Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.05.28 Sunday

KA1の50口径

こんばんは KA1です。

現在シカゴには3丁のМ2ブロー二ングが入荷している。
特に珍しいと思われるイギリス製を見て見よう。

01.jpg

銃右側面 トライポッド T&Eギア
銃の大きさがわかるだろうか

 

02.jpg

MANROY ENGINEERINGの刻印
5段目のENGRANDに注目。

 


KELSEY HAYES WHEEL COの刻印
こちらはアメリカ製別個体の刻印である。

 

03.jpg

レシーバー部アップ、シリアルナンバーが見える
リベットと削り出しの迫力が分かるだろうか。

 

04.jpg

バレルのキャリング・ハンドル アップ
こんなところにもクーリングホールが付いている。
バレルジャケットと対比しておりデザイン的に面白い

 

05.jpg

コッキング・ハンドル アップ
てこの原理でコックするのでこの形状。
下のネジがゆるまないよう針金で固定しているのが分かる。(反動が大きいのが分かる)

 

09.jpg

レシーバー内 シリアル・ナンバーが分かる

 

10.jpg

リア・サイト アップ
精密なリアサイトであることが分かる。(2000M狙撃に成功したのもわかる)

 

11.jpg

フィード・カバー・オープン・ラッチ アップ
この辺は実にシンプル。

 

12.jpg

フイード・カバーを開けて見る

 

13.jpg

レシーバー内複雑なボルトの形状が分かる

 

14.jpg

フィードカバー内は意外とシンプルなデザイン

 

15.jpg

ボルトのこのパーツを切り替えることに、より左右どちらからも給弾できる

 

17.jpg

グリップ部後ろから見てみる
これを両手で握って見よう。 (気分は戦車兵)
巨大なバッファーチューブがパワーの大きさを物語る。
上にあるハの字のパーツがトリガー
。(この辺は銃というよりむしろマシーンと言った感じ)

 

18.jpg

フロント・サイト アップ
しかしガードが分厚いネ。

 

19.jpg

こちらもコッキング・ハンドルとレシーバー回りのアップ
しかしいいねこの写真。
(雑誌の表紙にも使えるな)

 

20.jpg

グリップ左側面アップ
ここにもネジゆるみ防止のためか、針金で止めているのがわかる
(部品のゆるみは海外の兵器にも存在するのだ 某国の自○隊だけではない)

 

22.jpg

トライポッドを開いたところ

 

23.jpg

T&Eギア アップ

 

24.jpg

トライポッド アーセナル刻印(アメリカ軍制式である)

 

25.jpg

トライポッド刻印
1944年製 大戦中の製品である。

 

さていかがだったろうか。
1933年制式ながら、現用兵器である という事はこれに代わる物ができていないのだ。
すらりと伸びたバレル 頑丈なレシーバー 迫力あるマズルをぜひ1度ご覧あれ。
古いマニアの人は、かつて中田商店に六人部さん手作りの展示品が飾ってあり、また大阪(ナガイだったかな)では手作り品を販売していたのを覚えているだろうか。どちらもよくできていたが、外側だけ妙に角ばっていた。ここにあるのは本物、やっぱり出来がちがうよ。
値段は¥1,296,000(税込)これであなたの家も要塞だ(笑)
ではまた

 

>>イギリス製 50口径はこちら

>>50口径 M2 ブローニング 重機関銃はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

大阪店在庫品の Vz.61 スコーピオン 短機関銃 のHPとD/P(詳細画像) を本日新たにアップいたしました。

ぜひHPをご覧ください。 

Vz.61 スコーピオン 短機関銃(7万円、税別)

 


2017.04.10 Monday

KA1のRPK

こんばんは、KA1です。

 

さて前回に引き続き、ロシアの分隊支援機関銃第2世代『RPK 軽機関銃』を見てみよう。
今回はロシア製とルーマニア製を紹介したいと思う。

 

DSCN5174.JPG

ロシア製RPK右側面。
長い銃身と二脚、40連マガジン、伏射でコントロールしやすいバット・ストック等、AKMとは一味違っている。

 

DSCN5176.JPG

本個体にはAKM系の竹槍型サプレッサーが取り付けられている。

 

