Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.04.21 Friday

ウィンチェスターのお値段

休日に上野公園の桜を見るためブラブラしたのですが、同じタイミングで知り合いが花見をしていたそうです。

誘って…欲しかった…こんばんはアルバイトSです…!

DSCN9130.JPG

入荷して以来、じわじわとした人気で着実に売れていくイエローボーイ。映画用と言えども、真鍮製のボディにイイ感じに時代が付いているものですから一概に否定できるモンじゃありません。売れていくのもわかります…!

そんなイエローボーイなのですが、個体毎に特徴の差がいくつもあり、それに応じてお値段が変わってきています。

~~~~~~~~~~~~~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

また本ロットの各個体は、欠損部品などの個体差が見られる為、それぞれの欠損部品に応じた価格設定となります。 基本となる完品の価格は¥100,000(税別)ですが、一部部品の仕様やパーツの欠損等によって販売価格が以下の価格を差し引いた金額となります。
・ローディング・ゲートのサイズが規格より小さい品 -¥10,000
・リア・サイト欠品 -¥10,000
・リア・サイト破損 (折損) もしくは基部のみの状態 -¥5,000
・マガジン・チューブの蓋が正規の物で無いローレット付の品 -¥5,000
・機関部の真鍮部品が黒色塗装されている品 -¥5,000
・サイド・リング (スリング・リング) 欠損 -¥5,000
※最初からサイド・リングを装着しないモデルは対象外です

~~~~~~~~~~~~~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

とこのようにHPでもご説明させて頂いているのですが、実際見てみなければ判りづらいのでは…?と言うことでそんなこんなをお伝えしていく今夜のシカゴブログです。

DSCN9150.JPG

今回入ったイエローボーイ(下は黒いですがイエローボーイです)はローディング・ゲートの大きさが2種類ありました。

弾薬が.38スペシャル仕様なのでおそらくその関連だと思われます。

 

画像上の個体のようにローディング・ゲートが短い個体ですと定価¥100,000(税別)から¥10,000引きとなります!

DSCN9144.JPG

続いて、定価の完全な個体ですと画像左のように2種類で切り替えられる起倒式のリア・サイトが付いているのですが、まるっと無くなっている個体があります。

 

このリア・サイトがまるっと無くなっている個体ですと、定価から¥10,000引きとなります…!

DSCN9145.JPG

一方、この画像の2個体のようにサイトの部分だけ無くなって台座だけになっているもの、あるいはサイトの一部分は残っているけど途中で折れてしまっているものもあります。

 

このような、完全ではないがリア・サイトの一部が残っている個体、これらは定価から¥5,000引きとなりますのでご注意ください。

DSCN9143.JPG

遠巻きからぱっと見た程度では気づき辛いのですが、チューブ・マガジンのキャップの形状も異なる個体があります。

 

画像右のようにマイナスの溝が切ってあるキャップはよくあるものですが、左のようにローレットが刻まれたものはあまり見かけませんよね。

チューブ・マガジンのキャップがローレット加工された個体ですと定価より¥5,000引きとなります!

DSCN9146.JPG

もはや説明は必要でしょうか、真っ黒に塗装されています。

 

機関部が黒く塗装された個体定価より¥5,000引きです!

(ちなみに塗装の下は真鍮ですので、何らかの方法で落とすことができれば元のイエローボーイに戻せそうです)

DSCN9147.JPG

最後となりますが、画像のように残念ながらサドル・リングが無くなってしまっている個体も中にはありました…!

 

このようなサドル・リングが欠品してしまっている個体定価より¥5,000引きとなります…!

DSCN9148.JPG

加えて少々紛らわしいのですが、最初からサドル・リング用の穴が無い個体もあります。

このようなサドル・リングが付かない個体値引きとなりませんのご了承ください…。

 

そしてこれらの値引きは重複しますので、個体によっては非常にお値打ち価格となります。(最大で¥25,000引きの個体までありました……!)

