Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.07.22 Monday

大阪店ラスト1挺(今のところ)セトメ モデロC 自動小銃

皆様こんばんは最近、教育放送の「フランケンシュタインの誘惑」を楽しみにしているナベです(核兵器、ナパーム、毒ガス、ロボトミー手術、東独のドーピング、放射能etcなどの話で夜見てると若干気が滅入ってきますが・・・)。

 

DSCN5210.jpg

本日はこちら遂に大阪店では最後の1挺(現時点で)になってしまった「セトメ モデロC 自動小銃 」でございます。 セトメ モデロC は1960年代から生産されスペイン全軍に採用されました、ドイツのGew.3自動小銃の兄貴分としても有名ですね。

 

1280px-Celebración_de_la_Patrona_de_la_Guardia_Civil_04-660x440.jpg

また軍以外にも国防省に所属し内務省管轄のスペイン国家憲兵隊(グアルディア・シビル)もセトメ モデロCを装備していました。 グアルディア・シビル、現在ではG36やMP5を使っているようですが後方部隊や訓練部隊ではまだセトメ モデロCを使っていたりするのでしょうか(さすがにモデロL?)

 

セトメ モデロLはこちら

 

DSCN5211.jpg

セトメ モデロC、大戦中のドイツStG45突撃銃の流れを汲むだけあって大変スマートで近代的な銃ですが木製のハンド・ガードやストックのためか?妙な地中海的温かみ?を感じてしまいます。

 

DSCN5214.jpg

折角ですので先日東京店から届きました弟分のGew.3 FS 自動小銃と並べてみました。 形状や基本のシステムは同じですが・・・色合い異なることもあって似て非なる感じがします・・・ラテンとゲルマンとでも言いましょうか・・・まあ各々味があって良いですね!

 

Gew.3 FS 自動小銃はこちら

 

DSCN5212.jpg

大変良い風合いを醸し出しているマガジン・ハウジングの左側面にはCETME(Centro de Estudios Técnicos de Materiales Especiales)とモデル名、口径、シリアル、サンタ・バーバラ造兵廠の刻印が確認出来ます。

 

DSCN5215.jpg

・・・どうでもいい話ですがシミュラクラ現象かセトメのストックを見てると顔ぽく見えて仕方ありません・・・それでは!

 

大阪店最後(今のところ)のセトメ モデロC 自動小銃はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、【無可動銃】BAR M1918A2 ブローニング オートマチック ライフル が東京店に入荷しました。 HPとDetailed Photos(詳細画像)は本日アップしております。 ご予約頂いているお客様にご案内中ですが、キャンセル待ちも承りますので、お気軽にお問合せください。

 

【無可動銃】BAR M1918A2 ブローニング オートマチック ライフル(お客様連絡中、40万円、税別)はこちら


2019.07.21 Sunday

レミントンM870ウィングマスターショットガンとオシャレなアクセサリー

皆様こんばんは、蝉が鳴き始めたので梅雨明けか〜と思ったのですが・・・まだまだ結構降りますね、ナベです。

 

本日はこちら「レミントン M870 ウィングマスター ショットガン」とイメージをガラッと換えて楽しむことが出来るオシャレアクセサリーのご紹介です。

 

その御洒落アクセサリーがこちら「HOGUE社製 レミントン M870系ショットガン 固定ストック(左)」と「ArmsTech社製 レミントン M870ショットガン用 伸縮式ストック(右)」です、早速慎重に慎重にM870 ウィングマスターに取り付けてみたいと思います。

 

DSCN5122.jpg
まずは「HOGUE社製 レミントン M870系ショットガン 固定ストック」、M870から慎重〜に折り畳みストックを外し固定ストックの軟質パットプレートの上下にあるネジも外します。

 

DSCN5119.jpg

そしてT型レンチを差し込みで回して固定します。 割と簡単に取り替えることが出来ました。

 

DSCN5117.jpg

ジャ~ン!全景です。 折り畳みストックだとメカニカルな感じですが固定ストックに交換すると、一気にスタンダードなショットガンに様変わりしますね。 個人的に好みです〜。

 

DSCN5133.jpg

お次はこちら「ArmsTech社製 レミントン M870ショットガン用 伸縮式ストック」を取り付けてみます。 ・・・どうやって付けるん?と暫し思案し3箇所のイモネジを六角レンチで外して分離。

 

DSCN5127.jpg

先にグリップ部分をネジ止めして〜先程と逆にイモネジを嵌め込み伸縮式を固定します。

 

DSCN5131.jpg

こちらが取り付けたそのお姿、メカニカル、スタンダードときて今度は急にタクティカルな感じになりますね〜(※ナベ個人の感想です。)。

 

三者三様、同じ銃とは思えない変貌ぶりです(ナベ的に)。 割と簡単に取替えできるし!コレハ楽シイ!

