではオリバー・グラナーと書かれ、その後オリヴィエ・グラナーになりました。たぶん、後者の発音が近いかと。

しかし今回、グラナーさん、ついに監督脚本主演までやってしまったという。
つまり・・・あなたのやりたいことはつまりこれなのね?という作品。

お話的には、アメリカが非公式にゲリラの巣窟エリア「セクター4」に、傭兵を暗殺に向かわせたが逆に捕らえられ、逃げ延びたグラナーがまた部下を救いに戦場に舞い戻る話。

正直、セクター4でのシーンは安く、そこでの発砲もCGを多用、ゲリラの皆様も安い。映画として観れば間違い無くCZ級のZ付近にある映画です。

だがしかし・・・このグラナーが脱出後、仲間を助けるために自らを鍛えなおす訓練シーン。
そこで登場するこの方。誰?みたいな。
9.jpg
イスラエル人の元猛者とのことで、「私の生き残ってきた術を教えよう」みたいなことを仰います。
つまりは師匠について修行するわけでございます。

実はこの修行シーンが一番面白い。というか、この映画の見どころはそこしかないかも知れません・・・

その前に総合格闘技の訓練シーンとかもなぜかあるのでございますがね。
10.jpg
つまりやりたいことをやっています。

修行シーン。
3.jpg

撃ちましたら、必ず後方確認がこの流派の特徴の1つらしいです。
4.jpg

相手をサバいて銃を抜く。
7.jpg

8.jpg

あるいは突き付けられたり、向けられた銃を奪ったり。
11.jpg

12.jpg

長物(M16A1)で相手の銃をサバキ、
15.jpg

銃口で突いたり。
14.jpg

接近戦では構えがコンパクトなのも最近のトレンドの1つですね。
16.jpg
「ジョン・ウィック」や日本のドラマ「コードネーム・ミラージュ」でもやっていました。

ちなみに戦場では主にFN SCAR-Lを使用。
6.jpg

個人的には訓練シーンでかなり楽しめましたが・・・映画としてはイマイチどころか、全くお勧めできません。
しかも訓練シーンも好き物が見ないと、全く面白くないという。
ですので・・・決してお勧めはしません。

かく言う私も、5枚千円でたまたま観たという・・・

しかしながら今後、このオリヴィエ・グラナーと「ルール/無法都市」のジョニー・ストロングはタクティカル・アクターになるかも知れません。

私と私の友人は地味に注目しているのでございます。

>>セクター4にて使用されたSCARはこちら
>>グラナーが訓練にも使用したM16A1はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品の ルフォーショー・フランコット 6連発 リボルバー 短銃身モデル (銃砲刀剣類登録証付古式銃、ダミー薬莢付) のHP解説とD/P(詳細画像) を本日追加いたしました。

この度、新たにダミー薬莢付となりました! (弾頭は付属しません)

ぜひHPをご覧ください。 

 

ルフォーショー・フランコット 6連発 リボルバー 短銃身モデル (銃砲刀剣類登録証付古式銃、ダミー薬莢付)(150万円、税別)


2017.08.25 Friday

映画と銃「THE SILENT MOUNTAIN」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

仲間の間で「冒険」という言葉がありまして・・・

つまりは格安レンタルや格安中古DVDなどにある作品からテキトーに興味があるものを選んで観て、さらには仲間同士の話のネタにするという。
「こないだの冒険シリーズどうした?」みたいな話になるのでございます。

だいたい5本くらい選ぶのですが、同じジャンルだと飽きますので、アクション、SF、コメディ、戦争みたいな感じになります。
そして1本くらいはこれは観てみたかったとか、DVDほしかったと思う「保険」もかけておくのでございます。

しかしこれら冒険DVD、それはもう、たいていはハズレでございますな。ですが不思議と1本くらい拾い物があったり、まあまあ観れるものがあったりいたします。

今回はそんな中の1本なのであまり知られていない作品かと。
「サイレント マウンテン 巌壁の戦場」

舞台は第一次世界大戦の南チロルで・・・
主人公はオーストリアのホテルのオーナーの息子。
姉がイタリア人と結婚する日。主人公はイタリア人をあまり良く思っていないが・・・婿さんの妹を見て一目惚れという。
しかしその日、イタリアがオーストリアに攻めて来たという(急展開過ぎます)。

