Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.09.20 Wednesday

ガンプロ「三八式歩兵銃と日本陸軍」とシカゴ貸し出し古式銃について 後編

皆様こんばんは9月も後半、時が経つのは早いですね〜ナベです。

 

前編中篇と続きました「ガンプロ『三八式歩兵銃と日本陸軍』とシカゴ貸し出し古式銃について」もいよいよ後編でございます。 この本について話していた際にシカゴ社長が「海外では出版物に紹介された個体はそれだけで銃+αで価値が上がるんだよ」とのこと、確かにある意味で販売店と出版社が二重で太鼓判押しているようなものですね・・・。

 

となると「三八式歩兵銃と日本陸軍」のP104~105にドド〜ンと掲載されている現物シカゴ在庫のスペンサー・カービンと和製シャープスはズバリ+αですね!社長!(ということは前編に出ていた和製ゲベールも+αですね!社長!)

DSCN6406.JPG

 

でコチラが見開きに載っている上の銃、現在東京店にて販売中の現物スペンサー M1865 カービンであります(この現物スペンサー・カービンはこちら)。 スペンサー M1865 カービンは年号が示す通り南北戦争(1861年-1865年)にはギリギリ間に合わなかったようですが戦後には騎兵隊に配備されインディアン戦争や中にはフランスへ輸出され普仏戦争(また?)で使われた物もあったそうです。

 

また当然のごとく幕末の日本にも輸出され九州佐賀藩など一部の藩で使用されました。 大河ドラマで一躍有名となった八重さんも会津若松城籠城戦でこのスペンサー(同モデル)を使用して活躍、その戦いの際には攻城軍の指揮官大山巌(日露戦争時の満州軍総司令官)を狙撃して貫通銃創を負わせたそうです。 スペンサーから放たれた弾の当たり所がもう少しずれて大山さんが戦死してたらその後の歴史が変わっていたかもしれませんね・・・(確か劇中でも綾瀬はるかさんが大山さん役の反町隆史さんをスペンサーで狙撃するシーンがあった記憶が・・・)。  写真右が撃った方、左が撃たれた方。

 

そしてLAST、P104~105の下段に左右が載っている和製シャープス騎兵銃も現品が東京店に在庫がございます(現物和製シャープスはこちら)。 19世紀中頃の初期タイプの後装式銃です。 アンダーレバーを下げることによりブリーチ・ブロックが下がって薬室が開き弾丸を装填しました。  因みに撃鉄はアンダーレバーとは連動しておらず、レバーを下げる動作とは別に行います。 ・・・しかしこの銃の素晴らしいクオリティ・・・日本の職人の技量の高さ恐るべしです!

 

このシャープス銃は南北戦争では北軍南軍の両陣営の騎兵部隊で広く使われ、軍用以外にも狩猟用や開拓民用として愛用されました。 下の絵画は1863年ゲティスバーグ方面のミドルバーグでシャープス騎兵銃を射撃する北軍第1メイン州義勇騎兵連隊(1st Maine Volunteer Cavalry Regiment)。

 

アメリカで開発された銃だけど日本製(しかも壬申刻印入り)・・・正にEAST MEETS WEST! しかし「和製管打式 ゲベール銃」「スペンサー M1865 カービン」「和製 シャープス 騎兵銃 」は特に何れも美品、登録証付き、歴史的にも面白い、しかも「三八式歩兵銃と日本陸軍」にバッチリ掲載されている、と何か色々と揃ってますね・・・ナベもそんな銃を傍らに置きたいものです(和製ゲベールならワンチャン?)。

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、MAT Mle 1949 短機関銃 が東京店に入荷致しました。

HPとDetailed Photos(詳細画像) は本日アップしております。ぜひHPをご覧ください。

 

MAT Mle 1949 短機関銃 (28万円、税別)


2017.09.19 Tuesday

ガンプロ「三八式歩兵銃と日本陸軍」とシカゴ貸し出し古式銃について 中編

皆様こんばんは、先日のキートンさんの亜米利加ブログを見て激しい動悸、息切れ、眩暈、吐き気、頭痛、溜息その他モロモロが止まらんナベでございます。

 

・・・気を確かに持って、本日は前回の「三八式歩兵銃と日本陸軍 終戦70周年特別企画」に載ってるシカゴの古式銃中編です。 P102〜103に載ってる上のゲベール、真ん中のスナイドル銃、そして今回は下のシャスポー M1866 歩兵銃です。 残念ながら誌面に掲載されているシャスポー M1866 歩兵銃は売れてしまいましたが無可動のシャスポー M1866 歩兵銃は東京店に在庫がございます(下の品)。

