Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.03.29 Wednesday

卒論はロシア的倒置法について書きました。

皆様こんばんは。

気が付いたら大学を卒業していたアルバイト・ラクーンNです。


大学生は暇があるからいろいろできるらしいと聞いていたのですが、そんなの気にしてる暇も無いくらい忙しかったです。

大学が休みの日はシカゴに行って、シカゴが休みの日には大学に行って、両方休みの日には部活に行って、それも休みの日には部屋の掃除と洗濯をしつつ、空いた時間に特に使う予定も無い資格を取ってみたりと大忙しでした!

 

最後に卒業旅行くらいは…!と思い、北海道に住んでいる友人と『試される大地』の温泉めぐりをしようと考えておりましたが、訪問直前で友人がまさかの踝骨折。飛行機もキャンセルできないのであえなく友人宅でお見舞いするだけの1泊2日に…。

とはいえ大切な『同志』の危機であったのですから、観光は潔く諦めました(笑)
友人の傷が癒えたら一緒に温泉や観光に行きたいですね!


と、そんなこんなでとても忙しく大変ではありましたが、それだけ充実した4年間を過ごせたのではないかと思います。


さて、大学を卒業したからにはそろそろ本格的に働かなければならないわけで…、3月29日でラクーン・Nはシカゴレジメンタルスのアルバイトも退役致します。

 

アルバイトとして採用していただいた際に、


社長『大学卒業までは働けますか?』


ラクーン・N『卒業するまでは働けると思います』


と、言ったような気がするので、一応満期退役できたのかな?と思います。たぶん。

 

僅か2年とちょっとという短い期間でしたがいろいろありました。


梱包したり銃の手入れをしたり。実物を触ることで分かったことがたくさんありました。
撮影したり画像を加工したりホームページを作成したり。実践しながら覚えることの重要性を再認識いたしました。
値札を作ったりダミーカート作ったり。仕事を任せて貰える喜びを知りました。
あとは大阪出張にも行かせて頂きました。キヨミズさん、その節は大変お世話になりました。

 

勿論お客様のご対応もさせて頂きました。
至らない点も多々あったかと思いますが、とても好意的なお客様方のご助力もあり、なんとかご対応することが出来たと考えております。社会経験不足もありお客様にご迷惑をおかけした事もあったかもしれません、大変失礼致しました。

 

また、他にも色々な事を任せていただくことが出来ました。
同時に、社長に怒られてしまうことも多々あり、任された仕事の責任の重さというものもよく分かりました。
正直なところ、これで社会人として務まるのだろうか…と心配していたのですが、

 

社長『シカゴで耐えられたなら、どこの会社でも耐えられるよ!』

 

と、ありがたいお言葉を頂きました!
(シカゴはそんなに大変なのか…と思われるかもしれませんが、とてもやりがいのあって勉強になるお仕事ができますよ!)

 

今日までシカゴで学んだ事は決して無駄にはならないと感じており、就職してからもこれまでの経験を生かしていけるよう頑張りたいと思います。

 

大変短い期間ではありましたが、大変お世話になりました。
イベント等で皆様とお会いする機会がこれからもあるかと思いますので、その際はまた宜しくお願い致します。

 

本日のツーポイント情報!!

明日3月30日(木)東京上野本店はミーティングの為、19:45に営業を終了させていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどお願い申しあげます。

なお、大阪店(TEL: 06-6223-9070)は通常通り20:00まで営業いたします。

 

 

買取りで、二式小銃 が東京店に入荷致しました。

お客様にご連絡中ですが、HP・詳細画像ともにアップしておりますのでどうぞご覧ください。

二式小銃 のHPはこちら
二式小銃 の詳細画像はこちら


2017.03.22 Wednesday

折畳みコンテナとか蒐めてます。

皆様こんばんは。

 

雨の日にレンタカーで車を借りて、屋根の付いた乗り物の素晴らしさを再確認したアルバイト・ラクーンNです。
でも屋根が付いていると風を感じられないのが悩みどころ…。

 

さて今回ご紹介するのはこちら

00.jpg

米軍のM2A1弾薬箱です。弾薬箱といえばこれ!と言うくらいメジャーな金属製の弾薬箱です。
今回ご紹介するM2A1 弾薬箱は7.62×51价突僂任呂覆、12.7×99mm弾も入るちょっと大きな方ですね。
今になってこちらを紹介しようと考えたのは『これ、弾薬箱として使う意外に皆さんはどうやって使っています?』という純粋な疑問からです。
元が弾薬箱ですから気密性も高いですし、造りがしっかりしているので重い物も入れられる…。そして何より見た目が『カッコいい!!』ので何とかして活用したい…。
でも案外『これだ!』という使い方が思い浮かばないのですよね。
元外人部隊さんは現役時代に洗面器代わりに使っていたとのことですが、流石に使い難いと思いますのでもう少し有用な使い道を考えようかと思います。

