Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.03.16 Thursday

アーマーモデリング 2017年4月号 第22回掲載銃『バレット M82A1 』

皆さまこんにちは。

 

WBCだいぶ盛り上がってきましたね!
(大谷選手が辞退した時に少し興味が薄れたのはここだけの話・・)

ケガで離脱した選手がいたりメジャーリーグの選手が少ないとか色々大変なこともあるようですが、
選ばれた選手達が一致団結して戦う姿に感動を覚えてしまうフォックスです。


さて、アーマーモデリング最新刊が届きましたのでご紹介します!

 

今回のアーマーモデリング4月号の巻頭特集は
『 錆と傷 』プラスチックを鋼鉄に変えるテクニック

 

ということで、歴史を刻んできた兵器の鋼鉄の質感(錆や傷、塗装剥がれの凸凹など)を

プラスチックの模型上で表現するテクニックを紹介しています。

 


錆と傷の表現のリアリティー追及の為、実物の戦車の錆や傷、
塗装剥がれの画像が分かりやすく取り上げられています。

ぼかしを入れずに見せられないのが残念です!


戦車とは全然違いますが、錆で思い出したのが両親が昔(昭和の頃)乗っていた車。

実家は海の近くだったので海沿いの道をよく通るわけですが・・。
ガードレール突き破ったらすぐ海(堤防はあってないようなもの)という地元民しか通らないような道では、
台風や高波の日は波が道路の上まで上がることも多く、数年乗った車は下側がだいぶ錆びていました。

乗り換えの頃にはなかなかリアルに錆びて朽ちていく感じが出ていたと記憶しています。

 


 

今回ご紹介いただいたのは バレット M82A1   
バレット・ファイア・アームズ社が開発した大型のセミ・オートマチック狙撃銃です。



とにかく大きくて撮影で持ち出す時に編集部の方がどうやってもって帰るのかと心配になりました。

気になる方はぜひシカゴ東京店に見にいらして下さいね!
アルバイトSさんとラクーンNさん曰く、大きさの割には軽い?ようです。

 

 

今回アーマーモデリング誌に掲載して頂いた個体 バレット M82A1(No.3098) はこちら

M82専用ペリカンケースはこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、ロシア RPD 軽機関銃 2型 (アウトレット品) が東京店に入荷致しました。

HP・詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。

ロシア RPD 軽機関銃 2型 (アウトレット品) のHPはこちら
ロシア RPD 軽機関銃 2型 (アウトレット品) の詳細画像はこちら


2017.01.29 Sunday

フォックスのスタッフ紹介ページが完成しました。

皆さまこんにちは。


この冬の個人的テーマは『1個も腐らせずにみかん1箱食べきる』
みかんを取ろうとして腐ったみかんに指が刺さる・・という悲劇は繰り返すまいと思っているフォックスです。


この度スタッフ ケンさんとスタッフSさんご協力のもとスタッフ紹介のページが完成いたしました。
私のとてもあいまいなアイデアから作成して頂きまして感謝しております。

 

 


フォックスの生態(基本情報)をご紹介しておりますのでどうぞご覧くださいませ。

 

それでは、今後ともよろしくお願いいたします!

 

 

本日のワンポイント情報!!

 

買取りで、M4A1 カービン (Norinco製) が大阪店に入荷致しました。

早速販売済となりました。ありがとうございました。


2017.01.20 Friday

アーマーモデリング 2017年2月号 第21回掲載銃『ガリル ARM 自動小銃』

皆さまこんにちは。
セリフを覚える程に何度も見ている「風の谷のナウシカ」
放送があればついつい見てしまい毎回ついつい涙してしまうフォックスです。
(わかっているけどやめられない・・ってやつですね)


アルバイトのラクーンNさんが学生生活最後の踏ん張り(卒論提出)で学業に専念していましたので、アーマーモデリング誌をご紹介するお役目がまわって参りました!

 

今回のアーマーモデリング2月号の巻頭特集は
『AFV塗装の光と影』ハイライトとシェードでより立体的な仕上がりに!

ということで、光と影を表現して模型をより立体的に見せるテクニックが紹介されています。

 


『光を表現することは影を表現すること。』という文がありましたが、なんだか哲学的です。。。
茂みでたき火をしている場面で、闇の部分と兵士たちにたき火の光が当たる範囲が絶妙でまじまじと見てしまいました。
気になる方はぜひ実際の紙面をチェックしてみてください。


 

本誌に今回取り上げていただいたのは 『ガリル ARM 自動小銃』  
イスラエルが改良、国産化したAK(カラシニコフ)が原型の自動小銃です。

 


銃について詳しく語る知識はございませんが、とても気になった点が一つ。

 

『栓抜き』ついている?銃に『栓抜き』??

 

思わずVWのビートルの運転席についている一輪挿しを思い出しました。
初めて一輪挿しを見たとき「なぜに?」と疑問に思ったものです。

初めから栓抜きとして作られたのか・・たまたま栓も抜けるよ?だったのか・・
色々な事が頭をよぎりましたが
、栓抜きとして設計されたものなんですね〜。

とりあえず機会があれば瓶ビールで試してみたいと思っています!

