Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

2018.02.22 Thursday

映画と銃「Kyou mo ware oozora ni ari」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

今回は邦画の「今日もわれ大空にあり」でございます。

今回は大常連様であるKO様に「良かったら観て」と鑑賞の機会を頂きました。誠に感謝いたします。
お客様の知識とご好意で支えられているシカゴレジメンタルスでございます。

さて映画の舞台は時代はちょうどセイバーとスターファイターの変換期。
1.jpg

公開年には私もまだ生まれておりません。
今観ると、日本でもこういう映画を創っていたんだなぁ…と。

ですので、本作の味の1つに時代感というのもございます。
パイロットたちもヘルメットを始めとする装備、
5.jpg
登場人物の話し方

パイロットというエリートの自宅に昭和の雰囲気
6.jpg

自衛隊の食堂など(なんだかやたらと美味しそう)。
15.jpg
色々な部分に時代を感じる「味」がございます。

しかし本作はやはり何より飛行シーン。
17.jpg

隊長は三橋達也さんが演じております。
4.jpg
なぜか隊長機が複座?
他に佐藤允さん、夏木陽介さん他。
16.jpg

トリムらしきものを動かしているカットがあり芸が細かい。
3.jpg

しかし特に注目は地上攻撃訓練シーン。
7.jpg

撃ってます。
8.jpg
曳光弾の赤い光がわかりますか?

実弾です。
10.jpg
跳弾まで映っています。

実際の訓練映像でしょう。
9.jpg
実弾は驚きました。

また「トップガン」に先駆け、失速シーンまであり…
この失速までのカットが、後のトップガンのジェットウォッシュでのスピンに似てます。

ベイルアウトシークエンスもあります。
11.jpg

F-104も登場。
12.jpg
考えてみるとF-86からF-104というのはかなりの変化ですね。

当時最新鋭104を駆ったのは…
なんと平田昭彦さん。
13.jpg
この方、後の作品では冷静な科学者的なものが多いのですが、実は笑顔がとてもいいのです。
本作ではほぼ笑っています。最新鋭機に乗っている余裕でしょうか?
またこの方は何と言ってもゴジラとゼットンを倒した(特にゴジラに唯一トドメを刺した人間)ということで肩書きは十分でございますが・・・
実際に士官学校を出た後に東大に入りなおしているという凄い経歴をお持ちの方だったりします。

104の翼をして「下手ななまくら刀よりよほど切れる」と評しているシーン。
14.jpg

本作はドラマもなかなかしっかりしておりまして、戦闘シーンなどはありませんが、なかなか見応えがある作品でした。
その内容は是非実際にご覧になってみて下さい。
0.jpg
一見の価値はあるかと。

改めて本作を観る機会を下さいましたKO様に感謝いたします。

>>F-104のフライトヘルメットはこちら
>>セイバーと言えば50口径機関銃はこちら
>>50口径アクセサリーはこちら

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、Gew.88/05 歩兵銃が東京店に入荷致しました。

HPとDetailed Photos(詳細画像)は本日アップしておりますのでぜひご覧ください。

 

Gew.88/05 歩兵銃(32万円、税別)はこちら


2018.02.15 Thursday

webガゼット vol.15

御機嫌よう、スタッフBでございます。

この季節がやって参りました。
すでにスタッフSからもお知らせをさせて頂きましたが、ガゼットvol.15が完成したしました。
0.jpg
すでにご覧頂いているお客様もいらっしゃるかと思います。

今回も100ページ越え、このガゼットも100ページ越えは当たり前という感じになってまいりました。

そしていつものようにwebガゼットもvol.15分を作成いたしました。
2.jpg
vol.13、14の時と見方は同じでございます。とても簡単でございますので、今や説明の必要も無いくらいでございますが、よくわからない場合は過去のブログもご参考にされて下さい。

>>ブログ「webガゼット vol.14」はこちら

実際のガゼットはもちろん、よろしければwebガゼットも合わせてお楽しみ下さいませ。
また、webガゼットを読んでご興味頂き、まだ登録されていないお客様はこの機会に是非ともニュースレターの登録をどうぞ。
1.jpg

>>webガゼットはこちら

>>ガゼットの冊子を手に入れるためのニュースレター登録はこちら


 

本日のツーポイント情報!!