 

そこで試しに色々入れて丁度よいものを探してみようという見切り発車な企画です。

では早速行ってみましょう一つ目の使い道。

01.jpg

銃の手入れ道具を入れてみる。
シカゴで手入れの際に使用している道具一式を入れてみましたが、まだ余裕がありますね。

 

お次はこちら!

02.jpg

CDを入れてみる。
以前お客様から『弾薬箱にCDとかって入りませんか?』というお問合せを頂いたことがあり、なるほど確かに丁度よさそうな大きさだなと思いました。
MP3プレーヤーに音楽を入れた後にCDを収納しておくにはちょうど良いかもしれませんね。

 

お次はこちら!

03.jpg

年賀状を入れてみる。
沢山届いた年賀状って意外と場所をとりますよね。1枚1枚ハガキホルダーに入れるのは大変だし、かと言ってそのまま置いておくといつの間にか崩れてしまったり…。
そんな時はこの弾薬箱にドサッと入れて置くとよいかもしれません。

 

さて、だんだんネタが無くなってきたので、何か丁度良いものは無いかと友人に聞いて回ってみたところ…。

 

友人 『350mmビール缶がぴったり入るらしいぞ』
ラクーンN 『ほんと!?』

友人 『試した事ないけどインターネットで見た』

ラクーンN 『インターネットすごい!』

 

という事で、早速350mlの缶ジュース(流石にお仕事中にビールは買えませんのでご了承ください(笑))をシカゴの近所に有る激安自販機で買ってきて実験してみることに…

04.jpg

おおっ!!ぴったり8本入りそうですね!!
幾らか高さに余裕があるので保冷材を一緒に入れておけば、キャンプ場で弾薬箱からカッコよくビールを取り出して…みたいな使い方も出来そうです。

 

05.jpg

丁度一緒に購入していた500mlのペットボトルを入れてみましたが、こちらは高さがあるので蓋が閉まりませんでした。


それと一番オススメなのはやはりこちら…

06.jpg

12.7×99mm弾がぴったり入ります。まあ、これを入れる為の箱ですからね。
ですが、弾薬箱の使い道としてはこちらがベストだと思いますので、皆様も在庫のあるうちに是非どうぞ!

 

09.jpg

今ならリンクつきのダミーカートが105発入ったセットもございます!

 

 

因みに…

07.jpg

おおっ!!これはもしやぴったり入r…

 

08.jpg

…入らなかった(ロックがかからない)

 

今回ご紹介したM2A1 弾薬箱はこちら

同じくご紹介した50口径 ダミーカート 105発&アモボックス・セット (リンク付き)はこちら

この他、米軍の各種弾薬箱はこちら

他、サイズも用途も無限大な各国の弾薬箱はこちら

 

本日のツーポイント情報!!

大阪ショールーム 臨時休業のお知らせ

誠に勝手ながら本日3月22日(水)と明日
3月23日(木)、大阪ショールームは臨時休業とさせて頂きます。 ご不便をお掛けいたしますお客様には誠に申し訳ございません。 何卒ご了承頂きますようお願いいたします。

なお、東京メインショールームの方は休まず営業しております。 お客様のご来店、お問い合わせを心よりお待ち申しあげます。

 

下取りで、MP40I 短機関銃 が東京店に入荷致しました。
お客様にご連絡中ですが、HP・詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。

MP40I 短機関銃 のHPはこちら
MP40I 短機関銃 の詳細画像はこちら


2016.11.16 Wednesday

アーマーモデリング 2016年12月号 第20回掲載銃『MG42 汎用機関銃』

皆様こんにちは。
アーマーモデリング誌紹介担当のアルバイト・ラクーンNです。
今回は前々回のブログのように社長に怒られる前に最新号の12月号を紹介していきたいと思いますので、皆様も是非書店で手に取ってそのままレジに持っていきましょう!