 

おっと忘れてました。Remingtonとババ~ンとスタイリッシュにロゴの入ったショットガン用ケース(残念ながら今回のM870は入りませんが、10,000円はお値打ち価格と思います)も入荷しましたので雰囲気作りの一環として、こちらも如何でしょうか?それでは〜。

 

レミントン M870 ウィングマスター ショットガンはこちら

 

HOGUE社製 レミントン M870系ショットガン 固定ストックはこちら

 

ArmsTech社製 レミントン M870ショットガン用 伸縮式ストックはこちら

 

レミントン 樹脂製 ショットガン・ケースはこちら

 

本日のワンポイント情報!!

【無可動銃】セトメ モデロC 自動小銃 と【無可動銃】ポーランド PPS43 短機関銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像)にアップいたしました。 ぜひHPをご覧ください。

・〈大阪品〉【無可動銃】セトメ モデロC 自動小銃 (8万円、税別) こちら

・〈東京品〉【無可動銃】 ポーランド PPS43 短機関銃 (4.6万円、税別) こちら


2019.07.16 Tuesday

一風変わった三十年式銃剣

皆様こんばんは、梅雨明けまだか〜ナベです。

 

DSCN4979.jpg

本日のお題はこちら「三十年式銃剣」でございます。 ご覧の通りこの状態ではスタンダードな三十年式銃剣ですが・・・大阪店で1振りのみ奇妙な品がありました。

 

DSCN4983.jpg

それがこちら、よくよく見ますと何と剣先の形状が違う(上奇妙な三十年式、下黒染めした通常の三十年式)。

 

何かヤタガン式銃剣のような形状をしています(ヤタガンの由来はトルコのイェニチェリが携帯した小振りの刀剣とか)。

 

画像のヤタガン式シャスポー ライフル M1866 銃剣 はこちら

 

ヤタガン着けるカッコいいシャスポー ライフル Mle 1866 歩兵銃はこちら

 

一瞬シャム モーゼル用銃剣の亜種?と色めきたったのですが鞘も含め剣先以外はいたって普通の三十年式用ですし・・・。

 

在庫してますシャム モーゼルはこちら

 

戦後に誰かがお茶目で通常の三十年式銃剣を削ってしまったようにも見えます・・・。(上は通常の三十年式、下は今回の奇妙な三十年式)

 

刃の部分を上から、厚みは同じです。(上は通常の三十年式、下は今回の奇妙な三十年式)

 

背の部分をよく見てみますとなかなか整った形状でかなり良い仕事をしています(上は通常の三十年式、下はかなり良い仕事の奇妙な三十年式)、ノギスで最も厚い部分の同じ箇所を測ってみますと同じ5mm。 製造刻印は小石川工廠製です、果たして工廠等でシャム モーゼル用銃剣などの試作品として通常の三十年式銃剣を削ってみたのか?はたまた戦後に誰かがお茶目で改造したのか?(戦前戦中に銃剣を改造なんかしたりしたらビンタや重営倉行き程度じゃ済まなさそう。)

 

DSCN4985.jpg

ふと大阪店に在庫していました1本の銃剣を見て思ったナベの妄想でございました(先端形状の変わった三十年式銃剣は大阪店に在庫中です。)では御機嫌よう〜。

 

・・・と呑気にブログ書いていたらシカゴ社長から「仕入れの際にこの銃剣やこの前の鞘の長い銃剣(そのブログはこちら)みたいな変わった品が出ると戦後の改造品か?希少な戦前戦中の物か?で悩むんだよ!価値に雲泥の差が出るからね!君、分るかね〜。」と言われました・・・確かに!

 

全部カットの品!安心してコレクションして頂ける三十年式銃剣はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、【無可動銃】コレクション2挺 が各店舗に入荷しました。 HPとDetailed Photos(詳細画像)はアップしております。 ぜひHPをご覧ください。

・〈大阪店〉【無可動銃】 ポーランド RPD 軽機関銃 (11万円、税別)はこちら

・〈東京店〉【無可動銃】 コルト M16A1 自動小銃 RAS カスタム (60万円、税別)はこちら

 


2019.07.15 Monday

大阪店在庫、MAT49 短機関銃 マニュアル

皆様こんばんは、社長にナベさんの説明は擬音が多いと言われたミスターナベです。

 

ババーン!んと本日はこちらMAT Mle 1949 短機関銃マニュアルです。 Tirage(フランス語でプリントという意味・・・らしい)1977とありますのでこのマニュアルが印刷されたのは40年以上前のようです。

 

fa_smg_mat49_m04.jpg

このマニュアルの題材のMAT Mle 1949 短機関銃 、文字通り1949年にフランス軍で制式となった短機関銃で大戦後にチュール造兵廠(Manufacture Nationale d'Armes de Tulle)で設計されたユニークな短機関銃です。 アルジェリアでしょうか?MATを手に写真に納まる2人の兵士。

 

1_ZETF.jpg

インドシナやアルジェリアでフランス軍の主力短機関銃として配備され、正規軍以外にも警察部隊や植民地軍でも広く使用されました。 アジア人の兵士にもコンパクトなMATは使い易かったと思われます。

 

そんなMAT Mle 1949 短機関銃のマニュアルです。 サイズは銃同様コンパクトで縦15cm横10.5cmページ数23貢の小冊子ですが写真も多く見応えがあります。

 

フランス語なので読めません(ナベが)がアメリカぽくシステマチックに書かれていますので言わんとすることは何となく理解できます。

 

銃の各部の名称や装弾方法、分解方法などが書かれMAT Mle 1949 短機関銃をお持ちの方は楽しく、お持ちで無い方もそれなりに楽しむことが出来ます(たぶん)。 お手元に一冊如何でしょうか?

