Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.08.17 Friday

映画と銃「The Terminator」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

今回は今更ながらではございますが、「ターミネーター」でございます。
0.jpg
この作品は本ブログでもスパス入荷の際など一部を何度か取り上げてはいたのでございますが・・・
意外に映画と銃ではやっていなかったという。
しかも現在、シカゴの在庫にこちらと
16.jpg

こちらが入っておりまして…
15.jpg
さらには久々のキャメロン製作で新作続編が撮られているようですので…

やらないわけには参りません。

AR-18とスパスと言えばターミネーターがここで買ったもの(いや、買ってませんな)。
2.jpg

この頃、やたらと構えが決まっているシュワルツネッガーでございます。
3.jpg

4.jpg

なお、現場ではどちらもストックレスで使用。機械なのでストックは要らないという。
1.jpg

またターミネーターながら、やたらとローディングやマガジンチェンジをちゃんとやるシーンがある。
7.jpg

AR-18の作動はもちろん、スパスもちゃんと作動しており、排出されるシェルまで確認できます。
6.jpg

また暗闇のシーンが多いため、マズルファイヤーがやたらと強い。
5.jpg

もう1つのターミネーターらしいシーンのUZI。
8.jpg
シュワルツネッガーが片手で構えていると、MINIUZIと錯覚した友人もいました。

ちゃんとホルスター付。
9.jpg
このホルスターも一時期販売されていましたし(国内にも入ってきていました)、映画でたまに見かけました。

ターミネーターと言えばハードボーラーのロングスライド、レーザーサイト付。
10.jpg
このレーザーサイトは当時の技術では要外部バッテリーのため、撮影ではケーブルを袖に隠していたとのこと。

マイケル・ビーン演じるカイル・リースはイサカ・ショットガン。
11.jpg
やはりやたらマズルフラッシュが・・・

イサカは弊社に在庫があることもございます。
劇中、ストックをDIYのノコで切るシーンが有り。
なので、こうして見ると銃身の長さとかなりアンバランスです。
12.jpg

なお、ターミネーターに反撃しようとした警察署はほとんど拳銃で、一部AR15。
14.jpg
さすがに小銃ではターミネーターには厳しい。
このような視点から次々撃たれてしまいます。
13.jpg

新作もキャメロン製作なら期待してしまいます。


>>ターミネーターと高倉健さん使用のAR-18はこちら
>>スパス・ショットガンはこちら
>>UZIシリーズはこちら
>>M16はこちら

本日のワンポイント情報!!

買取りで、 SMLE No.1 MKIII 小銃 が東京店に入荷しました。 HPとDetailed Photos(詳細画像)はすでにアップしております。 ぜひHPをご覧ください。

SMLE No.1 MKIII 小銃 (17万円、税別 ) はこちら


2018.08.09 Thursday

映画と銃「Cobra」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

今回の映画はシルベスター・スターローン主演の「コブラ」。
0.jpg

言うまでも無く、この度、ヤティマティックが入荷したため、取り上げた次第。

そもそも日本でヤティマティックが有名になったのも、シカゴでヤティマティックを入荷するのも、ほとんどこの映画のおかげと言っても過言ではありません。
でなければ一部のコレクターのみが知るようなサブマシンガンであった可能性が大です。

この映画は小説の「逃げるアヒル」を原作とし、元々「ビバリーヒルズコップ」の企画にスターローンが持ち込んだ脚本を基にしたもの。結局、「ビバリーヒルズコップ」自体は結局エディ・マーフィ主演作品となり、その際のスターローンが持ち込んだ脚本を別企画として映画化したのが、この「コブラ」になったという。
また「逃げるアヒル」自体は後に「フェアゲーム」としても映画化されています。原作の設定としては「フェアゲーム」の方が近いと言えば近いですが、まあ、どちらも原作とは異なります(原作ではヒロインはキャリアウーマン、守る刑事は元狙撃兵)。