 

001.jpg

さて今回ご紹介するアーマーモデリング12月号は『ティーガーII』特集です!
戦車の内部まで再現されたフルインテリアキットが発売されたようです。

 

02.jpg

装甲を外した状態のフルインテリアモデルは見ていてとても面白いですね!
透視図よりも立体感があるためか『なるほど、これじゃあ戦車の中は狭いわけだ』というのが見ていてとてもよくわかりました。

 

03.jpg

本誌で今回ご紹介いただいたのは、ドイツつながりで『MG42 汎用機関銃』です。
史実でも映画でも大活躍したMG42について、ラクーンNが語れるようなことはもはや残されていない気がします。敢えて言うならば、MG42と戦後にユーゴが製造していたM53を沢山手入れしてきましたが、やはり同年代の機関銃に比べても軽くて簡単に手入れできるのでとても扱いやすいと感じることは多々ありました。
こういったところも戦後長らく使われていた要因になるのではないでしょうか?

 

04.jpg

今回掲載頂いたMG42と同一の個体は東京店にて販売しております。
こちらの個体は1944年製Maget社製で、錆や傷、凹みも少なくブルーイングも綺麗に残っております。 木部も一部にヒビが見られるものの、傷も少なく状態は良好です。
人気商品ですので在庫の方も少なくなってまいりました。 この機会に雑誌に掲載して頂けるだけの品をコレクションに加えてみてはいかがでしょうか?

 

05.jpg

また、現在庫にはユーゴ製のMG53もございます。 こちらはMG42に比べると安価ですので、最初の1挺として買われる方も多くいらっしゃいます。 オリジナルには手が届かないけれどもなんとかMG42が欲しい!という方にはオススメしていきたいですね。 主な違いは以前KA1がブログで紹介しておりますのでご覧下さい。

 

06.jpg

他にもMG42と共に活躍したMG34も、今ならなんと付属品多数&箱入りのセットになって在庫にございます!これならディスプレイも申し分ありませんし、綺麗に箱にしまっておくこともできますね。

 

 

アーマーモデリング誌の記事は写真も多く、開発経緯などまで詳しく記載されていますので初心者から上級者の方まで楽しめるかと思います。是非とも宜しくお願いいたします。

 

今回アーマーモデリング誌に掲載して頂いたMG42 汎用機関銃(シリアルNo.772i)はこちら

他、在庫のあるMG42 汎用機関銃はこちら

初心者にもオススメなM53 汎用機関銃はこちら

MG34 汎用機関銃 (付属品、木箱付)はこちら

MG42用付属品はこちら

MG34用付属品はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

取りで、和製管打式 ゲベール銃(銃砲刀剣類登録証付古式銃) が東京店に入荷致しました。
HP・詳細画像ともアップしておりますので、どうぞご覧ください。 


和製管打式 ゲベール銃(銃砲刀剣類登録証付古式銃) のHPはこちら
和製管打式 ゲベール銃(銃砲刀剣類登録証付古式銃) の詳細画像はこちら


2016.10.02 Sunday

アーマーモデリング 2016年10月号 第19回掲載銃『イスラエル FAL 自動小銃』

皆様こんばんは。
アーマーモデリング誌紹介担当のアルバイト・ラクーンNです。
宣言通り2016年10月号の紹介ブログ枠を頂けましたので紹介していきたいと思います!
最新号である10月号はシカゴ商品も掲載されております。現在好評発売中ですので、是非書店で手にとってそのままレジに持って行きましょう!(ダイレクトマーケティング)

 

01a.jpg

さて今回ご紹介するのはアーマーモデリング10月号です。
本号の特集は世界の主力戦車です。各国陸軍の顔とも言うべき主力戦車が大集合しております。

 

02.jpg

表紙を開くと最初に紹介されているのはT-72です。
やや旧式ながらも度重なる近代化改修と数の多さで今尚各国の主力を勤める姿はまさになんというか…

オブィエークト!

と言ったところでしょうか?←(とりあえずオブィエークトと言いたかった)

 

03.jpg

本誌で今回ご紹介いただいたのはこちらの『イスラエル FAL 自動小銃』です。
世界各国で使われたFALですが、それだけに色々なバリエーションがあります。イスラエルのFALの最も分かり易い特徴は、やはりハンドガードでしょうか?太く丸みを帯びたハンドガードが付いているおかげで、ほっそりとしたイメージの強いFALもがっしりとした見た目になっています。
また、ヘブライ語の刻印やイスラエル国防軍の刻印も打たれており、正真正銘のイスラエル製であることがわかります。

 

04.jpg

大変ありがたいことに、今回掲載頂いたイスラエルFALは既にお買い上げいただくことができました。
現在も在庫がありますのは、こちらの『イスラエル FN FALO 軽機関銃』になります。金属部、木部は共に使用感や経年劣化はあるものの、各部はしっかり動きます。また、マガジン・ハウジング右側面にイスラエル警察の紋章が刻印してあるのも面白いですね。
こちらも1挺のみの在庫となりますので御用の方はお早めに!