そして主人公はオーストリア軍に、婿さんはイタリア軍にという。
さらに婿さんの妹は素性を隠してオーストリアに残るのですが・・・

つまりは戦時下の引き裂かれた家族とラブストーリーです。

しかしながら・・・オーストリア(オーストリア=ハンガリー帝国)とイタリア(王国)という図式自体映画では珍しいですし、また第一次大戦と言えば塹壕に機関銃に大砲に毒ガスという感じなのが、本作は南チロルということで、山岳戦です。
山岳戦ゆえ雰囲気は一味違う。
1.jpg
なんとなく牧歌的なシーンも・・・

なんというか・・・こんなところで戦争しなくても・・・という。
0.jpg

他に本作の特徴として曲が印象的(ベタなくらい)。
あと・・・なぜか登場人物がわかりにくい・・・これは私だけかと思いましたら、他でもそのような意見がありましたので・・・あるいは日本人的にわかりにくい顔が多いのかも知れません。
また相変わらずイタリア軍の描かれ方というのは・・・戦場でもオペラ、戦場でも普通の食器でパスタとかあまりいい描かれ方はされませんが・・・事実でもあるので・・・(第二次大戦では現場のドイツ軍人がキレたというくらいに)
しかし個人的にはそんなイタリア人の大らかさや陽気さや軽さは嫌いでは無いのでございます。

さて銃的にはステアー・マンリッカーとカルカノで撃ち合っています。確かにそうだ・・・と思うのですが、とても新鮮でございました。

マンリッカー
3.jpg

良く観ると裏焼きでございます。
5.jpg

イタリアのカルカノはすぐにわかりますね。
4.jpg

基本騎兵銃。騎兵銃はその銃剣付きのフォルムからすぐにわかります。
6.jpg

また機関銃なども当然登場。

はっきり見えないのですが、たぶんマキシム系の機関銃。

しかしながら・・・個人的に本作で一番で怖かったのは雷・・・
最近、関東でもありましたが・・・落雷恐ろしいです。
台詞にも「雷だー!銃を捨てろー!雷だー!わからないのか?!雷なんだ!銃を捨てろー!」というのがあります。
すごく怖く、納得なシーンでした。
特に山岳地帯では人への落雷がしやすいのです。

そして落ちてます。
2.jpg

機関銃に雷が落ちたらどうなるか?
実際でしたら、たぶん余程、通電が運よく(機関銃から脚に通り抜けて、人には通電しなかったとか)無ければ・・まず死にますよね?人間も地に足を着けてますから・・・
近くにいただけでも危険です。

そして本作では、撮影中に女性カメラマンが実際に落雷して・・・視神経を焼かれたとのことです。
そんなことを実体験したゆえの雷シーンだったかも知れません。

さてこのような感じで、ラブストーリーメインで戦争シーンはこのくらい・・・みたいに思っていると・・・
だんだんにじわじわと色々あります。

さらに最後はイタリア軍が結構無茶で恐ろしい計画を仕掛けてきますし・・・
しかし主人公的にはとにかくラブストーリー。
9.jpg

けれどもゆえに、何とも後味が複雑な感じ。ですが、そこが本作の味かも知れません。

戦争物バリバリな作品ではありませんが、一見の価値はあるかも知れません。
そんな作品でございました。

イタリア軍のカルカノはこちら
オーストリア軍のマンリッカーはこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品の FA-MAS .223 自動小銃 のHP解説とD/P(詳細画像) を本日追加いたしました。

ぜひHPをご覧ください。 

FA-MAS .223 自動小銃(49万円、税別)


2017.08.18 Friday

映画と銃「Tomorrow Never Dies」

御機嫌ようスタッフBでございます。

今回は007のトゥモローネバーダイに登場した意外な銃を取り上げてみたいと思います。

先日、たまたま本作を観ておりまして・・・
ブロスナンのような顔で生まれたら人生違うであろう・・・と思い・・・
いえ、今回はそこではありません。

冒頭のシーンで、「なんであろう、この銃は?」となりました。

これです。
1.jpg
冒頭の核を積んだ機体を奪取するシーン。
ちょこちょこと映っているのでございますけどね。どうもよくわからなかったという。

ぼーっと観ていますと、MP44?あるいはHK53やHK33Kか?みたいな・・・
しかしながらブロスナンボンドの時代にMP44は無いであろうとは思ったのですが・・・

