Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.06.19 Tuesday

世は禁煙時代、されどライターは死なず

どーも、ケンです。

今回もやはり普段あまり弊社で扱わない商品です。
今や禁煙時代でライターも見かけない時代ですが、登山やキャンプのお供に、防災用具の一つとしてやはりライターは欠かせません。
防災用としては新しめのライターと予備フリントと燃料を別に用意しておくと良いかと思います。
普段は使わないものだけに、特に燃料は邪魔にならないサイズのタンクを一本(100均にもあります)。
オイルライターだろうが、ガスライターだろうが、気が付いたら燃料が気化して空だった・・・なんてことにならないように・・・
なお、100円ライターは普段使うには便利ですが、放っておくとなぜか火の着きが異様に悪くなっていたり、火が強く出なかったり、燃料が減っていたりすることがあります。無いよりましですが。
もちろんマッチもいい(湿気には注意)。

というわけで、今回はZIPPOライターです。
米軍と言えばこのライターのイメージがあります。
WWIIからベトナムまでこのイメージは確かにありますね。

特に戦後は世界的に広がりました。

というわけで今回のお品。
1.jpg
ドイツの近代艦船シリーズです。
如何にもジッポーにありそうな絵柄。

なお、確かにジッポー製です。
4.jpg

5.jpg
なお、BとVIIIは製造刻印。
以前これが「ライターのデキを表す」とかまことしやかに言われた時期がありました。
これは1997年2月ですね。

中を見ると、未使用ですね。
2.jpg

どれもこんな感じ。
3.jpg

それぞれに絵柄を見ていくと
アルバトロス級ミサイル艇ガイヤー
7アルバトロス.jpg

同じくアルバトロス級ゼーアドラー。
6アルバトロス.jpg
この二隻はドイツ軍伝統のSボートですね。
今や魚雷ではなく、ミサイルとなりました。時代だなぁ・・・

ハーメルン級掃海艇ユーバーヘルン
10掃海艇.jpg
機雷探査除去はもちろん、沿岸の哨戒追跡任務も可能。スティンガーも積んでいる、わりとオールマーティ。
※この綴り、一瞬リーサルウェポン2のアルババーデン号を連想しました・・・

リューネブルク級補給艦、A1417 オッフェンブルク。
9補給艦.jpg

同じくリューネブルク級補給艦、A1418メールブルク。
8補給艦.jpg
それぞれに都市の名前を付けられ、海上での物資や人員の補給を可能としました。
このクラスはドイツでは根強いファンがいます。

ブレーメン級フリーゲート艦ケルンです(これだけ真鍮地ライターです)。
11フリーゲート艦.jpg
ケルンは湾岸戦争の地中海警備ではドイツ海軍の旗艦をやりました。
ブレーメン級はオランダのフリーゲート艦を基に造られたものです。
先代にケルン級ケルンフリーゲート艦があるのでややこしい。昔も軽巡とかありましたし、ドイツは「ケルン」が好きなのです。

いかがでしょう?
12.jpg
お値段もお手頃ですので、ちょうどライターがほしいと思っていた方にもお勧め。
せっかくドイツ艦船ものなので、全部大人買いもいかが?

個人的にブレーメン級ほしいかも・・・

>>今回の商品を含む、弊社ライターはこちら

本日のワンポイント情報!!

先日お知らせした ツァスタバ M76 狙撃銃 の価格が決定しました。 HPDetailed Photos(詳細画像)は本日アップしております。

 ツァスタバ M76 狙撃銃( 15万円、税別 ) はこちら


2018.06.17 Sunday

ガスマスクの着け方

どーも、ケンです。
前にもガスマスクやりましたが、今回また新しいのが入っていたのでやります。

今回はアメリカのM9 ガスマスク

ガスマスク・バッグ付きですね。
1.jpg

最近のバッグで流行りのロール口です。密閉性、防水に優れます。
2.jpg

なので、ロールを開くと出てきます。
4.jpg

本体とキャニスターと曇り止めレンズ拭きが入っていますね。
5.jpg

M9はM5の流れを組むガスマスクで、M5は1944年に採用された、キャニスターが現在良く見る、コンパクトで頬に直接取り付ける形式で(銃が構えやすい)、交換も用意なものになりました。
この方式はかなり革新的で優秀なものだったのですが・・・

