Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
シカゴレジメンタルス 東京上野本店で銃やミリタリーに興味のあるアルバイト・スタッフを募集中です。 詳しくは東京店までお問い合わせください!

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.11.20 Tuesday

映画と銃「Dvadtsat vosem panfilovtsev」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

今回は「パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人」でございます。

本作、あるいはシカゴのお客様にはすでにご覧になっている方も結構いるのでは?と思います。
ロシアでは有名な「パンフィロフの28人」を映画化したロシア映画。
すごくシンプルに申しますと、第二次世界大戦の対ドイツ戦でモスクワ防衛に参加して戦死したパンフィロフ将軍と彼が率いた兵士のお話でございます。

映画原題は「Dvadtsat vosem panfilovtsev」で「パンフィロフの28人」。英題も同じ意味の「PANFILOV'S TWENTY EIGHT」となっております。

現在もあるモニュメントが映画にも登場します。
36.jpg

さて映画としては、序盤の兵士の会話や戦闘準備もありますが、基本的にその後は戦闘シーンがメイン。
味方の登場人物は少ないので各兵士のキャラは立っていて見分けはつきますが、特別なドラマみたいのは無く、中後半はひたすら戦闘する映画でした。
絵的にもこんな角度でこれ撃ってる絵を撮ろうぜ、こういうシチュエーションの絵を撮ろうぜ、というスタッフ陣の声が聞こえてきそうな映画。

序盤に兵士たちにドイツ軍戦車の見分け方の話をしているシーン。
2.jpg
「図で書くとこう」と戦車を描いていきます。
テンプレート定規を使ってますね。こういうのっていつの時代からあるのでございましょう?
あとRG-14/30手榴弾が映っています。

他に、自分たちが数が少ないのに例えて「侍が7人で野盗を倒したそうだ」「いや、あれは牛飼いの話だろう?」などの会話があったり・・・
まあ、「七人の侍」は戦後の映画なので時代考証的には間違いなのですが・・・この辺りは監督や脚本のジョークかと。話としては面白いですし。
このようなシーンがあるので序盤もなかなか面白いのです。

さて銃はのお話でございます。
本作で一番目立っているのはなんと言ってもPTRD-1941対戦車ライフル。
4.jpg
単発のロングリコイル式で、大砲をそのまま銃にしたような対戦車ライフル。

そう言えば劇中はロングリコイルしていなかったような・・・(ロングリコイルは空砲では難しいか?)
ハリウッドやヨーロッパ映画の登場は少なく、しかしロシア映画では良く見かけます。しかしこれだけ活躍している映画は貴重かと思われます。

発砲シーンはかなり迫力。
5.jpg
装填シーンや、ボルトアクションの送り込みでスタックしているカットもリアル。
6.jpg

本作の特徴として、どの銃も装填やリロードシーンが結構撮られています。

FPS的視点もあります。
7.jpg

ロシア映画と言えば、当然モシンンナガン。
8.jpg
一時戦局が一旦落ち着いて、リロードしているシーンでは、マガジンのボトムプレートを開いて直接装填しています。
9.jpg

SVTを使用している兵士もいました。
10.jpg

DPも・・・
11.jpg
しかしすぐにやられたのか、あまり活躍しているところは見かけませんでした。このカットだけかも知れません。

実は出ているPPD
12.jpg
こちらはPPD?!と驚きました。
しかも活躍もしておりますので見どころも多いです。

ならばPPSh-41はでないの?と思いましたら・・・しっかりと登場。
13.jpg

マキシム重機関銃。
14.jpg
機関銃はやっぱりすごいねとわかる演出です。

なお、コッキングハンドルが半円描いてカキカキ動いているのがわかります。
15.jpg
この映画のカメラか監督は絶対マニアなのでは無いかと・・・

ドイツ軍も一通りの基本火器がでてきており、Kar.98kやMP40、MG34等々。
37.jpg
コート姿で前進する姿は結構怖い感じが良かったです。

戦車兵がこんな感じでMP40を撃つのもなかなかいいカット。
17.jpg

終盤弾薬不足でソ連兵も・・・
16.jpg

ソ連の45mm対戦車砲もかなり活躍。
24.jpg
ドイツの37mmのソ連版で45cmに載せ替えたもの。
とは言え戦車相手ですとかなり不利ですからね。
対戦車砲は攻撃力はあれど、防御が手薄で動きも取れませんから、地の利を活かさなければ全く効果を発揮しません。

