Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.11.09 Thursday

第84回ヴィクトリー・ショーに行ってきました!

こんばんはフォックスです。

だいぶ気温も下がって寒くなってきたせいか、スタッフにも風邪ぎみがちらほら・・。
私も一瞬まずい(熱でた?)と思った日がありましたが、気のせいだったようです。 病は気から!!


さて今回は、遅ればせながら先週の日曜日に開催された第84回ヴィクトリー・ショーの出店についてのご報告です。

以前も何度かブログでイベントの様子をお知らせしていますので、ご存知の方も多いと思いますが、イベントではシカゴ社長の個人的なお店「宮崎商店」として、シカゴの店舗では通常は販売しないトイガン(エアガン、モデルガン)、軍装品などを専門外ということで格安処分価格で販売しております。


イベント当日は、社長・元外人部隊さん・キートンさん3名が揃って海外出張中のため、残りのスタッフ総出で店舗とイベントとでフル回転となりました。 私は毎回、朝の搬入から陳列までお手伝い、オープンする頃には東京店へと戻り通常業務となりますが、会場の熱気を感じられないのがいつもちょっぴり残念に思ったりもします。


ちなみに今回のブースはこのような感じでした。

 

(携帯いじっているようにみえますが、オープン前に時間を確認しているだけです。)

 

個人的に欲しいな〜と思ったものは、写真の真ん中に写っている FIRST AID KIT のケースです。 家にちらばっている風邪薬とか絆創膏とか保管用に使いたい・・。 色味も様々で、中身が入っているものもありました。


今からの時期に重宝しそうなアウターも沢山揃っていましたが、その中でも特にこれこそは!という一着をトルソーに着せ、はりきって展示してみました。 英軍レザーフライトジャケット(復刻)なので、裏ボアがモコモコで防寒対策ばっちり。 ポケット口や肘などに少々使用感が出ていますが、新品ピカピカよりも馴染んだ雰囲気で良い感じだと思います。(個人的な好みです)

 

 

イベント自体は今回も無事に終わったようで、一安心です。


イベントに持っていった商品はほぼ全てトラックに積まれ、そのまま倉庫へ戻ってしまいましたので、
『買い逃した!やっぱり買っておけば良かった!欲しかったのに!!』等のご要望に即座にお答えすることは難しいですが・・。

また次回(2018年1月)のイベントに出店予定ですので、ぜひ次回「宮崎商店」にお立ち寄り下さい。
次回は1/6(土)、1/7(日)の開催で両日出店予定です。 どんな商品が並ぶかご期待下さい〜!!

 

>英空軍フライト・ジャケット(AvirexUSA製)はこちら

>他、少々タイトな US A-2 フライト・ジャケット はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、MP41 短機関銃 が東京店に入荷致しました。HPとDetailed Photos(詳細画像) はすでにアップしております。

すぐにご紹介可能な商品となっていますので、ぜひHPをご覧ください。

 

MP41 短機関銃(28万円、税別) はこちら


2017.05.17 Wednesday

アーマーモデリング 2017年6月号 最終回掲載銃『 マイクロ・タボール 自動小銃 』

皆さまこんばんは。


シナモンシュガーの「シナモン」が一瞬「モシンナ」に見えた気がして朝からドキッとしたフォックスです。
シカゴに慣れてきた証拠か・・目の錯覚か・・モシンナガン・・

 

・・という話はさておき、

アーマーモデリング最新刊が届きましたのでご紹介です!

今回のアーマーモデリング6月号の巻頭特集は
戦車模型がもっと好きになる『フィギュア ステップアップ講座』です。

題材の車両を活かす手法のひとつとして、フィギュアを絡めることにより
車両がどのように活躍したのかを再現する一例が紹介されています。

 

フィギュアの兵隊さん方はみんな空を見上げていますが、何があったんでしょ?
戦況を見つめている感じでしょうかね〜?飛行機でも飛んできたのかな・・?

