Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
シカゴレジメンタルス 東京上野本店で銃やミリタリーに興味のあるアルバイト・スタッフを募集中です。 詳しくは東京店までお問い合わせください!

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.01.17 Thursday

グサでカチャカチャカチャ!とやってドン!っていうやつ

どーも、ケンです。

今回はこれです。
3.jpg
わかりますか?

フタを開くとこんなです。
4.jpg
ああ、バッグに縫い付けられたマニュアル(なんて親切な仕様!)でピンときますよね。

映画を観てると時々出てくるアレです。

プラトーンの夜間待ち伏せで慌ててカチャカチャやっていたアレ。
1.jpg

コマンドーでシュワルツネッガーが仕掛けていたアレ。
2.jpg

グサっと差して設置。カチャカチャカチャ!とやってドン!と爆発なやつ。
昔、中坊の頃に「あれな指向性地雷と言ってねー」と自慢げに話し始めた友人から聞いて、その正体を初めて知ったのでした。

つまりこれ。
5.jpg
クレイモアの指向性対人地雷…その訓練セットです。
ブルーの本体が訓練用の証。当然本品は安全品です。爆発も炎上も煙も出ません。

実際、これで訓練をしている写真も結構見かけます。
0.jpg

なお、マニュアルを開くとこんな感じ。
9.jpg
こういうマニュアルが綺麗だと、全体の保存状態の良さがわかりますね(使用感はあります)。

これがセット内容。フルセットですね。
6.jpg

本体。
7.jpg
ブルーの訓練仕様。

裏面にちゃんとPRACTICEと書いてある。
8.jpg

こちらがある意味本体以上に見覚えがある品。起爆スイッチ。
10.jpg
例のカチャカチャカチャですな(要3回)。

ですがカチャとやるのをセイフティ・バーが妨げています。
12.jpg
とてもシンプルかつ確実な安全装置です。

セイフティ・バーを外すには、溝にハマってロックされているので、このようにコの字のバーを矢印の方向に押してやり…
13.jpg

そして上に上げる。
14.jpg
これでスイッチを妨げるものがなくなったのがわかります。つまりカチャカチャできます。

起爆コードへの繋ぎ方はこう。
15.jpg
それぞれの接点のゴムカバーを外して繋ぐだけ。

コードの反対側がデトネーターですね。
16.jpg
これを本体に差し込むわけです。

このように…(やりたくなる)
17.jpg

これでOK!
18.jpg
違う!!

思わずネタをやりましたが、
実は昔イベントですね、こういう商品で友人と親しい店主さんで「これここ?」みたいに本当にやった話。
いや、当時は私を含め、店主も友人もみんな正しいやり方を知らず(今ほどネットも詳しくは無く、動画なんてほとんど無い時代)

あーだこーだやっていて…それはそれで楽しかったですね。

さて正しい方法は…

まず起爆部のフタ及びプラグを外します(使うのは左右どちらでも可能。設置する地形や状況で合う方を)。
20.jpg
取り外しはネジ式。

なぜ外すかと言うと、この状態でフタになっているから。
19.jpg
良く見ると中に穴が通ってない。

外すとこんな。
21.jpg
全くフタには見えないけど、片側はフタ(写真右)で、片側は穴が通っている起爆プラグとなっており(写真左)、これを外して入れ替えてフタと起爆プラグとに使いわけているわけです。

で、デトネーターのコードを溝からこのように入れて
22.jpg

こんな感じ。
23.jpg

そして起爆プラグをネジ込む。
24.jpg

これで準備完了。
25.jpg

こんな感じの繋ぎになるわけです。
31.jpg

なお、クレイモアの設置方法は・・・
この脚を展開します。
26.jpg
この足は開き、回転しと自在なので、かなり色々な地形に対応しますね。

基本は刺すわけですが、刺さなくても自立して飾れます。
27.jpg

これはコレクションとしてありがたい。

ついでに言うと、ここが照準。
28.jpg

ここから覗くわけです。
29.jpg
時代によってクレイモアは細かい部分で仕様が変わっており、ここがピープサイトの時代もありました。
今はただの台形。

基本的にここから覗いて水平出して、覗いて見えた視界50mの範囲は有効射程。何だかんだで100mくらいは十分ヤバく、200mでも結構危険です。
なお、ここにペンを置くのがツウです。
30.jpg
ペンを置いて後ろから覗くと目標方向を指しているかわかりやすい。
設置照準後、後ろからペンのお尻を見て、ちゃんと目標に向かって真っすぐだな(クレイモアは前後が短いので、長いペンを使うわけ)と確認。
※なお、もう少し標準的な感じのボールペンを使った方が雰囲気です。

