Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2015.08.25 Tuesday

MP5シリーズ

今日の朝食がサンドイッチだったハングリーなアルバイトOです。
米軍が第二次世界大戦時にサンドイッチを準備しようと努力していました。しかし地上基地での補給不足や不十分な調理施設の為にままならないことも多く、そこで兵站研究所は、そういう地上基地で機上用サンドイッチを調理するのに便利なように、サンドイッチとドリンクの材料を揃えた「サンドイッチ-ドリンクパック」の開発を1945年5月にスタートさせましたがこの開発は終戦によって中止されてしまいました。ですが1950年の機上用食糧パックの開発に大きく寄与したそうです。


本日はMP5シリーズのご紹介です。
現在シカゴにはMP5シリーズの在庫が3挺ございます。



1977年、旧西ドイツ国境警備隊は、MP5を正式サブ・マシンガンとして選定し、旧西ドイツの多くの州警察がそれに続きました。
永らく日の当らぬ存在でしたが、旧西ドイツ国境警備隊の特殊部隊GSG9は、ハイジャックされモガジシオ空港に強行着陸したルフトハンザ機の人質救出にMP5を携行・使用して成功し、続く1980年のイラン大使館占拠事件でこのMP5を装備するイギリスSASの映像が世界に公開され、その地位を不動の物としました。
その後のMP5は、さらに改良を加えつつ、発展的にバリエーションを増加させて現代に至っています。


それでは順にご紹介させて頂きます。

まずはHK製MP5A2(EN組み立て品)です。
プラスチック製の固定式ショルダー・ストックを装備させたスタンダードタイプです。
スタンダードタイプはMP5,MP5A4などもあります。





MP5A2に別売りのマズルブレーキを付けたイメージです。



お次はPOF製MP5A3です。
携帯性の良い金属製の伸縮式ショルダー・ストックを装備させたモデルです。

ショルダー・ストックを装備させたモデルはMP5A1,MP5A5などもあります。





お次はPOF製MP5Kです。
ショルダー・ストックを除き、バレルを切り詰め小型化したMP5Kです。
後にMP5KA1も開発されました。





MP5K/MP5KA1のマニュアルもございます。



MP5KアクセサリーのSchießkofferが欲しいでのすが入荷するのでしょうか...
日本でも人気のMP5シリーズですが、まとまった入荷はあまり無いので是非この機会にどうぞ!!

MP5A2(EN組み立て品) 短機関銃はこちら>>
POF製 MP5A3 短機関銃はこちら>>
POF製 MP5K 短機関銃はこちら>>
MP5 マズル・ブレーキはこちら>>
MP5 マニュアル (Kurzbeschreibung der MP5A2、MP5A3、MP5K、MP5KA1)はこちら>>



本日のワンポイント情報!!

買取りで、60mm m/965(FBP) 迫撃砲(新加工品) が東京店に入荷致しました。
お客様にご案内中ですが、HP・詳細画像ともにアップしておりますのでどうぞご覧ください。

60mm m/965(FBP) 迫撃砲(新加工品) のHPはこちら
60mm m/965(FBP) 迫撃砲(新加工品) の詳細画像はこちら

2015.08.21 Friday

カラフルなシェル達

今日の朝食が焼き鮭とご飯だったアルバイトOです。
本日のブログは偶然目に留まったカラフルなショットシェル達です。
カラフルなショットシェルですが実は目立つようにカラフルな色を付けるしかなかったとか...


