Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.06.19 Monday

プロが求めたマイクロ・カービン 前編

こんにちは、ねこと遊んでいたら小豆の入ったタッパーをひっくり返してしまい、ねこ共々怒られたキヨミズです・・・フタを閉めずに置いておk・・・いやなんでもないですごめんなさい・・・


・・・気を取り直しまして、本日ご紹介しますのはこちら、
マイクロ ガリル MAR ショート・カービン で、ございます。
01.jpg
イスラエルIMI(現IWI)が生んだ傑作、ガリル自動小銃の“超”短縮版です。
登場は1995年。閉所戦闘を数多くこなす軍や警察の特殊部隊より、強力な5.56mm弾を使用するコンパクトな銃、という求めに応じて開発されました。ガリルのカービン・モデルであるSARの機構は機構はそのままに、バレルを約195mmまで短縮化。


開発時に意識したと思われるAKS74u(全長726mm(488mm)、 バレル長約206mm)
と、ほぼ同寸です。
02.jpg
(MARはストックやハイダーが各種あるため、画像のモデルでは全長712mm(460mm)
空虚重量はAKS74uの約2.7kgに対し、MARは約2.9kgとなっております。



バレル短縮に合わせ、フロントサイト一体型のガスブロックも専用の物に再設計。咄嗟の視認性重視のためか、サイト・ガードはフード型ではなく上部開放の大型なサイド・ガードのみ。ハンドガードは(恐らく、増大した発射炎から握り手をカバーするため)下側が前方に突き出した面白い形状をしております。
03.jpg
このフラッシュ・サプレッサーは2連丸穴が90度ずつ4方向に開かれています。
MAR用の(フラッシュ・サプレッサー)は微妙に仕様の異なる物が幾つか存在する模様です。


このモデルにはガスチューブ上面に20mmレイルを装備。全長は約85mm。
04.jpg
ドットサイトを載せている画像を見かけます。



右側セレクター。面白い事にボルトハンドルがカットされており、
05.jpg

 

左側に設けられております。
これはMARの後期型である“MODEL 699”に見られる改修で、後のガリルACEシリーズにも受け継がれる特徴です。右側を残して左右両用としなかったのは、興味深い点であります。
06.jpg
ボルトハンドル下にありますのは、ハンドルガイドを塞ぐカバーです。バネのテンションで、ハンドルの前後に合わせ動きます。


 

刻印拡大。“MODEL 699”とあります。
07.jpg
このモデルで、ロングバレル仕様や従来型と同じ右ボルトハンドル仕様や各種レイルの搭載といったオプションが用意されました。

 


このストックは金属製チューブに樹脂性カバーで全面に覆い、非常に厚いリコイル・パッドをそなえた仕様。MARで、組み合わされるストックも各種存在するようです。
08.jpg
ストック根元にありますのはイスラエルお得意のパラ・コードの切れ端。
ここにコードを通し、スリングを使い易いように調整します。



ストックを折り畳むととてもコンパクト。
09.jpg
各部に付けられている黄色のデカールは、イスラエルで現役中に施された物。
よく見ると反射式で、暗所での識別でしょうか?面白い工夫です。

現在、他にも仕様の異なるMARの在庫がございますので、次回はそれらをご紹介したいと思います!


>マイクロ ガリル MAR ショート・カービン シリーズはこちら

 

本日のツーポイント情報!!

下取りで、Vz.26 短機関銃 が東京店に入荷致しました。

HPとDetailed Photos(詳細画像) は完成しておりますので、ぜひご覧ください。

Vz.26 短機関銃(55,000円、税別)

 

平素は、シカゴレジメンタルスをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

この度ヨーロッパより到着致しました無可動実銃の新入荷品につきまして続報です。

イタリア第4軍「国家治安警察隊(Carabinieri)」より放出された
ベレッタ
BM59 自動小銃のご用意ができました。

ベレッタ BM59 Mark Ital 自動小銃 ¥230,000(税別)
ベレッタ BM59 Mark Ital TA 自動小銃 ¥270,000(税別)
ベレッタ BM59 Mark Ital Pc 自動小銃 ¥370,000(税別) (キャンセル待受付可)

今回の新入荷の中でも弊社一押しの商品ですのでご期待下さい。

明日よりHP公開、ご予約案内を開始致します。
皆様のご来店、ご注文をお待ちしています。

株式会社 シカゴレジメンタルス

 

BM59 自動小銃を仕入れた際のブログはこちら(Part 1)(Part 2)

 


2017.06.12 Monday

Sie kommen! (彼らは来た!)

