Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.10.18 Wednesday

ノスタルジーを通り越して……

先日20代も折り返しに突入してしまいました、こんばんはアルバイトSです。 初めてブログを書いたときには未成年だったはずですが…

 

それはさておき、無可動実銃に限らず意外なものも取り扱うシカゴレジメンタルスですが、今回もちょっと変化球な商品のご紹介です。

DSCN9983.JPG

それがこちらの書籍セット。 全て銃器にまつわる書籍で、少々古めで今では書けないような内容も含まれています。 珍しく全て日本語ですのでザックリご紹介したいと思います。

=======HP解説文引用=======

銃器にまつわる日本の書籍7冊のセットです。 全て中古となり、本によっては一部破れや汚れ等が見受けられます。


ライフル・ハンター 柳田佳久・著
筆者が世界各国で行った、ホッキョクグマやシロサイなど大型野生動物のハンティングについての記録を纏めています。 大きな破れは見受けられませんが、一部退色や少々の汚れが見られます。 全394ページ

U.S.&GUNS 銃とアメリカ合衆国 ヒサクニヒコ・著
コロンブスの新大陸発見から、現代のアメリカの銃社会に至るまでアメリカに結びついた銃器に関して、多数の写真を交えて解説しています。 カバーに一部破れが見られ、退色もありますが落丁は見られません。 全236ページ

PISTOL 長谷川宏之 芦川良一 共著
拳銃に用いられた代表的な作動方式とそれを取り入れた銃、弾薬について解説しています。 カバーに若干の破れ、ページの一部に染みが見受けられますが落丁はありません。 全274ページ

世界拳銃百科 亜坂卓巳・編
拳銃の発展と、昭和36年当時に販売されていたモデルガンが紹介されています。 複数箇所に、以前の所有者が行った手書きの訂正が見られます。 カバーに破れが見られる他、少々強度に不安がありますが、現状落丁はみられません。 全150ページ

拳銃大百科 トビー門口・監修
銃の仕組みや種類弾丸などを図や写真を豊富に用いて解説している、子供向けの内容となっています。一度破損したものを接着剤で修復したと思われ、欠損したページが数ページあります。 全296ページ

世界の拳銃 大藪春彦・監修
代表的なリボルバー、オートマチックを美麗な写真と共に紹介しています。 昭和59年当時のトイガンの広告も掲載されています。 若干の退色がありますが、破れはなく良い状態です。 全160ページ

gun book 矢野庄介・著
火薬の発明から続く拳銃の発展を簡単に解説し、代表的な拳銃を紹介しています。 カバーが紛失していると思われ、内部には退色や染みが散見されます。全94ページ

=======HP解説引用ここまで=======

DSCN9984.JPG

ライフル・ハンターは著者の方が行ったハンティングを纏めた内容となっています。

ライオンやホッキョクグマ、サイなどの大型動物を狙ったいわばトロフィー・ハンティングですが、なかなかデンジャラスな体験をされたようです。

現在では保護の観点から反対の声も大きいトロフィー・ハンティングですが、当時はおおらかな時代だったんですね……

 

DSCN9985.JPG

写真も多く、臨場感のある内容となっています。

 

DSCN9990.JPG

U.S.&GUNSはミリタリー・マニアなら1度ならず何度も目にしているヒサ クニヒコさんの書籍です。

アメリカが現代の銃社会となるまでの過程を、用いられた銃器と共に解説しています。

コロンブスの新大陸発見から始まりますので、アメリカ史の書籍とも言えますね。

 

DSCN9991.JPG

図や写真が多数用いられており、視覚的な情報の多い内容となっています。

 

DSCN9994.JPG

そのものズバリな「PISTOL」は拳銃の歴史と当時の代表的な拳銃を紹介しています。

 

DSCN9995.JPG

とは言え初版は昭和36年。この本自体に歴史的な意味が出てきそうです……!