DSCN5180.JPG

DSCN5183.JPG

上:RPK 下:AKM
RPKのハンド・ガードはAKMのように左右の膨らみが無く、AK-47のようだ。

 

DSCN5184.JPG

DSCN5190.JPG

上:RPK 下:AKM
リア・サイトはAKMとは異なり、左右の調整も出来る。

 

DSCN5193.JPG

DSCN5196.JPG

上:RPK 下:AKM
レシーバー右側面。
殆ど同じであるが、RPKは長くなって重いバレルを支えるため、前部にリブが見える。
尚、セレクター表示前方の強度アップの張り出し成型加工は後に省略された。

 

DSCN5199.JPG

RPKレシーバー左側面。
盾に星のビアツスキーポリアーニ造兵廠(現モロト社)のマーク。比較的古い個体と思われる。
リベットの留め方はAKMと異なり斜めに留めてある。
後に中国の五六式がこの形式を真似ている。

 

DSCN5203.JPG

AKMレシーバー左側面。
お馴染みの星印のツーラ造兵廠製。

 

DSCN5208.JPG

ルーマニア製RPK右側面。
一見するとロシア製と変わらないが…。

 

DSCN5212.JPG

DSCN5215.JPG

上:ルーマニア製 下:ロシア製
まず二脚の形状が異なる。
ルーマニア製は本品のようにネジを緩めることで、二脚を伸ばすことが出来るタイプも存在する。

 

DSCN5218.JPG

DSCN5219.JPG

上:ルーマニア製 下:ロシア製
レシーバー・カバーは、ルーマニア製はAKMと同じリブが付く。
ロシア製はAK-47と同じリブなし。
グリップもルーマニア製はベークライト製、ロシア製は合板である。

 

DSCN5224.JPG

ルーマニア製RPKのレシーバー左側面。
刻印は左からシリアルナンバー、三角形に矢印(クギール造兵廠製、イジェフスクと異なり矢に羽が無い)、1974年製。
比較してみるとわかるが、ルーマニア独自のアイデアを加えているが、仕上げや加工精度はロシア製に軍配が上がる。
しかし、使用感がないのでキレイだ。

 

DSCN5246.JPG

左:ロシア製RPD 中:ロシア製RPK 右:AKM
AKMと操作法を同じくし、特別な訓練をしなくても使えるのは大きな利点だろう。
いかにも機関銃という形より、自動小銃の延長と思わせるほうが敵に狙われにくくなるという効果もあるようだ。
現にアメリカ海兵隊がMINIMIを持っていると狙われやすいということで、M16(M4)に似たHK416をM27として採用している。いわば先駆者と言うところか。
カラシニコフ氏の先見性が分かるだろう。

 

値段は
ロシア製 AKM 自動小銃       ¥130,000(税別)
ロシア製 RPK 軽機関銃       ¥180,000(税別)
ルーマニア製 RPK 軽機関銃 ¥150,000(税別)
となっている。

 

AKコレクターは是非1挺持っておきたい品である。

 

今回ご紹介したロシア製 RPK 軽機関銃はこちら
同じくご紹介したルーマニア製 RPK 軽機関銃はこちら
同じくご紹介したロシア製 AKM 自動小銃はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

先日、出張買取りで入荷しました銃砲刀剣類登録証付の古式銃コレクションの内、新たに本日下記2挺のHPとDetailed Photos(詳細画像)が完成いたしました。2挺とも価格が決まっておりますので、すぐにご紹介可能な商品となっています。作動完全良好な美しい品です。 お値打ち価格になっていますので、 ぜひHPをご覧ください。 

 

イギリス トランジショナル パーカッション リボルバー (桐箱付) (80万円、税別)

火縄銃 馬上筒 (松本宇左衛門作、桐箱付) (35万円、税別)


2017.04.07 Friday

KA1のRPD

こんばんは、KA1です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今日は『ロシアの分隊支援火器』第一世代のRPD軽機関銃をご紹介したい。
早速ロシア製とポーランド製を比較してみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

01.jpg

 

 

 

 

 

 

02.jpg

 

 

 

 

 