69dbdfc51a3134e0b7a738aad7e09aa9.jpg

 

しかしフランスのシャスポーいいですね、普仏戦争では宿敵プロイセン軍のドライゼ銃を上回る性能を発揮したり(プロイセンの後装式の野砲や革新的な軍事制度によって負けてはしまいましたが・・・)

 

幕末には徳川家康の再来と言われた徳川慶喜麾下の幕府精鋭部隊「伝習隊」にこのシャスポー M1866 歩兵銃が配備されて倒幕勢力に恐れられました(しかし物凄く空気を読める慶喜によって極めて静かに徳川幕府は終焉を迎え、シャスポー装備の伝習隊も大活躍とはいきませんでしたが・・・)。 写真は1865年大阪城内で訓練中の幕府軍歩兵

 

・・・となるとこのシャスポーある意味、日本最後の将軍とフランス最後の皇帝の終焉を見届けた、とも言えなくもないですね・・・。 左はナポレオン3世からプレゼントされた軍服を着用した徳川慶喜(趣味サイクリング、写真、手裏剣etc)、右はかのナポレオン1世の甥で実に評価微妙なナポレオン3世(内政△、外交×or△、軍事×)

 

東京店在庫のこのシャスポー M1866が作られた1867年は日本では徳川慶喜が第十五代征夷大将軍に就任&大政奉還、坂本竜馬暗殺、ええじゃないか流行、ヨーロッパではルクセンブルク問題でフランスとプロイセンの関係が極度に悪化、パリ万国博覧会開催、何気にオーストリア=ハンガリー帝国成立と濃い年だったようです。

 

白磨きの金属部が実にトレビア〜ンです。 しかしこのラダー・サイトが捉えたのはピッケルハウベを被ったプロイセン兵か?黒熊白熊を被った薩長兵か?語弊ありですが歴史の浪漫ですね〜。

 

う〜んブログ書いてる内に段々欲しくなってきたゾ東京店在庫のシャスポー Mle 1866 歩兵銃はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品の ステアー AUG 軽機関銃 (スコープ無) のHP解説を本日追加いたしました。ぜひHPをご覧ください。 

ステアー AUG 軽機関銃 (スコープ無) (34万円、税別)


2017.09.16 Saturday

ガンプロ「三八式歩兵銃と日本陸軍」とシカゴ貸し出し古式銃について 前編

皆様こんばんはナベです。 先日大阪店で仕事に勤しんでおりますと東京店からTelが

フォックスさん「社長が出張前にナベさんにガンプロのムック本『三八式歩兵銃と日本陸軍』にシカゴが貸し出した古式銃が掲載されているのでそれについてブログ書いて!って言ってましたよ〜」

ナベ「用件を聞こう・・・」(葉巻ポ〜イ)

フォックスさん「かくかくしかじか」

ナベ「なるほど、かくかくしかじか・・・報酬はスイス以下略」

フォックスさん「で!その三八式がバーンと載ってるガンプロの終戦70周年のムック本、大阪店にあります?」

ナベ「問題ない・・・大阪店には無いが個人で持っている・・・」

フォックスさん「さすがナベさん、じゃ宜しく〜」

 

ハッハッハ旧軍のそれ系はナベ買ったぞ〜確か三八式バーンの表紙もあったぞ〜!・・・全部三八バーンだけど違〜う、こりゃホビージャパンさんやガンプロさんに一本とられたわい・・・。

DSCN6405.JPG

 

ナベ「フォックスさん、ごめんなさい無かったですぅ・・・」

フォックスさん「じゃそちらに送ります〜。」

若干の紆余曲折があり大阪店に届いたのがこちら、ちょっと前の本ですが「三八式歩兵銃と日本陸軍 終戦70周年特別企画」です。

OSAKA_579.jpg

 

内容は当然、日中戦争や太平洋戦争で使用された三八式(シカゴの三八式はこちら)、九九式、騎兵銃(三八式騎兵銃はこちら)、狙撃銃や南部等の拳銃類がメインなのですが・・・。

DSCN6407.JPG

 

