Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.03.27 Monday

時差は友達

ブログでも店頭でも随分とご無沙汰しております元外人部隊です。
ニュースでも桜の話題がちらほら出てきて、今年も早3ヶ月が経とうとしております
・・・早いですね。
特に今年はここまで早かった気がします。
と、言いますのも3月中旬までで既に5回の海外出張に行っており、月末には6回目の出張が控えている状態です。
時差とは既にお友達で、時差が大変大変と思うのを通り越し日常化してしまいました。
さて、5回の出張でブログとしてお知らせしていたのは、社長や他スタッフと共に行った3回で残り2回はブログに載せていないのを社長に知られてしまい、現在事後報告としてブログに書いております。
今年の出張を順にまとめてみました。
まず1月中旬に単身で向かったアメリカ出張。

map-blog-201703-4.jpg

今年から本腰でアメリカ市場の開拓(再開拓)の為現状の確認と、ラスベガスで行われたSHOT・SHOWへの参加が主な目的での出張でした。

市場や業者等の詳細はマル秘事項ですので・・・。

SHOT・SHOWでは偶然某ミリタリー雑誌に写り込んでいましたので、見つけて見てください!

 

 

 

1月下旬から2月初旬までに社長と(社長は途中緊急帰国したので、半単身出張になりましたが、、、)イギリスへの出張

その時のブログはこちら!

 

 

 

3回目はアルバイトS君とのヨーロッパ出張。

この時は私はヨーロッパのみでイギリスへは行きませんでした。

その時のブログはこちら↓

 

2017年2月13日のブログはこちら

2017年2月14日のブログはこちら

2017年2月15日のブログはこちら

2017年2月16日のブログはこちら

2017年2月17日のブログはこちら

2017年2月18日のブログはこちら

2017年2月19日のブログはこちら

2017年2月20日のブログはこちら

 

4回目は2月下旬から3月初旬にかけてスタッフ・キートンさんと行ったヨーロッパ出張。

その際のブログはこちら↓

2017年2月28日のブログはこちら

2017年3月1日のブログはこちら

2017年3月2日のブログはこちら

2017年3月3日のブログはこちら

2017年3月4日のブログはこちら

2017年3月5日のブログはこちら

 

 

 

そして5回目の3月中旬に行った英国単身出張

map-blog-2017-3.jpg

次回のヨーロッパからの新入荷品の加工再確認だけの出張でした。 この仕事は1mmのミスが大きな問題になります。「仕入れでは石橋は叩いて渡らない」けど「加工は念には念を入れる」ものだと実感した出張でした。

 

 

今週末からまたアメリカからヨーロッパを回る世界一周出張に行ってきます。 東京→シカゴ→タルサ→シカゴ→某州某所→シカゴ→パリ→ロンドン→ニューキー→ロンドン→東京って時差的には最悪の東回りです…

 

 

嬉しいことに出張の合間に旧加工の旧軍コレクションの買取が成立しました。

今ではかなり高価になっていますが、珍しい旧加工品のみのコレクションです。 これからアメリカで買い付ける旧軍の品の仕入れ参考にもなって大助かりです。 ⇐残念ながらアメリカからの正規輸入品は新加工になってしまいますが…。 仕方ないですね、旧加工だけのコレクションなんて一年に数回くらいしか入荷がないので、攻めのシカゴでは海外(旧軍ものはアメリカ)へいってドンドン仕入れてまいります。 上から三年式重機、九九式長小銃、九九式狙撃銃、九九式短小銃、四四式騎兵銃、四四式騎兵銃、以上! 九九式長小銃の下に写っているのは「超レアな九九式小銃用のクリックデタチッアブル・スリング」です。 一般的な銃より遥かに珍しいです。

 

来週からのアメリカ出張は理系スタッフのキートンさんが同行します。 彼の正確なブログをお楽しみにしてください。

 

 

現在まででHPに掲載されている旧軍コレクションはこちら↓

四四式騎兵銃 後期型 (#66876)

四四式騎兵銃 後期型 (#4143)

二式小銃 (#14153)

九九式長小銃 (#11211)

九九式短小銃 初期型 (#20415)

 

まだHPに掲載されていない商品も順次UPしてまいりますのでお楽しみに!!