 

上:ロシア製 下:ポーランド製

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

03.jpg

 

 

 

 

 

 

04.jpg

 

 

 

 

 

 

上:ロシア製 下:ポーランド製

 

 

 

 

 

 

RPD軽機関銃の中でも、写真のロシア製は2型、ポーランド製は3型と呼ばれるタイプ。 コッキング・ハンドルはロシア製はボルトと連動して前後する方式だが、ポーランド製では上方に折り畳みが可能でボルトと非連動式のタイプとなっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

05.jpg

 

 

 

 

 

 

06.jpg

 

 

 

 

 

 

上:ロシア製 下:ポーランド製
レシーバー刻印。
ロシア製はコブロフ造兵廠(弾丸に矢のマーク)
ポーランド製はラドム造兵廠(楕円に11のマーク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談になるが、コブロフ造兵廠をご存知だろうか。
主に軍用オートバイとRPGシリーズを製造し、機関銃製造部門として
『Завод имени дегтярева(デグチャレフ記念工場)』
が、かつてソビエトの機関銃の父と言われたデグチャレフの製品を作っていた。(PPDやRPDなど)
これらの生産終了後にはPKやPKMを製造している。
現在では民営化され、AEK-971等の自動小銃をセールスしているがロシアや他国で採用された話は聞かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真を見ると分かるが、ポーランド製は演習等で使われただけだろう。かなり綺麗である。

 

 

 

 

 

 

さてこのRPD、軽量小型でベトナム戦争でこれを鹵獲したアメリカ軍が戦後これに影響を受けてFN MINIMIを採用したと言われる。

 

 

 

 

 

 


しかし、これだけの出来ながらやはりガス・システムの欠点があったようで、後にRPK軽機関銃に更新されてしまった。
(勿論コスト面や、政治的な力関係もあったと思われるのだが…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもここにあるのは無可動実銃。
分隊支援機関銃として飾っておくには丁度良いのではないか。

 

 

 

 

 

 

価格はロシア製が ¥100,000(税別) (アウトレット品でリア・サイトが欠損しているが、その分お値打ち価格だ)
ポーランド製が¥110,000(税別)である。

 

 

 

 

 

 

軽機関銃の入門機として一挺いかがだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介したロシア RPD 軽機関銃 2型 (アウトレット品) はこちら
同じくご紹介したポーランド RPD 軽機関銃 はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日のワンポイント情報!!

 

 

先日、出張買取りで入荷しました銃砲刀剣類登録証付の古式銃コレクションの内、新たに本日下記の2丁のHPとDetailed Photos(詳細画像)が完成いたしました。 この2丁は価格が決まっておりますが、ボーモント・アダムス M1856 リボルバー は現在お客様ご案内中となっております。キャンセル待ちはお受けしておりますのでお気軽にお問合せください。コルト M1855 サイド・ハンマー ポケット リボルバー はすぐにご紹介可能な商品となっています。何れも作動完全良好な美しい品です。 お値打ち価格になっていますので、 ぜひHPをご覧ください。 

 

 

 

 

コルト M1855 サイド・ハンマー ポケット リボルバー (180万円、税別)
ボーモント・アダムス M1856 リボルバー (230万円、税別)

 


2017.03.30 Thursday

KA1のRPK-74

こんばんは、KA1です。


前回、前々回に引き続きロシアの分隊支援機関銃第3世代『RPK-74 軽機関銃』をご紹介する。
今回紹介するのはブルガリア製のライセンス生産品ではあるが、一部にロシア製部品を使ったノックダウン生産品と
思われる。
写真で見てみよう。

 

01.jpg

02.jpg

上:RPK-74 下:RPK
銃右側面。
ここにあるRPK74は後期型なので、樹脂製のハンド・ガード、グリップ、ストックが取り付けられている。そ
のため、一見してイメージが異なる。
また、マガジンも45連の樹脂製である。

 

03.jpg

RPK-74の銃口部分。
大きく異なるのがココ!!
西側の自動小銃のようなデザインのフラッシュ・サプレッサーが取り付けられている。
(ストーナー63か、FA-MASに近い)

 