国軍使用の銃器説明の流れでP100〜105にかけてなんと!シカゴが貸し出しした古式銃(何挺かは既に販売済み)が掲載されていますP100〜101は管打ち式に改造した火縄銃が載っていて(在庫の火縄銃はこちら) P102〜103には3挺が見開きで大きく載っています(まあある意味P100〜105はシカゴのページといっても過言ではないなウン!)。 

 

まず一番上の「和製ゲベール」こちらは誌上の品、まだ在庫がございます。 19世紀の恐ろしい銃器の恐竜的進化の中でアッという間に旧式化してしまった悲しき銃であります。 戊辰戦争の時点でまだゲベールを主装備としているのは守旧的かお金がない藩だったようです(まあ火縄銃オンリー刀槍命というラブ&ピースな藩も結構あったようですが・・・)。 しかしよくよく見て見るとカッコイイ、火縄銃しか見たことの無い江戸時代の人々がこのゲベールを見たら十二分に、西欧列強の新型銃と思わせる風格を漂わせています(和製ですが)。 それにしてもこのクオリティは凄い、本にも載ってる和製ゲベールはこちら

 

真ん中に載っている幕末の最新兵器!取り敢えずこれを装備していれば貴方も雄藩の仲間入り!スナイドル銃です。 しかし残念ながら掲載されているスナイドル銃は販売済み、しかし別個体のスナイドル銃は現在も販売中です。 写真の英領インド製(←何か浪漫)スナイドル銃はこちら。 

 

そういえば来年のNHK大河ドラマは西郷隆盛さんですね。 薩英戦争、禁門の変、鳥羽伏見の戦い、戊辰戦争、西南戦争がクローズアップされてゲベール銃やエンフィールド銃、スナイドル銃が大いに活躍するんだろうな〜楽しみだな〜NHKさん期待してます(予算的に厳しいかな・・・)。

 

紙面尽きました(?)ので一番下のシャスポーとP104〜105につきましては『「三八式歩兵銃と日本陸軍」とシカゴ貸し出し古式銃後編』にて、ではさよなら〜。

 

 

本日のワンポイント情報!!

大阪店在庫品の ステン Mk I 短機関銃 のHP解説を本日追加いたしました。ぜひHPをご覧ください。 

 

ステン Mk I 短機関銃(7万円、税別)

 


2017.09.14 Thursday

大阪の諾威(ノルウェー)経由のKar.98k 小銃

皆様こんばんは常連様の話を聞いてとっても「ダンケルク」見に行きたいナベです(今度の休みに行くぞ〜)。

但しご覧になった常連様が「海戦は迫力あったしスピットファイアー戦闘機がカッコよかった、帰りにタミヤの1/32のプラモ買っちゃたよ〜」と仰ったのが若干気になるところでございます・・・陸戦は?

Dunkirksoldier1.jpg

 

ということで前回のモシンナガンに続き本日はWW2のフェイバリットもといフェイマス・ライフル「Kar.98k 」でございます。 この2挺の大阪店在庫の98kはWW2後にドイツ軍が諾威(ノルウェーって漢字で書くとこうなるのか・・・)に残していった品を戦後再使用したものです、そのためノルウェーのシリアル等が打たれています。

DSCN6398 - コピー.JPG

 

フロント・バンドは1942年以前のタイプのH型を装着、フロント・サイトには1939年以降に見られるフロント・サイト・ホッドが付属しています。

DSCN6399.jpg

 

ストックはある意味工業力の高さを感じる合板(ラミネート製)で、バット・プレートは戦時タイプのカップ型ではなくプレート型となっています。

DSCN6401.jpg

 

1挺のメーカーコードは「243」のMauser AG Borsigwalde製で製造年は開戦の年でもある1939年製

DSCN6402.jpg

 

もう1挺も同じ「243」のMauser AG Borsigwalde製で製造年は1940年

DSCN6403.jpg

 

ドイツは1939年ポーランドを陥し中欧東欧を勢力下とし1940年にはデンマーク、ノルウェーも占領続いてベネルクス三国も占領、イギリス遠征軍も追い払い、そして最大の難敵と思われたフランスも2ヶ月足らずで降伏させてしまいました。 たった10ヶ月で欧州大陸を支配下に置いたドイツにとっては、正に39年と40年は最良の日々であったと思われます。 当時のドイツの鮮やかな戦勝振りを見て「バスに乗り遅れるな〜」と日本やイタリアが慌てて同盟を結ぶのも無理からぬところはありますね・・・。

Bundesarchiv_Bild_101I-126-0347-09A,_Paris,_Deutsche_Truppen_am_Arc_de_Triomphe.jpg

 

 この栄光の39年モノと40年モノ、全体的に経年の小傷・擦り傷等は散見されますが、ブルーイングも良く残っているお値段もお手頃な大変に良い品です。 東京店大阪店ともかなり在庫数が減ってまいりました、お持ちで無い方はご検討を。

DSCN6404.jpg

 

大阪店在庫の40年モノの98kはこちら

(39年モノについては是非お問い合わせ下さい)

 

 

本日のツーポイント情報!!