ショットシェル ダミーカート (口空き) 1発 200円(税別)でしたが、沢山入荷いたしましたので100円(税別) でのご提供となります!!
現在シカゴには7種類のショットシェルがあります。


それでは順にご紹介させていただきます。

まずはこのショットシェルからです。
こちらは使用済みのシェルに実物と同じような中身を入れ、口を閉じて、実物のような雰囲気にしてありますが、雷管は撃ち済みの跡が有り、火薬は一切入っておりませんので安全です。
限定一品800円(税別)のオススメ商品です。
MAXAMのVinci Competition24です。





お次はレミントンのショットシェルです。
こちらは複数在庫があります。
レミントンがお好きな方にオススメです。






お次はKENTのショットシェル2種です。
こちらは複数在庫があります。
Kent Cartridgeは北アメリカに会社があるそうです。





お次は日本でも有名なBerettaのショットシェルです。
ベレッタ社の設立は公式な記録では1680年らしいのですが、それ以前からベレッタ家は銃器の製造を行っていたとのことです。
1956年メルボルンオリンピックのクレー射撃では、ベレッタの競技銃で初めて金メダルを獲得しています。その後も、1978年以降の世界選手権大会だけではなく、主要な国際大会で数々の勝利を収めています。
Brettaの本社はイタリア、ブレシア郊外のガルドーネ・ヴァル・トロンピアにあります。



こちらはショットシェル ダミーカート (口空き) 18発 (ベレッタ社製、紙箱付属)で1,200円(税別)です。
価格的には同じ空薬莢が弊社1発100円となっておりますので、紙箱も付属してお値打ち価格となっております。





お次はCLEVER MIRAGEのショットシェルです。
こちらは複数在庫があります。
CLEVER MIRAGEはイタリアのヴェローナに60年以上前からあるメーカーです。





お次はFiocchiのショットシェルです。
こちらは在庫が一品のみとなります。
こちらもイタリアのメーカーのようです。




如何でしょうか?
現在在庫が沢山ありますのでお好きな色を選べるこの機会にいかがですか?

ショットシェル ダミーカート (口空き) 18発 (ベレッタ社製、紙箱付属)
>>ショットシェル ダミーカート (口空き) 1発はこちら
>>12ゲージ ショット・シェル ダミーカートはこちら



本日のワンポイント情報!!
出張買取りで、無可動実銃コレクション(すべて旧加工品)が東京店に入荷致しました。
MP38 短機関銃、MP40 短機関銃、MP40 I 短機関銃、MP44 突撃銃(ZF4 スコープ装着モデル) の合計4挺に
なります。

HP・
詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。
尚、
MP44 突撃銃(ZF4 スコープ装着モデル) は早速ご売約をいただきました。ありがとうございます。


MP38 短機関銃(旧加工品) のHPはこちら
MP38 短機関銃(旧加工品) の詳細画像はこちら

MP40 短機関銃
(旧加工品) のHPはこちら
MP40 短機関銃(旧加工品) の詳細画像はこちら

MP40 I 短機関銃(旧加工品) のHPはこちら
MP40 I 短機関銃(旧加工品) の詳細画像はこちら


2015.08.13 Thursday

懐かしき飯盒

今日の朝食がフォカッチャだったアルバイトOです。
実はフォカッチャの語源はラテン語の“Focas(火)”と言われており、
紀元前から食されていました。

フォカッチャを食べている際に飯盒でパンを焼ける事をふと思い出したので今日のブログにて飯盒を紹介させて頂きます。

本日は前々回のブログで少し紹介させて頂きましたドイツ軍のM1910飯盒3点をご紹介させて頂きます。


M1910
飯盒は帝政ドイツ時代の1910年に採用され第一次大戦で使用されました。
極初期はアルミニウム製でしたが、第一次大戦後半の1917年頃からスチール製に変わりエナメルでコーティングされたものが使用され始めたようです。

それでは順にご紹介させて頂きます。

こちらは極初期のアルミニウム製のM1910
飯盒です。
表面はグレー色の塗装が施されています。
表面の塗装がやや傷ついていますが、100年前の飯盒とは思えないほどとても状態が良いです。







1917年以降に使用され始めたスチール製のエナメルコーティングされた黒塗装の飯盒です。
この個体はハンドル部分が少々緩めとなっております。
そのため持ち運ぶ際に少しハンドルが開くなどの問題が見受けられます。