あ、そうそう、忘れちゃいけない、余った(?)このパーツ。
32.jpg

実は通電チェッカーです。
33.jpg

こんな感じね。
34.jpg

で、カチャっとやると・・・
35.jpg

ランプが光ります。
36.jpg
これで起爆スイッチがちゃんと発電しているかわかります。
※本品もちゃんと光りましたが、光ったところを写すのは大変なので、光った画像は合成のイメージです。

これはなかなか楽しい。

なお、訓練では仕掛ける手順、そして爆発させなかった場合の回収訓練までをセットでやります。
設置しても、爆発させなかったら、そのままにしておくと危ないし勿体無いので、ちゃんと回収するのです。

以上、クレイモア訓練用セットでした。
この品はかなり面白いですよ。
50.jpg
あっという間に売れちゃうような気もしますので、ご検討はお早目に。

M68 訓練用クレイモア・セットはこちら

 

 

本日のツーポイント情報!!

*先日買取で東京店に入荷した電話機などの軍用機械類をHPにアップしました。 当店では通常取り扱わない一品物ばかりですので、この機会にぜひご検討ください!

アクセサリーHPはこちらより

 

・アメリカ海兵隊 1980年頃 壁掛電話機 (3万円、税別)

・米海兵隊 CQC-23496 船内電話中継機 (1.5万円、税別)

・英軍 野戦電話機 SP (1万円、税別)

・CEIA社製 小型金属探知機 (15万円、税別)

・アメリカ軍 TA-312/PT無線機セット (2万円、税別) など

 

* シカゴレジメンタルスでは引き続き東京上野本店アルバイト・スタッフを募集中です。 銃やミリタリーに興味のある方、土日勤務可能な方大歓迎です。 詳しくは下記のアルバイト募集ブログをご覧ください!

東京上野本店アルバイト募集ブログはこちら


2019.01.07 Monday

シカゴレジメンタルスだけに、年始のブログはシカゴタイプ

どーも、ケンです。

あけましておめでとうございます。
皆さん、年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。

本日は、シカゴレジメンタルスだけにシカゴタイプライターのご紹介。
0.jpg

復刻品のバーティカル・フォアグリップ付。
4.jpg

これが復刻品でなかったら、価格はもっともっともーっと高いです。何しろバーティカル・フォアグリップだけで高価に取引されてますから。
ですので、今回の品はかなりお買い得。値段も頑張らせて頂きました。

このためフォアグリップとピストル・グリップとストックの色合いは異なっています。
5.jpg
比べるとフォアグリップの方がやや明るく、艶が有る感じですね。

なお、ストレート・タイプのハンドガードも付いています。
6.jpg
ますますお買い得。

銃本体は綺麗な1928A1です。
2.jpg

セレクターとセイフティはレバータイプ。
3.jpg

で・・・こうなるとやっぱり欲しくなるドラムマガジン。こちらは別売りです。
7.jpg
もちろん、装着可能。

付けてみましょう。
ついでにトンプソン特有のマガジンキャッチのお話もね。
トンプソンのマガジン・キャッチはこれです。
8.jpg
右手親指でこのチェッカー部を下げる。
しかし自重では落下しませんので、下げながら左手でマガジンを抜きます。

しかーし・・・実はトンプソンのマガジンキャッチはその太目で角ばったピストルグリップのためも有り、指の短い人だと上手く操作できないことがあります。無理に届いても、グリップが甘くなって銃が支えられなくなったり・・・
つまりアメリカ人のように手が大きいか、女性を不幸にするような指の長さ(ある女性が「指が長くて綺麗な男は女を不幸にする」と言ってました)が必要というわけです。

で・・・手の小さい人、指の短い人にお勧めなのが、こちらの方法。
9.jpg
マガジンを抜く左手で、レバーの中央辺りを持ち上げるわけです。
11.jpg
これが結構ラクチン。右手は銃を支えることに集中できますしね。