スターローン演じるコブレッティのキャラはかなりカッコ良かったです。
1.jpg

ヒロインはブリジット・ニールセン
4.jpg
この方、元々造りが派手なので、あまり派手な化粧をしない方が良いのではないかと・・・
当時のスターローンと結婚しておりましたね。
しかし後に離婚。ハムのCMにスターローンが親子で出演した際のインタビューで「女性は顔で選んだらダメ」と言ってしまうスターローンでございました。

また本作は「ダーティハリー」のオマージュの部分があり、このため・・・
主人公の相棒は「ダーティハリー」でのハリーの相棒棒を演じたレニ・サントーニ。
5.jpg

上司はダーティハリーで犯人のスコルピオを演じたアンドリュー・ロビンソンでした。
6.jpg

敵のナイト・スラッシャーボスで、本人自身の名前がナイト・スラッシャーを演じるのはブライアン・トンプソン。
7.jpg
女囚コマンドのリーダーの人でございますね。若い頃はシュワルテネッガーの息子などと呼ばれたりもしていました。

さて銃の方はもちろん、主人公コブレッティが使用するヤティマティック。
12-1.jpg

ゼロハリらしきアタッシュケースに入り。
8.jpg

組み立てシーンまであります。
9.jpg
本作、ナシュナルマッチもクリーニングのシーンもあります。

独特のコッキングシーンも有り。
10.jpg

なお、コブラのヤティマティックというと40連マガジンの印象がありますが(印刷物に40連の画のカットが多い)、実は中盤のカーチェイスのシーンではレーザーサイト無しの20連。後半の乱戦ではレーザーサイト付40連という装備なのでございます。

いきなりコブラ・マーキュリーをスピンターンして窓からヤティマティックをぶっ放しております。
12.jpg
この時は20連。車内や窓から外に出したりするのに邪魔にならないようかと思われます。

他、コブレッティは腰にガバメント ナショナルマッチのコブラグリップ付き。
2.jpg

クルクル回すのはあまりにも有名でございますね。
3.jpg

ナイトスラッシャーはダブルバレルのショットガン
13.jpg

そして怖いナイフ。
14.jpg
このナイフはなぜかコブラナイフとしてレプリカが沢山売られました。
それくらいインパクトが強かったのでしょう。

他、敵の銃。
冒頭の犯人のポンプショットガンはやたらと印象的です。
15.jpg
犯人の銃器としては本作で一番怖かったかもしれません。
16.jpg

何気にMINI14も。
17.jpg

個人的に気になったのは冒頭のSWATがやたらと持っているHK 94(バレルシュラウドとフォアグリップ付)。
18.jpg
通称シュワルツェネッガーMP5(「ゴリラ」と「バトルランナー」で使用)として一時かなり売れたそうです。
19.jpg

それにしても冷蔵庫からピザボックスとタマゴの紙パックを取り出し・・・
ピザボックスからは冷めた不味そうなピザが一切れ、タマゴパックにガンクリーニングキットが出てくるシーン。
20.jpg
初見では驚きましたが・・・ちょっとやりたい。
とにかく色々やりたくなるシーンが多い映画なのです。

>>少数入荷であっという間完売間近のヤティマティックはこちら
>>MP5はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品で、 ポーランド PPS43/52 短機関銃 の新たな個体を HPとD/P(詳細画像) にアップいたしました。ぜひHPをご覧ください。 

ポーランド PPS43/52 短機関銃 (4.5万円、税別) こちら


2018.08.08 Wednesday

映画と銃「On Deadly Ground」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

今回の映画は「沈黙の要塞」。
0.jpg

いわゆる、セガールが出ている作品に「沈黙の・・・」と付けられるきっかけになった作品。
元々「沈黙の戦艦」が有り、その後続編の「暴走特急」が製作されましたが、それとは関係なくセガールシリーズという感じで「沈黙の・・・」を付けてしまったのは本作から。

