Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.06.27 Tuesday

個性的なシルエットしてます BM59 TA 自動小銃

こんばんは、 アルバイトSです。

DSCN9970.JPG

棚に立てかけられた状態だと「あ、自動小銃だなー」な印象(伝わりますでしょうか……?)なのですが、いざ手に取ると非常に個性を主張してくるBM59。特に折り畳みストックの「TA」は他に類を見ないシルエットです。

折り畳みストックのBM59には空挺用「Pc」と山岳用「TA」がありまして、ストックの形状は同じなのですがPcはグレネード・ランチャーを簡単に取り外すことができます。

 

そのシルエットを裏切らない個性的な開発経緯があるのですが、それについては過去にブログで取り上げています。

(BM59の特徴と開発経緯についてのブログはこちら)
そんな訳ですから、ヨーロッパで発見した際にもかなり注目して取り上げています。

(ヨーロッパでの仕入れの際のブログはこちら)

とはいえ一筋縄ではいかなかったようで、選別作業は楽ではなかったようですね……!しかも今回のBM59の出所はカラビニエリだとか……!

(仕入れとBM59の放出元についてのブログはこちら)

DSCN9971.JPG

元となったM1 ガーランドと並べてみると、シルエットは違えど面影は充分に残っています。

てっきりグレネード・ランチャーによって全長はより長くなっていると思っていたのですが、意外と変わらないんですね(それでもBM59のほうが少し長めです)

DSCN9974.JPG

先ほどの過去のブログでもご紹介していたように、BM59はガーランドの部品を流用して生産されていた経緯があります。

最初からきちんとBM59として造られた部品もありますが、それらは機関部の刻印が異なっています。

ガーランドの流用は、アメリカの刻印を打ち消して空いてるスペースにイタリアの刻印が打たれていますね。

BM59用に生産されたものはイタリアの刻印しか打たれていません。

(刻印について注目したブログも過去にありましたのでご覧になってみてくださいこちら

DSCN9972.JPG

特に印象的なのがトリガー・ハウジング。マガジンを挿せるようにする為とは言え随分大胆に装填口が空いています。

もしやと思い、BM59にガーランドのトリガー・ハウジングを入れてみたらすんなり入りました……。

本当に同じなんですね……(実際に動作するのかは不明ですが……!)

 

さて、紆余曲折を経て日本にやってきたBM59ですが、歴史や特徴は先ほどの過去のブログや後続にゆだねて、現物を手にとったらこうでした!な所をお伝えしたい思います。

DSCN9979.JPG

トリガー・ハウジングはガーランドと同じくトリガー・ガードを後に引っ張りながら下ろすと抜けてきます。

DSCN9976.JPG

機関部の肉厚さに比べて少々細身な折り畳みストック、特にロック・ボタンなど無く画像のように握ると畳まります。(クリック感がありましてストッパーが効いていますが、大して力は要りません)

DSCN9977.JPG

やっぱりバネのテンションで押さえられているバット・プレートも、そのまま倒せます。

DSCN9978.JPG

さすがに基部にはロック・ボタンがありまして、押しながら向かって右に折り畳むことが出来ます……!

DSCN9980.JPG

二脚もバネのテンションで止まっていますので、簡単に展開できます。ベレッタ製だけあって、AR70とそっくりな二脚です。

DSCN9981.JPG

ランチャー・サイトもまた然りですので、特に悩むことなく操作可能です。

セレクターもパチッと動きますが、個体によっては動きが非常にシブいものがあります。

ウィンター・トリガーもカチッときます。

新品だと非常に小気味の良い操作感で、パチッパチッと動くのが気持ち良いのですが、使い込んでヘタれてくるとまた印象が変わりそうですね……!

今回入荷した品はクリック感もハッキリした状態の良い物が揃っています。

まとまった数が入ったとはいえ珍しい銃ですので、是非ともこの機会に

 

>>ベレッタ BM59 Mark Ital TA 自動小銃はこちら

>>ベレッタ BM59 Mark Ital Pc 自動小銃はこちら(お客様ご連絡中ですが…)

>>ベレッタ BM59 Mark Ital 自動小銃はこちら

>>M1 ガーランドはこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、モシンナガン M1944 騎兵銃 が東京店に入荷致しました。

HPとDetailed Photos(詳細画像) は本日完成しております。お客様にご案内中ですがキャンセル待ちも承りますのでお気軽にお問合せ下さい。

 