さて、ボックス・マガジンを抜いたら、ドラム・マガジンを取り付けます。
ドラム・マガジンの取り付けはボックスマガジンとは違って・・・下からでは無く、横から入れます。
14.jpg

銃本体のこの溝に注目。
12.jpg
ここにマガジンのこのプレスの凸が入ります。
13.jpg

で、挿入。
15.jpg
ここで個体差が出る場合があり。マガジン・キャッチがスムースに持ち上がってそのまま定位置まで進む場合と、やや引っ掛かりがあって進み難い場合がある。
進み難い場合はマガジン・キャッチを持ち上げます。
17.jpg

この時、逆にスムース過ぎると、マガジンが簡単に反対まで抜けてしまう(マガジン・キャッチで止まらない)場合があります。
ともかく、ドラム・マガジンには素早いマガジンチェンジは求めず、慌てず、定位置でマガジン・キャッチに留めるつもりで装填して下さい。

これで留まりました。
18.jpg
マガジン・キャッチとマガジンのキャッチの留まる部分の関係がわかりますか?

そしてこう。
19.jpg
うーん、やっぱりバーティカルにはドラムが似合うよね。

ちなみにこのようにドラム・マガジンは素早いマガジン・チェンジは難しいため、最初にドラム・マガジンを撃ったら、次からはボックス・マガジンを装填する、なんてことも本当にやっていたみたいです。

いかがでしょう?
トンプソンM1928A1バーティカル・フォアグリップ付。
1.jpg
ドラム・マガジンは別売りです。
20.jpg

>>トンプソンM1928A1 復刻バーティカル・フォアグリップ付はこちら
>>トンプソン M1928用 ドラム・マガジンはこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取で 三八式歩兵銃 初期型 が東京店に入荷しました。 HPとDetailed Photos(詳細画像)はアップしております。 ご予約頂いているお客様にご案内の予定ですがキャンセル待ちもお受けしますので、お気軽にお問合せ下さい。 価格は現時点では決まっておりません、何卒ご了承くださいませ。

・三八式歩兵銃 初期型(26万円、税別)はこちら

 

また、東京店在庫品の スオミ M31 短機関銃 (後期型 )のHPとDetailed Photos(詳細画像)をアップしました。 ぜひHPをご覧ください。

スオミ M31 短機関銃 (後期型) (12万円、税別) はこちら


2018.12.12 Wednesday

白いトレーニングライフル

どーも、ケンです。
気が付けば、ブログですっかり「模擬銃担当」みたいになっています。
まあ、私は結構こういうのが好きなんですね。

そして今回もそうです。
これです。
0.jpg
白い塗装やディフォルメ感が如何にも模擬銃ですね。
だがおかげで撮影のホワイトバランスが難しい・・・。
ストックの色は何色かあるらしいです。用途で使い分けていたのかは不明。
白は儀礼用とかに使いまわしていたかも。

元の銃はこれです。
M1903。
3.jpg
トレーニングライフルの方が少しだけ短いですね。
これもラバーダックと同じであくまで基礎訓練のためのものです。
基本的な取り扱い方ですね。

アメリカだって軍隊に入って初めて銃を触る人がいるわけです。
あるいは銃には触れてきたけど「我が家ルール」しか知らずにとんでもない作法になっている人とか・・・

さてそんなトレーニングライフル。銃口とか一見開いて見えますが・・・
4.jpg

実際、金属部はこんなものです(青く色付けした部分)。
5.jpg

つまり模擬銃身部はほとんど見えているところのみで、固定のためにちょっとストックに埋められている感じ(ガタなどは無くしっかりしている)。
後述しますが、トリガー部はもうちょっとメカがあるかも。まあ、撃発機構なんて無いですが。

