Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.12.13 Wednesday

MG34 ブンカー・マウントのすゝめ〜装填と照準器とetc編〜

途切れ途切れながら、前回前々回と続き最終回となるMG34 ブンカー・マウント ブログをお送りするのはアルバイトSです、こんばんは……!

書いている間に新たに判明しました事を詰め込んだ結果、少々ゴチャゴチャした内容になりましたが、どうぞお付き合いください!

ブンカー・マウントの話に入る前に、またもや横道にそれていきます……!

 

DSCN9997.JPG

鋭い方はお気づきかと思いますが、良く見るMG34は左からアモ・ベルトを給弾しますが、ブンカー・マウントの弾薬箱は右側です。 そもそもMG34は最初右給弾だったため、ブンカー・マウントもそれに合わせられています。

 

DSCN9996.JPG

そのため、画像のようにフィード・トレイとフィード・カバーを右給弾にしてやる必要があります。(ディスプレイ程度でしたら、左給弾のフィード・トレイでもアモ・ベルトを保持できますのであまり問題は無いかと思います!)

 

DSCN0001 (2).JPG

と言っても、カバーは丸ごとではなくカム・レールのみを入れかえて……

 

DSCN9992.JPG

フィード・トレイを入れ替えてやるだけです。 (画像のカム・レール、フィード・トレイは常連のお客様が資料としてお貸しくださったものです。 大変勉強になりました、ありがとうございます!)

そしてフィード・トレイには、最初から右給弾用として生産された初期のもの、左給弾用から出っ張りを切り落とした左右兼用、さらに左右兼用に出っ張りを足した(!?)右給弾用レールと、現場の要望に応じてか数多くのバリエーションが存在します。(とお客様に教えてもらいました!)

 

DSCN9991.JPG

加えてフィード・ブロックも入れ替える必要がありますが、こちらは左右兼用ですので引っこ抜いて向きを逆にするだけです。

どの部品もスクリューなどで固定されているわけではありませんので、工具はあったら楽ですが無くても可能です。 せいぜいカム・レールを持ち上げるのに細い棒、ポンチなどでしょうか。 よく出来ています……!

 

装填1.JPG

本題に戻って装填方法ですが、ブンカー・マウントに搭載した状態でフィード・カバーを開こうとしますと、画像のようにペリスコープにつっかえてしまいます。 スターター・タブ付きのアモ・ベルトならフィード・カバーを開けなくとも装填できますが、そうでなければ困ったものですね……

 

装填3.JPG

そんな状況にも勿論対応しているのがこのブンカー・マウント。 この状態が……

 

装填2.JPG

このようになります。 分かり辛いでしょうか?

 

DSCN9995.JPG

真後ろから見ますと、丁度フィード・カバーの幅だけ照準器がオフセットされているのが判るかと思います。 ほんとにキッカリです。

 

照準器取り外し2.JPG

そしてオフセットしたペリスコープは、根元のラッチを解除することで取り外すことができます。

 

DSCN9994 (2).JPG

この個体は在庫品で別の商品となりますが、通常はケースで保管していたようですね。

 

DSCN9994.JPG

ブンカー・マウントに付属しているペリスコープは残念ながら視界が不明瞭となっていますが、別売りの個体は埃こそ入り込んでいますが充分見通す事ができます。 加えてイルミネーターのマウントを、画像のように照らしてやる事でレティクルも確認出来ました。(写真を撮るには少々難易度が高かったため断念しましたが、はっきりと見えました…!)