モシンナガン M1944 騎兵銃(11万円、税別)

 


2017.06.26 Monday

寒い国の話題アツアツな スオミ短機関銃

ウィンター・ウォー  極寒の攻防戦の完全版が公開されたと言うこと観て来ました。フィンニッシュ・モシンナガン M39とスオミ短機盛り沢山で、ほんのちょっぴりのラティ・サロランタ軽機……。

やられるロシア兵を眺める3時間半でした、アルバイトSです。

DSCN9929.JPG

スクリーンの中で大活躍していたスオミ短機関銃が丁度新入荷で来ていますので、個人的には非常に話題沸騰中です…!

DSCN9931.JPG

ちょっと斜めのマズル・ブレーキがどこかかわいらしい印象です。これがロシア兵をバリバリ倒してたんですよね……!

DSCN9932.JPG

もちろん後期型もセットで入荷しています。

DSCN9933.JPG

マズル・ブレーキが大型になったのが変更点ですが、泥や塵が入ると設計者は大反対だったそうですね。

映画を観た後だと全くの同意見です……!

DSCN9934.JPG

前回までの入荷同様まるで新品のようなスオミですが、フィンランド製の証もバッチリ入っています。

DSCN0184.JPG

そんなスオミですが、個人的に気になっているのがリア・サイト・リーフ。

短機関銃なので目盛りが500mまでなのは分かるのですが、いかんせん余白が多すぎやしませんか…?

例えばロシアのモシンナガン M1894/59は歩兵銃のリア・サイト・ベースに騎兵銃のリア・サイト・リーフを無理矢理使いますのでやっぱり目盛りとサイズがあっていないのですが、スオミのリア・サイトも何か他の銃と共通、もしくは流用だったりするのでしょうか…?例えばM39とは全然リア・サイト・ベースの形は違う様なのですが……。

謎が深まります。

DSCN9936.JPG

それとスオミといったら取り外せるバレル・ジャケットですね。前期、後期共に基部の形状は同じですので、個体差で相性が悪くない限り互換性があります。本来ですとこのまま工具無しの銃身が抜けますが、当然ながら無可動では溶接固定されています。

当時としては斬新だったM31ですが、銃身交換の為に部品を増やしたり、根っこには軽機関銃から来てるんじゃないかなーと思っています。単に貧乏性で、同じ機関部を長く使いたかったんでしょうか?

 

>>スオミ M31 短機関銃 前期型はこちら

>>スオミ M31 短機関銃 後期型はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、トンプソン M1928A1 短機関銃 が東京店に入荷致しました。

価格が決まっておりますので、すぐにご紹介可能な商品となっています。

HPとDetailed Photos(詳細画像) も完成しておりますので ぜひご覧ください。 

トンプソン M1928A1 短機関銃 (16万円、税別)


2017.06.25 Sunday

スポッと抜けてきます。 スターリング

次のCoDは第二次世界大戦が舞台だそうですね。(すみませんまたゲームの話です)

FPSの流行が1週したような感じでしょうか、これはやらざるおえません。こんばんはアルバイトSです。

DSCN9291.JPG

新入荷でやってきたスターリング、ちょっぴり使用感はありますがどれもなかなか良い感じのコンディションです。

DSCN9292.JPG

シボシボです。

特徴的なシボ塗装もしっかりと残っています。

DSCN9306.JPG

一方でシボシボしていない黒の焼き付けの個体もほんの少しだけ……!東京店にはこの1丁だけです。

DSCN9299.JPG

無駄に複雑な折畳みストックや、ゴミを蹴りだしてくれるボルトの溝など芸コマに定評のあるスターリングですが、ストリッピングもオモシロです。

ラッチを押して開きながらエンド・キャップを押し込んでぐりっと捻ると、

DSCN9297.JPG

ビヨーンと抜けてきます。ここまではいかにも短機関銃だなって感じなのですが……

DSCN9294.JPG

グリップ・パネルの右側面になにやら意味ありげな表示があります。ネジをまたぐ様に「LOCK」となっていますね。

DSCN9293.JPG

それを90度回転させますと今度「FREE」に。むむこれは…!

DSCN9295.JPG

ここからちょっと分かり辛く、FREEの位置にしたら後ろから押し出してやります。ネジを回し続けても永遠に抜けてきません。

するとピンが抜けまして、トリガー・アッセンブリーを丸ごと取り外すことができます。

僕は最近ようやく知ったのですが、思わずへぇーと声が出てしまいました…!