実はその他にもバンドの材質が違ったり、フロント・サイトの材質が違ったりと細かな違いがちらほら……

価格に影響を与える特徴は今回お伝えした箇所のみとなりますが、気になりましたら是非店頭にてご覧ください。

 

>>イエローボーイ M66 はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

次回ヨーロッパからの新入荷につきまして、4月頃の入荷予定と一部お伝えしていましたが、先日弊社貨物を積んだ船がイギリスを出航ましたので現時点では6月上旬頃の入荷を予定しています。

 

もうしばらくどうぞお楽しみにお待ちくださいませ。


2017.03.28 Tuesday

書籍セールに追加品です!

こんばんは、アルバイトSです。

先日から度々行っています買取書籍のセール。先日新たに追加がありましたので今回はそのご紹介です。

言語は基本英語で、その他の言語は明記してあります。 (日本語のタイトルの品は除く)

最初は二次戦ドイツにまつわる書籍となります。

「Waffenrock」¥8,000(税込) タイトルそのままの内容で、第二次大戦中のドイツ軍礼装軍装集です。当時の写真を豊富に交えて着装例を紹介しています。例の写真も大変美しく撮られており、資料性の高い物凄く立派な一冊です。 比較的最近の発行本です。

「THE HJ」¥2,000(税込) こちらは複数刊からなるシリーズの第2巻で、ヒットラー・ユーゲントの軍装、特にこの本では旗や身分証などの小物にフィーチャーしています。 この分野の鉄板資料です。

「BELTBUCKLES&BROCDES of theTHIRD REICH」¥3,500(税込) 約650ページにわたってひたすらベルト・バックルを主にした、その他付属金具を紹介しています。そんなに書くことがあるのかと驚嘆です…! ベルト・バックルの豊富さはドイツ軍ならではでして、この分野では最高の一冊です。

「DEFENDING the REICH」¥3,000(税込) 約680ページとこちらもなかなかの厚さですが、基本的にナチス・ドイツ4軍(陸軍、海軍、空軍、親衛隊)以外の国防に関わった準軍事組織の軍装の紹介で帽子、ヘルメット、肩章、腕章、etc…と内容は多岐にわたっています。この分野だけをまとめた書籍では最高の一冊です。 全翼機まで載っているはどういった流れなのでしょう…?

 

DSCN5151.JPG

こちらアメリカ関連の書籍です。

「Individual Gear and Personal Items pf the GI In Europe 1942-1945」 ¥4,000(税込) 二次戦中身に着けていた小物や消耗品について大きな写真で紹介しています。煙草、ライター、石鹸、インクなどがが目に留まります。歯ブラシは昔と全然変わりませんね…。

「U.S. MARTIAL WEB BELTS AND BANDOLIERS:1903-1981」¥2,500(税込) ベルトやサスペンダーとそれに取り付けるアモ・パウチを紹介しています。20世紀の米軍弾薬ベルト系だけをまとめた最高の一冊です。

「GUIDBOOK FOR MARINES」¥4,000(税込)は海兵隊の教本のような内容で、敬礼の仕方から戦闘の方法まで幅広い内容となっています。 軍発行のマニュアルと同じ扱いで現役の兵士が読んでいたものと思われます。

 

DSCN5152.JPG

これらはいわばその他の書籍となります。

「BRITISH SOLDIER IN EUROPE 1939-1945」¥3,000(税込) 二次戦中のイギリス兵について、装備品から生活の様子まで広く浅く解説しています。入門用といった印象を受けます。

「World WarII」¥200(税込) 雑誌です。ゲーリングについてやアルンヘムの戦闘の流れなどが載っています。画像では分かりませんが表紙と裏表紙が分離してしまっています。¥200ですのでご容赦ください…!

「サバイバル・バイブル」¥200(税込) こちらのみ日本語です。地震や飛行機事故など、もしもの時の対処法が紹介されており、ミリタリー色は薄い内容となっています。前の持ち主の方が引かれたマーカーやチェックなどが散見されます。

「SUN TZU  TH ART OF WAR」¥200(税込)は英語版の孫子兵法です。英語にも翻訳されていたんですね…!