良く観てもわからず・・・色々調べてみると・・・
なんとAR180。しかもカスタムだそうです。

わかりますか?
2.jpg
いや、わかりにくい・・・

一応、プロップが公開されていたので(オークション?)、それを参考に画像合成してみました。
これが合成の元になるノーマルAR18画像。最近は稀少感がございます。
3.jpg

まずはハンドガードを外します。なんとハンドガード無なのです。ピストン部は適当で申し訳ございません。


銃身を詰めます。あるいは原型はSタイプか?
5.jpg
ハイダーは外されているようです。ピストン部も若干形状が変わっているような感じでございました。

次に最大の特徴はストックです。PPS43やスコーピオンのように上部にスイングして畳む仕様だそうです。

ストックを外し・・・
6.jpg

如何にも後付けのストックを付けます。
7.jpg

このストックは似せて画像で作ったものですが、実物はもっと粗い造りでした。
よくわからないのですが、メタルプレートなバットプレートがストックから少しはみ出すようなプレートで、上部に折り畳むときのための、銃身を逃がすスペースがあるようです。

しかし一番気になるのは・・・直銃床じゃなくなっております・・・

さらに上方に畳むにはリアサイトが邪魔だったらしく、簡易なものに変更されているようでした。
8.jpg

だけでなくコッキングハンドルはシンプルで大き目のものに変更(畳む銃としてはノーマルのハンドルは邪魔臭かった?)。
9.jpg
当然ハンドルの後方の溝も広げられている模様。これで完成です。

ちなみに畳むとこんな感じ?
10.jpg

なお、この銃、実は007お約束の秘密兵器の1つだったらしく、本銃を上着から出して、展開させるシーンも撮影済だったという話があります。ポータブル・アサルトライフルという感じだったのでございましょう。
さらには最初はショート・マガジンで、弾倉交換後に30連になるような流れであったとか。

結果的には取り出し展開させるシーンはカットされ、最初からボンドが手にしての登場。これにより秘密兵器的な扱いでも無くなってしまったようです。

これは冒頭のシーンの流れのためという理由が大きかったかと思いますが・・・
同時に、せっかく作ったけど、造りは粗いし、なんだかあまりカッコ良く無い・・・という理由もあったような気がいたします。
何しろ「銃を知らない人がモディファイしたのだろうか?」というセンスを感じてしまいますので・・・

これなら普通のAR18Sとかの方が・・・


さらに時代もあり、現在ならM4カービンのPDW系列やMP7など、コンパクトで秘密兵器っぽいフォルムのものがありますね。

それでも観ていると・・・ふと気づき、気になってしまうものでございます。

>>現在のAR18系の在庫はこちら


本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品で、 五六式騎銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像) に本日アップいたしました。ぜひHPをご覧ください。 

 

五六式騎銃(6万円、税別)


2017.06.10 Saturday

映画と銃「The Cassandra Crossing」

ご機嫌よう、スタッフBでございます。

今回は有名な「カサンドラクロス」でございます。

しかし弊社のお客様でこの映画をご覧になっている方ならば、「ああ、あの銃入荷したもんね」とピンと来るかと思われます。そしてその通りなのでございます。

本作はリチャード・ハリス
0-1.jpg

ソフィア・ローレン
0-2.jpg

バート・ランカスター
0-3.jpg

他にも多くの著名な俳優が出ており、後に違う意味で話題となったO・J・シンプソンや虎の血チャーリーを息子に持つ若き日のマーチン・シーンなども出演しておりました。
0-4.jpg

ストーリー的には大陸横断列車に、細菌に感染したテロリストが乗り込み、さあ大変。
ガスマスクに白装束の見た目からして怖い軍の隔離部隊や陰謀が絡み、かなり重い雰囲気の作品になっております。何しろ東西冷戦、政府の陰謀、第二次大戦の傷跡などの要素も見え隠れする映画で・・・
10.jpg