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、M1A1 パラトルーパー カービン が大阪店に入荷致しました。
お客様にご案内予定ですが、HP・詳細画像とも近日中にアップ予定です。

 

 


2017.01.07 Saturday

2017年 新春浅草ブラックホール 宮崎商店出店します!!

皆様遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
お正月はゆっくりお休みになられましたか?

お正月休みが終わり(シカゴは営業してましたよ!)、仕事始めかと思ったら、また三連休(シカゴは営業してますよ)!!
そんな今回の三連休ですが、現在浅草 都立産業貿易センター台東館5Fにて
「2017 新春浅草ブラックホール」
が開催されています!!
 
本日も限定的ではありますが、一般入場を行っていたので、既に足を運ばれた方もいらっしゃるかと思います。
「シカゴレジメンタルス」は明日1/8(日)より2日間「宮崎商店」として買取で入荷した普段店頭では販売しない装備品やモデルガンをお値打価格にて販売しております。

 
 

 
 
IMG_1274.JPG
ちょっと今回は持っていき過ぎたようで、用意されていたテーブルより160%オーバーくらいの商品を用意しています。
その為、旧ハッコーのスコープ類は今回は販売しておりません。

色々と商品を並べていると面白いものが。

 
IMG_1275.JPG
米軍の防弾チョッキでしょうか
 
IMG_1276.JPG
「223」や「45」等の文字と共に穴が空いています。
もちろん試射で使用されたものですが、気になる性能は?

 
IMG_1277.JPG
拳銃弾は防げているようですが、223のライフル弾はしっかり貫通してますね。
自分が外人部隊の頃支給されていたものはカラシニコフに耐えうると聞かされていましたが、、、、。

そんな防弾チョッキお値段が現時点では¥8,000!
ですが!!
今回は「シカゴレジメンタルス」ではなく、「宮崎商店」です!!
お値段交渉受け付けます!
どれくらい下がるかは、実際会場にお越し頂いてご確認ください!!!
開店直後の値引きはないと思います、いつから値引きが始まるかは売上次第!
大きな装備品を買って頂けると嬉しいです。

それでは会場でお待ちしております!
会場の詳細は下記の本日ツーポイントをご確認ください!

 

本日のツーポイント情報!!  

明日1月8日(日)〜9(祝月)の新春ブラックホールにシカゴ社長の個人的なお店「宮崎商店」が出店いたします。



2017’新春 ブラックホール
都立産業貿易センター台東館 (最寄り駅浅草)
(東京都台東区花川戸2−6−5)

5階フロアー北側

ブラックホールの公式HPはこちら

 

宮崎商店の取扱品はシカゴの店舗では通常は販売しないモデルガン(エアガンは持っていきません)、軍装品などです。 これらは無可動実銃買取りの際に「処分」を依頼された品ですので、マーケット・プライスを無視した価格設定でご好評をいただいております。
 

5階フロアー、入場口から入って左側(北側)真ん中手前辺りのテーブルです。

 

 

その他サプライズ品も展示予定ですので、ご期待ください!!



シカゴレジメンタルスの店名では出店しておりませんので、お間違えなく!!

個人ブース宮崎商店でございます。

 

 

買取りで、ビッカース MkI 重機関銃 初期型 が東京店に入荷致しました。

お客様連絡中ですが、HP・詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。 


ビッカース MkI 重機関銃 初期型 のHPはこちら
ビッカース MkI 重機関銃 初期型 の詳細画像はこちら


2016.06.25 Saturday

復活シカゴチャンネル!!

お久しぶりです。
早速夏バテ気味な元外人部隊です。

早速ですが皆様シカゴのYoutubeチャンネルがあることはご存知でしょうか?
3年程前まで更新があったのですがそれからは、、、。

スタッフすら忘れていたYoutubeチャンネル。
この度復活することになりました!!