 

DSCN5153.JPG

「HERALDRY OF WAR」¥500(税込)色んな軍装、色んなメダル、色んなマーク、と言いましょうか、ふんわりとした内容です。

「Tavole dal Codice Cenni」¥2,000(税込)主に19世紀のイタリア軍装について、古い解説書を取り込んでそのまま掲載している一風変わった書籍です。社長曰く国内には他では売っていないのではと思われる希少本、全てイタリア語です。

「WEAPONS AND UNIFORMS OF THE U.S.S.R.」¥500(税込) 戦後のソ連の装備品について、広く浅く紹介しています。

 

そしてここからは、過去の掲載品のご紹介となります。 あれだけ沢山あったのがお陰様で残り少なくなってまいりました。

 ¥500(税込)のコーナーです。

最上段の「AVIATION HISTORY」のみ3冊まとめて¥500(税込)です!

以上¥500(税込)となります。「ARMES MILITARIA」はフランス語です。

上段の「Artillery Through the Ages」は簡易装丁(自費出版でしょうか?)です。主に前装式の大砲について纏めています。

画像一番下の「日本の戦史」は写真を多く交えており、当時の様子がうかがえて中々興味深い内容でした。

「United States Navy」は一見小冊子のようですが結構分厚くなっています。

DSCN5273.JPG

そしてここまでが¥500(税込)となります。

ここからは¥750(税込)です。

最上段「CORSAIR」は2冊写っていますが1冊¥750(税込)です。

最下段の「THE SECOND WORLD WAR II IN COLOR」も2冊在庫していますが1冊¥750(税込)となっており、内容は二次戦中のカラー写真を集めています。その左のアビエーション・アート集である「WWII AIR WAR」も1冊¥750(税込)となります。

「High Bridge Arms, Inc.」はサンフランシスコの銃砲店の総合カタログです。 電話帳のような紙質で電話帳よりも分厚いです。 この写真の「High Bridge Arms, Inc.」「SHADE OF BLUE」以外はドイツ語ですが、どの本も紙面の大半は当時の写真となっており、ドイツ語が読めなくても楽しむことが出来ます。

 

ここまでが¥750(税込)となり、ここからは¥1,000(税込)となります。

画像中央ROY CROSS作のアビエーション・アート集も2冊在庫していますが1冊¥1,000となりますのでご注意ください。

「HEART OF STEEL」は、19世紀後半から20世紀終わり頃までのイギリス艦艇とそれらが参加した戦争について紹介しています。

こちらまでが¥1,000(税込)となります。

そしてこれら5冊について、上段3冊は¥1,500(税込)←「1000 UNIFORMEN」はドイツ語のみ、「Uniformen in den NATO Staaren 1900 in bis heute」は英独仏の三カ国語で、内容も全て三ヶ国語で併記されています。 下段2冊は¥1,250(税込)となります。

 

DSCN5278.JPG

こちら4冊は1冊¥2,000(税込)です。

社長は絶版になっている大戦中のハワイの写真(軍物が殆ど)を中心に当時の生活を紹介した「HAWAII HOMEFRONT」が気になっているようで、当時のハワイでの生活の様子や日系人についても交えて紹介されています。

 

こちらは以前別日にご紹介した物ですが再度ご紹介。

「ENCYCLOPEDIA OF MODERN FIREARMS」 ¥3,000(税込)幅広い銃の種類、仕組み、部品をイラストや写真を交えて解説しています。かなり分厚い本です。載っている銃は民間用のライフル、散弾銃が目立ちます。

「CENTURY OF ACHLYMENT」 ¥1,000(税込) はリボルバーの発展の流れをザックリ紹介しています。内側が一部汚れてしまっているのが玉に瑕です。

下段左から2冊は中をくり抜いて作ったケースとなっており、

緑色 ¥3,000(税込)の方は縦約23cm横約15cm 深さ約3cmとなっています。

薄紫 ¥3,000(税込)の方は縦約12.5cm 横約20cm 深さ約3cmとなっており若干小さめです。

「MODERN TECHNIQUE OF THE PISTOL」 ¥1,000(税込)は発行が古めなので、モダンと言うにはひと時代過ぎてしまっている感じを受けますが、それはそれでこんなテクニックがあるんだなーと興味が湧きます。

 

こんな超お値打ち価格でのご奉仕は棚卸し前だからこそできる特別オファーでございます!