 

話は変わりますがこのブンカー・マウント、ドイツ語ではSchartenlafette 34と言う名称でして、さらにバリエーションもいくつか存在するようです。 あまり研究が進んでいないのか詳しい情報に辿り着けずにいますが、1940年で一度仕様変更があったようですね。

 

1940年以前はTA型と呼ばれ、それ以降がTB型と呼ばれますが、東京店の個体は画像の刻印のようにTB型に当たります。

TA型はフランスとの国境線(ジークフリート線ですね)などに配備され、TB型は大西洋の壁に配備された経緯があります。 TA型はバット・プレートが調整可能なストックと、取り外し可能な袋型の空薬莢受けを装備し、TB型は固定式のストックに、空薬莢受けが床かから伸びるパイプに直接連結されるようになります。(つまり薬莢受けの交換が不要になりました。)

 

残念ながら、東京店の個体はストックが根本辺りで切断(発見された時の都合か、はたまた使用していた当時邪魔で切ってしまったのでしょうか……?)されていますが、搭載したMG34にストックが付いた状態でしたら、違和感なくペリスコープを覗くことが出来ます。

 

3回に渡ってご紹介したMG34 ブンカー・マウントことSchartenlafette 34、如何でしたでしょうか?

如何せん初めて&手探りですので、まだまだ謎のままな部分が数知れずですが、少しでもこのマウントの魅力をお伝えできていたら幸いです。

シカゴでの入荷は初めて、間違いなく日本にはこの1台だけ世界的に見ても数台、コレクションとしては素晴らしいものですので、ぜひぜひご検討ください。

 

>>MG34 ブンカー・マウントはこちら

>>MG34 トーチカ用ペリスコープはこちら

 

本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品の ルフォーショー・フランコット ポケット・リボルバー (銃砲刀剣類登録証付古式銃、ダミー薬莢付) のHP解説を本日追加いたしました。

この度、新たにダミー薬莢付となりました! (弾頭は付属しません)

ぜひHPをご覧ください。 

ルフォーショー・フランコット ポケット・リボルバー (銃砲刀剣類登録証付古式銃、ダミー薬莢付)(75万円、税別)はこちら

 


2017.12.06 Wednesday

模様替えに! BAR ハンドガード

こんばんはアルバイトSです。

 

DSCN9998.JPG

珍しくBARのハンド・ガードが複数入荷しておりまして、個体毎に色味に差がある為取り付けた際の印象も変わってきます。 なかなか無い機会ですので、ハンド・ガードの取り外し方法も含めてご紹介したい、今夜のシカゴブログです。

 

IMG_0038.JPG

協力してもらうのがこちらの"BMR"ことブローニング・マシン・ライフル。

一次大戦中に生産されたモデルであるBMRをその後BAR M1918A2と同じ仕様に改修した個体です。

BARと全く同じ機能・デザインですが、最初に生産されたのは一次大戦中の1918年となっています。

 

ストックしていた火器を最新型に改修するのはイギリスでもロシアでもですが、アメリカも例外じゃないんですね…!

 

IMG_0039.JPG

特にこの個体は、金属部のコンディションもさることながら、木部の仕上げが非常に艶やかです。

しかもシリアルをたどると、一次大戦時にコルト社で製造されたわずか9,000挺の内の1挺である事がわかりました……!

 

ハンド・ガードを入れ替えたら随分印象が変わりそうですが、いかがなものでしょうか?

と言うわけで早速分解の手順を紹介していきますが、流石に100年前の設計故かハンド・ガードを取り外すまでの手順は少々煩雑です。

 

DSCN0002.JPG

機関部左側面にピンがささっていますので、画像の位置に回転させてやりますとスポッと抜けてきます。

よっぽどの素晴らしいコンディションで無い限り、ピンの所に擦れた跡も付いているかと思いますので、目星はつく事でしょう……!

 

DSCN9999 (2).JPG

すると、ガス・チューブと一体となったハンド・ガードが前に抜けていきます。

画像ではキャリング・ハンドルが付いたままですが、事前に外しておくとより楽になると思います。

(キャリング・ハンドルについては過去のブログをご覧ください こちら)

 

それにしてもこのBMRのハンド・ガードも非常に綺麗ですね……傷も少なくツヤッツヤです……!