更新頻度はブログのように毎日とはいきませんが、定期的に更新予定ですので、どうぞ宜しくお願いいたします。

過去の動画はフェチKさんが分解を担当していましたが、この度より自分が担当させていただきます。
さて、そんな自分が担当する第一弾の銃は、、、。

まぁこれでも元外人部隊ですからね。
フランス外人部隊といったら、
やはり「FA-MAS」ですね。

 



久しぶりに単純に分解組み立ての作業だけをしました。
大まかな流れは覚えていますが、細かなところは忘れたりしてますね。
それでもやはりやっているうちに、覚えてないけどできている。
そんな状態ですが、なんとか無事撮影することができました。

これからUPしていく動画では分解組み立ての他に、
文章では説明しにくい三脚の展開や、付属品の取り付けなどもやっていきたいと思っています。

もし何か、リクエストがございましたら、お伝えいただければと思います。

 

それでは復活したシカゴチャンネルはこちら!

そして動画に出ていたFA-MASたちはこちら!!

 


本日のワンポイント情報!!
買取りで、イギリス製 単発 パーカッション ターゲット・ピストル (銃砲刀剣類登録証付古式銃) が東京店に入荷致しました。
お客様にご案内中ですがHP・詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。

イギリス製 単発 パーカッション ターゲット・ピストル (銃砲刀剣類登録証付古式銃) のHPはこちら
イギリス製 単発 パーカッション ターゲット・ピストル (銃砲刀剣類登録証付古式銃) の詳細画像はこちら


2016.03.05 Saturday

これさえ読めば大丈夫?! 「外人部隊125の真実」

お久しぶりです。
元外人部隊です。

本日は久々の外人部隊ネタの入荷です!

さて、そのネタとは、自分が現役中に大変お世話になった先輩隊員の方がその後
無事退役され、執筆された本が販売されることとなったそうですので、
この場を借りて宣伝させて頂きます。

その名も
外人部隊125の真実


*表紙は筆者でも自分でもはありません。センター・ポジション後輩に取られた!!!!!!

この先輩の方は自分と同じく18歳で入隊され、昨年(一昨年だったかも知れない、、、。)除隊されるまで
17年半外人部隊に在籍されていた第二空挺連隊の上級伍長なのですが、空挺連隊の日本人の顔役として連隊中に知られている方でした。
警務課勤務だったというのも大きな理由ではあるかとは思いますが、、、。。

自分も連隊配属になってすぐの時に連隊本部で、面接?事情聴取?的なことを警務課で行われるのですが
その時に担当してくださったのもこの上級伍長でした。
新兵訓練後直後で久々の日本語での会話に思わず話し込んで、通常5分程で終わるはずが
20分ほどかかってしまい、その間廊下で整列して待機していた同期達に怒られたのも、今ではいい思い出です。
まぁ怒られたり、シバかれたりしてる記憶が入隊初期ではほとんどなんですが、、、。


そんなこんなで、宣伝しておきながらなんですが、じつは自分まだこの本を読んではいないので詳しい内容までは紹介できない(amazonで予約はしてますよ!)
ので詳しくは引っ張ってきた文章を御覧ください。



内容紹介

フランス外人部隊──その実体は謎に包まれ、今なお「荒くれ者の集団」「傭兵部隊」と誤解されている。
 外人部隊はフランス正規軍に含まれ、入隊希望者の身元調査は厳格に行なわれていることを知る人は少ない。
 近年削減傾向にあった兵員は、パリ襲撃事件後から増強されている。

 外人部隊に17年半在隊し、警務課に長く勤務した日本人上級伍長が、入隊の条件、志願前に準備すべきこと、新兵訓練、現在も存続する偽名制度、給料、除隊後の人生など……知られざる外人部隊の素顔を125項目にわたって紹介!