 

05.jpg

イスラエルで使用されていたものではありませんが、『アルゼンチン FAL 空挺用 自動小銃』や各種アクセサリー類も在庫がございます。いずれも人気のある品ですので、是非ホームペ―ジをチェックしてみてください。


アーマーモデリング誌の記事は写真も多く、開発経緯などまで詳しく記載されていますので初心者から上級者の方まで楽しめるかと思います。是非とも宜しくお願いいたします。

 


今回ご紹介したイスラエル FN FALO 軽機関銃 (#00927)の詳細はこちら
他のFN FAL 各種はこちら
各国のFAL用アクセサリー類はこちら

 

 

 

 

本日のワンポイント情報!!

 

買取りで、トンプソン M1928A1 短機関銃 が東京店に入荷致しました。
HP・詳細画像ともにアップしておりますのでどうぞご覧ください。


トンプソン M1928A1 短機関銃 のHPはこちら
トンプソン M1928A1 短機関銃 の詳細画像はこちら


2016.10.01 Saturday

アーマーモデリング 2016年8月号 第18回掲載銃『ブレン MkIII 軽機関銃』

皆様こんばんは。

アーマーモデリング誌紹介担当のアルバイト・ラクーンNです。
2ヶ月に1回のご紹介なのですが、新入荷やら買い取り品の山と格闘していたらすっかり忘れてて

社長『紹介できとらんぞっ!!!!(怒)』落雷ズドーン!

と盛大なツッコミを入れられてしまいました!
これはやばい、早く紹介せねば(使命感)ということで今回は2016年8月号の紹介をしていきたいと思います。
因みに明日のブログは2016年10月号の紹介ブログに(やや強引に)予定変更してもらいましたので宜しくお願いします!

 

 

さて今回のアーマーモデリングさんの特集は『エアブラシを"つかわない"塗装』についてです。

 

01.jpg

筆や缶スプレーでの塗装方法は初心者でも参考にしやすいですし、上級者の方も初心に帰って"筆&缶スプレーならでは"の塗装方法を学ぶのも良いかと思います。

 

 

02.jpg

本誌に今回取り上げていただいたのはイギリスの名銃(決して迷銃ではありませんよ?)『ブレン Mk.III 軽機関銃』です。
Mk.IIIは、これまでのMK.IやMk.IIに比べて短縮軽量化された空挺用モデルですね。

軽量化が施されているとは言っても、これを担いでの空挺降下はちょっと大変そうな重量感です。

しかし、その分造りは頑強ですので敵地に降下する際にも頼もしい相棒になったのではないでしょうか?

 

 

03.jpg

今でしたら雑誌にて紹介されていた個体の在庫がございます。
大戦後に多くのブレン Mk.IIIがL4に改修されてしまっていることを考えると、オリジナルのMk.IIIはなかなかに貴重な品です。
木部、金属部は全体的に使用感はございますが、経年と希少価値を考えると充分許容できる範囲であると思います。ある種、軍用銃としての任務を全うしてきたといえる風貌です。
もちろん二脚やキャリングハンドル、リアサイトなどはスムーズに稼動いたします。
是非、雑誌でご紹介いただいた1挺をコレクションに加えてみては如何でしょうか?

 

 

04.jpg

また、コンビネーションツールやレシーバーカバー、銃身ケースなどのアクセサリー類もございます。特に画像の右上のマガジンパウチ(詳細はこちら)は非常に程度が良いのでお勧めです。このほかにも予備銃身やマガジンベスト、三脚などの在庫もございます。

 


アーマーモデリング誌の記事は写真も多く、開発経緯などまで詳しく記載されていますので初心者から上級者の方まで楽しめるかと思います。是非とも宜しくお願いいたします。


今回アーマーモデリング誌に掲載して頂いたブレン MkIII 軽機関銃(シリアルNo.LB17107)は複数在庫品の内の一挺となっています。
詳細はこちらのページをご確認ください。

その他のブレンガン各種はこちら。

ブレンガンの各種アクセサリーはこちら。

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、Armalite AR7 自動小銃 が東京店に入荷致しました。
HP・詳細画像ともにアップしておりますのでどうぞご覧ください。


Armalite AR7 自動小銃 のHPはこちら
Armalite AR7 自動小銃 の詳細画像はこちら


▲top