M5はガスマスク本体素材(ネオプレン)に問題があって、当時の技術では製造がしにくい、温度変化に弱い(硬化したり)などがあり、結局早々にM8を経たこのM9(1947年)が採用されました。
ですので、M5からM9までキャニスターは同一規格だったりします。

M9は十分優秀でM17(A2になってついに水が飲めるあれですな)が1958年に登場するまでは長く使用されるようになります。
その後、M40にM50が登場するわけですが、それはまた別のお話。

総じて米軍のガスマスクは優秀で長く使用されるし、他国も多く使用しています。

さてそんなM9のガスマスク本体です。
6.jpg

サイズはMです。
7.jpg
サイズが違うと命取り・・・

これが革新的なワンタッチキャニスターだ(今では当たりまえだ)。
8.jpg
蓋があるので取ります。
9.jpg

そして本体に填める。ネジ式です。
10.jpg

こんな感じ。
11.jpg

曇り止め布が入っている缶。
12.jpg
ANTI-DIM CLOTH FOR GAS MASKとありますね。

曇り止めのレンズ拭き布なわけです。
こんな感じ。
13.jpg

せっかくなので意外に知らないガスマスクの付け方でもやりましょう。

ガスマスクはバッグに入った状態では二つに畳まれたような状態になっているわけで、まず被りやすいように両手で左右なりを持って広げます。(画像は撮影の関係の片手です)
14.jpg

そしてまず顎に引っ掛けます。
15.jpg
実はここが一番大事で、顎を基準に被らないと・・・ちゃんと被れず隙間ができます。死にます。
メディアで見る民間のガスマスク使用映像などは結構間違えていて・・・何かあれば死ねます。

顎を引っ掛けて被ったら、顔に被ります。この時、顎が外れたら最初からやり直し。
16.jpg

そして後部のベルトを被ります。
17.jpg

これでだいたい格好にはなりましたが、
18.jpg
実際にはこの後、ベルトを締めて隙間を無くします。
19.jpg

最後にガスマスクにもよりますが、このように一部ホック止めする場合があります。
20.jpg
この場合は顎の後ろ側を留めることによって完全に固定するわけです。
21.jpg

着用終了。こんな感じ。
22.jpg

なお、もしコレクションでやる場合は自身の責任で被って下さい。
キャニスターなどが詰まっていたり、とてつもなく臭い状態になっているガスマスクを被った場合にはヒドイ目に遭います。
っていうか、詰まっているガスマスクをちゃんと被ったら・・・死ねます。
ニュースで「〇〇さんの遺体は自宅にてガスマスクを被った状態で見つかり・・・警察では事件と事故の両方の可能性があるとして捜査を進めています」と報道されてしまうかも知れません。お茶の間がザワザワすること請け合いです。

というわけでM9ガスマスクでした。
23.jpg

>>他にもあります。弊社ガスマスク関係の在庫はこちら


本日のワンポイント情報!!

下取りで、ツァスタバ M76 狙撃銃 が東京店に入荷しました。 HPとDetailed Photos(詳細画像)は近日中にアップする予定です。 価格はまだ決まっておりません、何卒ご了承くださいませ。


2018.06.15 Friday

そこにAUGがあったから

どーも、ケンです。

ブログネタを何気なく探索していたら・・・
ふとAUGが目に入りましてね。

あ・・・今、かなり種類あるなぁと・・・

並べてみたくなりました。

こう・・・

うわーすげー!
こういうのはある時にしかできませんから。

さ、目的も達したし・・・ではまた来週・・・

というわけにもいかないので、並べてみたヒストリーなどを。

なんと言っても元祖はこれ。F1(細部を除けばつまりはA1)。
3.jpg

着剣装置が付いているのにご注目。軍用です。
3-2.jpg

このF1のように初期のAUGはマガジンの透明度がその後のものより高いです。
4.jpg
重視は透明度が高い方がより紫外線に弱かったりとかありますから、改良されたのかも。