さすがに37mmや45mmまでは弾薬が小さく見えます。
25.jpg

ソ連のM-30 122mm榴弾砲。
26.jpg
初弾を1発だけ砲撃。その着弾をちゃんと観測して、その後に効力射しています。
30.jpg

対するドイツの15cm sFH18重榴弾砲
28.jpg
排莢シーン有り。
29.jpg

他、ソ連側の対戦車兵器
火炎瓶。
1.jpg
いわゆるモロトフ・カクテルでございますね。
劇中「改良されて、火種がなくても良くなった。ただしうっかり落としたら燃える」と言うセリフがございます。
確かに、シールを剥がすことで・・・
33.jpg
着火しています。
34.jpg

他各種手榴弾類。
一番登場するのはRGD-33
31.jpg
通称デグチャレフ手榴弾ですね。
しかも対戦車向けの収束式も。
32.jpg

それにしても・・・ソ連側はこれらで対戦車兵器が全てです。戦車は無し・・・

そしてドイツ側の主役とも言えるのが、戦車群。
19.jpg
短砲身の三号と四号ですな。
18.jpg
CGが多いと思われますが、どうみても車両(レプリカ?)を使っているシーンもございます。
23.jpg

戦車がやられた戦車を盾にしたりとかなり活き活きと動いています。
21.jpg

さらにはキャタピラを撃ちぬいたり、装甲に弾かれた砲弾が、周りの歩兵に被害を与える演出があったり、
20.jpg

戦車から乗員が脱出し始めると榴弾を撃ったり等、芸が細かい。
22.jpg

というわけで、シカゴのお客様であれば一度ご覧になるのも良いかと思われる映画でした。

>>販売済でございますが、過去に入荷していたPTRDはこちら
>>PPDはございませんがPPSh-41はこちら
>>モシンンナガンはこちら
>>本作でも迫力のマキシムはこちら
>>ドイツ側のMP40はこちら
>>Kar.98kはこちら


 

本日のワンポイント情報!!

軽井沢倉庫に入荷した買取品の内、6挺の無可動実銃コレクションをHPにアップしました。 ご予約頂いているお客様へご案内の品物もございますが、キャンセル待ちもお受けしておりますのでお気軽にお問合せ下さい。 現物は、東京店へ移動中のため、未だ確認が出来ておりませんため、各個体の解説と画像は、後日加筆、追加、訂正を行う可能性がございますが、予めご了承くださいませ。

FAL L1A1 自動小銃  ( 20万円、税別、お客様ご連絡中 ) はこちら

シモノフ SKS カービン   ( 17万円、税別、お客様ご連絡中 ) はこちら

・  RPG-2 ロケット・ランチャー ( 18万円、税別 ) はこちら

・  コマンド LDP 短機関銃  ( 20万円、税別、お客様ご連絡中 ) はこちら

ハンガリー AMD65 自動小銃 木製グリップ  ( 9万円、税別 ) はこちら

ハンガリー AMP69 自動小銃 ( 18万円、税別 ) はこちら


2018.09.12 Wednesday

映画と銃「The League of Extraordinary Gentlemen」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

今回は「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」を取り上げたいと思います。
0.jpg

元々は映画の「The League of Gentlemen(紳士同盟)」からタイトルをもじった「The League of Extraordinary Gentlemen(「即席紳士同盟」みたいな意味になりますね)」というDCコミックの映画化。
とは言え、原作とも別物の作品となっております。