 

 

>> 今回アーマーモデリング誌に掲載して頂いた個体(No.2059152)ガリル ARM 自動小銃 木製ハンドガード 着剣装置付 はこちら

>> 他、在庫のある ガリル ARM 自動小銃 はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、BAR M1918A2 ブローニング オートマチック ライフル が東京店に入荷致しました。

お客様にご連絡中ですが、HP・詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。 


BAR M1918A2 ブローニング オートマチック ライフル のHPはこちら
BAR M1918A2 ブローニング オートマチック ライフル の詳細画像はこちら

 


2017.01.04 Wednesday

箱根から世界(五輪)へ!

新年あけましておめでとうございます。

 

年中無休のシカゴ東京店ですが、フォックスは正月休みを頂きまして本日が仕事始めでございます。正月休みは毎年恒例「箱根駅伝の中継を食い入るように見る!!」でとても有意義な時間を過ごしました。箱根からオリンピックでメダルを取るようなランナーが出るといいですね。

 

さて、年末にブログデビューしたばかりのフォックスがまたもや登場しておりますが、今回は少しだけ商品についてのお知らせを・・

 

主にドイツ第三帝国(ナチス・ドイツ)時代のオリジナル品ですが、ちょうど1年前に社長がご友人から委託品として預かった品の残り分を1月8日(日曜日)に返却することになりましたので、この隙にご紹介させて頂きます。

 

返却まであと数日ですが東京店にございますので、もしご興味がありましたら1月7日(土曜日)までに東京店までご連絡くださいませ。

社長ブログ写真.jpg

この画像の品は全て本日時点で在庫にございます。

 

大阪店スタッフのナベさんが、東京店時代に委託品の一部(ベルリン・オリンピック関係品)をブログに書いていますので、ご参考にしてください。 すでに「磁器製ベルリンオリンピック聖火ランナー立像」と「箱つき五輪メダル」は販売済みとなっています。ありがとうございました!

ナベさんのブログ「1936年のベルリン・オリンピック関連アクセサリー」はこちら

 

ブログで紹介された下記の2点はまだ在庫にございます。

ブランデンブルク門あんど五輪のバッジはこちら

ご禁制のハーケンクロイツ入りの五輪バッジはこちら

その他の商品もシカゴHPに一点ずつアップしてありますのでご覧ください。
五輪アクセサリーを含むドイツ第三帝国の委託品はこちら

イギリス軍 ミニチュア勲章4連セット (第一次世界大戦)はこちら
ベルギー軍 ミニチュア勲章6連セット(第二次世界大戦頃)はこちら
ソ連製メモ帳 (ワインレッド)はこちら
ソ連製メモ帳 (ブラウン)はこちら

 

軍装品や無可動銃ネタで私がブログを書けるのはまだまだ先ですが、このようなオリンピック・ネタでしたら書けたかな・・・?今年は少しでも戦力になれるようブログでも小ネタを挟んでまいりたいと思いますので、何卒よろしくお願い申しあげます!

 

本日のワンポイント情報!!

下取りで、ドントル銃 (真鍮製銃身、銃砲刀剣類登録証付古式銃) が東京店に入荷致しました。

HP・詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。

ドントル銃 (真鍮製銃身、銃砲刀剣類登録証付古式銃) のHPはこちら
ドントル銃 (真鍮製銃身、銃砲刀剣類登録証付古式銃) の詳細画像はこちら


2016.12.28 Wednesday

はじめまして☆

シカゴブログをご覧の皆さま、はじめまして。フォックスと申します。

店頭でご挨拶させて頂く機会もありましたのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、
あらためまして・・どうぞよろしくお願いいたします!!


商品知識含め至らぬ点が多いことが大変心苦しい限りです。

お客様には可能な限りご迷惑をお掛けしないように心がけておりますが、
しどろもどろになっていた際には温かい目で見守って頂ければと思います。


さてさて、初めてのブログに何を書こうかと緊張していますが・・

ここから下は箸休めのつもりで読んで頂ければ・・・
↓↓↓

 

先日、社長ブログでも触れられていましたが有難いことに歓迎会を開いて頂きました。
(ありがとうございました!)

 

その時となりに座っていたアルバイトSさんから、

「フォックスさん、シカゴに入社して気に入った銃とかありました??」と聞かれたわけですが・・


気に入った・・?というか気になった銃を思い出しました。

DSC01300.JPG

 

「レバーアクションの銃です!」

ボルトアクションは映画とかで撃つたびにガチャってボルトを引くのを見たことありましたが、
シカゴの2階入ってすぐにあるウィンチェスターの列を見ながら

レバーアクションってなんだろう・・レバーって・・・と一番最初に疑問に思ったんです。

 

早速、家に帰ってからYouTubeで検索してみたわけですが

『撃つ!→レバーをカシャ!→上の穴から空の薬きょうがピョーン!・・・!!!』


完全に初めて見た代物でした。


アルバイトSさんからは、「僕の7歳レベルです」と言われましたが・・

フォックスの現状はやっとつかまり立ちできた所で小学校入学すら遠いレベル。

 

来年は光の速さで成長し早く成人式(一人前に)を迎えたいと思っております!
※実年齢の話ではありません。

 


そんなフォックスが気になっているレバーアクション(ウィンチェスター)の銃はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、M1 ガーランド ライフル が東京店に入荷致しました。
HP・詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。

M1 ガーランド ライフル のHPはこちら
M1 ガーランド ライフル の詳細画像はこちら


▲top