6月6日、海を越え、彼らは遂にやって来た!
…という、6月6日に大阪店に到着した新入荷とD-Dayをかけたネタをスタッフ・ナベさんに投げてみるも、思いっきりスルーされたキヨミズです。…どう考えてもナベさん向きのネタやないかい!!

てなワケでやって参りました新入荷!
お待たせ致しました多くのお客様同様、スタッフも心待ちにしておりました。
昨年の海外出張同行時に選別、整備した品も多く、個人的に感慨も一入(ひとしお)であります。
そんな今回入荷分の一部をご紹介!

まずはポーランド版AKS-74、
Kbk wz.1988 タンタル 自動小銃 でございます。
01.jpg
画像左側が前期型、右が後期型。
左側に設けられたセレクターが特徴的。
02.jpg
前後期でマガジン素材以外にも細部の違いがあります。


こちらはツァスタバ M92 自動小銃
旧ユーゴ(現セルビア)のツァスタバ・アームズ製カービンです。
03.jpg
7.62x39mmを使用する激しい?モデルです。
ツァスタバらしい丁寧な上に未使用新品!極美品です。


ベレッタ M12 短機関銃 です。
04.jpg
ベレッタの伝統を受け継ぐ高性能短機関銃です。
セイフティ、セレクターはクロスボルト式。
もちろん、グリップセフイティも動きます。
樹脂性グリップの色は茶と黒がございます。


スコーピオン、再びの入荷。
チェコスロバキア製 Vz.61 短機関銃 です。
05.jpg
今回入荷分の殆どは、美しいブルーイング仕上げのモデルです。
(グレーの焼付け塗装モデルも僅かに入りました)
簡素ながらダンボール箱入りです。


チェコスロバキアからもう一丁、
Vz.24 短機関銃 です。
05_1.jpg
ご好評頂いております、Vz.26の木製固定ストックバージョンです。
独特な形状のストックがとてもマッチしており魅力的!


フィンランドスオミ M31 短機関銃 の前・後期型が入りました。
06.jpg
金属部、木部共にこれ以上無いほどに良好な程度!
きっとご満足頂けるかと思います。
SA刻印の入ったドラムマガジンも同様に美品が付属します。


イギリス スターリング MK4 (L2A3) 短機関銃 です。
07.jpg
表面仕上げは殆どがシボ加工で、黒の焼付け塗装が数挺のみ。
マガジン含め、非常に程度良好の物がそろっております!



バリバリの現用モデルも入っておりますよ!
HK MR223A1 自動小銃FN P90 短機関銃 です。
08.jpg
MR223A1は抜群の信頼性を誇り、世界中のエリート部隊で使用されるHK416の欧州向け民間バージョンです。
FN P90は独自の5.7x28mm弾を使用し、火力と携帯性を高次元で両立させ、PDW(Personal Defence Weapon=個人防御火器)とも呼ばれております。
MR223A1は未使用、P90も非常に良好な状態。これでこのお値段はお買い得です!


大物も来てますよ!いずれもお客様ご連絡中の品ですが、
ハンガリー KGK 汎用機関銃です。
09.jpg
SGM重機関銃をベースに汎用機関銃として発展させた重厚・堅牢な汎用機関銃です。
軽量な鉄製三脚とのセットです。ザ・マシンガンという雰囲気がたまりません!


そしてスタッフ・ナベさんも垂涎の一丁、
フィンランド ラティ L.S. 26 軽機関銃 です。
10.jpg
「ぱっと見、垢抜けない外観ですけど、よく見ると考えられた設計が判るんですよね〜いいな〜コレ〜」(ナベ談)


入荷数少な目の品もございます。
気になる品がございましたらどうぞメール・お電話でも結構ですので、お気軽にお問い合わせ下さい!それでは、商品の陳列作業に戻ります!お待ちしております!!