*買取りで、ステアー M1886 Kropatscheck 歩兵銃 が大阪店に入荷致しました。

HPとDetailed Photos(詳細画像)はすでにアップしておりますのでぜひご覧ください。

 

ステアー M1886 Kropatscheck 歩兵銃 (18万円、税別)はこちら

 

 

*東京上野本店 営業時間変更のお知らせ

いつも当店をご利用いただきありがとうございます。 誠に勝手ではございますが、平成30年2月1日より東京上野本店の営業時間を12:00〜19:30とさせていただいております。 お客様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどお願い申しあげます。

なお、大阪店(TEL: 06-6223-9070)の営業時間は変更ございません。 これまで通り20:00まで営業いたします。


2018.01.25 Thursday

映画と銃「SOLDATI DI PACE」

映画と銃「SOLDATI DI PACE」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

今回は「ブラックバード・ライジング」でございます。

たまたま以前にまとめて安く買って(100均みたいな価格)観てなかった作品の1つ。
正直、前情報は全く無く観てましたら・・・

イタリア映画で、旧ユーゴスラビアのコソボ紛争終結時に平和維持軍として現地に向かったイタリア軍のお話でございました。
セルビア人武装勢力とアルバニア人系武装勢力がまだ散発的な戦闘をしている中のお話でございます。
原題は「SOLDATI DI PACE」で「平和の兵士」つまりは平和維持軍ですから、どちらかと言えば戦闘映画ではなく、戦争ドラマ系の映画なのがわかります。
実際、あまり派兵に興味が無い若い主人公がコソボの現状を目にして意識が変わっていく、というようなお話。

そんな主人公です。
1.jpg

まあ、そこはイタリア人だからか、映画だからか現地の女性としっかり恋に落ちますが・・・
恋に落ちるヒロインでございます。
8.jpg

というわけで戦闘シーンは少ないですが、装備や車両などはイタリア軍全面協力という感じでございます。

また本作はイタリアのTVドラマらしく、200分2エピソ−ドとあり、おそらく前後編ドラマスペシャルのようなものかと。なお、日本国内DVDはそれを120分にカットしたものです。
コソボはイタリアとしては戦後初の海外派兵ですので、当然こういう映画やドラマは創られそうだな・・・と納得いたしました。

しかし邦題がなぜブラックバードか?
いや、「ブラックホークダウン」の便乗というのは誰でもわかりますが、本編と全く脈絡が無ければさすがに・・・

実は・・・これでございます。ヘルメットにご注目。
5.jpg
羽です・・・

銃を構えていても羽があります。
7.jpg

車両に乗っていても羽。
6.jpg
邪魔そうなくらいあります(実際邪魔そうなシーンが結構あります)。

つまり黒い羽を付けた部隊なのでブラックバード・・・
なんだか架空の装備みたいな雰囲気の羽でございますが・・・

この羽はベルサリエリというイタリア軍の伝統的歩兵科のみが付けるもので、ベルサリエリは「自律的な行動ができることを旨とし、部隊員は単独行動も可能なよう独自の訓練を受けて、強い意志をもって「不意討ち、妨害、敵の計画の妨げ」をする・・・とのことでございます。

ベルサリエリの像
102.jpg

昔のベルサリエリ
101.jpg

なお、この羽は元々はヨーロッパオオライチョウの羽でしたが、現在は絶滅危惧種になっているとかで、七面鳥の羽になっているとか。そしてこの羽はがっつりと戦争状態以外は現在でも付けるようです。

ちなみに付けている理由はカッコイイからとのこと。
さすがイタリア軍です。

なお、出動前の兵はなんとも言えない紐とフサフサが付いたベルサリエリフェズ帽を着用。
2.jpg

しかし士官は赤ベレー。
3.jpg

もっと偉い人は黒ベレーのようでございます。
4.jpg
うーむ・・・やはりイタリア軍、お洒落です。

さて本編でベルサリエリが使用している銃はやはりイタリア、ベレッタAR70。
9.jpg
と思いましたら・・・私の知っているAR70/223とかとは何か違う・・・

どうやら改良型のAR70/90のようでございます。
10.jpg
ハンドガード形状が変更、N16のようなキャリングハンドルが付いて雰囲気がだいぶ変わりました。
これもいずれ入荷するかも知れませんね。