色々な状況の想像を掻き立てるような雰囲気があると思います。
(ボカシてますので分かりにくいとは思いますが・・)



他のページでは、肌の陰影の出し方や目の描き方など、フィギュアをより人らしく仕上げる方法が説明されていました。

目や眉毛を小さいフィギュアの顔に描くとか・・。

筆を持つ手がプルプルするのが目に見えるようです。
眉毛失敗しちゃったりしたらかなり大変そう・・

 


シカゴの商品が登場していた「ARMS FOR MODELERS」の連載ページですが、残念なことに今回が最終回となりました。

そして最終回でご紹介いただいたのは マイクロ・タボール 自動小銃

イスラエル・ウェポン・インダストリーズ(Israel Weapon Industries)=通称IWIにより開発・生産されている、タボール 21から派生したアサルト・カービンです。

 

見慣れないせいかタボール関連のデザインって斬新!
(普段ボルトアクションが視界に入る席に座っている個人的な感想です)

 

今回アーマーモデリング誌に掲載して頂いた個体 マイクロ・タボール 自動小銃 (Mepro21 リフレックス・サイト付、#37880147)はこちら

他、X95 自動小銃  はこちら

本来の タボールTAR21 はこちら

関連アクセサリー M21 リフレックス・サイト はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、下記の無可動実銃2挺とアクセサリーが東京店に入荷致しました。一部ご予約を頂いているお品物がございますが、準備が整い次第ご案内予定です。キャンセル待ちもお受けしていますのでお気軽にお問合せ下さい。

なお、BAR M1918A2 ブローニング オートマチック ライフルのHPとDetailed Photos(詳細画像)、およびMG34/42 MGZ34 光学照準器、MG42 ラフェッテのHPは完成しております。ぜひHPをご覧ください。

BAR M1918A2 ブローニング オートマチック ライフル (34万円、税別)
ブローニング30口径 M1919A4 重機関銃
MG34/42 MGZ34 光学照準器(40万円、税別)
MG42 ラフェッテ(30万円、税別)


2017.03.16 Thursday

アーマーモデリング 2017年4月号 第22回掲載銃『バレット M82A1 』

皆さまこんにちは。

 

WBCだいぶ盛り上がってきましたね!
(大谷選手が辞退した時に少し興味が薄れたのはここだけの話・・)

ケガで離脱した選手がいたりメジャーリーグの選手が少ないとか色々大変なこともあるようですが、
選ばれた選手達が一致団結して戦う姿に感動を覚えてしまうフォックスです。


さて、アーマーモデリング最新刊が届きましたのでご紹介します!

 

今回のアーマーモデリング4月号の巻頭特集は
『 錆と傷 』プラスチックを鋼鉄に変えるテクニック

 

ということで、歴史を刻んできた兵器の鋼鉄の質感(錆や傷、塗装剥がれの凸凹など)を

プラスチックの模型上で表現するテクニックを紹介しています。

 


錆と傷の表現のリアリティー追及の為、実物の戦車の錆や傷、
塗装剥がれの画像が分かりやすく取り上げられています。

ぼかしを入れずに見せられないのが残念です!


戦車とは全然違いますが、錆で思い出したのが両親が昔(昭和の頃)乗っていた車。

実家は海の近くだったので海沿いの道をよく通るわけですが・・。
ガードレール突き破ったらすぐ海(堤防はあってないようなもの)という地元民しか通らないような道では、
台風や高波の日は波が道路の上まで上がることも多く、数年乗った車は下側がだいぶ錆びていました。

乗り換えの頃にはなかなかリアルに錆びて朽ちていく感じが出ていたと記憶しています。

 


 

今回ご紹介いただいたのは バレット M82A1   
バレット・ファイア・アームズ社が開発した大型のセミ・オートマチック狙撃銃です。



とにかく大きくて撮影で持ち出す時に編集部の方がどうやってもって帰るのかと心配になりました。

気になる方はぜひシカゴ東京店に見にいらして下さいね!
アルバイトSさんとラクーンNさん曰く、大きさの割には軽い?ようです。

 