 

DSCN9998 (2).JPG

ここからがポイントで、ハンド・ガードの内側にはシールドと呼ばれる薄いパネルが差し込まれています。

こいつを抜き出してやる必要があるのですが、ハンド・ガードに刻まれた細い溝と噛みあっていますので、ハンド・ガードを割らないよう丁寧に押し出してやらなければなりません。 シールドも薄く変形してしまう可能性がありますので、木製あるいは柔らかい真鍮製のポンチを用いて地道に押し出してあげてください。

 

DSCN9997.JPG

シールドが抜けましたら、側面のネジと……

 

DSCN9996.JPG

底面の2ヵ所のにネジをはずしてやる事で、ガス・チューブからハンド・ガードが外れ交換する事ができます。

戻す時は逆の手順でOKです。

 

DSCN9992.JPG

マットな雰囲気や……

 

DSCN9993.JPG

明るい色味ですと、新鮮な感じがしますね。 なんと言いましょうか、スポーティー……?

特にこのハンド・ガードは仕上げが施されていない"生"な状態ですので、ミリタリーな印象は薄れます。 やはりハンド・ガード1つ変わると随分印象が変わってきますね。

 

DSCN9995.JPG

ついでのようになってしまいますが、非常に珍しくスリングも入荷しています。

適度に時代は付いていますが、まだまだしっかりしなやかです。 是非ともこの機会に……

 

DSCN9999.JPG

そしてハンド・ガード、スリングに限らず、各種アクセサリーも在庫にございますので、コレクションにちょっと気になる錆や傷が……なんて時には、ぜひ下記リンクをご覧ください。

 

>>本日ご紹介のBMRはこちら

>>BAR ハンド・ガードはこちら

>>BAR キャリング・ハンドルはこちら

>>BAR バイポッドはこちら

>>個人的には一番お勧めです!スリングはこちら!

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、火縄銃 六匁玉軍用抱筒 (銃砲刀剣類登録証付古式銃) と スプリングフィールド M1873 トラップドア ライフル (無可動古式銃) が東京店に入荷致しました。 HPとDetailed Photos(詳細画像) はすでにアップしております。 どちらもすぐにご案内可能なお品物となっておりますので、ぜひHPをご覧ください。

火縄銃 六匁玉軍用抱筒 (銃砲刀剣類登録証付古式銃) (27万円、税別)はこちら

スプリングフィールド M1873 トラップドア ライフル (無可動古式銃)(40万円、税別)はこちら

 


2017.11.29 Wednesday

何もかも個性的な P17 グレネード・ランチャー

こんばんはアルバイトSです。

 

DSCN9997 (2).JPG

この品物、なんとなーく予想の付いた方も多いかと思いますが、予想された通りグレネード・ランチャーです。

しかしながらP17 ライフル用となかなかにシブいやつ。

そういえばP17は通称で正式にはModel of 1917だそうですね。 シブい名前です……

 

DSCN9999.JPG

そんなP17がこちら。 イギリスの要請でアメリカ国内で.303弾仕様で生産していたP14 ライフルを、アメリカの30-06弾仕様にしたものですね。

 

DSCN0001.JPG

ドッグ・イヤーとあだ名される個性的なリア・サイト・ガードが特徴の一つですね。 どこか奥ゆかしさのようなものを感じます……!

 

DSCN0003.JPG

銃身には1918年3月の刻印が。 この銃も、もしかしたら百年ほど前に大西洋を渡ったのかもしれません……。

 

DSCN9991.JPG

そんなP17のグレネード・ランチャー。 取り付け部はネジネジしたこれまた特徴的な形状をしています。

最初はこのネジネジに合わせて銃口を嵌め込んでいくものだとばかり思っていましたが、実際に合わせてみるとまるで入って行きません。

 

DSCN9992.JPG

取り付けるには、このように途中から割り込む様にして、

 

DSCN9993.JPG

溝と合うように嵌め込みます。

 

DSCN9994.JPG

さらに、バネのテンションがかかるよう位置を合わせたら完了です。

蝶ネジなどで絞め込むことなくこれだけ。 外れてしまわないんでしょうか…?

 

そして、このような擲弾を飛ばすそうです。 これまた個性的な形をしていますね……まっすぐ飛ぶのかすら少々心配です……!

 

>>P17 グレネード・ランチャーはこちら

>>本日ご紹介のP17 ライフルはこちら

>>元となったP14 ライフルもございます!こちら!

 

 

本日のワンポイント情報!!