DSCN9300.JPG

話は飛びますがスリングの在庫もございます。グリーンのキャンバス製で、真鍮製の金具は個体毎に色味に差がありますが、やはり綺麗な個体ばかりです。

DSCN9301.JPG

取り付け方は非常に簡単で、エンド・キャップのスリング・スイベルに通し、

DSCN9302.JPG

適当な所で金具をキャンバスに噛ませます。SMLEやL1A1のスリングもこの金具ですが、これでしっかり留まるんですから良く出来てますよね。

DSCN9303.JPG

そしてもう片方の端は、適当なバレル・ジャケットの穴へ……!

DSCN9304.JPG

フロント・サイト・ガードに付けてるのもよく見かけますが、邪魔になりますよねこれ(?)

DSCN9305.JPG

てな訳で、入荷の度に売り切れてしまうスターリングと今ならまだあるスリング。どちら選べる内にぜひぜひご検討ください。

 

>>スターリング MK4 (L2A3) 短機関銃はこちら

>>スターリング用のスリングはこちら

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、Kar.98k 小銃 が東京店に入荷致しました。

価格が決まっておりますので、すぐにご紹介可能な商品となっています。

HPとDetailed Photos(詳細画像) も完成しておりますので ぜひご覧ください。 

Kar.98k 小銃 (30万円、税別)

 


2017.06.20 Tuesday

色味は違えど同じ形 Vz.58 スリング゙

先日行われたエアレースで、ゼロ戦の飛行デモがあったそうですね。(現存している飛行可能な4機のうちの1機でそうで)

鉄砲を売ってなければ観に行ったのに…!こんばんはアルバイトSです。

DSCN9990.JPG

てっきり周知の事実だとばかり思っていたのですが、キートンさんとの会話で実は周知されてなさそうな事がありましたので、小ネタながらお知らせしたい今夜のシカゴブログ。

DSCN9733.JPG

画像のVz.58のスリング、軽量なVz.58に合わせたかのように細身ですが、実は他の銃と共用となっています。

DSCN9989.JPG

それがこちら、言わずもがなVz.24ですね。もちろん26や25とも共用です。

というより、Vz.24の方が先に誕生していますので、むしろVz.58の方が後から合わせた事になります。

(M1ガーランドとM14とM16のコットン・スリングが殆ど同じなのと似たようなものでしょうか)

大体同時期のVz.52  自動小銃にも同じスリングをつけているのが見られますので、チェコは暫くの間この型のスリングを使い続けていたようです。流石にCz.805ですとか最近の銃には、今風のタクティカルなスリングを使用している様子ですけどね…!

DSCN9988.JPG

因みこのスリング、個体毎に若干の色味の差はあるものの大きく2色のバリエーションがあります。おそらく時期的な違いでは無いかと思うのですが詳細は不明です。気持ちカーキ色の方が厚手のキャンバスとなっています。

(現状2色とも在庫がございますが、在庫状況によってはどちらか1色のみになる可能性がございますので、お考えでしたらお早めに!)

DSCN9736.JPG

一方、銃本体のスリング・ループの前後をみると

DSCN9735.JPG

サイズが微妙に異なっておりまして、スリングがそれに通るよう幅が合わせられています。(幅が狭い側は先細りになっている革の留め具が通るサイズになっています。)

ですから、順番が違うと逆に通らなくなってしまうんですね。ループが大きい後ろが先です。

 

てなわけで、Vz.24用のスリングをお探しでしたら沢山あります!ぜひ!

 

>>Vz.26と共用のVz.58用スリングはこちら

>>Vz.58 自動小銃はこちら

>>Vz.26 短機関銃はこちら

>>VZ.24 短機関銃はこちら

 

 

本日のツーポイント情報!!

