Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.11.21 Tuesday

US ヘルメット取り上げてみました

最近築地と銀座が歩いて行けちゃう距離だと知って、築地で美味しいお寿司を食べてから銀座でも美味しい食事を楽しんでしまおうと食べることしか頭に無いミッチーでございます。


本日はアメリカ軍が使用していましたヘルメットのご紹介をしたいと思います。

?.JPG

 

普段こちらのマネキンにヘルメットを被せているんですが、被せただけでなかなかの男前たちに変わりますね! さらに、デザインもカッコイイです!このヘルメットを被ってバイクを運転しても大丈夫なんじゃないかってくらい作りもしっかりしています。 (もちろんバイクには使用出来ませんが・・・。)

まずはこちらのU.S. M1917 ヘルメットを見てみましょう。

写真?.JPG

 

写真?.JPG

 

形がなんだか可愛らしいです! 鉄で出来たおしゃれな帽子って感じです。 こちらの形状はブロディ・ヘルメットと呼ばれる形状で、ブリトン・ジョン・レオポルド・ブロディが設計した為その名がついたようです。 鍔が皿型になっておりますが、上空から降り注ぐ榴散弾から頭や肩を保護することを目的としていたためこのような形になったようです。 ちゃんと形にも意味があるんですね。

 

続いてM1 スチール・ヘルメットです。

?.JPG

 

?.JPG

 

アメリカ軍における標準的なヘルメットといえばこちらのM1ヘルメットですよね! 戦争映画なんかですと必ずこのヘルメットを被っているイメージがあります。 顎紐を外している兵士が多いのはヘルメットを引っ張られて首を絞めつけられないようにとか、爆風でヘルメットが飛ばされた時に首をもってかれるなどがあるため外しているそうですね。 外帽(Shell, steelpot)と中帽(liner)から構成されており、外帽を道具の代わりにしてシャベル、洗面器、バケツ、椅子などにも使用されていたとか、頭守るだけではなく使用方法も様々なようですね。

 

続いてM2 スチール・ヘルメットと迷彩仕様です。

?.JPG

 

?.JPG

 

?.JPG

 

?.JPG

 

基本的にはM1 ヘルメットと形は同じですが、ライナーの構造は異なっています。 迷彩仕様ですとまた雰囲気が変わって面白いですね。


個人的にアメリカ軍が好きなこともあって、アメリカ軍のヘルメットだけ取り上げましたが、他の国のヘルメットもありますので今後ご紹介できればと思います。 最後に、こちらのカッコイイヘルメットですが、一家に1ヘルメット!なんでしたら1人1ヘルメットあれば、万が一の災害にも頭は守ってくれるかもしれませんね。

 

U.S. M1917 ヘルメットはこちら

M1 スチール・ヘルメットはこちら

M2 スチール・ヘルメットはこちら

その他、各時代ヘルメットと軍帽はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

下取りで入荷いたしました帝政ドイツ軍軍装品約40点がHPにアップされました。 全て復刻品ですが国内では入手の難しい品ばかりです。 一点物で今回限りの入荷となります、お見逃しなく!

また同じカテゴリーの商品で価格を下げた品もございますので、今一度ご確認くださいませ。

 

帝政ドイツ軍軍装品 復刻品コレクションはこちら


2017.11.13 Monday

ミリタリーモード入りました!

タイトルだけ見ますと、ミリタリー・モード入りましたって今まで何モードだったんだよって自分のことを突っ込みそうになりました、ミッチーでございます。

 

本日は書籍のミリタリー・モードの新刊が入荷しましたのでご紹介いたします。

シカゴレジメンタルスでは英国のMilitary Mode Publising社の出版書籍を日本の代理店として取り扱っております。 (常時のストックは多くないためSold Outとなりやすいですが、また仕入れることはもちろん可能です)

 

今回はBritish Airborne Insignia英軍 空挺用記章のVol.2Feldzug vol.4 1917独軍 第一次世界大戦後期 軍装 1917年が入荷いたしました。

 DSC02256.JPG

 

まずは英軍 空挺用記章のVol.2のご紹介です。

Vol.1に引き続き、記章を中心にしたラインナップとなっており、銃もいいけど、記章も好き!空挺部隊も好きって方にはオススメの一冊です。(Vol.2写真左)

DSC02273.JPG

 