*先日買取で入荷した SMLE No.4 Mk1/3 小銃 のHPとD/P(詳細画像) をアップ致しました。

ぜひHPをご覧ください。

 

SMLE No.4 Mk1/3 小銃(15万円、税別)

 

*明日9月15日(金)〜9月17日(日)、日本最古の室内アンティーク骨董市 平和島骨董まつり に古式銃専門店として参加いたします。  
 

平和島骨董まつり
期間:9月15日(金)〜17日(日)
時間:10:00〜17:00 (最終日は16:00閉場)
会場:平和島・東京流通センタービル(東京都大田区平和島6−1−1)
入場料:無料

   

国内最大級かつ唯一の古式銃専門店の名に相応しい古式銃の展示を行う予定です。
お客様のご来場を心よりお待ちしております。


平和島骨董まつりの公式HPはこちら



※なお、同期間中はシカゴレジメンタルス東京店での登録証付古式銃の展示品が通常より少ない状態になります。

 

期間中に弊社店舗にて登録証付古式銃のご検討もしくはご購入希望の場合は、お早めにメールもしくはお電話にてご連絡頂けますようお願いいたします。

 

(可能な限りご希望の個体を会場に移動せず、店舗に残しておきます。)
※日程によってはご希望の日時にご覧頂くことができない場合もございます。

   

お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承頂きますようお願い申しあげます。

   

株式会社 シカゴレジメンタルス

2017.09.10 Sunday

大阪LASTモシンナガン

皆様こんばんは、先日とあるお店でこの500円札をおつりで貰ってワ〜イと「その時」は喜んだのですが・・・いざコンビニなどで500円札使えますかと聞くと「それはちょっと・・・」と言われ、やんわり拒否・・・岩倉さん・・・(;д;) (郵便局で聞いたら500円札、今も使えるそうです。)

DSCN6211.jpg

 

で話し変わりまして本日はこちら以前は複数挺あったのに現時点で大阪店最後の1挺となってしまった「モシンナガン M1891/30 歩兵銃」でございます。

DSCN6218.jpg


レシーバー上に三角と矢印のお馴染みイジェフスク工廠刻印があります、製造年は1929年。

DSCN6214.jpg

 

1929年といえば今から88年前、アメリカでは世界大恐慌が起こり世界は大混乱、米英仏は保護貿易に走りブロック化、経済的政治的に切羽詰った日独伊は軍国主義化が進み・・・。

rehost_2016_9_13_20f3be46-6627-4b03-860f-a0e0a96b7e28.jpg

 

同じ1929年のソビエトロシアではヨシフ・スターリンが政敵であるレオン・トロツキーを追放(1940年亡命先のメキシコでNKVDの手によって暗殺)、ソビエト連邦の最高指導者の地位を確固たるものとした頃でございました。 写真はブジョノフカ帽をかぶってレーニンの傍らに立つトロツキー。

resize.jpg

 

このモシンナガンはM1891からのモディフィケーション・モデルで、機関部前方が円形ではなくM1891と同じ八角形になっています。 上には矢印イジェフスク工廠印がありますがなんでか?下にはツゥーラ工廠のハンマー刻印が打たれています。

DSCN6215.jpg

 

イジェフスクからツゥーラまで距離的に800km以上(東京〜広島くらい?)距離があるので気軽に仕上げや検品のために移動したとも考え難いのですが・・・再整備の際に打刻?USSR的に何かやもえない事情があったのでしょうか?

DSCN6218.jpg

 

ともあれ刻印的には楽しめる?大阪店ラス1のモシンナガン M1891/30 歩兵銃はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、ロシア AKMS 自動小銃 が大阪店に入荷致しました。

HPとDetailed Photos(詳細画像) は本日アップしております。

価格が決まっておりますので、すぐにご紹介可能な商品となっています。ぜひHPを御覧ください。

 

ロシア AKMS 自動小銃 (15万、税別)


▲top