主人公は有名な冒険小説の主人公アラン・クォーターメインの晩年。
1.jpg
ショーン・コネリーですね。

他、トム・ソーヤ
2.jpg

ネモ船長
3.jpg
すごく怪しい・・・

すっかりヴァンパイアになっているミナ・ハーカー。
4.jpg

ドリアン・グレイ
5.jpg
通称「絵の人」。当時、この人出すの?と思いました

透明人間
6.jpg

ジキル/ハイドとか
7.jpg

他にも各作品の原作を知っているとニヤリとする登場人物が出てまいります。

ただ、本作、なんとなく何か足りない感じというか、駆け足過ぎる感じがあり・・・
実際、予告編にあったシーンが幾つか本編ではカットされていたり・・・
実は監督とコネリーがもめて・・・という話がございまして・・・
結果的にはコネリーの引退作ともなりました。

それでも興行的には、スーパーヒットではないが、充分成功だったようでございます。

さて本作での銃はネモ船長や敵が当時としては最新以上の技術するなどがあり、全てが実在というわけではございませんが、なかなか面白いものが登場します。

アラン・クォーターメインはウェブリーの拳銃に・・・
13.jpg

ダブルバレル・ライフルを使用。
8.jpg
このダブルバレル・ライフル。さすがに詳細はわかりませんでした。
カニ目式のかなり古いものであることは間違いありません。アップになるシーンもあるのですが・・・
10.jpg
このライフルにクォーターメインは「マチルダ」の名前を付けています。

そしてこのライフルでトム・ソーヤに銃を教えるシーンがちょっといい。
9.jpg
若者に教えるシーンは、コネリーにはとても似合います。
なお、クォーターメイン曰く「アメリカ式はバンバン撃ちまくって、あとは当たるように祈るんだろ?」とのこと。

で・・・バンバン撃ってるトム・ソーヤ。
14.jpg
コルト・ニューアーミーを二丁拳銃。

そしてウィンチェスターM73
11-1.jpg
よく見ると彫刻が入っています。
12.jpg

ネモ船長自身は銃をほとんど使いませんが・・・実は部下たちが・・・
17.jpg
え?!と見て驚いたモディファイ・ステンでした。
銀ピカで形も何かウネウネ(?)しております。
ラスト近くで撃つシーンもありました。

こちらは以前に他のスタッフも取り上げた敵の最新鋭以上の技術の銃。何しろ19世紀末に携帯フルオート火器です。
16.jpg
以前のブログでも書かれましたが、プロップ的な中身はAK、トンプソン、UZIでした。
15.jpg
>>以前のブログ「怪人同盟」はこちら

敵は他に全身甲冑の火炎放射器武装兵や・・・
19.jpg

ロケットランチャーまで・・・。
21.jpg

一応、イギリス兵が出てきてSMLEを見せてくれます。
18.jpg
この世界だと逆に違和感があるくらい・・・

このような潜水艦が登場する世界ですからね。
22.jpg

ご覧になったことが無い方は一度ご覧になってみるのも一興かと。

>>ダブルバレルライフルは以前弊社でも扱ったことがございます。結構本作のマチルダに似ている。こちら
>>ウィンチェスターライフルはこちら
>>ステン・サブマシンガンはこちら
>>SMLEはこちら

 


本日のワンポイント情報!!

買取りで、FN ブローニング Model 1928 軽機関銃 (ポーランド用プロトタイプ) が東京店に入荷しました。 HPとDetailed Photos(詳細画像)はすでにアップしております。 ぜひHPをご覧ください。

 

FN ブローニング Model 1928 軽機関銃 (ポーランド用プロトタイプ) (45万円、税別 ) はこちら


2018.08.27 Monday

映画と銃「The Magnificent Seven (2016)」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

「七人の侍」は言うまでも無く、その権利を買って基にした西部劇が「荒野の七人」。
それを近年リメイクしたのが今回ご紹介する「マグニフィセント・セブン」で・・・

実は原題は新旧共に「The Magnificent Seven」という。

Magnificentは聞きなれない言葉ですが、壮大な、雄大な、の意味。
単純に偉大な、スゴイとするならGreatを使えば良いわけで、あえてMagnificentを使っているため・・・
このタイトルの場合、助けられた人たちの視点での「崇高な7人」のような意味合いが近いかと思われます。