主役はもちろんセガール。役名はどうでもいいと言われることもあるくらい。
3.jpg
なお、この頃はアクション抜きでもちょっとした立ち振る舞いがカッコイイです。やはり製作がお金があるところだと、カメラも演出も違うものなのではないかと思われます。

悪い石油会社の社長を演じるマイケル・ケイン。
2.jpg
しかしこの方、なんでもできますね。

実は当時セガールが終盤で使う、この銃が気になりまして・・・
4.jpg
いわゆるボックスマガジン・オート式のショットガン。セガールが持っていても大きく感じる。

実はボックスマガジン・オート式のショットガンというのはプロップガンとして作動させるのは中々難儀な場合が多いらしいのです。
ですので、本作で結構良く動いているのを観て、結構感心したという。

で・・・このセガールの使用しているマガジン・オート式のショットガン。

これでございました。
USAS-12 ショットガン。
7-1.jpg
まさかシカゴで観れるとは。

劇中、セガールは終盤にこれをバリバリ撃ちます。
さすがにショットガンのブランクは暗所では大きく太い!
5.jpg

排莢口からも火花が漏れています。
6.jpg

さらに引火させる場合には弾を変える芸の細かさ。
7.jpg

セガールは他に・・・
いつものガバ。
11.jpg
今回はシリーズ70のライトカスタムのような感じに見えます。
少なくともトリガーとリアサイトとハンマーの形状がノーマルではない。

即席ペットボトルサプレッサーを使用します。
13.jpg

他にもダブルバレルショットガン
14.jpg

敵から奪ったMP5K
15.jpg

クレイモアを仕掛けたり・・・色々なんでも使用します。
17.jpg

なお、MP5がスタックしますが・・・
16.jpg
セガールの場合、弾切れやスタックなどは逆に無双の前振りでございますな。

敵も様々な銃を使いますが、幾つか目立つものを・・・

「俺は銃を腹に据えて撃つ。人を殺したーって感じがする。お前は?」みたいなお馬鹿傭兵会話をする2人。
9.jpg
この2人のうち1人はMP5でしたが・・・お馬鹿発言の方がカールグスタフでした。
8.jpg

独特のバレルジャケットにサイトガード、スリング・スィベルの位置がわかります。
10.jpg

それからセガールを襲いに屋根から入る敵・・・
18.jpg

マズライトでした。
19.jpg
マズライト、油断していると映画に出てまいります。

この頃のセガールはカッコ良いですな。


>>セガールも使ったUSAS-12 ショットガンはこちら

本日のワンポイント情報!!

先日お知らせした新入荷品をHPとD/P(詳細画像)にアップいたしました。 ぜひHPをご覧ください。
新たにアップした商品は下記の通りです。
アーマライト AR18 自動小銃 ( 25万円、税別、大阪在庫品 ) は こちら
HPがまだ無いものがあと少し残っておりますが、順次HPの作成を進めて参りますので、何卒ご了承ください。

他、東京店在庫品で、 FN P90 短機関銃 の新たな個体を HPとD/P(詳細画像) にアップいたしました。ぜひHPをご覧ください。
FN P90 短機関銃 (75万円、税別) は こちら


2018.08.06 Monday

映画と銃「Jonah Hex」

御機嫌よう、スタッフBでございます。
今回の映画と銃では意外に知られていない「ジョナ・ヘックス」を取り上げます。
0.jpg

DCコミックの原作付。
舞台は南北戦争後のアメリカ。お話としてはガンマンの復讐劇という感じで、映画化しても面白くならないわけがない、ようなコミック・・・

ですが・・・本作、日本では未公開。本国アメリカでの評価も散々で、興行成績は回収できなかったようです。

実は監督と製作会社がもめて監督は途中降板。後を継いだ監督はいたものの、この騒動の影響が作品そのものに表れてしまったようで・・・
流れだけはあれど、話もキャラクターもなんだか説明不足。ラストバトルに至っては謎の演出になったという。