あと、バットプレートはあります。一応鉄板。
6.jpg

銃口にあったフロントサイトが曲がっているなぁ・・・と思ってリアサイトを覗いたら・・・
10.jpg
そもそもフロントサイトが隠れて狙えないので関係無いですね。

スリングが有り。
7.jpg
22口径とかの銃に付いている感じの細身のタイプです。
大変軽いので、これで十分。

スリング・スイベルはこんな感じ。
8.jpg

なんとスタッキング・スイベルもあって叉銃できる。
9.jpg

なお、バンドに見える部分は・・・テープであった。
11.jpg
びっくりしたけど、模擬銃と考えたら頭がいいかも。
まさに「バンド」ね。

そしてこのトレーニングライフルの一番面白いところ、機関部です。
12.jpg

まずトリガーから。
13.jpg

実際、引けて、
14.jpg

カチン!という撃発装置感があります。
16.jpg
ただし実際の撃発機能は無く、上部のボルト周りにも連動は無い。
写真のストローク見るとわかりますが、ちょうどダブルアクションみたいな感じ。ですのでトリガーだけ引いてカチンカチンできます。

ボルト部。
17.jpg
一応、ハンドルを起こさないと引けません。

と言っても実際のボルトアクションのようなロッキングがあるわけでなく・・・
18.jpg
こんな感じにネジの頭が溝にハマっているだけです。シンプルですね。

実際のボルトアクションのようなハンドル操作によりボルト部が引けます。
起こして、
19.jpg
※ハンドル部は樹脂製(色質感からおそらくABS)。

引く
21.jpg

模擬ボルトだけなぜかブルーイングという(ちょっとうれしい)。

開いた開口部。
22.jpg
薬室も弾倉も一切無いのがわかります。

だが実は・・・こんなギミックがある。
23.jpg

金色に塗装された木製の模擬弾がニュウっと出てくるのです。
24.jpg

普段は引っ込んでいます。
25.jpg
ただしスプリングとかで出てくるわけでは無いので、銃口を下に向けたりすると出てくる。
自重で落下します、という感じ。

なお、強く引っ張ったりするとハンドル部は外れます。
20.jpg
見ると接着跡がわずかにあるため、元々は接着していたようですが、経年で効果が無くなったと思われます。金属と樹脂ですからね、接着は外れやすい。
現状でそれなりに留まっていて、アクションするくらいでは外れません。気になるなら軽く点で接着しておいてもいいかも。

いかがでしょう?
個人的には結構好きなジャンル。
1.jpg
先日のラバーダックもそうですが、複数入荷は無いものですので、お気になるお客様は是非ご検討を。
お子さんの早期銃教育などにもいかがでしょう?

>>スプリングフィールド M1903 トレーニング・ライフルはこちら
>>無可動実銃のスプリングフィールド M1903 ライフルはこちら


本日のツーポイント情報!!
先日、買取りで入荷した古式銃コレクション (銃砲刀剣類登録証付古式銃) と無可動実銃コレクションの価格が決定しました。HPは既にアップしております 。 ぜひHPをご覧ください。 Detailed Photos(詳細画像)も本日アップしております。

コルト M1849 ポケット・リボルバー 6インチ・モデル (銃砲刀剣類登録証付古式銃) ( 320万円、税別 ) はこちら

コルト M1851 ネービー リボルバー (銃砲刀剣類登録証付古式銃)( 240万円、税別 ) はこちら

M1D 狙撃銃 ( 90万円、税別 ) はこちら

M1 カービン (Winchester製) ( 20万円、税別 ) はこちら

 

新入荷品のD/P(詳細画像)画像をHPに追加しました。

モシンナガン M1891/30 歩兵銃   ( 12万円、税別 ) こちら

PPSh41 短機関銃 (ロア・フレーム強化タブ無)  ( 8万円、税別 ) こちら

 

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

本年より弊社東京上野本店ならびに大阪店では年末年始を休業させていただく事になりました。

2018年12月31日(月)から2019年1月3日(木)までの間、両店とも休業とさせていただきますので、年末年始のご来店をご検討されているお客様はご注意いただきますようお願い申し上げます。

尚、弊社ホームページからのご注文・お問い合わせにつきましても、2019年1月4日(金)以降順次回答をさせていただきます。

お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。


 


2018.12.06 Thursday

初めてのPPD

どーも、ケンです。

先日、スタッフBの映画のブログでPPDの話が出てました。
「珍しい」みたいな話で・・・
0.jpg
なお、PPDは映画ではそこそこ出ているとのこと。
ただーし戦中のソ連映画が圧倒的に多いらしい。
で、戦後は最近になってからロシア映画にチラチラくらい。