公開当時、私の周りにあまり観た人間がおらず、しかしながら当時のネットの評判を観ると悪くない感触でしたので、一度観たかった作品です。

ストーリーは旧作と大きくは変わりませんが、盗賊から農村を守るのではなく、悪徳資本家から町を守る、という話になっております。

一番の変更はキャラクターで、皆、よりクセの強い人物になっています。
旧作ではユル・ブリナーの演じたリーダーは知性派もアクションもできるデンゼル・ワシントン。
1.jpg
この方、SAAを普通に無駄なく撃ちますね。他の作品を観ても思うのですが・・・運動神経がいいのか、異常なくらい練習熱心なのかも知れません。

旧作でマックイーンの演じた役どころはクリス・プラットが。「ジュラシックワールド」の主役の人と言った方がわかりやすいかも知れません。
2.jpg
今後出演が多くなりそうな役者さんです。
なお、ギャンブラーというより手品が目立ちます。

三番目に来ているアウトローですが・・・日本の宣伝では6番目。実際観ると確かにその辺りが順当な印象です。
3.jpg
二丁拳銃が目立ちますが、実は本作では何人かが当たり前のように二丁拳銃をします。

イーサン・ホーク演じる遠距離射撃の名手。
4.jpg
ですがPTSDも抱えているという、なかなか印象に残る役どころ。

暗殺者・・・旧作でのナイフ投げのコバーンの位置付けかと思われますが全くの別物・・・今回はいかにも暗殺者という感じです。
5.jpg
ライフルから刃物までなんでも使います。気が付くとあちこちに出てくるイ・ビョンホンが演じています。

ネイティブアメリカの戦士。こちらは旧作には全く居なかったキャラです。
6.jpg
見た目から戦い方まで、当然ながらすごく印象に残ります。

トラッカーがいます。実際には山の人と言う感じ。
7.jpg
戦いではクマが刃物持って暴れるような戦い方をします。背中のライフルはいるの?みたいな。
旧作には居なかった役どころですね。

キャスティングを見て、すぐにおわかりかと思われますが、旧作で印象的だったチコ的な役がおりません。
これが良いか否かは皆様でご判断下さい。

登場する銃はデンゼル・ワシントンを始め多くがコルトSAAを。
8.jpg
前述しましたが、皆当たり前のように二丁拳銃をします。昔のように如何にも二丁拳銃というより、それぞれの考え方で二丁の持ち方が全く違っています。それどころか三丁拳銃まで。

あとデンゼルはストロングサイドに逆手状態で下げてツィストドローで銃を抜いています。
この件は友人になんで?と聞かれたのですが、「たぶん、元騎兵隊なんではないかな?騎兵隊は剣を右手で、銃を左手で抜くように入れているので」と答えました・・・ええ、推測の域を出ておりませんが。

なお、デンゼルのSAAの空薬莢一気抜き(手だけのカットなのでたぶん別人?)が見事です。真似したくなります。
8-1.jpg
というか、実際オモチャでやってみました。可能ですね。

ウィンチェスターは言うまでも無く普通に登場。主にイエローボーイとM73を多く確認できました。
10.jpg
レバーの動きと排莢のカートがやたらと綺麗なシーンがあります。

スナイパー的なイーサンホークが一番印象的。
11.jpg
この方、左利きなんですね。

やたらと出てくるコルトのオープントップ。
14.jpg
7人の中での使用は無かったように思うのですが、意外に重要なシーンで登場するので結構目立っています。
14-1.jpg

クリス・プラットが使用するかなり古めの銃。
16.jpg
たぶん、ウェブリー・ブルドックかと。シャーロックホームズとかに出てくるイメージがありますね。

そしてやはりクリス・プラットがランダル・カスタム(Mare's Leg)を敵から奪って撃っています。
17.jpg
おそらくはマックイーン演じた役どころのため、マックイーン=拳銃無宿繋がりのオマージュかと。

他にトラップドアやスプリングフィールド銃があちこちに登場。
15.jpg

悪魔の銃としてガトリングガンが・・・
18.jpg
本作では準備から装填をわりと良く見せてくれます。
19.jpg

銃以外ではネイティブアメリカの戦士の弓(やたらカッコイイ)、
12.jpg

熊が襲ってくるように見えるトマホーク。
13.jpg

刃物をぶら下げ過ぎなイ・ビョンホン。
9.jpg

個人的には楽しめた作品です。
すでにレンタルも有り、DVDも安く販売されているのでご覧になるのもいかがでしょうか?