04.jpg

ハンド・ガードはこげ茶色の樹脂製でAK-74よりも一回り大きい。
上部ハンド・ガードにもリブが付く。

 

05.jpg

レシーバー右側面。
RPKの時にも書いたが、セレクター表示前方の強度アップの張り出し成型加工が省略されている。

 

06.jpg

レシーバー右側面アップ。
セレクター表示は『АВ』『ОД』とある。
ブルガリア製は『АВ』『ЕД』となるはず。
このことから見ても、レシーバーはロシア製であることが伺える。

 

07.jpg

グリップはブルガリア製だろうか?
(ロシア製は数字がモールドされる)

 

08.jpg

14.jpg

上:RPK-74 下:RPK

ストックは反射防止用だろうか、シボがかかっている。
スリング・スイベルの取り付け基部の周囲には補強が施されている。

 

10.jpg

バット・プレートはリブの入った鉄製。
(初期型はゴムが貼ってあったが、後期型では省略されているようだ)

 

11.jpg

レシーバー左側面の刻印。
二重円に10のカザンラク造兵廠(現アーセナル社)
1988年、キリル文字2桁と数字4桁のナンバーが見える。

 

12.jpg

マガジンは茶色の樹脂製
これはロシア製のものと思われ、造兵廠マークは削り取られている。

 

13.jpg

ロシア製第3世代の火器として並べてみると面白いだろう。

 

いかがだっただろうか。
『RPK-74』は、ハンドガード、グリップ、ストックが樹脂製に変わっただけでミョーに都会的でスタイリッ
シュな形に生まれ変わった。
反面AKらしいごつさというか、田舎者らしさが失われてしまったのは少し残念だ。
かつてモデルガン設計者の故六戸部氏に会った時『AKのストックは合板でないとダメですな。(イメージ的に)』とい
った話で盛り上がったのを思い出す。
またかつてコンバット誌で、1980年頃、当時の編集者だった東郷隆氏がアフガニスタンまで出かけて、RPK-74の撮影
を行ってきたことを発表したことがあった。
当時撮影したRPK-74は、現在はアメリカの情報機関にあるという。
当時は貴重だったRPK-74を、今では自分のものにできるのだ!
AK74をお持ちなら、是非一緒に揃えて置きたい1挺であろう。

 

価格は¥160,000(税別)である。

 

さて、ロシアの分隊支援火器を3回に分けてお伝えした。
これらがなければ、M249(MINIMI)もM27(HK416)もなかったのである。
米軍マニアの人も手に取って参考にしてみて下さい。

 

尚、今まで筆者のレポートを纏めてくれたアルバイト・ラクーンN氏に感謝します。
『どうもありがとう』

 

ではまた。

 

今回ご紹介した RPK-74 軽機関銃はこちら
同じくご紹介した ロシア RPK 軽機関銃はこちら
同じくご紹介した ロシア AKS-74u 自動小銃はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、四四式騎兵銃 後期型 が大阪店に入荷致しました。

お客様にご連絡中ですが、HP・詳細画像ともにアップしておりますのでどうぞご覧ください。

四四式騎兵銃 後期型 のHPはこちら
四四式騎兵銃 後期型 の詳細画像はこちら


2017.03.15 Wednesday

KA1のツァスタバ M21

こんばんは。KA1です。

 

みなさんはツァスタバというメーカーをご存知だろうか?
詳しい人なら旧ユーゴスラビア(現セルビア共和国)のメーカーであることを知っているだろう。ユーゴ内戦も終わり、現セルビア軍で使用されている、カラシニコフベースの新型5.56mm弾を使用するライフルであるM21を紹介したい。
今回、ロング・バレル、スタンダード・バレル、ショート・バレルと3種類入荷しているので、参考にしたと思われる銃と比較しながら見ていこう。

 

01.jpg
M21 スタンダード・バレル右側面。
ハンドガード、グリップはプラスチック製。
ストックは折畳みタイプ、随分イメージが変わるものだ。

 

02.jpg
M70B1右側面。
旧タイプのM70B1と比べて見ればその差が分かるだろう。(こちらの方がAKらしいが)
レシーバーは流用か?
しかしこの形…?