 

> 無可動実銃新入荷品 2017年6月こちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

新入荷に伴い、MG34 ブンカー・マウントが入荷致しました。

 

弊社で初めての入荷で、今後の再入荷は今のところ予定の無い大変珍しい品です。

現在価格調整中ですがHPにアップしておりますので、ぜひご覧ください。


2017.06.04 Sunday

鈍く光る精鋭、AMP69

こんにちは、梅雨入り目前にして愛用の折畳み傘が派手に壊れたキヨミズです。
「強い風にもバッチリ」的な事をうたってたのに、強風に対して一撃!早く買い換えねば、と思うものの、携帯性をとるか耐久性をとるか、悩んでいるうちにゲリラ豪雨でズブ濡れに…


今回はこちら、ハンガリー製 AMP69 自動小銃 をご紹介。
01.jpg
数あるAKファミリーの中でもかなり異色の存在である本銃。
ライフル・グレネードを効果的に発射出来る自動小銃として、AMD65をベースに開発されました。型式からして69年には完成・採用が行われたようですが、ハンガリー軍への配備は74年から始まり、翌75年からは国境警備隊や警察部隊へも配備されました。他のAKシリーズと異なり、ライフル・グレネード・ランチャーを脱着式とはせずバレル上に設けております。


全長は921mm(ストック収納時637mm)、画像下のAKMは880mmとほぼ同寸。
02.jpg

バレル長は約415mmとあり、これもAKMと同じ長さ。
ランチャー先端までライフルが切ってあります。
03.jpg
グレネード発射機能を搭載しながらも、携行性や精度を極力犠牲としないサイズ設計が見て取れます。バレル側面にはグレネード発射時のガタツキを抑えるガスポートが、左右2ヶ所に空いています。


ランチャー根元のピンを引きながら回転させると、
04.jpg
ポートを閉じる事も可能。ランチャーはそのまま前方に引き抜けます。


ガスブロック左側にはガススイッチを搭載。
実包発射時は手前に倒して使用。グレネード発射時は起こして空包を使用します。
05.jpg
視覚的にもオンオフが判りやすい、大型のスイッチレバーです。


樹脂製のハンドガード。入荷品の中では、画像の本固体のように艶のあるグレーの物と、

艶消しブラックの異なる2つの色味が確認できました。
06.jpg
台形状の形状で、下方に2列のクーリング・ホールが空けられております。

内部にはスプリングが仕込まれており、前方に約2.5cm程可動する仕組みとなっており、

グレネード発射時の強烈な反動を受け流します。
07.jpg


グレネード照準用の光学サイト。レシーバー側面にあるレールに装着します。
08.jpg

 

弾頭は対装甲用のPGKと、対人用PGR、訓練用弾が用意されており、最大有効射程は450m。いずれも専用の空包を使用して発射します(付属のマガジンは空砲用5連です)PGKはいわゆる成形炸薬弾で、弾着角90度で212mm、30度で150mmの装甲貫通能力があると記されています。
09.jpg


商品HPから画像を拝借。
09_1.jpg
これはちょっとクマっぽいシルエットですが、実物はしっかりと円形です。
倍率は等倍。画像では判りませんが、正しく構えると水平線下側が磨りガラス状に不透明となり、水平状態を確認出来るようになっています。

装着状態で後ろ側からの眺め。
反動で顔面を打たないよう、かなり左側にオフセットされています。
このままでもアイアン・サイト照準、通常弾の射撃に問題はありません。
10.jpg
ダストカバーのロック・ボタンにはグレネード発射時の反動でカバーの脱落を防止するロック・レバーが備えられています。類似の仕組みはポーランドKbk-gやツァスタバM70シリーズ等のライフル・グレネード発射機構を持つAKシリーズにも見られます。


サイトはレバーで簡単に着脱可能。ついでに30連マガジンを装着してみました。
11.jpg
ちょっと他のAKには無い、独特な佇まい・・・精鋭向けという感じがしますね。

 


ストックにもグレネード発射時の反動を緩和するためエアダンパーが内蔵されております。
こちらも押し込みますと約4cm、ストックの傾斜が始まる辺りまで可動します。
12.jpg

 


折り畳みますと、この通り。
13.jpg
歩兵に如何にして効果的な対戦車火力を装備させるかといったコンセプトの元で開発されたAMP69。WW2の激しい市街戦やハンガリー動乱を経た同国がこの銃を生み出した事に殊更、興味深く感じます。
貴重な機種ですが、まだ在庫ございます。ご興味のある方は是非ともご検討下さい。
それではまた!