ストックにやたら文字が書かれているのも現場っぽいです。
11.jpg

他にゲリラは基本的にAK多数。
12.jpg

怖そうな人ですが、敵の眼前で実はマガジンを付けていないうっかりさん。
13.jpg

UZIも登場。
14.jpg

機関銃が無い時でもなぜか弾帯を巻いているゲリラが目に付きます。
15.jpg

他にお馴染みのRPG・・・かと思いましたら・・・
22.jpg

ユーゴ製のM59照準器が載っています(この照準器、最近時々巷で見かけますな)。
23.jpg
ゆえにユーゴのM57あたりかと。しかしほとんど正面しか映らないので、なかなか見分けが難しい。
映画では珍しいかと思われます。

車両なども多く登場します。
16.jpg

チェンタウロ(ケンタウルス)戦闘偵察車などは珍しいかと。
17.jpg
装輪戦車というか、サイズも火砲も戦車並み。ただし装甲が脆弱(正面装甲は対20mm程度、他は対12.7mm程度)なので、自走砲的な扱いかと。

ヘリもバートルにイロコイス。
20.jpg

珍しいところでイタリアの攻撃ヘリA129 マングスタ。
19.jpg

このような車両が街中を含めてあちこちにいるというのが、如何にも紛争地という感じでございました。
18.jpg

派手な戦闘シーンを期待すると裏切られますますが、コソボ紛争終結後の状況、そこに平和維持軍として向かったイタリア軍の感覚のような伝わる作品でございました。

たまにはこんな映画も良いかと。

>>現在在庫はございませんが、過去に入荷したベレッタ M70シリーズはこちら
>>やはり現在は在庫がございませんが過去に在庫していたMユーゴ M57 無反動砲はこちら
>>世界中どこにでもあるイメージのAKシリーズはこちら
>>やはり世界中にあるイメージのUZIシリーズはこちら

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、ルーマニア FPK 狙撃銃 が東京店に入荷致しました。

HPとDetailed Photos(詳細画像)はすでにアップしておりますのでぜひご覧ください。

 

ルーマニア FPK 狙撃銃 (28万円、税別)はこちら


2018.01.20 Saturday

大門?団長?

御機嫌よう、スタッフBでございます。

今回はこれ。一目瞭然で、ライトでございます。
1.jpg

DAIMONと書いてありますね。
2.jpg

大門と言えばこの人?

いやいや…。
※この人も一回取り上げたいものでございます。

DAIMONはWWIIドイツ時代の主に小型照明器具(バッテリー式照明器具)を作っているメーカーでございます。
今回の物はタバコの箱大の携帯ライトですね。
他に円筒形のライト、鉄道用携帯シグナル切り替えライトなども同メーカーが作っているとか。

裏はこのように。
3.jpg
吊り金具でぶら下げられるようになっております。
吊り金具を展開するとこんな感じ。
4.jpg

スイッチは側面。なんだか懐かしい感じのスイッチ。
6.jpg
OFFON。

これはフォーカスライトというもので、灯りの焦点を変更できます。つまり光を狭くしたり広げたりというやつですね。
反射部を回転させることにより伸び縮みします。
19.jpg
これでフォーカスを行うわけです。

こちらがカバーの開閉ロックです。
8.jpg

これで開きま・・・いや、開かない?!
10.jpg
どう考えても反射部が引っかかる・・・

で、先ほどのフォーカス部を回すと
20.jpg

抜けます。真剣に一瞬気付かなかったという。
12.jpg

中はこのような感じ。
13.jpg

電球は予備も付いております。
15.jpg

先ほどのスイッチの動きが良くわかりますね。大変シンプル。
16.jpg

そしてここにバッテリーが入る。
14.jpg

確かこんなバッテリーです。
22.jpg
※商品にバッテリーは付属していません。

バッテリーを入れたイメージです。
23.jpg
ただし戦中の電球ですから、バッテリー入れてスイッチONにした瞬間、電球切れるかも知れません。
あくまでコレクションとしての品ですので。

私は意外とこういう小物が好きだったりします。
ドイツ シグナル・ライト(DAIMON社製)でございました。
18.jpg

これであなたもグリーンランターン!
0.jpg
いや、今回ランタンでも無いのですが・・・(某スタッフの真似)

>>ドイツ シグナル・ライト(DAIMON社製)はこちら

本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品で、ロシア AKM 自動小銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像) にアップいたしました。ぜひHPをご覧ください。

ロシア AKM 自動小銃(12万円、税別)はこちら


2018.01.03 Wednesday

映画と銃「Tears of the Sun」

あけましておめでとうございます。スタッフBでございます。
皆様、三が日はいかがお過ごしでしょうか?