 

そして最後に2017年 ドイツIWA  SHOWとアメリカSHOT SHOWのカタログ、パンフレットも再度ご紹介致します。

DSCN5491.JPG

こちらは1冊¥300(税込)

こちらは1冊¥500(税込)

こちらは1冊¥1,000(税込)となります。

 

例にもよって特別な対応となりますので、専用のご注文フォームが無い状態となりますが、通常のお問い合わせフォームよりタイトル(出来れば価格も)をご指定いただき、お支払方法とお送り先のご住所および電話番号を入力のうえご注文ください。送料や決済方法につきましては通常の通販に則ります。

尚、基本的に一品物の書籍が大半となっておりますので、万が一売り切れの際はご容赦ください。

それではご注文お待ち致しております。

 

>>発送・決済についてはこちら

>>ご注文はこちらのフォームよりお願いいたします。

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、四四式騎兵銃 後期型 が東京店に入荷致しました。

お客様にご連絡中ですが、HP・詳細画像ともにアップしておりますのでどうぞご覧ください。

四四式騎兵銃 後期型 のHPはこちら
四四式騎兵銃 後期型 の詳細画像はこちら


2017.03.23 Thursday

フロント・ヘビーです。 SMLE No.1 グレネード・ランチャー

知り合いから花見に誘われましたが、こないだ年明けたばかりじゃん!と混乱気味です。

先日の祝日は春分の日でしたね……こんばんはアルバイトSです。

 

DSCN5114.JPG

一見するとお寺の鐘のようですが、言うまでもなくグレネード・ランチャー。

何用かご存知ですか……?

DSCN5121.JPG

何を隠そうSMLE No.1用。バヨネット・ラグを利用して固定しますので、ノーズ・キャップの形が同じならMkI だろうとMkIIだろうと付けられるとは思いますが、ほぼほぼMkIII用でしょうね。

DSCN5115.JPG

明らかに取り付け金具な辺りをクルクル回すと引っこ抜けますので、

DSCN5118.JPG

それをノーズ・キャップに、

DSCN5117.JPG

かぶせる……!

DSCN5119.JPG

そしてカップ部をまたくるくるすればOKです。

フック部にスプリングのテンションなど無くブラブラしているものですから、どうやって固定するんだろうと疑問でしたが、実際はネジを締めるとフックがカップに干渉して動かなくなります。かなりしっかりと固定されますから思わず膝を打ちましたが……それにしてもなんというかずんぐりむっくりですね……!

 

cup-1.jpg

肝心のグレネードですが、Mk36手榴弾の特殊なタイプを用い、底にプレートが追加されています。

 

Holding_It.jpg

後はブランク弾を装填したらこんな姿勢で発射します。トリガーを手前に持ってくるんですね……

お約束のようにも思いますが、通常の弾薬を発射するよりも負荷が大きい為、銃身やハンド・ガードが破損してしまうことがあるんですとか。

それはイカンとハンド・ガードを金属線でぐるぐる巻きにした、ワイヤ・ラップ・モデルというSMLEのバリエーションもあるそうで、まるでイタチごっこのようですね……!

DSCN5120.JPG

本体横にスライダーがあります。

窓の大きさを変えられますので、ここでガス圧を調整して飛距離をコントロールするはわかりますが、射表のような目盛りがありません。てっきり経年で消えてしまったのかなーと思い調べてみますと、どうやら元から無いようです。

感覚で調整しろって事でしょうか、いささか難易度が高くありませんかね……?

 

>>SMLE NO.1 グレネード・ランチャーはこちら

>>SMLE NO.1 MkIII 小銃はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

下取りで、ベレッタ M1938A 短機関銃 が東京店に入荷致しました。
お客様にご連絡中ですが、HP・詳細画像ともにアップしておりますのでどうぞご覧ください。

ベレッタ M1938A 短機関銃 のHPはこちら
ベレッタ M1938A 短機関銃 の詳細画像はこちら


2017.03.18 Saturday

革が厚いです。M56 マガジンパウチ

以前から観てみたいと思っていた魔弾の射手。ありがたい事に常連のお客様がDVDをお貸しくださったのですが、スイスで公演された時のだそうで、なんと小道具の銃が全てシュミット・ルビン。ストーリーよりも気になって仕方ありませんでした…

もちろんお芝居も観てましたよ!こんばんはアルバイトSです。

(お貸しくださってありがとうございました!ようやく全部観ました!)