出版社からのコメント

(著者のことば)この本は、外人部隊17年半在隊の期間中に私が見聞きしたことをもとに書きました。
 本を書いた目的は2つあります。1つは、いまだに外人部隊を「傭兵部隊」と誤解している人が多いことです。
 外人部隊はフランス陸軍の一画を占める正規軍で、部隊の本当の姿を伝えたいと思ったからです。
かつては「犯罪者やならず者の集団」と言われたこともありましたが、現在では重罪を犯した者は入隊できません。
 十分な志願者を確保できるので、そのような者を入隊させるメリットも必要もないからです。
 何より入隊に際しては、厳しい身元調査があります。
 次に、これからフランス外人部隊を目指す若者が、5年間(一任期)を有意義に過ごし、その体験を除隊後の人生に活かしてほしいと思って書きました。
 私自身もそうだったように、残念ながら多くの日本人部隊兵は、除隊後の明確な目標がないために、部隊での貴重な経験を有効に活用できていません。
それが残念でなりません。事前に外人部隊の内情を知っていれば、もっと外人部隊での経験を活かせると思います。
 一般読者の方々には、現代のフランス外人部隊がどういうものか、その実情を知ってもらえればと思います。
 本書を読んでいただければ、「フランス外人部隊」のイメージも大きく変わると思います。



とのことです!
外人部隊のHow to本というところですかね?
これから外人部隊に入隊しようと思ってるそこのあなた!!
これさえ読んどけば大丈夫でしょう。
昨年から外人部隊でも入隊キャンペーンをおこなっているようですので
チャンスですよ。
そのことを書いたブログはこちら

自分のことも少し記載があるとのことですが、
まだ何も見ていないので少し怖い、いや怖い気持ちのほうが強いですが、
もしよろしければいかがでしょうか?

並木書店さんからの出版ですのでミリタリー・イベント等でも販売されるとはおもいますが、
今のところamazonでの販売とのことです。
amazonさんの商品ページはこちら!!

そしてやはりシカゴのブログですので
外人部隊といえばFA-MASはこちら!!!




本日のワンポイント情報!!

下取りで、ポーランド製 RPD 軽機関銃(新加工品) が東京店に入荷致しました。
お客様にご案内中ですがHP・詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。

ポーランド製 RPD 軽機関銃(新加工品) のHPはこちら
ポーランド製 RPD 軽機関銃(新加工品) の詳細画像はこちら

2015.10.01 Thursday

元空挺部隊が重戦車整備?

元フランス外人部隊兵が二名で戦車の部品整備(清掃?)作業・・・
こんばんは、元外人部隊です。

外人部隊にも
第一外人騎兵連隊という軽戦車連隊はありますが、我々は空挺兵なのでこんな品物は扱ったことはありません。

IMG_0809[1].JPG
黙々と東部戦線の土を落とす作業をしています。

私の後輩のM氏も今年無事に満期除隊したので、長野観光をかねてシカゴの長野倉庫でお手伝いしてくれました。


IMG_0815[1].JPG
今日の長野は絶好の観光日和、洗った戦車部品も早く乾きます! 何とか履帯(キャタピラ)の2/3が終了、あとは大物の転輪があります。


I, II号戦車系履帯、III, IV号戦車系履帯、ヘッツァー軽駆逐戦車履帯、38(t)戦車系履帯(2連)、RSO系車両履帯、III,IV号戦車系アイスクラート、III号突撃砲 ギア点検ハッチ、IV号戦車系 上部補助転輪など
東京店にこれらの品を10月2日に移動します。 順次HPにアップしていきますのでご期待ください。


I, II号戦車系履帯、III, IV号戦車系履帯、38(t)戦車系履帯(2連)、RSO系車両履帯、III,IV号戦車系アイスクラートなど
大阪店にはこれらの品を移動予定ですが、予定時期は未定・・・。

全ての価格が決まりましたので、ご興味がある方は東京店までお問い合わせください。
大物の大部分はシカゴ長野倉庫にて保管してあります、ご注文頂いても迅速な発送/配達ができませんことご了承くださいませ。

 



本日のワンポイント情報!!
買取りで、ルフォーショー ポケット リボルバー(木箱付、銃砲刀剣類登録証付古式銃) が東京店に入荷致しました。
HP・詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。


ルフォーショー ポケット リボルバー(木箱付、銃砲刀剣類登録証付古式銃)
のHPはこちら
ルフォーショー ポケット リボルバー(木箱付、銃砲刀剣類登録証付古式銃) の詳細画像はこちら

▲top