 

DSCN9988.JPG

世界拳銃百科も当時の代表的な拳銃を紹介した内容となっています。 こちらも初版は昭和36年と年齢(?)と違わぬ少々お疲れなコンディションですが、中身はまだまだ元気で落丁は見られませんでした。

 

DSCN9989.JPG

最後のほうにミニチュア・ガン・コレクションという当時のトイガンを紹介したコーナーがありまして、以前の所有者の方が記されたと思われる、注釈と価格が入っていました。当時を知る手がかりとなって興味深いですね……

 

DSCN9997.JPG

拳銃大百科は図やイラストを多用して銃にまつわるアレやコレやを子供向けに分かりやすく解説しています。

通りがかったケンさんがニコニコしながらページをめくっていたのですが、聞けば小さい頃によく読んだ本なんですとか!

 

DSCN9996.JPG

モザイク越しに伝わるやさしさが伝わりますでしょうか。

ケンさん曰く、記憶にあるのに見当たらないページがあるそうです。 どうやら抜けてしまったページがあるようです……

 

DSCN9992.JPG

世界の拳銃はコンバット・マガジンの別冊として出版されたものです。 カラーで鮮やかな写真が多用されており眺めて楽しい内容となっています。

 

DSCN9993.JPG

昭和59年当時のトイガンの広告もあり、見る方によってはこちらの方が興味深い内容ではないでしょうか。

 

DSCN9986.JPG

最後となるこちらは、どうやらカバーが失われてしまっているようです。 拳銃大図鑑と言った内容で、発行は昭和61年。 ほんのり図書室のようなかおりがします……!

 

DSCN9987.JPG

写真は大きく用いられています。

 

今となっては入手し辛い書籍も多いかと思います。 ぜひぜひ、ご検討ください。

 

>>日本語書籍セットはこちら

 

本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品の MAC11 短機関銃 のHP解説とD/P(詳細画像) を本日追加いたしました。

ぜひHPをご覧ください。 

 

MAC11 短機関銃(34万円、税別)


2017.10.12 Thursday

アイディア勝負? M2カービンのセレクター

こんばんはアルバイトSです。

DSCN9993.JPG

画像はM1カービンとM2カービン。ハンド・ガードの材質は違えど瓜二つですよね。 そんなことも無いですか……?

 

DSCN9996.JPG

今更ではありますが、M2カービンはM1カービンにフルオート機能を持たせたもので、外見上では画像上のように機関部の端にセレクターが追加されています。

とはいえそれ以外はそっくりな2丁。 中身が変わったのに外見が殆ど変わらないってスゴいですよね。

DSCN9985.JPG

分解自体はフロント・バンドを外すだけでハンド・ガードと機関部がスポスポ抜けてきますので、外してみますとこんな風になっていました。

DSCN9987.JPG

少々頼りない雰囲気ですが、これもれっきとしたオリジナルの部品。 なんだかクリップをまげて作ったようなスプリングですが、かなりしっかりとセレクターを支えています。

画像はM1カービンの同じところなのですが、ご覧のようにピンが通っています。 このピン、トリガー・アッセンブリー・リテイニング・ピンという名前で、機関部とトリガー・アッセンブリーを固定しているのですが、M2のセレクターはそのピンを兼任する設計となっていました。

giM2parts.jpg

そして反対側には画像矢印のディスコネクターに繋がっており、チャージング・ハンドルに連動する仕組みとなっています。

 

それにしても、細身のM1カービンによく詰め込んだものですね……考えた人は頭がよかったんでしょうね……!