写真にモザイクが掛かっており少し見にくくなっておりますが、資料として活用されるのはもちろんのこと、なにより写真が大きくて見やすく、見ているだけでも楽しめてしまう装丁になっております。

DSC02268.JPG

 

DSC02267.JPG

 

DSC02269.JPG

価格はVol.1に引き続き、¥10,000(税込)になります。

 

 

続いてFeldzug vol.4 1917独軍 第一次世界大戦後期 軍装 1917年のご紹介です。(写真左端)

DSC02274.JPG

 

当時使用されていた医療キット関係でしょうか、戦地に持って行く必需品である包帯や薬品のビンなどが載っています。 中身はこんな感じです。

DSC02261.JPG

 

DSC02262.JPG

 

ガスマスクも兵隊さんの写真付きでより当時の使用イメージがついて面白いですね。

DSC02264.JPG

 

ミリタリー・モードは主に軍装品関係を取り上げている書籍になりますが、銃の紹介もたまに見かけます。 そしてなんと今回Feldzug vol.4 1917に掲載されている下記の銃そのものがオーナーから直接、シカゴのみに入手できるオファーがきております!

 

Parabellum14/17 軽機関銃

DSC02392.JPG

 

MG08/15 軽機関銃

DSC02393.JPG

 

ミリタリー・モードの有名誌に載っていて、なおかつ写真に写っているそのものの銃が手に入るなんて興奮しちゃいますね! 状態については非常に良く、各銃にはその銃一挺につき、詳細な説明と鮮明な写真が入っております。 ボカシを入れてご紹介するのはとても残念です。 こんな機会は滅多にありませんので、ご興味がある方は多少価格が高額になる可能性はございますが、ご相談にはお答えできるように頑張ります。

 

そんな資料としても豊富な情報が掲載されているFeldzug vol.4 1917独軍 第一次世界大戦後期 軍装 1917年の価格は¥8,000(税込)になります。

 

現在HPのミリタリー・モードのコーナーに掲載中です。 冊数がそんなに多くありませんので、もし気になるようでしたらぜひぜひお早めにご検討ください。 その他のシリーズも取り扱い中です!

ブログ用?.jpgブログ用?.jpg

 

>>過去のミリタリーモードのご案内ブログはこちらこちら

>>ミリタリーモードとその他書籍はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、MG34 汎用機関銃 が東京店に入荷致しました。

HPとDetailed Photos(詳細画像) は本日アップしております。

ご予約を頂いているお客様にご案内中ですが、キャンセル待ちもお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

MG34 汎用機関銃 (35万円、税別)


2017.11.07 Tuesday

三種類あります!クリーニング・キット

シカゴビルの隣のビルにはカレー屋さんとテレビにもちらっと出た鍋料理のお店がありまして、昼時と夕方頃には窓から美味しそうな香りを届けてくれるので常にハラペコ状態のミッチーでございます。

 

本日はクリーニング・キットのご紹介です。 写真左からAK47(中国製用)写真中央AK47 用 写真右SKS 用になります。

1.jpg

 

こちらの三種類、現在シカゴで販売中のものですが、パッと見同じに見えるのは私だけでしょうか?詳しい方は形を見ただけで簡単に分かるようですが・・・。 中に入っているものは大体同じで、クリーニング・ロットにつけて銃身内の火薬を掃除するブラシと布などを巻きつけて銃身内を拭き取るパッチ・ホルダーとポンチやドライバーの代わりになるマルチ・ツールなんかが入っております。 入れ物にはいくつかの穴が空いておりますが、こちらもちゃんと意味があります。

ロッドを穴に通せば持ち手になって、掃除もらくらく!

DSC02076.JPG

 

マルチ・ツールを差し込めば、フロント・サイトの照準の高さを変えることも難なくできます。DSC02078.JPG

 

他にもハンドガードラッチを外すときに手だと固い時などには側面の穴を使用すれば簡単に開くことが可能です。

DSC02084.JPG

デザイン的に穴開けてるのかと思いきやちゃんとそれぞれ意味があるんですね。

 

大きな違いとしてはマズル部分に取り付ける蓋の部分です。

2.jpg

 

AK47(中国製用)の物は、マズル・リング部分が省略されて通常のAK47より一回り径が小さくなっております。

DSC02082.JPG

 

普通のAK47の方もマズル・リングを外せば中国製のものも取り付け可能となっております。

DSC02081.JPG

 