1917年以降に使用され始めたスチール製のエナメルコーティングされたOD塗装の飯盒です。
上蓋と本体にWupperman17の文字が確認出来ます。
17はメーカーコードかと思います。

この個体はハンドル部分が緩いなどの問題は見受けられませんが飯盒の内側に少々錆が見受けられます。
飯盒の内側はブルーの塗装が施されておりカラフルな飯盒です。









私もキャンプで飯盒をよく利用してましたが、とにかく火加減が難しいんです。
炊く時間が長いと焦げますし、短いと半生で芯が残ってしまいます。
少し焦げたところはおこげみたいで美味しいので私は好きです。
キャンプでは飯盒でご飯を炊くよりパンを焼く方が簡単だと思います。


M1910飯盒は紹介させて頂いた3品が東京店にございます。
是非この機会にどうぞ!


>>ドイツ軍 M1910 飯盒 鉄製 黒塗装はこちらから
>>ドイツ軍 M1910 飯盒 鉄製 OD塗装はこちらから
>>ドイツ軍 M1910 飯盒 アルミ製はこちらから




本日のワンポイント情報!!
下取りで、SMLE No.4 MK1* 小銃(新加工品)、SKS (シモノフ・カービン)(新加工品)、M16A1 自動小銃(新加工品) が東京店に入荷致しました。


HP・詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。
尚、
SKS (シモノフ・カービン)(新加工品) と M16A1 自動小銃(新加工品) はお客様にご案内中です


SMLE No.4 MK1* 小銃
(新加工品) のHPはこちら
SMLE No.4 MK1* 小銃(新加工品) の詳細画像はこちら

SKS (シモノフ・カービン)(新加工品)
のHPはこちら
SKS (シモノフ・カービン)(新加工品) の詳細画像はこちら

M16A1 自動小銃(新加工品) のHPはこちら
M16A1 自動小銃(新加工品) の詳細画像はこちら

 


2015.08.11 Tuesday

M16 Magazines

朝からカルボナーラだったハングリーなアルバイトOです。


本日はM16のマガジン達をご紹介させて頂きます。
現在シカゴでは5種類のM16 30連マガジンの在庫があります。
どの在庫品も状態が良いのでとてもオススメの品です。





LUDLOW CORP社製 M16 30連マガジン 未開封アルミ箔パック
パックの性質上中は見えませんが、袋のNSNコードからもM16 30連マガジンとなります。






Parsons Precision Products inc社製 M16 30連マガジン 未開封ビニール



パッケージにはこのような印刷が施されています。

NSN:1005-00-921-5004
Magazine Assembly 30 Rd. 5.56MM
1each
Contract Number DAAA09-85-C-1402
A   Aug. / 1986
Parsons Precision Products, Inc
Psrsons Kansas 67357

     ↑
PLASTIC PACKAGING CORP.
              VP-391
           MIL-B-117E
TYPE I CLASS B STYLE 2



ORLITE ENG社製 M16 30連マガジン
イスラエル軍用のM16用 30連マガジンで、強化プラスティック製です。




Canadian C7 M16 30連マガジン
C7用(カナダ製M16)用の強化プラスティック製マガジンです。
最近ではアメリカ軍の特殊部隊なども使用し始めました。




Thermold社製 M16 30連 マガジン (空砲専用)
この空砲用マガジンですがカナディアン30連にそっくりです。
底板に刻印された、「PAT No.」(特許番号)が、全く一緒なのも気になりますね。
もしかして同じ型で作っていたのでしょうか?

金属製のマガジンは専用ビニールにパックされているので保管には丁度良いかと思います。
最近では樹脂製の実物M16マガジンなどは国内で入手が難しいのでは無いでしょうか?
是非この機会にどうぞ!!