 

>>おかげさまで大分少なくなってきました、M2カービンはこちら

>>珍しいメーカー製の旧加工のM1カービンはこちら

>>こちらも大分少なくなってきました、お値打ちな新加工のM1カービンはこちら

>>パラ仕様もあります!M1A1 カービンはこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

大阪店在庫品の L85A1 (SA80) 自動小銃 のHP解説とD/P(詳細画像) を本日追加いたしました。

ぜひHPをご覧ください。 

 

L85A1 (SA80) 自動小銃(65万円、税別)


2017.10.08 Sunday

王冠への忠誠 マルティニ・アクション(後編)

こんばんは、アルバイトSです。

 

前回の最後に登場したマルティニ・ヘンリーMKIV 小銃は新規に生産された期間はわずか3年と存外短命な銃でした。

当時イギリスはそれまでの.577/450口径の他、.402口径、.303口径の弾薬を運用しており、試験的な運用だった.402口径の運用が取り止められた後、.303口径が主力へと切り替えられていきます。

そこで既存のマルティニ・ヘンリーにリバレルを施し、.303ブリティッシュ弾に対応させる事でマルティニ・メトフォード銃が登場しました。

7d22d57af20d0d48104a64f37944ccb7.jpg

(在庫品のマルティニ・メトフォード MKIII アーティラリー・カービン (無可動古式銃、#8152)です。)

 

マルティニ・メトフォードは、その名前から判るようにメトフォード・ライフリングを取り入れていました。 浅い波型の溝をもつメトフォード・ライフリングは、黒色火薬の難点である大量に発生する煤が銃身内に留まりづらく、加えて清掃が容易という特徴を持っていました。 そこでイギリス軍は、従来のヘンリー・ライフリングからメトフォード・ライフリングへと切り替えていきます。

 

マルティニ・ヘンリーの時代、1877年にカービンのバリエーションが開発されましたが、カービンはさらに騎兵用と砲兵用に分かれ異なる特徴を持っていました。 主にスリング・スイベルの取り付け方法と、騎兵用にはリア・サイトに革製のカバーを取り付けるためのフックが備わっています。 これらマルティニ・ヘンリーのカービンも同じくリバレルによってマルティニ・メトフォードへと姿を変えていきました。

 

ところが、またしても時代の波がマルティニ・アクションに押し寄せます。

今度は黒色火薬よりも強力に燃焼する無煙火薬が発明されると、欧米列強もそれぞれ自国の小銃に取り入れていきました。

イギリスでは1895年に採用されましたが、浅い波型のメトフォード・ライフリングでは、無煙火薬の燃焼の際発生する高圧によって銃身の磨耗が激しく、銃身寿命が著しく下がるという問題が起こっていました。

そこで、この問題に対応すべく新たにエンフィールド・ライフリングが開発されます。

Rifling-Engraving.jpg

7条から5条へ変更され深く切り立った溝を持つエンフィールド・ライフリングは、無煙火薬の高圧にも耐えて銃身寿命を延ばすことができました。 それ以降、イギリスはエンフィールド・ライフリングを採用しますが、既にストックを抱えていたマルティニ・ヘンリー、マルティニ・メトフォードはまたしても最新の弾薬に適合させるため改造される事になります。

b32300be7afb99fbba642401c368c770.jpg

(在庫品のマルティニ・エンフィールド MKII ショート・ライフル (#9017)です。)

エンフィールド・ライフリングへ改造されたマルティニ・アクションは、マルティニ・エンフィールドと呼ばれます。

大きくMKIとMKIIが存在し、MKIはストックからの改造でしたが、MKIIでは新規に生産されました。

しかしながら、これらの時期には平行してMLM(Magazine Lee Metford)、MLE(Magazine Lee Enfield)小銃が採用され、イギリス軍の主力は単発式から、連発式のボルト・アクションへと移り変わっていました。 その後更にSMLE(Short Magazine Lee Enfield)が登場し一次大戦に突入しますが、マルティニ・アクションはもはや二線級の兵器となっていました。

 

イギリスではこのような変遷を辿ったマルティニ・アクションですが、その他にもオスマン帝国ではピーボディ・マルティニ小銃として採用され、更にトルコから一部日本へと売却された個体は、明治時代の海軍陸戦隊等で使用されました。

c5581f613042c74626bdcbd8d964e403.jpg

(在庫品のトルコ軍用 ピーボディ・マルティニ M1874 歩兵銃 Type B (無可動古式銃、#12)です。)