 

MAT49  短機関銃 マニュアル マニュアルはこちら

 

MAT49 マガジン (訓練用)はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

【無可動銃】UZI 短機関銃 木製ストック付 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像)にアップいたしました。 ぜひHPをご覧ください。

【無可動銃】UZI 短機関銃 木製ストック付 (10万円、税別) こちら

 


2019.07.10 Wednesday

コレデ訓練ニ励ミマセウ〜三八式 教練用模擬銃

皆様こんばんは先日シカゴ社長や東京店に背中を押され、初ツイッターを投降もとい投稿した石器時代クロマニヨン・ナベです(炎上しませんように〜)。

 

DSCN4880.jpg

本日に引き続き三八式歩兵銃・・・ではなく今回は「三八式 教練用模擬銃」でございます。

 

DSCN4881.jpg

折角ですので三八式歩兵銃と並べてみました、今回ご紹介の教練銃はかなり実物の三八式に似せて製作されていますね。(上が教練銃、下が歩兵銃ですサイズ的にもほぼほぼ同一。)

 

092eea36bfcfa94401581acb2ca65f80.jpg

教練銃とは戦前戦中に日本の学校などで行われた軍事教練用に使用された小銃のことで、低学年向けに短いものから銃剣術用のシンプルな木銃、空砲を発射出来る模擬銃や払い下げられた実銃までいろいろあったそうです。 写真は校庭?で帯革を付けて教練銃に着剣しポーズをとる女学生さん。

 

bd12080895717a3bd487728ef1852b3b.jpg

軍事教練は諸学校だけで行われた訳ではないようで各団体でも盛んに行われたようです、交通機関の女性職員の方でしょうか? 教練銃の銃床に付いた菱形のプレートが気になります。

 

こちらは何処かの劇団の踊り子さんでしょうか?えらくプロパガンダ臭が漂います。 持ってる教練銃はかなり簡素な造りのようです。(教練の写真って気のせいか女性が被写体の場合が多い気が・・・やっぱり暑苦しい男子学生の教練写真より華があるからでしょうか?)

 

DSCN4883.jpg

それにしましてもこの教練銃よく出来てます、歩兵銃と機関部付近を比較してみますと抽筒子(エキストラクター)は省略されクリップを挿入する挿入口などはないものの、全長なども同じ寸法で遊底覆用の溝まで掘られています。

 

DSCN4889.jpg

照尺も三八式を忠実に模しており、2400mを示す24の数字も三八式同様です。

 

DSCN4884.jpg

普通、旧軍の槓桿のシリアル は下側に打刻されボルトが固定されていると見ることが出来ませんが、今回の教練銃は珍しく槓桿上部に刻印されているためシリアルNo.3888の刻印をバッチリ確認することができます(この教練銃、レシーバー、ボルト、フロント・バンドに同じシリアルNo.3888でオールマッチングです)。

 

DSCN4886.jpg

そして銃床右側面にはやや判別が難しくなっておりますが、「西清校」もしくは「西青校」と焼印が入っています。西清校だとすると木更津にあった「西清国民学校」でしょうか?いや国民学校の生徒が持つには大きい気も・・・静岡の清水市に関係するのか?西青校だとすると西部青年学校とかの略とか?あるいはナントカ西高等学校の色分けした青組を意味するとか?・・・謎が尽きません。 反対側には管理番号と思われる「20」と打刻された金属製のプレートが付いています。

 

DSCN4888.jpg

安全子は凸型の三八式の初期型風、ローレットはシンプルになっていますが興味深い形状をしてますね〜。 軍事教練、やった人によるとただただ苦痛だった!という人と結構楽しかった!という人がいますがこの教練銃を操作した学生さんたちはどんな感想を持ったんでしょうか?聞いて見たいものです。

 

「(井澤式などメジャーではない)この教練銃いい!シカゴ資料室に持って行こう!」と(教練銃コレクションX…、教練銃資料◎)十数挺のシカゴ社長を言わしめる逸品の三八式 教練用模擬銃はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで入荷した、【無可動銃】2挺のDetailed Photos(詳細画像)を追加しました。 すぐにご案内可能なお品物となっておりますので、ぜひHPを御覧ください。 HP解説ページの画像が少ないものは、後日追加の予定です。

・【無可動銃】 FNC 自動小銃 (前期型)(65万円、税別) はこちら

・【無可動銃】 ステアー AUG A1 カービン (42万円、税別) はこちら


▲top