>ハンガリー AMP69 自動小銃はこちら
>お買い得なアウトレット品 AMP69 自動小銃はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

大阪店在庫品の SMLE No.1 MkIII* 小銃 のHPとD/P(詳細画像) を新たにアップいたしました。

ぜひHPをご覧ください。 

SMLE No.1 MkIII* 小銃(18万円、税別)


2017.05.18 Thursday

高い完成度!ノリンコ製M1A 

こんにちは、新しい枕の高さが合わないようで、猛烈な肩こり中のキヨミズです。
特に右肩がキており、大昔にお土産でもらったタイガーバームを塗る毎日です。


今回はこちらをご紹介。
Norinco社製 M1A ライフル でございます。
01.jpg
ノリンコこと中国北方工業公司がUS M14をコピーし、セミオート限定(なので、スプリングフィールドアーモリー社製M1A相当となります)として民間市場向けに販売したモデルです。
何故、ノリンコがM14のコピーを製造したのか?清国によるGew.88のコピーから始まった中国の近代的小火器製造は、日独米ソの製造技術を吸収し、技術獲得と同時に外貨獲得の輸出用として、東西のあらゆる銃器のコピー生産を行ってきました。
その流れで生産されたノリンコ製M1Aは、M14SやM305といったモデル名が付けられ、90年代頃より販売が開始されました。最大の輸出先であったアメリカ市場は法規制により現在は流通しておりませんが、カナダやニュージーランド、ヨーロッパの一部の国では、.308口径セミオートとしてはリーズナブルな価格と、M14やM1Aの豊富なアクセサリーが使える互換性がウケて、一定の人気があるようです。(弊社ではアクセサリーの互換性は保障いたしません!が、ストック交換の検証をした過去のブログはこちら


 

 

バレルは20インチ。フルサイズは22インチですので、少しショート・バージョンとなります。02.jpg
ノリンコ製M14(M1A)は他にバレル長が、22インチと18.5インチのモデルがあるようです。
特徴的なフラッシュハイダーやガス・レギュレーターはオリジナルそのまま。

 



樹脂製ストック、ハンドガードは精悍なブラック。03.jpg
 

06_1.jpg
このストック、接合部等に処理に荒さは見られるものの、硬質な素材で堅牢そのもの。
強く構えても、軋みなどは全くございません。

 



金属部はパーカライジング処理がされております。
リアサイトのノブは若干固めですが、しっかりとしたクリック感のある作動。
04.jpg
オリジナルはレシーバー後端に刻印がありますが、このノリンコ製は無刻印。

 


レシーバー左側面。表面にツールマークが残る、少々荒い仕上げですが、各パーツはハッキリとした造型で悪い物ではありません。
05.jpg
ここも刻印はウインテージノブ下方のシリアルナンバーのみ。

 


マガジンはパーカ仕上げの20連が付属。
06.jpg
こちらの造りもしっかりしております。

 


オリジナルと同じく、ショルダーレストを跳ね上げますと、コンパートメントが。08.jpg
純正クリーニング・キットが付属しております。

 


分解もオリジナル通り。
トリガーガードを引き起こし、トリガーアッセンブリーを引き抜きますと、
10.jpg
ストックと分離が可能に。
オリジナル譲りの優れた整備性。機能美ですね。


 

11.jpg
M14(M1A)シリーズにあって、価格的にリーズナブルなノリンコ製 M1A。
ブラック・ストックにパーカー・グレー、少々荒削りな仕上げを含め、
実用本位造りが興味深い一丁です。ドレスアップの面白さもあります。
ご興味のある方は是非ともご検討下さい。それでは今回はこれにて!