M16 30連マガジン 未開封アルミ箔パックはこちらから>>
M16 30連マガジン 未開封ビニールはこちらから>>
イスラエル M16 30連マガジンはこちらから>>
C7 カナディアン M16 30連マガジンはこちらから>>
M16 30連 マガジン (空砲専用) >>



本日のワンポイント情報!!
買取りで、MG42 汎用機関
銃(旧加工品) が東京店に入荷致しました。
お客様ご案内中ですがHP・
詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。

MG42 汎用機関銃(旧加工品) のHPはこちら
MG42 汎用機関銃(旧加工品) の詳細画像はこちら


2015.08.03 Monday

Meal, Ready to Eat

はじめまして、この夏休みにシカゴレジメンタルスをお手伝いすることになりました。ハングリーなアルバイトOと申します。

関東でも猛暑が続いていますが、そんな酷暑に関係無く朝起きると普段よりお腹が空いてしまうので「ハングリーなアルバイトO」と言う名になった次第です。

まずはこの夏休み限定ですが、どうぞよろしくお願い致します。

今回初のブログを社長に確認してもらった際に

社長「シカゴの商品載せてくれな〜」
とツッコまれてしまいました。
アルバイトO「すいません...次回からしっかりとシカゴのお宝バシバシ載せますので!」


さて私の初ブログで取り上げますのは、知人の方に頂いた...

米軍の野戦食(MRE)です。

まずはパッケージです。
米軍のMREにMENU表記があり年代ごとにメニューに違いがあります。
今回取り上げた、MREは2010年以降のMENU18となっており
ビーフパテが入っているようです。
↓パッケージは見やすいように開封しました。



お次は中身です。
中にはスプーン、ヒッター、ヒーターバッグなどを含み12個アイテムが入っていました。




それではまず最初に目に付いたのがこれです。
日本でもお馴染みのBBQ SAUCE(バーベキューソース)です。
ファーストフードなどに比べると内容量が約2倍ほどあり量が多めです。




お次はベーコンチーズスプレッドです。
こちらはベースがチーズなので少しドロっとしています。
色はマスタードやからしに近い黄色です。




お次はインスタントティーです。
こちらはお砂糖も一緒に梱包されており、5つアイテムが入っておりました。
パッケージの裏にNatural and artificial flavorsとありましたが自然と人工の味とは
日本ではあまり見慣れない変わった表記でした。




こちらのレトルトカレー風の箱に入っているのがメキシコ風マカロニチーズ(左)ビーフパティ(右)です。
ビーフパティは100g入っており、メキシコ風マカロニチーズは142g入っているようです。
どちらも付属ヒーターを使って温めてから食べるようです。




こちらはビーフパティやメキシコ風マカロニチーズをディップして食べるスナックです。
バーベキューソースもこれでディップして食べるようです。




こちらはヒーターヒーターバッグです。
さきほどのビーフパティとメキシコ風マカロニチーズを温める際に使うものです。
ヒーターは水分と化学反応を起こすため、水気や空気を防ぐ意味で密閉されています。





どうでしたでしょうか?

MREには数々の包装基準があり、条件を全て満たす必要があるため数々の工夫がなされています。
戦場仕様のためMREはカロリーがとても高いです...
非常食として家に置いておくのも良いかもしれません、しかし放出品などのMREは残念ながら賞味期限や消費期限が切れている場合があるので注意が必要です。
MEALレーションの軍の備蓄機関は約3年ほどだそうです。

食べ物つながりですがシカゴには現在4種類の飯盒がありますのでこの機会にいかがでしょうか?

>>ドイツ軍 M1910 飯盒 鉄製 黒塗装はこちらから
>>ドイツ軍 M1910 飯盒 鉄製 OD塗装はこちらから
>>ドイツ軍 M1910 飯盒 アルミ製はこちらから
>>日本軍飯盒はこちらから

それでは今回はこの辺で失礼します。
最後までご覧頂きありがとうございました。



本日のワンポイント情報!!
下取りで、
StG.44 突撃銃(旧加工品) が東京店に入荷致しました。
お客様ご案内中ですがHP・
詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。

StG.44 突撃銃(旧加工品) のHPはこちら
StG.44 突撃銃(旧加工品) の詳細画像はこちら

▲top