大阪店在庫品で、ポーランド PPS43/52 短機関銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像) に本日アップいたしました。ぜひHPをご覧ください。 

 

ポーランド PPS43/52 短機関銃(¥45,000、税別)はこちら


2017.11.23 Thursday

MG34 ブンカー・マウントのすゝめ 〜銃身交換編〜

前回に引き続きまして、こんばんはアルバイトSです。

 

最初.JPG

なんとか3回で収めたいMG34 ブンカー・マウントのご紹介、2回目となる今回は銃身交換に関するご紹介です。

銃身交換1つとっても、幾つかの機能との連動で行われるのがこのブンカー・マウント。 一体どのように行われるのでしょうか…!

 

仰俯角1.JPG

銃身交換の前に、このハンドルに付いて触れておかなければならないでしょう。 言わずもがな仰俯角の調整用、グルグル回すと銃本体が上下に首をふります。 またその後ろの歯車では射界の制限を行う事ができます。

 

傾き2.JPG

これぐらいが

 

傾き1.JPG

ここまでいきます。 これだけ上に向けたら随分遠くまで狙えそうですね……!

 

銃身交換1.JPG

そして肝心の銃身交換なのですが、実は通常の位置ですと機関部がマウントと干渉してバレル・ジャケットを開くことができません。

そこで、画像下の方の銀色のレバーを操作します。

 

押し込んだまま手前に引くと、仰俯角を決定する歯車と先ほどのハンドルの連結が解除されます。

戻す時は歯車が噛みあう位置を調整してレバーを戻すだけです。

 

銃身交換5.JPG

するとマウントが一番下を向くよう持ち上がり、機関部と干渉しなくなる為バレル・ジャケットを開放できます。

なお先ほどのレバーを操作する際、結構な勢いでマウントが下を向きますので、ストックなどで顔を強打してしまう可能性があります。 事前に仰俯角のハンドルで一番下を向けた状態にしておくと、より安全に連結を解除する事ができます。

 

銃身交換4.JPG

またバレル・ジャケットを開放するには、通常薬室近くのボタンを操作する必要がありますが、ブンカー・マウントに隠れてしまっています。 ところが、そのブンカー・マウントに、丁度ボタンを操作できるよう"ボタン"が付いており、画像のように押し上げると(ボケてしまっていて恐縮ですが)バレル・ジャケットのロックが解除されます。

 

銃身交換7.JPG

そして驚くべき事に、機関部を開いた際勝手に閉まらないよう、ストッパーが絶妙な位置に配置されています。 至れり尽くせり…!

 

銃身交換6.JPG

マウントの台座には、予備銃身と銃身交換用のハンドルを収納するポケットが左右5箇所ずつあります。 加えて弾薬箱を収納するスペースもありますが、都合予備銃身が9本……一体どれだけ撃つつもりだったんでしょう……!

 

MG34を効率的に利用するための設計が詰め込まれたこのブンカー・マウント、今回のご紹介はいかがでしたでしょうか!

次回は装填と照準器についてご紹介しますのでこうご期待!

 

このブンカー・マウントと同一個体ではありませんが、デンマークの海岸に残されたアトランティク・ウォールの土に埋もれた要塞から発見された別個体のブンカー・マウント掘り起こし動画はこちら

*弊社在庫品のブンカー・マウントは終戦後すぐにオランダにあったアトランティック・ウォールの要塞(ブンカー)から見つかった非常に程度の良い品です。

 

>>MG34 ブンカー・マウントはこちら

>>MG34 加工済み予備銃身はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、M16A1 自動小銃 が東京店に入荷致しました。HPとDetailed Photos(詳細画像) は本日アップしておりますので、ぜひHPをご覧ください。

代用と思われるマガジン・スプリングが入った品となります。

 

M16A1 自動小銃 (18万円、税別) はこちら


2017.11.18 Saturday

MG34 ブンカー・マウントのすゝめ 〜取り付け編〜

こんばんは、アルバイトSです。

 

DSCN9985 (2).JPG

東京店2階に圧倒的な存在感を発するMG34のブンカー・マウント。 その重量感もさることながら歯車にクランクに油圧ピストンとメカメカしさに溢れています……!