主人公のジョナ・ヘックス役はジョシュ・ブローリン。
1.jpg
この方はクーニーズの頃からのベテラン。近年では「メインインブラック3」の若きエージェントK役やアベンジャーズのサノス役が有名かと。
映画版では原作には無い能力が付加されているというキャラクターでございます。

ヒロインにミーガン・フォックス。
2.jpg
トランスフォーマー1、2の女優さん。
彼女が本作で一番期待され、一番わりを食ったかも知れません。
何しろ「魅力的だし、なんだか強い」と感じますが、背景やヘックスとの繋がりの説明がまるでありません。それどころか出番が少なすぎるという。

そして宿敵にジョン・マルコビッチ。
3.jpg
総じての個人的な感想としては、とりあえず幾つかのシークエンスを観るなら一見の価値くらいはございます。
このシーンは好きだな、という感じに。

さて、本作に出て来る銃は・・・
ヘックスの軍人時代はコルト1851ネービー。
6-1.jpg

そして本編ではほとんどピースメーカー。
6.jpg
他にも一瞬レミントンのニューアーミーを使っているシーンもございました。

ヒロインはコルト デリンジャー。
7.jpg

マルコビッチはルマットのようです。
21.jpg

他、南北戦争時代はエンフィールド1853がいっぱい。
8.jpg

シャープスや
9.jpg

ウィンチェスターは普通に登場します。
10.jpg

珍しいところでコルト リボリビングライフルのスコープ付なども。
11.jpg
まさに古式銃映画。
他の銃も出ているかも知れません(全部見きれない・・・)

しかし、一方で映画オリジナルの銃も登場・・・
馬ガトリングガン
12.jpg

ダブルです。
13.jpg
実はちゃんと手回しです。

ガンスミスのオリジナルガン。
なんでしょう?
14.jpg

展開します。
ボウガンですが・・・ダイナマイトを射出します。
15.jpg

実際導火線に火が着いております。
16.jpg

威力はもちろんダイナマイトですので・・・すごいです。
17.jpg

劇中の最終兵器リボルバーキャノン(というよりガトリングキャノンですが設定ではリボルバーキャノンとなっているようです)
18.jpg
ガトリング形式は強い、というのは日米共通感覚のようです。

銃は関係ありませんが、この真鍮の拡声器がちょっと欲しいです。
19.jpg

何より登場する銃が面白い映画でございました。
20.jpg

>>コルトM1851ネービーやレミントン ニューモデル アーミー リボルバーは売り切れておりますが、弊社が入荷した古式銃の一覧がわかる「古式銃も売りまっせ!!」コーナーはこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品で、 スターリング MK4 (L2A3) 短機関銃 の新たな個体を HPとD/P(詳細画像) にアップいたしました。ぜひHPをご覧ください。 

 

スターリング MK4 (L2A3) 短機関銃 (10万円、税別) こちら


2018.08.02 Thursday

映画と銃「I Come In Peace 」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

今回の映画と銃は「ダークエンジェル」
1.jpg
主演はドルフ・ラングレン。
一昔前はテレビでも何度もかかっていたので、皆様ご存知の方も多いかと思われます。

いつからか肉体派アクションスターが、人間相手では役不足になったのか…エイリアンと戦う映画が出てきました。
プレデターと戦ったシュワルツネッガーやセガールがミュータントと戦ったりなど…アクションスターが一度は通る道なのかも知れません。

本作は宇宙からやって来た他星の麻薬密売人とアメリカの刑事が戦うストーリー。
原題の「I Come In Peace 」は劇中の台詞にもある「俺は平和の使者だ」というもの。
日本で観るとタイトルに「Dark Angel」と出ますが、これは輸出時のタイトルなのでございます。