 

今回アーマーモデリング誌に掲載して頂いた個体 バレット M82A1(No.3098) はこちら

M82専用ペリカンケースはこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、ロシア RPD 軽機関銃 2型 (アウトレット品) が東京店に入荷致しました。

HP・詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。

ロシア RPD 軽機関銃 2型 (アウトレット品) のHPはこちら
ロシア RPD 軽機関銃 2型 (アウトレット品) の詳細画像はこちら


2017.01.29 Sunday

フォックスのスタッフ紹介ページが完成しました。

皆さまこんにちは。


この冬の個人的テーマは『1個も腐らせずにみかん1箱食べきる』
みかんを取ろうとして腐ったみかんに指が刺さる・・という悲劇は繰り返すまいと思っているフォックスです。


この度スタッフ ケンさんとスタッフSさんご協力のもとスタッフ紹介のページが完成いたしました。
私のとてもあいまいなアイデアから作成して頂きまして感謝しております。

 

 


フォックスの生態(基本情報)をご紹介しておりますのでどうぞご覧くださいませ。

 

それでは、今後ともよろしくお願いいたします!

 

 

本日のワンポイント情報!!

 

買取りで、M4A1 カービン (Norinco製) が大阪店に入荷致しました。

早速販売済となりました。ありがとうございました。


2017.01.20 Friday

アーマーモデリング 2017年2月号 第21回掲載銃『ガリル ARM 自動小銃』

皆さまこんにちは。
セリフを覚える程に何度も見ている「風の谷のナウシカ」
放送があればついつい見てしまい毎回ついつい涙してしまうフォックスです。
(わかっているけどやめられない・・ってやつですね)


アルバイトのラクーンNさんが学生生活最後の踏ん張り(卒論提出)で学業に専念していましたので、アーマーモデリング誌をご紹介するお役目がまわって参りました!

 

今回のアーマーモデリング2月号の巻頭特集は
『AFV塗装の光と影』ハイライトとシェードでより立体的な仕上がりに!

ということで、光と影を表現して模型をより立体的に見せるテクニックが紹介されています。

 


『光を表現することは影を表現すること。』という文がありましたが、なんだか哲学的です。。。
茂みでたき火をしている場面で、闇の部分と兵士たちにたき火の光が当たる範囲が絶妙でまじまじと見てしまいました。
気になる方はぜひ実際の紙面をチェックしてみてください。


 

本誌に今回取り上げていただいたのは 『ガリル ARM 自動小銃』  
イスラエルが改良、国産化したAK(カラシニコフ)が原型の自動小銃です。

 


銃について詳しく語る知識はございませんが、とても気になった点が一つ。

 

『栓抜き』ついている?銃に『栓抜き』??

 

思わずVWのビートルの運転席についている一輪挿しを思い出しました。
初めて一輪挿しを見たとき「なぜに?」と疑問に思ったものです。

初めから栓抜きとして作られたのか・・たまたま栓も抜けるよ?だったのか・・
色々な事が頭をよぎりましたが
、栓抜きとして設計されたものなんですね〜。

とりあえず機会があれば瓶ビールで試してみたいと思っています!

 

 

>> 今回アーマーモデリング誌に掲載して頂いた個体(No.2059152)ガリル ARM 自動小銃 木製ハンドガード 着剣装置付 はこちら

>> 他、在庫のある ガリル ARM 自動小銃 はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、BAR M1918A2 ブローニング オートマチック ライフル が東京店に入荷致しました。

お客様にご連絡中ですが、HP・詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。 


BAR M1918A2 ブローニング オートマチック ライフル のHPはこちら
BAR M1918A2 ブローニング オートマチック ライフル の詳細画像はこちら

 


▲top