*下取りで、カールグスタフ m/45B 短機関銃 が東京店に入荷致しました。

HPとDetailed Photos(詳細画像) は本日中に完成予定です。 ご予約を頂いているお客様がおられますが、キャンセル待ちもお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

カールグスタフ m/45B 短機関銃 (16万円、税別)

 

*平素は、シカゴレジメンタルスをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

この度ヨーロッパより到着致しました無可動実銃の新入荷品につきまして続報です。

イタリア第4軍「国家治安警察隊(Carabinieri)」より放出された
ベレッタ BM59 自動小銃のご用意ができました。

ベレッタ BM59 Mark Ital 自動小銃 ¥230,000(税別)
ベレッタ BM59 Mark Ital TA 自動小銃 ¥270,000(税別)
ベレッタ BM59 Mark Ital Pc 自動小銃 ¥370,000(税別) (キャンセル待受付可)

今回の新入荷の中でも弊社一押しの商品ですのでご期待下さい。

本日よりHP公開、ご予約案内を開始致します。
皆様のご来店、ご注文をお待ちしています。

株式会社 シカゴレジメンタルス

BM59 自動小銃を仕入れた際のブログはこちら(Part 1)(Part 2)


2017.06.11 Sunday

新入荷!!来てます!!!!

大阪店には一歩早く、HPには次々とUPされていますが遂に東京店にも新入荷品が来てます!!!!!

 

毎度おなじみですが、てんやわんやの中でこんなの来てますよとパシパシ写真を撮って来ました!!!

DSCN9837.JPG

すんごく久しぶりにP90が入ってきました!いやまた入って来られたのが俄かに信じがたいですが、今回も文句なしなコンディションです!スゴイ!!

事前にご予約を多数いただいていたベレッタのようやく入荷です。ご予約分差し引いても多少店頭に出ますので、事前に知っていれば……な方もぜひぜひご来店ください!

端っこにチラッと写っているM92はユーゴ版AKS74-uとも言える外観ですが、7.62mm×39弾を使用するより攻撃的なやつです。前回ほんの少し入荷した際にはすぐに売切れてしまった銃ですので、お考えの方はお早めにどうぞです!

DSCN9835.JPG

スオミも前期、後期共にまとまった数がやってきています!今回も素晴らしいコンディションですので、前回入荷を逃してしまった方はどうぞこの機会に!

DSCN9834.JPG

ラティはこれから開けます!

DSCN9729.JPG

前回入荷で真っ先に売り切れてしまったVz.61のブルーイング仕様も、数は多くないですが再びの入荷です!

しかも今回は紙箱付き…!非常にシンプルで、側面にシリアルのシールが貼られている以外はまっさらなボール紙ですが、こういったアイテム1つで説得力がぐっと増してきます…!

DSCN9730.JPG

極小数ですが、ポンプアクション式のショットガンも入荷しました!(すでにほぼ完売状態です)

そして奥にスターリングがチラッと映っていますね……!

DSCN9838.JPG

シンガポール製の自動小銃 SR88Aは2種類のバリエーションが入荷しましたが、どちらも数は多くありません!

沢山のアイディアが盛り込まれていましてブログにしがいがありそうです……!!!!

固定ストックのVz.24も一部映っていますね。

DSCN9836.JPG

一方折畳みストックのAC556もやはり少数ですが入荷しています!

固定ストックのAC556は時たま買取で入荷しますが、折畳みストックのAC556は滅多に見られません。でもやっぱりAC556といえば折畳みストックですから、ご検討中の方はこの紀をお見逃し無く!

DSCN9728.JPG

そしてまだ見ぬ無可動達……!

1点モノも含めてまだまだ入荷しているはずですが、僕が見れたのはこれだけ…。

HPにはUPしていきますので、ぜひぜひご覧ください!!!!

 

>>6月の新入荷はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

平素は、シカゴレジメンタルスをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

この度ヨーロッパより到着致しました無可動実銃の新入荷品につきまして続報です。

※先日お伝えしました入荷品一覧のうち、下記につきましては販売の準備が整うまで少しお時間を頂きます。
準備が整い次第改めてご案内させて頂きますので、今しばらくお待ちくださいませ。
ベレッタ BM59 Mark Ital 自動小銃 ¥230,000(税別)
ベレッタ BM59 Mark Ital TA 自動小銃 ¥270,000(税別)
ベレッタ BM59 Mark Ital Pc 自動小銃 ¥370,000(税別) (キャンセル待受付可)
HK SP5K 短機関銃 ¥400,000(税別)

昨日より東京大阪両店で通常販売開始致しております!

今ならまだ在庫がございますので、お好みの個体を選んで頂けます。

ご検討はどうぞお早めに!!

皆様のご来店、ご注文を心よりお待ちしております。

株式会社 シカゴレジメンタルス


▲top