私は「スターウォーズ 最後の自衛隊」を観に行って参りました。
「僕は自衛隊だ・・・父がそうであったように・・・」と昔「スターウォーズ 自衛隊の帰還」でサーベル捨てるところがカッコ良かったですね。
いや、そんな映画あったら真っ先に本ブログで取り上げますが・・・

さて年始早々の映画と銃は「ティアーズ オブ ザ サン」。
0.jpg

年明け早々この作品でいいのか?とも思ったりいたしますが・・・

本作のレビューを観るとたいてい「アメリカ万歳、キリスト教万歳映画」みたいな感じで書かれていたりするのでございますが・・・
しかしながら戦争映画の場合、活劇風でも、シリアル路線でも、例えばその戦争背景を描くような部分は大変難しいものでございます。
そんな部分を語るのは他のブログに任せて・・・
本ブログは本ブログらしい切り口で書かせて頂きます。

さて公開時から言われていましたが・・・そもそも本作は元は「ダイハード4」の企画として立ち上がったものだったりいたします。
マクレーンが何らかの理由で紛争地に行き誰かを助ける、一部軍と共に行動?敵に執拗に追い掛け回される。実は追い掛け回される理由が・・・のようなストーリーでしょうか?

ですので本作では例えば隊長がいきなり判断を変えた理由がどうもはっきりしない。
これがマクレーンなら「助けたかったんだろうね」で納得してまうのですが、軍の部隊長となるとどうもよくわからないという点がございました。

そんな隊長にブルース・ウィルス。
1.jpg
マクレーン隊長と思って観ましょう。

本作でこの人のために部隊が大変な目に遭う女医を演じるのはイタリアの宝石モニカ・ベルッチ。
2.jpg
まあ、モニカ・ベルッチならマクレーン隊長が命令無視したのも仕方が無いかと・・・

それはともかく、本作では特に後半のアクションがスゴイ。
何しろ多勢に無勢で追い掛け回されます。しかもマクレーン隊長たちは民間人を連れて・・・

特に主人公たちの動きがなかなか。
単に訓練のように特殊部隊が動いていく映画はたくさんあるのですが、追い掛け回されながら乱戦の状態でのプロっぽい動きが観れます。
4.jpg

このように撤退戦で肩を叩きながら順次後退していくなど。
14].jpg
他に乱戦の最中にクレイモアを仕掛けていく動きなどがとてもそれっぽい。

さて銃は当然M4カービンが主。
マクレーン隊長はM4カービン。左利きでのマガジンチェンジがよくわかったりいたします。
3.jpg

M4カービンにはM203付のものもあります。
5.jpg

他M14。
8.jpg

MINIMI(パラトルーパーのようでした)
6.jpg

M60E4
7.jpg

などなどは最小部隊として違和感無い装備かと。
なお、光学機器などのオプションや銃以外の装備などは当時のものですので、やや古さを感じます。近年が如何に日進月歩にオプションや装備が変わっているのかがわかりますね。

拳銃はHK MK23。いわゆるソーコムと呼ばれていたものですが・・・
ブルースとかが構えるとあまり大きく見えません。皆さん体や手が大きいんですね。
9.jpg

他、敵は当然という感じでAKが多数。
AKMやノリンコのようです。

これはノリンコ。
10.jpg

敵から奪取して、民間人が使用するのを観てもAKとわかります。これはAKMですね。
11.jpg

実はSKSも。
13.jpg

やはり当然ながらRPGが登場。いきなりこの火線が出てくるシーンはちょっと怖かったです。
12.jpg

なお、FA-18も登場。
15.jpg

そしてこのカットでは・・・ああ、隊長だけズルイ・・・という。
16.jpg
まあ、マクレーン隊長ですので・・・

しかしお正月早々戦争映画観たりするのは・・・まさにミリオタらしい風情でございますね。

>>劇中のM4カービン違いますがその流れを汲むというか、新鋭銃であるLMTはこちら
>>M14の在庫は現在ありませんがセミオートオンリーのM1Aはこちら
>>MINIMIはこちら
>>SKSはこちら
>>AKシリーズはこちら
>>RPGはこちら



本日のワンポイント情報!!

先日買取りで入荷した 軍装品コレクション の商品化を本日より進めております。

 

順次HPにアップしていきますので、どうぞご期待ください。

なお価格につきましては1/6以降決定予定です、もう暫くお待ちください。


▲top