DSCN4844.JPG

最近入ってきたこのマガジン・パウチ。革の造りが非常にしっかりしておりまして、コンディションも良さげです。

なんと言うか、ほんのりオシャレな感じさえします……

 

ところで、コレは何のマガジンが入るのでしょうか……?

DSCN4845.JPG

ぱっと見た印象ですとストレート・マガジン用っぽいし、ステンらへんだろうと目星をつけていました。

DSCN4846.JPG

実際違和感なく収まりますし……。

ところが第三国使用的なものじゃないかと調べてみるも、まるで出てきません。どうもステン用では無い様です。

でも、ステンのマガジンはピッタリですよ?ステンのマガジン・パウチでもいいじゃないですか…!

と泣き言を言ってもしょうがないのでせこせこ調べました所、実はこのパウチ

DSCN4854.JPG

なんとユーゴ製。M56 短機関銃のマガジン用でした。

DSCN4849.JPG

ステンのマガジンがあまりにもぴったり入るので、バナナ・マガジン入るの?と疑心暗鬼でしたが問題なく入ってしまいました。これが本来の姿ですがなんだか納得がいきませんね…(?)

内側にちょっと余裕を持たせてあるようです。

DSCN4851.JPG

そして印象的なのが、ストラップに付いてるオイラー入れのポケット。

DSCN4863.JPG

中には円盤型のオイラーが入っています。蓋が取れてしまっているのが少々惜しいですね……!

yugoslavia-jna-army-m56-smg-leather-ammunition-magazine-pouch-bayonet-frog-dcf86b8b28a972f09e4c062c2dbedc12.jpg

こんなオイラーだそうですね、MG34用みたいです。

DSCN4852.JPG

形は似ていますがMG34用は一回り大きいので到底入りそうにありません……。こちらは融通が利かないようです。

 

>>M56 マガジン・パウチはこちら

>>M56 短機関銃はこちら

>>ステン MkII 短機関銃はこちら

>>MG34 オイラーはこちら

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、ZB26 軽機関銃 (チェコ軍用) が東京店に入荷致しました。

HP・詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。

ZB26 軽機関銃 (チェコ軍用) のHPはこちら
ZB26 軽機関銃 (チェコ軍用) の詳細画像はこちら


2017.03.08 Wednesday

更に書籍セールです!

沢山の洋書が買取で入荷したのも気づけば去年の事。今回、それらを更にお安くしましたのでそんなお知らせブログです。 追加でヨーロッパとアメリカから持ち帰ったカタログやパンフレット類のご紹介も本ブログ末にありますのでご覧くださいませ。

 

もうすぐ年度末だし少しでも在庫を減らすため安く売ってしまおう!というのが今回の趣旨となりますが、いかんせん数が多いので、前回ご紹介した価格から全て半額。儲ける気があるのか少々心配になる価格設定ですが、空軍、陸軍、海軍&その他でまとめてご紹介して行きます。

HPに掲載する段を飛ばしてのご紹介となりますので、商品の情報としては少ないかと思いますが、それを補ってなお余るお値段となっておりますので、ぜひぜひご検討ください…!

 

ご紹介する書籍はそれぞれの画像で価格(税込)一律です。程度は「一度も開いた事がないのでは?」と思える新品のような品も沢山ありますが、トラブルを避けるために「中古」とお考えください。

1枚目.jpg

洋書といいつつ日本語の書籍ですが、大日本絵画さんのAir Detailシリーズです。お値段は全て1冊¥1,000¥500となっております。(出版社にも在庫のない号もございます。)

モデラー向けの詳細な情報が詰まったこのシリーズ、通常ですと¥3,000前後の価格となりますので非常にお安くなっております。

 

※情報が古く販売済のものがある可能性がございますので、最新の販売状況は3/28のブログをご参照ください。

こちらは洋書となります。 (以降特に記載がない限り英語の書籍となります)。 これらも1冊¥1,000¥500です。 一部は嶋田洋書さん等の値札が付いたままで、その価格と比べると1/10ほどの販売価格になっている品もあり洋書は更にお値打ち感があります。

左下のAVIATION HISTORYのみ3冊まとめて¥1,000¥500です!