 

03.jpg
ガリルARM右側面。
かなりガリルARMに近いと言えるだろう。
(同じ5.56mm弾を使用するのだから、似るのは当然と言えるのだが…。)

 

04.jpg

05.jpg
上:M21スタンダード・バレル 下:ガリルARM
バードゲージのフラッシュ・サプレッサーやフロント・サイトの位置等形状は異なるがレイアウトは同じ。

 

06.jpg

07.jpg
上:M21スタンダード・バレル 下:ガリルARM
ハンドガードはどちらも下部のみである。
M21の方がガスチューブまでカバーし、不用意に触れないようにしてあるのが分かる。
(ガリルより丸みがあり持ちやすい)

 

08.jpg

09.jpg
上:M21スタンダード・バレル 下:ガリルARM
レシーバーはM21がプレス、ガリルARMは削り出しのためイメージは異なる。
マガジンはそっくりだが互換性はない。
(余談になるが、ガリルARMのレシーバーは削り出しなので強度はあるが、固すぎてひび割れることがあったそうだ)
M21のグリップにはフィンガー・グルーブがあるが、形は良く似ている。

 

10.jpg

11.jpg
上:M21スタンダード・バレル 下:ガリルARM
ストックはガリルARMはFN FALのコピー(但しロック・ボタンは省略されているが)
M21も形は違うがほぼ同じ構造である。
M21の方がプラスチックのコーティングがされ、形状も頬付けしやすいのが分かるだろう。

 

12.jpg

13.jpg
上:M21スタンダード・バレル 下:ガリルARM

どちらもグリップ上部にセレクターレバーが見える。
スコープ・マウント・ベースがM21はレシーバー後部に、ガリルARMは全部削りだし部にあるのがわかる。

 

14.jpg

15.jpg
上:M21の左側面 下:M21の右側面

セレクター・レバー。
『U』はセーフ、『R』はフル・オート、『J』はセミ・オート

 

16.jpg

17.jpg

上:M21のポスト・タイプ フロント・サイト 下:M21のプレート・タイプ フロント・サイト
M21のフロント・サイトは後部のプレートを立てると近距離用、手前に倒すと通常のポスト・タイプになる。

 

18.jpg

19.jpg
上:M21 スタンダード・バレル 下:AKS-74u
リア・サイト・ベースはよく見ると分かるが、ロシアのAKS-74uのコピーである。
レシーバー・カバーは中折れになり分離しない。

 

20.jpg
M21のリア・サイトを倒したところ。近距離用。

 

21.jpg
リア・サイトを立てたところ。300m用(3の数字が見える)

 

22.jpg
後ろに2枚目のサイトがある。こちらは500m用(5の数字が見える)

 

23.jpg
M21のレシーバー・カバー・ラッチの後端にも段差がつき、AKS-74uと同型と言えるだろう。

 

24.jpg
M21のストックを折畳んだ所。
ガリルARMやFALと同じように右側へ畳む。この状態だと右側のセレクター・レバーは使えなくなってしまうので、グリップ左上のセレクターが必要になってくる。

 

25.jpg
レシーバー左側面にある刻印。
『08』は2008年、『5.56M21SA』、『5637』はシリアル・ナンバー。

 

26.jpg
バレル・サイズの異なる3挺。
左からショート・バレル、スタンダード・バレル、ロング・バレル。


さて如何だっただろうか。
カラシニコフをベースに西側のエッセンスを加え、セルビア風に料理したといった感じかな。

新型の21世紀のカラシニコフ、書籍や雑誌を見ても詳しいレポートは発表されていない。
今ならシカゴで手に入れることが出来る。
値段は¥260,000(税別)、そして何といっても『新型』
それだけのカチはあるのではないだろうか。


ではまた。

 

本日ご紹介したツァスタバ M21 自動小銃はこちら

同じくご紹介したガリル ARM 自動小銃はこちら

同じくご紹介したツァスタバ M70B1 自動小銃はこちら

同じくご紹介したAKS-74u 自動小銃はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、ルイスガン M1914 軽機関銃 が東京店に入荷致しました。

 

早速売約済となりました。ありがとうございます。


▲top