また反動に強い機関部は猟銃や標的射撃銃にも活用され、ライフル以外にも散弾銃や、果ては銛打ち銃など民間用としてカスタマイズされて使用されています。

9cfe96d559dbc13840fecd86d15806d4.jpg

(在庫品のマルティニ・アクション ハンティング・カービン (無可動古式銃、Joh Gysi社製、#無です)  

(在庫品のマルティニ・アクション ターゲット・シューティング ライフル (Joh. Wober製、#RP1299477です)

 

如何でしたでしょうか、どちらかと言うとマイナーなマルティニ・アクションですが、その変遷は小銃開発史に沿っており、非常に興味深い銃でもあります。

今回画像でご紹介した銃は全て在庫品ですので、この機会にぜひご検討ください。

 

>>黒色火薬仕様のマルティニ・メトフォード MKIII アーティラリー・カービンはこちら

>>SMLEと同じ弾薬を用いるマルティニ・エンフィールド MKII ショート・ライフルはこちら

>>日本でも使用されたピーボディ・マルティニ M1874 歩兵銃はこちら

>>少々変り種ではありますが、マルティニ・アクション ハンティング・カービン (無可動古式銃、Joh Gysi社製、#無) はこちら

>>現在コメント作成中ではありますが、マルティニ・アクション ターゲット・シューティング ライフル (Joh. Wober製、#RP1299477)はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

大阪店在庫品で、 ステン Mk II 短機関銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像) を本日アップしております。ぜひHPをご覧ください。 

 

ステン Mk II 短機関銃 (9万円、税別)

 


2017.10.02 Monday

王冠への忠誠 マルティニ・アクション(前編)

こんばんはアルバイトSです。

19世紀後半、数多くの植民地を手に入れ世界の工場となっていたイギリスですが、その植民地支配の絶頂期に登場したのがマルティニ・ヘンリーでした。

その後第一次世界大戦が始まる頃には主力小銃の座を退いているこの銃ですが、そこに至るまでには大変興味深い過程がありますので前後編でご紹介したいと思います。

 

そもそものきっかけは1862年のアメリカで、南北戦争の最中にヘンリー・ピーボディによってピーボディ・アクションの特許が取得されます。

 

033253db0d3d97bf8643c8a099e9d3a3c4bb459.pjpeg.jpg

トリガー・ガードを兼ねたレバーを操作すると、ブリーチ・ブロックが上下するのはマルティニ・ヘンリーに似ていますが、ピーボディは外装式のハンマーを備えており、このハンマーはレバー・アクションとは別にコッキングしなければなりませんでした。 しかしながら、当時としては堅牢で高い安全性を持ったアクションとして評価されます。

 

結局このピーボディ・アクションは、銃として完成したのが1866年。 南北戦争には間に合いませんでしたが、同じくアメリカのプロビデンス・ツール・カンパニー社によって製品化され、カナダやスイスなどに売り込まれます。

f3ed57ca34b524d1614b0f7598fc42d3.jpg

(在庫品のスイス ピーボディ M1867/77 歩兵銃 (無可動古式銃、#9936)です。特徴的な外装式ハンマーが付いていますね。 ハンマーと連動していないのでレバー・アクションは軽く、少ないトルクで良いためレバーは全長が短くなっています。)

スイス軍にとっては次期採用の小銃までの"つなぎ”でしたが、スイスに渡ったことが契機となり、スイス人のフレデリック・フォン・マルティニによってピーボディ・アクションが改良されます。

 

6c315fb638738a39d78f657f1fef9db334bc46a.pjpeg.jpg

これこそがマルティニ・ヘンリーの基礎となるマルティニ・アクションで、外装式のハンマーがブリーチ・ブロック内部のストライカーに置き換えられ、レバー・アクションと連動してコッキングされるようになりました。 これにより、発射までのプロセスが一段階省かれ、より素早く連射する事ができました。

 