戦中は映画に出せるくらいの数はあったんでしょう。近年になってからというのは「珍しいから是非これ出そう」みたいなノリかと思われます。

そんな話をしていたら、いきなり入荷しました!
タイムリーでびっくり。
1.jpg
実際、私も現物を見たのは初めて。初めてのPPDですよ。

そもそもPPDというのは34年と意外と早くに設計採用。
これがPPD-34で、当初はボックスマガジンのみ。
14.jpg

それが皆様ご存知、冬戦争でフィンランドのスオミM1931がドラムマガジン使用していたのを見て、ドラムマガジンも使えるように改良したのがPPD-38。
15.jpg
まあ、スオミとその運用方法に驚いて「うちにもある!」と持ち出し、「ドラム付けろー!」となっであろうことはとてもわかりやすい。

しかしPPD-38は元々ボックスマガジン仕様のPPD-34にドラムを使えるようにしたためか、あまり調子が良くなく・・・
ドラムマガジンでのジャムを改善、さらに生産性の向上を目指して作られたのが今回のPPD-40。

つまりPPDシリーズの完成形ですね。
実際、造りは良いし堅牢さを感じます。
しかしPPD-40は生産性向上を目指した構造の簡素化とドラムマガジンを使用することによる複雑化という矛盾するような両極の方向性の改良だったため、結果的に大量生産に向いているとは言えないものとなりました。

そこで41年にPPSh-41の登場します。


このため、PPD-40は順次PPShへの交代となり、このような経緯による元々の生産数の少なさのため、現存数の少ない短機関銃となったわけですね。

というわけで、シカゴでも見れる事自体珍しい銃です。

そしてやっぱりこんな風に比べて見ちゃう。
2.jpg
如何にもプレスらしさのあるPPSh-41とまだまだ鋳造なPPD-40。
並べて見れるのは今しかないであろうから。

PPShはバレルジャケットとアッパーレシーバーが一体型で、銃身はリベット留めです。
PPDは最初が34年と元々の設計がやや古く、PPShはそんなPPDを踏まえた(研究した)上での設計なので、色々工夫したわけです。

さて、そんな経緯のPPDですが・・・
1940年製ね。
13.jpg

ストック形状はPPShとほぼ同じ。
7.jpg

プレスではありませんが、ボルトロック式セイフティなど、機関部もコンセプト的にはPPShと同じです。
9.jpg

やはりタンジェントサイト。
10.jpg
PPShも初期はタンジェントサイトで、後に簡略されます。

見た目を一番変えている円筒形のバレルジャケット。
4.jpg
個人的にはPPShより伸びているハンドガードに優しさを感じてしまう。

マズル付近。
8.jpg
無可動実銃では閉塞加工をしているのでわかりませんが、バレル内にクロームメッキを施しているのも特徴です。

マガジン・キャッチはむしろスオミね。
3.jpg

実は一番違うのがここ。
5.jpg
セレクターです。
1発(セミオート)だよ、とわかりやすい。

このように指でめくると・・・


71発(フルオート)だよ、となります。
6.jpg

以上、大変貴重なサブマシンガンです。いかがでしょう?
12.jpg

実は今回、PPSh-41も色々入荷したのでよろしくお願いします。


>>PPD-40はこちら
>>PPSh-41はこちら


本日のツーポイント情報!!

*明日12月7日(金)〜12月9日(日)、日本最古の室内アンティーク骨董市 平和島骨董まつり に古式銃専門店として参加いたします。 

 

平和島骨董まつり
期間:12
月7日(金)〜12月9日(日)
時間:10:00〜17:00 (最終日は16:00閉場、入場15:00まで)
会場:平和島・東京流通センタービル(東京都大田区平和島6−1−1)
入場料:無料
国内最大級かつ唯一の古式銃専門店の名に相応しい古式銃の展示を行う予定です。
今回は軍服類も一部持って行きますので、ぜひご覧ください。
お客様のご来場を心よりお待ちしております。
平和島骨董まつりの公式HPはこちら

※なお、同期間中はシカゴレジメンタルス東京店での登録証付古式銃の展示品が通常より少ない状態になります。
期間中に弊社店舗にて登録証付古式銃のご検討もしくはご購入希望の場合は、お早めにメールもしくはお電話にてご連絡頂けますようお願いいたします。
(可能な限りご希望の個体を会場に移動せず、店舗に残しておきます。)
※日程によってはご希望の日時にご覧頂くことができない場合もございます。