あとストックの色がですね、それこそ生産ロッドによっても違うと思うのですが、ストックも初期の方がなんか透明感のある色合いというかODが入ったグリーンというか(画像だと写しきれない色)・・・結構私好みの色なのです。

お次は個性派というかA1のバリエーション。
カービンとSMG。
5.jpg

カービンはA1の銃身をそのまま切り詰めた感じ。
先ほど話したマガジンはF1のものより透過度が低いタイプになりました。
6.jpg
ストックの色もわかりやすい色合いというか。

SMGはつまり拳銃弾コンバージョンです。
7.jpg

無可動実銃でも、このマガジン挿入口のコンバージョンユニットが簡単に外せます。
8.jpg
AUGシステム・ウェポンがよくわかるバージョンでもありますね。
当然軍用というよりは警察用なのでストック色もブラック。

見た目の個性と言えばこれ。
AUG軽機関銃バージョン。
9.jpg

40連マガジン標準。
10.jpg

ブルバレルにバイポッド。
12.jpg

なによりスコープマウント付きでキャリングハンドルも。
11.jpg

まあ、その分、他のAUGに比べたら結構な重量感。

そして近年入荷がこのA3。
13.jpg
さすがに時代が変わってきたのを感じます。

でも実はこの流れだと思うのです。
A1カービンが、A3に・・・
14.jpg

M16でいうならXM177のような旧来のコマンドーカービンがM4になったような。

とは言え、細かい部分は色々改良。

STANAGマガジンになりました。
15.jpg

あとSTANAG対応になったので、マガジンをキャッチしておく部分が側面になり・・・
このためリリースはここを押してもリリースできます。
18.jpg

ブルパップゆえにスコープ付きは変わらず。
16.jpg
しかしこのスコープ自体レールで取り外し可能なので、他の光学器を載せることも可能。
17.jpg

なお、これらレールは上下左右に標準装備。
他にもチャージングハンドルも変わりました。
19.jpg

というわけで、AUGマーチでした。
21.jpg
いや・・・最初の画像の撮影は、店内に並べるの苦労してしまったくらい・・・
20.jpg

あるうちに是非ご検討下さいね。

>>AUGシリーズはこちら

 


本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品で、 Vz.61 スコーピオン 短機関銃 (ブルー仕上げ) と ツァスタバ M70B 自動小銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像) にアップいたしました。ぜひHPをご覧ください。 

 

Vz.61 スコーピオン 短機関銃 (ブルー仕上げ、8万円、税別) こちら

ツァスタバ M70B 自動小銃  (10万円、税別) こちら


2018.06.14 Thursday

ツール好きなあなたに

どーも、ケンです。

私、銃に関連して好きなものがツールです。
ドライバー、ペンチ、ヤスリとか、マルチツールとか、大好きなのです。
ドライバーやペンチなどは輸入カー用品屋さんが一時期面白かったんですが・・・近年無くなる店が増えています。
やはり通販の波なのかなんなのか・・・

さて今回はそんなマルチツールのお話です。
3.jpg
マルチツールはスイスアーミー派とレザーマン派にわかれる気がします。
コンパクトさのスイスアーミー、よりツール能力重視のレザーマンという感じ。

私はどちらかと言えばレザーマンが好きなのですが・・・今回のようなものならスイスアーミーナイフ系もいいな、と思った次第。シカゴ的にはこういうツールナイフの入荷はあまり無いから面白いですし。

早速紹介します。
こちらはアイトール。
6.jpg
アイトールはスペインのナイフメーカーというか刃物全般の製造会社。戦前はカミソリとかの日常刃物を主に作っていましたが、戦後ナイフやサバイバルナイフを本格的に作るようになりました。
安物は作らないが高すぎて使えないような刃物も作らない、質実剛健な刃物メーカーです。