 

3枚目.jpg

※情報が古く販売済のものがある可能性がございますので、最新の販売状況は3/28のブログをご参照ください。

こちらは全て1冊¥1,500¥750です!

左上から2番目のコルセアの書籍は2冊在庫しておりますが、1冊¥750ですのお気を付けください!

同じくWWII AIR WARも2冊写っていますが1冊¥750です。

 

※情報が古く販売済のものがある可能性がございますので、最新の販売状況は3/28のブログをご参照ください。

今度は1冊¥2,000¥1,000シリーズとなります。

ROBERT TAYLORのアヴィエーション・アートの本は残1冊のみ、その隣のCELEBRATION OF FLIGHTは2冊在庫していますが1冊¥1,000です。左上から1番目のBATTLE OF BRITAINの裏表紙には小さな染みがありますが装丁の丁寧さに目を惹かれます。

 

多くはアヴィエーション・アート集ですが、最下段はアヴィエーション・アート集ではなく解説書となっておりますのでご注意ください。

 

5枚目.jpg

※情報が古く販売済のものがある可能性がございますので、最新の販売状況は3/28のブログをご参照ください。

空軍系最後となるのは1冊¥2,500¥1,250シリーズです。

「BOMBS AWAY」は 第二次大戦中の爆撃機の活躍を主に連合国側から紹介していまして、当時の写真が多数用いられています。

 

ここからは陸軍系となります。

1枚目.jpg

※情報が古く販売済のものがある可能性がございますので、最新の販売状況は3/28のブログをご参照ください。

最初にご紹介するのは1冊¥1,000¥500シリーズです。

上段の右のARMES MILITARIA MAGAZINE 2冊はフランス語です。 その隣のArtillery Through the Agesは簡易装丁(自費出版でしょうか?)です。 下から2段目、左から2番目のBritish Smooth Bore Artilleryはかなり読み込まれていると言うか中古感満点です。 ここは¥1,000¥500のコーナーですので、その点ご了承ください。

上段の左から2番目、Old Time Punishmentは処刑・拷問器具についてまとめられています。

創意工夫溢れる器具ばかりですがどれもこれも痛そうです……、これも割と読まれています(僅かに染みがあります)。

 

※情報が古く販売済のものがある可能性がございますので、最新の販売状況は3/28のブログをご参照ください。

続きましてこちらも1冊¥1,000¥500シリーズとなります。 このシリーズは割ときれいです。

車両について解説している書籍がメインですが、中には車両が撃破された状況をまとめた本もありますです。(最上段のシリーズですね)

下段左と中央は2冊セットで¥1,000¥500となります。

 

3枚目.jpg

※情報が古く販売済のものがある可能性がございますので、最新の販売状況は3/28のブログをご参照ください。

そして続くこちらも全て1冊¥1,000¥500

アメリカ各時代の軍装にフィーチャーした書籍となっています。

上段右から2冊目のFlak Jacketについては各国の防弾ジャケットについての本となっています。

 

※情報が古く販売済のものがある可能性がございますので、最新の販売状況は3/28のブログをご参照ください。

1冊¥1,500¥750シリーズのこちらはやはりアメリカについての書籍が多くを占めます。

中段右のTHE SECOND WORLD WAR II IN COLORは2冊在庫していますが1冊¥750となっており、内容は二次戦中のカラー写真を集めています。同じく中段左から2番目表紙にタイトルが書かれておりませんがTHE INDIANSといいます。(なんだか顰蹙をかいそうなタイトルですね……)ネイティブ・アメリカン生活や文化についてまとめています(型押しされた特殊なハードカバーです)。 右下のJAPANESE MILITARY FORCESは第二次世界大戦中の米軍のテキストを書籍化したものです。 (シミの有る中古品コンディションです)。

 

5枚目.jpg

※情報が古く販売済のものがある可能性がございますので、最新の販売状況は3/28のブログをご参照ください。

こちらは1冊¥2,000¥1,000となります。

右下のPATORIOTIC POSTERS はアメリカのプロパガンダ・ポスター集でして、有名なのも含まれますがなかなか情報量に富んでいます。

 

6枚目.jpg

¥2,500¥1,250シリーズは少なめです。

どれも戦場写真集で、実際の戦闘の様子が生々しく集められています。 下段の左のDER KRIEGはドイツ語でして、戦場の臨場感溢れる写真が多数掲載されています。カラーに若干違和感がありまして、もしかしたら後から着色したシリーズかもしれません(すみません、ドイツ語が判らないため写真だけ見ています……!)