なんとなく雰囲気がハリウッドっぽくないね、と言ったのは私の友人でございますが、その言葉通り、イタリア・イギリス・西ドイツの合作なのでございます。

さて、今回取り上げた理由はやはり今回入荷のベレッタM12が登場する映画であるからに他ございません。
なにしろ本作はベレッタM12映画と言い切っても過言ではない作品です。

怖い白装束の隔離部隊はほとんどがベレッタM12。
4.jpg
これはロケの関係もあるのでございましょう。

実はM16も登場・・・
8.jpg
と思わせて、22LRの AP-74 (「ゾンビ」でも使用)。
昔はM16のリュングマンシステムがプロップ・ブランクにしにくかったという話がありますが・・・(M16が登場しても発砲しないシーンも少なくありませんでした)果たして・・・

そして登場人物たちもこの隔離部隊から銃を奪って使いますので・・・
11.jpg

ハリスもM12
9.jpg

マーチン・シーンもM12
3.jpg

O・J・シンプソンもM12
13.jpg

果てはソフィア・ローレンも(拾っただけですが)
6.jpg

そして当然白装束の皆さんも。
2.jpg
まさにベレッタM12映画。

なお、この白装束の皆さんの撃ち合いシーン。
列車通路での撃ち合い。
1.jpg

撃たれても通路から湧き出る白装束。
7.jpg
この辺りのシーンは「スターウォーズ」のストームトルーパーを思い出します。
スターウォーズは過去の名シーンを巧く流用している映画でもありますので、あるいは本作の影響かとも思ったのですが・・・本作もスターウォーズも1977年映画 (本作は日本などでは76年) ですから・・・それはさすがにありませんね。

他、ストーリーもさることながら、列車という密室を使った伝染病隔離もの。その雰囲気は独特で、後に「皇帝のいない八月」の作家小林久三氏はこの映画を参考にしたと語ったとか。他にも本作のラストはスティーブン・セガールの「暴走特急」のラストなどを思い出します。
このように後の列車物の大きな影響を与えた作品かも知れません。

なお、面白いシーンで白装束から銃を奪うO・J・シンプソン。ガスマスクのキャスターを手で塞ぐという。
12.jpg
これはガスマスクを一度でも被ったことがある方ならおわかりかと思いますが・・・洒落になりません。
ガスマスクは被り方を間違えただけで窒息できます。

この映画の唯一の不満点は白装束が最初に列車を隔離するシーン。
5.jpg
引きの絵は良いのですが、不気味さを強調するために、もう少し並んでいる彼らを強調した絵がほしかった感じでございます。

最後に、ベレッタM12は他の映画でもよく登場いたします。なんというかUZI全盛、MP5全盛、そして今やSMGよりM4カービン全盛の時代でも、なぜかチラリと登場したりいたします。如何にもサブマシンガンというフォルムが選ばれやすい証拠なのかも。

ユンファ兄貴も当たり前のように使用。
16.jpg

トレホおじきもなぜか似合う
14.jpg

え、この人も?!
15.jpg

ついに入荷いたしました!!!
どうぞお見逃しなく。

>>ベレッタM12はこちら



本日のワンポイント情報!!

平素は、シカゴレジメンタルスをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

 

この度ヨーロッパより到着致しました無可動実銃の新入荷品につきまして続報です。

 

※先日お伝えしました入荷品一覧のうち、下記につきましては販売の準備が整うまで少しお時間を頂きます。
準備が整い次第改めてご案内させて頂きますので、今しばらくお待ちくださいませ。
ベレッタ BM59 Mark Ital 自動小銃 ¥230,000(税別)
ベレッタ BM59 Mark Ital TA 自動小銃 ¥270,000(税別)
ベレッタ BM59 Mark Ital Pc 自動小銃 ¥370,000(税別) (キャンセル待受付可)
HK SP5K 短機関銃 ¥400,000(税別)

 

いよいよ本日10日(土)より東京大阪両店で通常販売開始致しました!