ナイフの他には缶切り、栓抜き、プラス、マイナスドライバーに紐解きなど、スイスアーミーの標準的ツール。
5.jpg

だがもう一つある。
これ・・・
7.jpg
最初「何これ?」って青春S君に聞いてしまいました。

こうやって反転させていくと・・・
8.jpg

あ・・・なるほど!
9.jpg

これまでのスイスアーミーナイフに足りなかったペンチを付けたのですねー。

個人的にこれは得点高い。
ペンチはテンション入りで挟み口が自動で開くタイプです。
10.jpg
なお、アイトールの方にはケースは付属しておりません。

お次でこちらはワルサー社製。
11.jpg
ワルサー社はUMAREXの傘下(子会社)になってから、かなりなんでも作ってますからね。
しかしエアソフトガンメーカーが実銃メーカーを傘下に入れるって考えてみるとスゴイ・・・(UMAREXは他にも実銃メーカーを傘下にしているし、信号銃や催涙ガスとか撃つ銃も作ってるみたい)

こちらはナイフやツールの金属部がブラックになってます。ナイフ自体も一部波刃で凝っています。

ナイフ以外の基本ツールはこれだけですが・・・
12.jpg

先ほどのアイトールと同じように、ペンチが付いてます。
13.jpg

展開の仕方がアイトールとちょっと違いますね。
14.jpg

やはりペンチをオープン状態にするテンション付き。
15.jpg

16.jpg

そしてもう1つ。
基本ツールが少ない理由でもあるのがこれ。
17.jpg
とこれ。
18.jpg
つまりドライバー付き。

ソケット仕様なので、まずソケットを差し込み。
19.jpg

そしてこのようにビットを付けます。
20.jpg
ドライバーセット付いているので、下手なドライバーを基本の折り畳み部に付けて置く必要が無いわけです。
なお、小さいマイナスがあるのがポイントです。
長物はともかく、拳銃などの場合は細小さいマイナスが必要な場合があるから。
さすがガンメーカーね。

なお、ワルサーバナーの付いたナイロン・ケースに
22.jpg
ナイフとドライバーセット一式がちゃんと収まります。
21.jpg

いかがですか?
価格もお手頃なので、ご来店のお土産にもお勧めです。
2.jpg
黒でケースとドライバービッドコンテナがあるのがワルサーのスイス・アーミー、グリーンで単体なのがアイトールのスイス・アーミーです。
1.jpg
あ、でも買った帰りに途中で開封したり、やたら持って歩いたらダメですよー。

※本品は18歳未満の方はご購入できません。

>>スイス・アーミーナイフの在庫はこちら



本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品で、ルーマニア FPK 狙撃銃 の新たな個体をHPとD/P (詳細画像) にアップいたしました。ぜひHPをご覧ください。

ルーマニア FPK 狙撃銃 (28万円、税別) はこちら


2018.06.10 Sunday

ホルスター第2弾!!

どーも、ケンです。

先日Galcoのホルスターをやりましたが・・・
今回はGalco以外のホルスター。
1.jpg
こうやって並べるだけでも面白いものが多いのがわかりますね。

まずはHK MK23 SOCOM PISTOL用の革製ホルスター。
3.jpg

メーカーはHöoppner und Schumann(Hoppner & Schumann)社。
4.jpg
ドイツではわりとポピュラーなホルスターメーカーです。

軍用、警察用の官公庁向けホルスターを作っていて、なおかつ民間向けのスポーツホルスターを作っています。
民間販売は今や樹脂製のレースホルスターが多いようですね。

このホルスターは工業製品的にしっかりとした造りです。
画像では仕上げがわかりにくいかもですが、飾り気はあまりなく、型押しも控えめで仕上げも半艶。先日のGalcoとは対象的かも。
7.jpg

銃の抜き差し口の強化部分の革がベルトループのものと一体なのが一工夫。
5.jpg

なお、このタイプのホルスターは通常のベルトループとパンケーキスタイルのベルトホールが半々みたいな感じです。
6.jpg
分類上、ハーフ・パンケーキホルスターなんて言ったりしますが、普通にヒップホルスターと言うことも。
パンケーキほど面積を取らず、普通のホルスターよりしっかりベルトに固定できるのがメリットですね。