なぜ本作を取り上げたかと言うと…お客様はすでにお察しになっているかと思われますが…
本作、キャリコ映画です。

キャリコの900シリーズがメインと言っていいくらい出てきます。

そして弊社にもついにキャリコの900シリーズが入荷しましたので、本作をやらないわけには参りません。


まずは出演者。
主にこの3人です。
3.jpg
ラングレン刑事とその相棒になるFBI捜査官。そしてラングレン刑事の彼女で検死官。

ラングレンが若いです。
この時期は黒髪もしくは茶髪くらいに染めることがあり、実際似合います。金髪の地毛をわざわざ染めるのはこの方くらいかも(金髪だとクール過ぎるのかも知れません)。

ラングレン刑事とその相棒は凸凹コンビかつ、所轄の現場肌とエリートの新米のいい子ちゃん。
若い頃のケビン・コスナーを小柄にして個性を抜いた感じのFBIの捜査官は如何にも新米エリートな感じですが、どこか憎めない。
そのためかなぜか息が合う感じ。

ラングレン刑事と恋人は、結婚とかその手順がめんどくさい男とちゃんとしてほしい女性というカップル。
※この設定、個人的にリアル過ぎて笑えません…

敵は宇宙麻薬密売人。
4.jpg
地球に来た目的は人間の脳内から取れる脳内麻薬エンドルフィンを手に入れるためです。
脳内麻薬はゲームや恋愛などで顕著に出されます。あとは買い物や趣味。無可動実銃を買ったり、愛でたりしても出ます。
無可動実銃を購入時には宇宙麻薬密売人にお気をつけ下さい。エンドルフィン取られます。

なお、宇宙捜査官もいます。
5.jpg
むしろこちらの方が怖い…

彼ら宇宙人の身長は二メートルを超えます。
まあ、巨漢の俳優さんが上げ底ブーツを履いてこの身長感を出してます。
ラングレンより強そうな感じを出したかったのでしょう。

出演はほとんどこれらの人たちで話は通じますね。

あと余談でございますがチョイ役で…この方。
5-1.jpg
リーサルウェポンで拷問のプロ、エンドウ(実は4にも出演)、ダイハードでテロリストの一味の1人を演じた方。他にもアクション映画にちょくちょく顔を出していたスタント俳優の方で名前をアル・レオン。
憶えておくと本当にあちこち出ています。

さて、銃の話に…
なんと言ってもキャリコ。
6.jpg
宇宙麻薬密売人と宇宙捜査官共に持っています。
つまりスペースガン設定。
確かにこの銃、ヘリカルマガジンを背負っているため独特なカタチで、そのままスペースガンと言っても通じます。

劇中ではこのくらいの威力。
8.jpg
撃つと爆発します。

セレクターが光ります。セレクトすると光っていく仕様で、劇中でも光っていくのがわかります。
12.jpg
三段階あり、一段が一発らしく、二段がフルオートっぽい演出。三段はフルパワー。

劇中撃ちまくります。
9.jpg

さらに新米FBI(射撃が巧い)が手に入れ反撃します。
13.jpg

このように所持。
10.jpg
左手で抜くクロスドローヒップで斜帯もあるようです。斜帯でぶらげてるだけにも見えますが…バタついてないので、ベルト固定もしているかと…

ヘリカルマガジンが収まる部分が金属プレートっぽい。ここで填めているのかも。
11.jpg

この映画でキャリコのオモチャが出ないかな?と思った記憶がありますね。無可動実銃がまだまだ無い頃のお話。そう考えると、無可動実銃でキャリコの900シリーズが見れるとは…感慨深いものがあります。
ちなみに本作ではCGもまだまだ無い頃のお話です。

他、ラングレンの銃。
14.jpg
あまり見かけない銃。
アップで構えるカットは銃にピントが合わないのでわかりにくい…

しかしアップがありました。
15.jpg
HK P9Sでした。
ラングレンが持つと小さく見える。

変わり種の銃がお好きな方ならピンと来るかと。
ダブルアクションながら、ダブルアクションのスムースさに挑戦し、ハンマーコッカー搭載で、逆にハンマーリリースはセイフティをかけて空撃ちするという不思議な銃。機構が複雑過ぎて、フレーム分解はメーカーが推奨していないという。
そしてお値段が高い。
本作の主人公はやたら男の部屋的に凝った住まいといい、どうも自身の持ち物に金をかける趣味の人のようです。