 

昨日よりHP公開と予約案内を順次進めておりますので、ご予約頂いているお客様は今しばらくお待ちください。

 

皆様のご来店、ご注文を心よりお待ちしております。

 

株式会社 シカゴレジメンタルス

 


2017.05.27 Saturday

映画と銃「Streets of Fire」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

今回は「ストリート オブ ファイヤー」でございます。

しかしながら、あまりに有名過ぎて、語りつくされた感もある作品ですが・・・
実は最近になってあることに気づき・・・やってみようかと思った次第。

本作は言うまでも無く・・・
当時顔良し、声良しのマイケル・パレ
1.jpg

ロックの歌姫というイメージがハマっていたダイアン・レイン
2.jpg

怪演で最も印象を残したウィレム・デフォー
3.jpg
彼らの出世作。

皆キャリア的には新人で・・・でもそこが良かったという奇跡的なバランスがありました(マイケル・パレはすでに「アメリカンヒーロー」に出演)。
ただしマイケル・パレはやる気が無く(天然?)、まだ小娘だったダイアン・レインに「チャンスなんだから!もっと自ら前に出て自分をアピールしないと!」と叱咤激励されたという。

他に元々男を予定していたマッコイ役のエイミーマディガンは「絶対やりたい!」と役をゲットしたという。
15.jpg

さてさて、こちらでご紹介するからには銃の話題ですが・・・
街は現代ではないけどちょっと昔くらいな雰囲気にも関わらず・・・一番出てくるのはウィンチェスターライフルが一番多い。
8.jpg
どうもM92辺りかな?と思われます。とにかくブローニングが再設計したスリムな方。

またデフォー率いるバイカー軍団の皆さんはM1カービンが一番多いようですが・・・これもなかなか見え難い。
6-1.jpg

と思ったらわかりやすいカットがありました。
16.jpg

そこに両者イサカやトレンチガンなどのショットガンが混じっております。

そしてマイケル・パレ演じるトム・コーディが使用している銃。
拳銃はレッドホークのようですが、フロントサイトがございません。
7.jpg

他にイサカ。
9.jpg

そして何と言っても一番印象的なレバー・アクション・ライフル。
実はこれが今回ブログで取り上げようと思ったきっかけで・・・

元カノ歌姫救出のシーンで・・・
撃って
5.jpg

バイクを一発で炎上させます。ウィリー走行しながら、かなり景気良く燃えるのでやたらと印象的。
12.jpg
このシーン、てっきりウィンチェスターだと思っていたのでございますが・・・

実はなぜかトム・コーディだけマーリン Model 336でございました。
このマーリン社はウィンチェスターのクローンを販売していますが、336はどちらかと言えばモダナイズド版。猟などでの実用性を持たせるために内部機構などを変えています。

このシーン、フロントサイトがウィンチェスターっぽくない。
11.jpg
なかなか特徴的な右側が映っているシーンが無いのですが・・・
ありました。元カノ救出シーン。
10.jpg
右側に特徴的なローディングゲートと排莢口とボルトが見えます。
また銀色であることから、まさにステンレス版のマーリン Model 336SS ライフルかも知れません。

※通常入るとは思えない銃なのに、現在在庫があって驚いたという


多分、劇中では「主役には銀のウィンチェスターを使わせたい」というくらいの理由で336SSになった気がいたします。
それにしてもこれを観たら、急にマーリンがカッコ良く見えてきました。

銃の他にも印象的なシーンの多い映画で、特にデフォーが絡んでいるシーンは印象的なものが多くございます。

極めて使い難そうなハンマーをうれしそうに決闘道具に選ぶデフォーとか。
13.jpg

カッコイイけど魚屋の大将にしか見え無いデフォーとか。
4.jpg

やられている時も怪演するデフォーとか (特に顔が)。
17.jpg

北斗の拳のケンシロウが真似するくらいカッコ良いコーディのナイフ奪うシーンとか。


などなど語り始めるときりがない映画ですので、この辺りで・・・
18.jpg
当初はトム・コーディ3部作として予定していたそうですので、観たかった気もいたしますね。

>>マーリン Model 336SS ライフルはこちら
>>ウィンチェスターライフルはこちら
>>M1カービンはこちら

 


本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品の  トンプソン M1A1短機関銃 のHPとD/P(詳細画像) を本日新たにアップいたしました。

ぜひHPをご覧ください。 

トンプソン M1A1短機関銃(12万円、税別)


▲top