次のナイロンホルスターもMK23 SOCOM PISTOL用です。
8.jpg
前述のホルスターもそうですが、MK23 SOCOM PISTOL用というだけで珍しいです。あの銃は多き過ぎで選択肢が少ないですから。

こちらも先のHöoppner und Schumann(Hoppner & Schumann)社のものです。
9.jpg
さすがにHKご当地のメーカーで、HK用を色々作っているようです。

こちらはサムブレイク仕様。
10.jpg

そしてパンケーキスタイルなんですが、実はこのパンケーキ、ベルトホールが見当たらない。
11.jpg
実は裏側に縫い付けてあります。
12.jpg
つまり表側にホールは出ません。
このメーカー、基本的にスタンダードながらちょっとどこかに一工夫するようです。

色分けした辺りが縫い付けでベルトが通るところ。
13.jpg
この画像で見るとわかりますが、サムブレイクは裏側のストラップ部が調整可能です。

次、Cz75用ホルスターです。
14.jpg
こちらもパンケーキですが、なんだかパッと見からどこか普通と違うような・・・
ベルトループ周りのカットがやや変形ですが、ストロングサイドのパンケーキスタイルです。

まずメーカーですが、一説によるとチェコのCZ社製らしいのですが・・・
17.jpg
この刻印とかからも確認できませんでした。

作り的にはちゃんとしたプロが作っているのは間違いありませんが、ハンドメイド感がより強い感じです。
そこがこのホルスターの味でもありますね。

一番個性的なのはここ。
15.jpg
トリガーガード部にライニング(補強)しています。普通は先ほどのMK23の革用みたいな場所に入れるのですがね。
しかしヒップホルスターの場合、実はトリガーガード部が銃を固定するのに重要になるためこの考え方は理に適っているとも言えます。

ライニングの中身が金属か樹脂かはわかりません。
16.jpg

刻印的にはCZ9となっています。
18.jpg
Czの9亰銃用と言ったところでしょうか?

型を見るとCz75の2nd用であることがわかります。
19.jpg

そして最後。
目立ちますね。
20.jpg
007だよー。
いわゆるショーン・コネリー仕様です。
少なくともゴールドフィンガーまではこれ。
なお、劇中はこんな感じ。


昔は海外や国内でたまにこういうマニア向けコピーが作られていました。
しかし時代が時代。ネットでお手軽に調べられないどころか、VTRを止めて見るのも至難。デジタルリマスターの無い頃だったりもします。

それゆえにどこも極少数生産で気合を入れて売っていたりしました。
そんな中の1つだと思われます。

ホルスター部はアイボリー色の薄い表革。
21.jpg
ハーネスがかなり豪華で起毛革を表裏二枚縫い合わせたブルーのハーネス。
22.jpg
シンプルに見えますがかなり凝っています。

さらに右肩に回るストラップも起毛革。
23.jpg
ここを前部編みゴムにするのでは無く、一部だけ編みゴムにしています。
24.jpg
凝ってます。

タイダウンが実はポイントで、ズボンに吊りバンドのようにボタンを付けて留める仕様。
26.jpg
吊りバンドのボタンとは位置が違うので、ホルスター用のボタンを付けるわけです。

プロップの場合、本物をデッドコピーする以外そっくりに作るのは至難なので、どの仕様が絶対正しいというわけではありませんが、このホルスターはなかなか良くできています。

100限定のうちの40番というシリアルがそれを誇っている感じ。
27.jpg

ホルスターは実際身に着けないでも、あるいは入れるのがトイガンでも、銃を入れてちょっと置いておくだけでロマンです。
ロマンはいかがでしょうか?
2.jpg

>>MK23革ホルスターはこちら
>>MK23ナイロンホルスターはこちら
>>Cz75ホルスターはこちら
>>007ホルスターはこちら
>>弊社ホルスター一覧はこちら



本日のワンポイント情報!!

先日お知らせしたBAR M1918A2 ブローニング オートマチック ライフルをHPとD/P(詳細画像)にアップいたしました。 

BAR M1918A2 ブローニング オートマチック ライフル (37万円、税別 お客様ご連絡中) はこちら
 


▲top