 

 


>ノリンコ社製 M1Aライフルはこちら
>東京店在庫 スプリングフィールド社製 M1Aライフルはこちら
>M14アクセサリー類はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

下取りで、無可動実銃2挺 が東京店に入荷致しました。HPとDetailed Photos(詳細画像)ともに完成しております。

 

ブルガリア AK-74 自動小銃 (16万円、税別)

モシンナガン M1891/30 歩兵銃 (八角形レシーバー) (7万円、税別)

 

また先日買取で入荷しましたブローニング 30口径 M1919A4 重機関銃 につきまして、HPとDetailed Photos(詳細画像)ともに完成し価格も決定致しました。

 

ブローニング 30口径 M1919A4 重機関銃 (35万円、税別)

 

これらは全てすぐにご紹介可能な品となっておりますので、ぜひHPをご覧ください。


2017.05.05 Friday

CPUじゃなくてハンガリーのAMD

こんにちは、洗える枕だと思っていたら実は洗えない枕だった事に洗ってから気がつきました、
端的に言いますと、新しい枕が至急必要なキヨミズです。

 

今回はこちら、ハンガリー AMD65 自動小銃です。01.jpg
1963年、ハンガリー(当時はハンガリー人民共和国)は同国版AKMとしてAMD63を採用します。この銃はAKMと同じくプレス製レシーバーを備える他、フォアグリップ部に放熱孔が開いた鉄製カバーとバーチカルグリップを装備した、AKファミリーの中でも独特なモデルとなりました。

AMD65は63の短縮バージョンとして1965年に採用され、主に特殊部隊や前線士官に支給された他、輸出も行われました。AKS74uの回でも少し触れましたが、本家ソビエトでもAKM(S)の短縮化(全長約780mm、バレル長約270mm)は試みられましたが、納得しうる性能は得られなかったようで、試験的な少数生産で終っております。それに対しハンガリーAMD65は極度の短縮は考慮せず、バランスの取れた設計となっております。

AKMSがなかったのでブルガリアAKS47(AKKS)との比較。02.jpg
AKS47は全長913mm(ストック折畳時660mm) バレル長約415mm
AMD65は全長845mm(ストック折畳時(598mm) バレル長約317mm
と、極端な短縮とはなっていないのが判ります。


バレル短縮による発砲炎の増大は無視出来る物ではなく、全長75mmの大型なフラッシュ・サプレッサーが装備されました。03.jpg
フロントサイトとガスブロックの間隔はほとんどありません。


AMD63から引き継いだ、放熱孔が多数開いた鉄のプレス製カバー。放熱性を優先したのでしょうか、アッパーハンドガードは省かれ、ピストンカバーが露出しています。04.jpg
ピストルグリップと同じグリップを前後方向逆向けにし、バーチカルグリップとして取り付けられています。特に連射時の保持性が向上するとされています。


 

通常のフォアグリップを持つAKと同じ感覚で30連マガジンを外そうとすると、バーチカルグリップと干渉してしまいますので、マガジンを前方回転するよりも若干、下に引き抜き気味に外す必要があります。
05.jpg
そのため、ハンガリーでは20連マガジンも配備されました。



リアサイト。バレル短縮のため射程表記はAKMの最大1000mから800mに変更。
ゼロポジションは表記は“A”となっています。
06.jpg


特徴的な平行四辺形型のグリップ。単材オイル仕上げで、とてもスムーズな成型です。07.jpg
セレクター表記はフルが “∞” (無限マーク)でセミが“1”
ハンガリー製の特徴です。


 


モノポッドのワイヤーストックの展開/収納はレシーバ後部下にあるロックボタンを押し込みます。ちょっと硬めですので、しっかりと抱え下からグイッと押し込みまして、08.jpg

右側面に収納します。バットプレートにはゴム製リコイルパッドを装着。
若干、でしょうが、バレル短縮による反動を緩和しております。
09.jpg
独特な外見が魅力的なAMD65。
弊社在庫のAKシリーズの中でも人気の機種でありまして、順調に在庫を減らしております。
(樹脂製グリップモデルはおかげさまで完売。現在のところ在庫ございません)
ご興味ございましたら、どうぞお早めに!それでは今回はこれにて!!

>AMD65 自動小銃はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、ブルガリア AKS-74u 自動小銃 と US M1 カービン (National Postal Meter社製) が東京店に入荷致しました。

 

HPとDetailed Photos(詳細画像)が本日完成いたしました。ぜひご覧ください。

2挺ともご予約を頂いているお客様にご案内中ですが、キャンセル待ちもお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

ブルガリア AKS-74u 自動小銃 (23万円、税別)

US M1 カービン (National Postal Meter社製) (18万円、税別)

 


▲top