 

7枚目.jpg

※情報が古く販売済のものがある可能性がございますので、最新の販売状況は3/28のブログをご参照ください。

加えてこちらは¥3,000¥1,500のシリーズ。左側2冊は写真集で右側3冊は軍装品についての書籍となります。 上段の中央の1000 Uniformenと下段の右のUniformen in den NATO-Staaten 1900 bis heuteはドイツ語です。 1000 Uniformenはあまり読まれていませんが、LEIBSTANARTE SS ADOLF HITLERは若干中古感があります、他の3冊は中古ぽいです。

 

8枚目.jpg

※情報が古く販売済のものがある可能性がございますので、最新の販売状況は3/28のブログをご参照ください。

ここで最後となるのは1冊¥4,000¥2,000です。 この価格帯はかなりボリュームがある立派なものです。

注目したいのが上段右側2番目のHELMETS of the ETO。発掘されたM1ヘルメットの発掘された状態やダメージ、持ち主について調べまとめています。メチャクチャ写真が大きくて判りやすいです。 社長は絶版になっている大戦中のハワイの写真(軍物が殆ど)を中心に当時の生活を紹介したHAWAII HOMEFRONTが気になっているようです。←日系人ものが好きなだけ!

 

そしてここからは海軍&その他のご紹介となります。

すでに拷問器具の本やエンジンの本が既にあったりでその他とは……?という気がしないでもないですが、気にせずご紹介して行きます…!

 

※情報が古く販売済のものがある可能性がございますので、最新の販売状況は3/28のブログをご参照ください。

最初の¥1,000¥500シリーズは日本の書籍です。 日本語書籍は完全に中古で、これらは高いのか安いのか全く判りません…。「太平洋戦争」は上下ありまして、各¥500、装丁もそこそこ立派なセットです。

「死者が語る戦争」は虐殺の様子を写真と共にまとめており、強い説得力があります。

 

※情報が古く販売済のものがある可能性がございますので、最新の販売状況は3/28のブログをご参照ください。

こちらも1冊¥1,000¥500全て洋書です。United States Vavyは一見小冊子のようですが結構分厚くなっています。

HANDGUNS'92というタイトルにはノスタルジーすら覚えます。僕が生まれたか生まれてないかぐらいですね……。分厚い割には¥500という品は、完全に中古なコンディションですのでお含み置きを……!

 

3枚目.jpg

※情報が古く販売済のものがある可能性がございますので、最新の販売状況は3/28のブログをご参照ください。

その他に分けた1冊¥1,500¥750のコーナーです。 同じようなシリーズで当時の総天然色、全てドイツ語の書籍となっています。 ナチス政権下の写真集ですね、ヒトラーの高官に注目したり、二次戦中ドイツの市街の様子であったりとそれぞれ内容に幅があります。 歴史が好きな人にはカラーで内容的にも(ドイツ語ですが)お勧めで、程度も未開封?で状態の良い品が多いです。個人的にはこのシリーズがセール品の中で特にオススメです。当時の写真は映画などでは得がたい臨場感がありますね。

※情報が古く販売済のものがある可能性がございますので、最新の販売状況は3/28のブログをご参照ください。

海軍絡みの¥1,500¥750シリーズです。この中で潜水艦がテーマに含まれるのは、IMAGES OF WAR U-108 at WarとAnti Submarine Warfareの2冊でした。 High Bridge Arms, Inc.はサンフランシスコの銃砲店の総合カタログです。 電話帳のような紙質で電話帳よりも分厚いです。

 

5枚目.jpg

※情報が古く販売済のものがある可能性がございますので、最新の販売状況は3/28のブログをご参照ください。

こちらは1冊¥2,000¥1,000です。ありがたいことに最後の1冊となった「HEART OF STEEL」は、19世紀後半から20世紀終わり頃までのイギリス艦艇とそれらが参加した戦争について紹介しています。

先日見たベルファストも載っておりまして、個人的には非常に気になる一冊です。

6枚目.jpg


▲top