お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承頂きますようお願い申しあげます。

 

昨日お知らせした新入荷品をHPとD/P(詳細画像)にアップいたしました。 お客様にご案内中ですが、キャンセル待ちもお受けしますので、お気軽にお問合せください。

新たにアップした商品は下記の通りです。

US M1 カービン (Winchester社製 )  ( 10万円、税別、お客様ご連絡中 ) こちら


2018.12.02 Sunday

ラバーダック

どーも、ケンです。

今回はこれです。
0.jpg
M16A2・・・なんだけど、違う。
なんだか妙にブラックライフル・・・

これは無可動実銃ではありませぬ。
ハリウッド映画なんかだと良くこういうのをスタント用や殺陣で使います・・・というと鋭い人はピンと来るかも。

あ、でもこれは軍用品。
このあたりの刻印がね。軍用。
6.jpg
ストックだけにストック發・・・(は?)

通称「Rubber Duck」と呼ばれるもの。
「ゴムのアヒル」と米兵たちはニックネームを付けたわけです。

ラバーダックとか言いながら、これに関してはラバーではありません。レジン系のキャスティングと思われます。
英語圏ではラバーガンという名称は「安全銃」くらいの意味合いでざっくりとゴムから樹脂までの模擬銃を言う感じです。ですから映画とかでもラバーガンとか言いながらゴム製だけでなく、樹脂製だったりするものもあります。

だからアメリカ人に「これはラバーガンで安全だから殴らせてくれよ(笑)」とか言われたら・・・
「いや・・・これは・・・レジンだ・・・しかも結構硬くて丈夫なやつ・・・」と戦慄することもあるかも知れません(無い無い)。

実はこれ米軍がトレーニングで使う模擬銃です。
主に基礎トレーニングとして体操や基本的な動作などをやります。

とりあえずM16で言うとA1、A2はあって、M4になってからは良く見る色付(青とかの)のプラスティック製になったらしい。

実銃から型を取って、複製したものでなので、かなりそっくり。
当然、あらゆる可動部は全て無可動です。ある意味無可動銃ですね。

というわけで無可動実銃と並べると・・・
2.jpg
上がラバーダック。
こうして見ると、色を塗ったらかなり似せられそう。
3.jpg
長さも重量もほぼ同じ。
長さはキャストの特性で経年で多少縮んだりするでしょうね。

重さは持った感じ、ちょっとラバーダックの方が重いかな?くらい・・・

機関部

このくらいアップにすると違いがわかりやすい。


さすがに刻印はぼやけていますね。
8.jpg
でもU.S. PROPERTYとかM16A2とか肉眼だと読めます。

セレクターはSEMIの位置に。
9.jpg
SAFEが読めます。

グリップの後ろ側のグルーブまで残っている。ちょっと感動。
7.jpg

ハンドガードも付けたまま丸ごと型取ってますね。
10.jpg

マガジン底部はこんな感じ。
16.jpg

さすがにグリップの底部は埋まっている。
17.jpg

あ、あとキャリングハンドルのサイト部はこんな感じになっています。
12.jpg

つまりフロント・サイトも・・・と思ったら・・・
あれ?
13.jpg

あれ?
14.jpg

あれ?
15.jpg

実は銃身(閉塞済)とフロントサイト・ブロック、フラッシュ・ハイダー、フロントのスリング・スイベルは実銃のもの。
これはトレーニング用に着剣できるようにするためなのです。

そしてリアのスリング・ループも本物。
11.jpg
これによりスリングも付けられるという具合。

米軍のトレーニング向けだけにその辺りが工夫されています。

いかがでしょうか。M16コレクターならば外せないかと。
1.jpg

>>M16A2 訓練用 ダミー・ライフルはこちら
>>無可動実銃のM16シリーズはこちら


本日のワンポイント情報!!

買取りで、 ポーランド PPS43 短機関銃 が東京店に入荷しました。 HPとDetailed Photos(詳細画像)は近日中にアップする予定です。

ポーランド PPS43 短機関銃(4.6万円、税別)


▲top