しかしこのP9S、時々ベレッタ92Fに変わる…
16.jpg
映画あるあるでございます。

ポンプショットガン
17.jpg
これもラングレンが持つと細く見えます。

ハンドガードが一周しています。たぶんハンドガードカスタムのM870。
18.jpg
ハンドガードが上にもあると色々構えてポンプアクションができます。

相棒はFBIなのでちゃんと当時風のM10 3インチ。
19.jpg
なんとなくトイガンに見えます。仕上げとかラインとか撃針とか。
撃たないシーンなどは結構トイガンの場合がございます。

しかしこの相棒、こちらの銃の印象が…
ママから貰ったとか。
20.jpg

良く見るとコンプ付きブルバレルにスコープ搭載。
21.jpg
ベースはダンウェッソンらしいです。

宇宙麻薬密売人登場のため、影の薄いギャングの皆様も頑張ります。
MINI UZI
22.jpg

MP5K。
23.jpg
MP5Kは実は1丁はストック付でございます。

せっかくなのでラングレンアクション。
極真出身のため、蹴り技が綺麗なのです。

映画で格闘アクション役者の良くやる左外回し蹴りからの右後ろ廻し蹴りですが…
24.jpg
外回しでショットガンを引っ掻けて反らしてからの後ろ廻し蹴り。
25.jpg
長物相手として理に適っています。
26.jpg
なお、相手に掴まれた場合など手を受けの動きで外したりするのは、力を抜いた方が外しやすいのです。
力を抜いて触れると、相手の力も入らない、という作用です。

廻し蹴りも外から全身で巻き込むようなフルコンタクト系。
27.jpg
廻し蹴りと言っても幾つも種類があり、フルコンタクト系は近距離でも隙があれば蹴りを使うため、ガードの外から蹴りを回し込む。
キックボクシングやムエタイなどではサイドにインステップして、パンチを外しつつ相手の正面に蹴りを入れ、パンチを打とうとする相手の前進を止めます。

というわけでキャリコ映画「ダークエンジェル」でございました。
28.jpg

>>キャリコM960は販売済みでございますが、弊社キャリコ在庫はこちら
>>MINI UZIを含むUZIの在庫はこちら
>>MP5はこちら

 


本日のツーポイント情報!!

*買取りで、 管打式 小細筒 (銃砲刀剣類登録証付古式銃) が東京店に入荷しました。 HPとDetailed Photos(詳細画像) は本日アップしております。何卒ご了承くださいませ。

管打式 小細筒 (銃砲刀剣類登録証付古式銃)(15万円、税別) はこちら

 

*明日8月3日(金)〜8月5日(日)、骨董ジャンボリーに古式銃専門店として参加いたします。    

骨董ジャンボリー
期間:8月3日(金)〜5日(日)
時間:10:00〜17:00 (チケット販売は16:30迄)
会場:東京ビッグサイト 東1ホール
入場料:有料
国内最大級かつ唯一の古式銃専門店の名に相応しい古式銃の展示を行う予定です。
お客様のご来場を心よりお待ちしております。

骨董ジャンボリーの公式HPはこちら

※なお、同期間中はシカゴレジメンタルス各店舗での登録証付古式銃の展示品が通常より少ない状態になります。
期間中に弊社店舗にて登録証付古式銃のご検討もしくはご購入希望の場合は、お早めにメールもしくはお電話にてご連絡頂けますようお願いいたします。
(可能な限りご希望の個体を会場に移動せず、店舗に残しておきます。)
※日程によってはご希望の日時にご覧頂くことができない場合もございます。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。

▲top