久しぶりに西部劇関連の銃に触れたくなった作品でございました。

>>ウィンチェスターの在庫はこちら
>>西部開拓時代の銃もございます。シカゴの扱っている登録証付古式銃が一目でわかる「古式銃も売りまっせ!!」はこちら



本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品の ノリンコ M87S 自動小銃 のHP解説と画像 を本日追加いたしました。 ぜひHPをご覧ください。 

ノリンコ M87S 自動小銃 (18万円)はこちら


2018.08.17 Friday

映画と銃「The Terminator」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

今回は今更ながらではございますが、「ターミネーター」でございます。
0.jpg
この作品は本ブログでもスパス入荷の際など一部を何度か取り上げてはいたのでございますが・・・
意外に映画と銃ではやっていなかったという。
しかも現在、シカゴの在庫にこちらと
16.jpg

こちらが入っておりまして…
15.jpg
さらには久々のキャメロン製作で新作続編が撮られているようですので…

やらないわけには参りません。

AR-18とスパスと言えばターミネーターがここで買ったもの(いや、買ってませんな)。
2.jpg

この頃、やたらと構えが決まっているシュワルツネッガーでございます。
3.jpg

4.jpg

なお、現場ではどちらもストックレスで使用。機械なのでストックは要らないという。
1.jpg

またターミネーターながら、やたらとローディングやマガジンチェンジをちゃんとやるシーンがある。
7.jpg

AR-18の作動はもちろん、スパスもちゃんと作動しており、排出されるシェルまで確認できます。
6.jpg

また暗闇のシーンが多いため、マズルファイヤーがやたらと強い。
5.jpg

もう1つのターミネーターらしいシーンのUZI。
8.jpg
シュワルツネッガーが片手で構えていると、MINIUZIと錯覚した友人もいました。

ちゃんとホルスター付。
9.jpg
このホルスターも一時期販売されていましたし(国内にも入ってきていました)、映画でたまに見かけました。

ターミネーターと言えばハードボーラーのロングスライド、レーザーサイト付。
10.jpg
このレーザーサイトは当時の技術では要外部バッテリーのため、撮影ではケーブルを袖に隠していたとのこと。

マイケル・ビーン演じるカイル・リースはイサカ・ショットガン。
11.jpg
やはりやたらマズルフラッシュが・・・

イサカは弊社に在庫があることもございます。
劇中、ストックをDIYのノコで切るシーンが有り。
なので、こうして見ると銃身の長さとかなりアンバランスです。
12.jpg

なお、ターミネーターに反撃しようとした警察署はほとんど拳銃で、一部AR15。
14.jpg
さすがに小銃ではターミネーターには厳しい。
このような視点から次々撃たれてしまいます。
13.jpg

新作もキャメロン製作なら期待してしまいます。


>>ターミネーターと高倉健さん使用のAR-18はこちら
>>スパス・ショットガンはこちら
>>UZIシリーズはこちら
>>M16はこちら

本日のワンポイント情報!!

買取りで、 SMLE No.1 MKIII 小銃 が東京店に入荷しました。 HPとDetailed Photos(詳細画像)はすでにアップしております。 ぜひHPをご覧ください。

SMLE No.1 MKIII 小銃 (17万円、税別 ) はこちら


2018.08.09 Thursday

映画と銃「Cobra」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

今回の映画はシルベスター・スターローン主演の「コブラ」。
0.jpg

言うまでも無く、この度、ヤティマティックが入荷したため、取り上げた次第。

そもそも日本でヤティマティックが有名になったのも、シカゴでヤティマティックを入荷するのも、ほとんどこの映画のおかげと言っても過言ではありません。
でなければ一部のコレクターのみが知るようなサブマシンガンであった可能性が大です。