そして当時主力小銃であったスナイドル銃よりも、より操作性の高い銃を求めていたイギリスがマルティニ・アクションに目をつけます。また一方で、スコットランド人のアレクサンダー・ヘンリーが新しいライフリングを考案していました。

このヘンリー・ライフリングとマルティニ・アクションを組み合わせることで、マルティニ・ヘンリー銃が誕生します。

standard.jpg

(ヘンリー・ライフリングは角ばった7条のライフリングでした。)

1870年に設計され、1871年に最初のモデルとなるマルティニ・ヘンリーMKI 小銃が製造されます。 イギリスとしては初となる完全な金属製薬莢を用いるこの銃は、その後幾度にも渡る小改良が繰り返され、1886年より最終型となるマルティニ・ヘンリーMKIV 小銃が開発されました。

ズールー戦争、第一次ボーア戦争など投入されたそれまでマルティニ・ヘンリーの経験から、レバーの延長、セーフティの追加、トリガー・アッセンブリーの変更などが行われ、マルティニ・ヘンリーの完成系とも言えます。

 

(在庫品のマルティニ・ヘンリー M1887 MKIV 歩兵銃 (#無)です。 ストライカーと連動したためレバー・アクションが重くなり、大きいトルクを得るためにレバーが長くなっています。)

しかしながら列強の兵器開発競争は激しく、日進月歩で進歩する技術のなかでは徐々にマルティニ・ヘンリーは遅れを取るようになっていました。

 

後編では、更に改良されたマルティニ・アクションの銃についてご紹介します。

 

>>スイス ピーボディ M1867/77 歩兵銃はこちら

>>マルティニ・ヘンリー M1887 MKIV 小銃はこちら

 

記事内に一部年号の誤りがございましたので修正させて頂いております。 10月3日修正

 

本日のワンポイント情報!!

先日買取で東京店で入荷しました、 US M2 カービン (復刻品空挺用ストック付) のHPとDetailed Photos(詳細画像) が完成し、価格が決定致しました。

すぐにご案内可能な商品となっておりますので、ぜひHPをご覧ください。

 

US M2 カービン (復刻品空挺用ストック付) (14万、税別)


2017.09.26 Tuesday

SMLEの……

何度目だよ!となりますので詳細は省きますがダンケルクを観てきました。

とても良かったですね……アルバイトSです。

DSCN9999.JPG

ダンケルクは全く意識していないのですが、SMLEで小発見がありましたので小ネタながらブログにしたいと思います…!

 

DSCN0001.JPG

SMLE NO1.MkIIIのバット・プレートです。ザ・イギリス!といった感じの真鍮製ですね。 いつ見てもコンパートメント蓋がぴっちり作られてて良く作ったなーと深さの欠片もない感慨に浸ってしまいます。

 

DSCN0002.JPG

そしてこちらはNo.4 MKIのバット・プレート。 真鍮ではなく鉄製になっています。 カナダで生産された個体に良く見られるようですね。 一種の戦時省略型でしょうか。

 

DSCN0003.JPG

そしてこちらもNo.4MKIのバット・プレートです。 真鍮ではなければ鉄製でもありません……!

 

DSCN0004.JPG

アップにしましたらなんとなーく質感が伝わるでしょうか、独特のザラザラとした肌触りです……。

にわかに信じがたいのですが亜鉛合金製です。 そんなことあるかと調べてみますと、れっきとしたバリエーションの一種でした。

なんだかモデルガンのようですが、モデルガンのように経年劣化で崩壊していない辺り、日本のモデルガンより良い亜鉛(?)を使っているようですね……!

なんだか変な感じです……!

 

>>バット・プレートが真鍮のSMLE No.1 MKIIIはこちら

>>バット・プレートが鉄製のSMLE No.4 MKIはこちら

>>実は珍しいのでは!亜鉛製バット・プレートのSMLE No.4 MKIはこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

大阪店在庫品で、 ポーランド RPD 軽機関銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像) にアップいたしました。ぜひHPをご覧ください。 

 

ポーランド RPD 軽機関銃 (11万円、税別)


▲top