そんなMG34のブンカー・マウントをご紹介せねばと一念発起しましたが、余りにメカメカしさに溢れた結果到底1回では収まらない量になってしまいました。 何とか3回で収めますので、どうぞお付き合いください…! 今回、そもそもどうやってMG34を取り付けるの?と言うことで取り付け方法をご紹介致します。

世界的に見ても現存数が少なく、ましてやその作動を個人でweb上に公開するような奇特な人(デンマークの私設?博物館の方が手っ取り早く動画をYoutubeにアップされていますのでご覧ください。)はおられない様ですが、折角幻の様な品が目の前にあるので三連作で頑張ってみます。

デンマークのMuseumscenter Hanstholmの動画はこちら

早速ですが、MG34本体をマウントに取り付ける際、狭いブンカーの中で作業しやすいよう、マウントを手元に引き下ろす事が出来ます。

この引き下ろす作業は狭いブンカーの中では必要ですが、充分なスペースがあれば必要有りません。 加えて、台座が床に強固に固定されていないと、マウントを引き下ろした際マウントの重さで倒れ掛かってきます。 常に支えがなければ危険ですので行う際には充分注意してください。

銃座後退1.JPG

そんなデンジャラスな作業ですが、引き下ろす際にはマウントの端にあるレバーを操作します。

このレバーを押してグルっと回しますと……

 

銃座後退2.JPG

このようにストッパーが持ち上がり、ロックが解除されます。

 

銃座後退5.JPG

すると、画像のように引きおろす事が出来るようになります。

 

 なお再度書かせて頂きますが、この作業は台座が床に強固に固定されていないと、ひき下ろした際にマウントの重さで倒れ掛かってきます。 倒れないよう常に支えがなければ危険です。 狭いブンカーの中では必要な作業ですが、充分なスペースがあれば必要有りません。

取り付け1.JPG

この後MG34をマウントに固定しますが、実際にご自宅でMG34を取り付けられる際には、ここからとなるかと思います。

取り付けるといっても殆ど矢印の位置に差し込むだけなのですが、少々下準備が必要です。

 

リング外し1.JPG

と言うのも、マウントの穴の径はバレル・ジャケットに合わせられており、対空射撃用スパイダー・サイトの基部が干渉してしまうので取り外す必要があるのです。

基部は2本のピンで留まっています。 加えてかしめられていますので、個体によっては非常に抜き辛く場合によってはピンが変形してしまう可能性もありますのでお気をつけください。

 

リング外し2.JPG

2本のピンを外すと簡単に分離します。 戻す際は基部をしっかり押さえながらでないとピンが上手く入らず、やはりピンが変形してしまう可能性がありますので、万力(ホーム・センターで打っているようなコの字形のもので充分です!)で固定しながら行うと宜しいかと思います。

 

取り付け2.JPG

スパイダー・サイト基部を外した銃本体をしっかり差し込むと、固定用のラッチがMG34のマウントの位置に来るはずです。

 

取り付け3.JPG

そのままラッチがマウントの溝に噛む様取り付け、ネジを締めて固定します。(今回は雰囲気だけでネジは締めておりません)

 

取り付け4.JPG

銃本体を差し込んでいない状態ですが、完全にラッチを閉めるとこの様な状態になります。

 

取り付け5.JPG

前から見ると銃口が顔を覗かせます。 通常のMG34とはまた違う迫力がありますね……!

MG34の取り付けはここまでですが、このブンカー・マウントには様々な機能が盛り込まれています。

次回はそれらについてご紹介いたしますので、こうご期待です!!!

 

>>MG34 ブンカー・マウントはこちら

>>チラッと写っていたMG34 要塞用弾薬箱(別売り在庫品:お客様連絡中)はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

大阪店在庫品で、ポーランド PPS43/52 短機関銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像) に本日アップいたしました。ぜひHPをご覧ください。 

 

ポーランド PPS43/52 短機関銃(4.5万円、税別)はこちら


▲top