この映画は小説の「逃げるアヒル」を原作とし、元々「ビバリーヒルズコップ」の企画にスターローンが持ち込んだ脚本を基にしたもの。結局、「ビバリーヒルズコップ」自体は結局エディ・マーフィ主演作品となり、その際のスターローンが持ち込んだ脚本を別企画として映画化したのが、この「コブラ」になったという。
また「逃げるアヒル」自体は後に「フェアゲーム」としても映画化されています。原作の設定としては「フェアゲーム」の方が近いと言えば近いですが、まあ、どちらも原作とは異なります(原作ではヒロインはキャリアウーマン、守る刑事は元狙撃兵)。

スターローン演じるコブレッティのキャラはかなりカッコ良かったです。
1.jpg

ヒロインはブリジット・ニールセン
4.jpg
この方、元々造りが派手なので、あまり派手な化粧をしない方が良いのではないかと・・・
当時のスターローンと結婚しておりましたね。
しかし後に離婚。ハムのCMにスターローンが親子で出演した際のインタビューで「女性は顔で選んだらダメ」と言ってしまうスターローンでございました。

また本作は「ダーティハリー」のオマージュの部分があり、このため・・・
主人公の相棒は「ダーティハリー」でのハリーの相棒棒を演じたレニ・サントーニ。
5.jpg

上司はダーティハリーで犯人のスコルピオを演じたアンドリュー・ロビンソンでした。
6.jpg

敵のナイト・スラッシャーボスで、本人自身の名前がナイト・スラッシャーを演じるのはブライアン・トンプソン。
7.jpg
女囚コマンドのリーダーの人でございますね。若い頃はシュワルテネッガーの息子などと呼ばれたりもしていました。

さて銃の方はもちろん、主人公コブレッティが使用するヤティマティック。
12-1.jpg

ゼロハリらしきアタッシュケースに入り。
8.jpg

組み立てシーンまであります。
9.jpg
本作、ナシュナルマッチもクリーニングのシーンもあります。

独特のコッキングシーンも有り。
10.jpg

なお、コブラのヤティマティックというと40連マガジンの印象がありますが(印刷物に40連の画のカットが多い)、実は中盤のカーチェイスのシーンではレーザーサイト無しの20連。後半の乱戦ではレーザーサイト付40連という装備なのでございます。

いきなりコブラ・マーキュリーをスピンターンして窓からヤティマティックをぶっ放しております。
12.jpg
この時は20連。車内や窓から外に出したりするのに邪魔にならないようかと思われます。

他、コブレッティは腰にガバメント ナショナルマッチのコブラグリップ付き。
2.jpg

クルクル回すのはあまりにも有名でございますね。
3.jpg

ナイトスラッシャーはダブルバレルのショットガン
13.jpg

そして怖いナイフ。
14.jpg
このナイフはなぜかコブラナイフとしてレプリカが沢山売られました。
それくらいインパクトが強かったのでしょう。

他、敵の銃。
冒頭の犯人のポンプショットガンはやたらと印象的です。
15.jpg
犯人の銃器としては本作で一番怖かったかもしれません。
16.jpg

何気にMINI14も。
17.jpg

個人的に気になったのは冒頭のSWATがやたらと持っているHK 94(バレルシュラウドとフォアグリップ付)。
18.jpg
通称シュワルツェネッガーMP5(「ゴリラ」と「バトルランナー」で使用)として一時かなり売れたそうです。
19.jpg

それにしても冷蔵庫からピザボックスとタマゴの紙パックを取り出し・・・
ピザボックスからは冷めた不味そうなピザが一切れ、タマゴパックにガンクリーニングキットが出てくるシーン。
20.jpg
初見では驚きましたが・・・ちょっとやりたい。
とにかく色々やりたくなるシーンが多い映画なのです。

>>少数入荷であっという間完売間近のヤティマティックはこちら
>>MP5はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品で、 ポーランド PPS43/52 短機関銃 の新たな個体を HPとD/P(詳細画像) にアップいたしました。ぜひHPをご覧ください。 

ポーランド PPS43/52 短機関銃 (4.5万円、税別) こちら


▲top