SKS用はちょっと変わっていて、蓋の下に伸びた二つのコの字型の部分により、マズル部分に取り付けて回せばしっかりと固定される仕組みとなっております。 がっちりかみ合うとなんだか気持ちがいいです。

DSC02083.JPG

 

こちらのクリーニング・キット、3種類ともお値段¥3,000(税別)とお手頃な価格となっておりますので、銃をお持ちの方やこれからご購入を検討される方は合わせて購入してみても面白いかもしれません。

 

AK47 クリーニング・キットはこちら

SKS クリーニング・キットはこちら

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、M1A ライフル (Norinco社製) が東京店に入荷致しました。HPとDetailed Photos(詳細画像) はすでにアップしております。

すぐにご紹介可能な商品となっていますので、ぜひHPをご覧ください。

 

M1A ライフル (Norinco社製) (20万円、税別) はこちら


2017.10.15 Sunday

思いのほか付きました。

先日、久しぶりに友人とテニスをしましたが、数年ぶりということもあり思った以上に動けなくて愕然としているミッチーでございます。 まさに運動会のお父さん状態で日頃から運動しないとダメですね。

早速ですが、こちらの画像を見て何かお気付きになりますでしょうか、

若干ですが、通常のシカゴの商品とは何かが違う、違和感がある箇所があります。

DSC01432.JPG

 

正解はバイポッドとキャリング・ハンドル以外全部偽物(!)でした。


ということで、本日はBARバイポッドとキャリング・ハンドルのご紹介です。
というのも、画像に写っている銃ですが、最近ちまたで出回っている中国製の電動ガンで、元々十数万円で販売されていたVFC社製BARのコピー商品となります。 今回美術系アルバイトЯさんの私物をお借りしました。 こちらの電動ガンに、もしかしたらシカゴで販売しているバイポットとキャリング・ハンドルが付くのではないか?ということで、大切な実物アクセサリー商品に傷をつけないように慎重に試してみました。

DSC01433.JPG

DSC01434.JPG

 

結果的には両方とも付きましたが、特にキャリング・ハンドルの方は写真でもお分かりになるようにネジを締めても結構隙間が空いてしまいましたが、テーピング等で隙間を埋める等すれば解消できるかもしれません。

手先に自信のある方でしたらお勧めです。

 

バイポッドにつきましても多少の緩みはありますが、飾る分には許容範囲内ではないかと思います。 自分でカスタムするのも面白いと思いますので、試してみたい方は是非ご検討ください。

元々電動ガン付属のバイポッドとは質感が雲泥の差なので大変お勧めです。

DSC01435.JPG

DSC01436.JPG


勿論、本物のBARもございます。 只今大阪店、東京店にそれぞれ一丁ずつ在庫がございますので、気になる方はチェックしてみてください。

20170119_1110217.jpg
 

その他にもアクセサリーでBARのマガジンベルトとマガジン本体(別売)もあります。

DSC01439.JPG
 

本物のBARはこちら

マガジンはこちら

バイポッドはこちら
キャリング・ハンドルはこちら

マガジン・ベルトはこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品の ユーゴスラビア ZB30J 軽機関銃 (ベネズエラ国章) のHP解説とD/P(詳細画像) を本日追加いたしました。

在庫は現在この1挺のみとなっております。ぜひHPをご覧ください。 

 

ユーゴスラビア ZB30J 軽機関銃 (ベネズエラ国章)(18万円、税別)


2017.10.03 Tuesday

UZI短機関銃ラインナップ

食べることが大好きな私は、最近コンビニのあんまんにハマっておりまして、気づけばお腹もあんまんのように膨れ上がってきておりますミッチーでございます。 本日はイスラエルが開発した名銃UZI短機関銃について取り上げていきたいと思います。

UZIはコンパクトで持ち運びにも便利でストックも折り畳めるので鞄にもスッポリ収まっちゃいますよね。 通常のUZI短機関銃、ミニUZI短機関銃、マイクロUZI短機関銃と種類も豊富に揃っております。

DSC01199.JPG


不思議なことにサイズが小さくなるにつれて値段が上がっていく・・・ということで、スタッフキートンさんに聞きましたら、ミニUZIやマイクロUZIは主に警察や特殊部隊向けとして作られたため、数も通常のUZIよりも出回っていないことから希少品となっているとのことで納得です。 個人的にはミニやマイクロのような小さいUZIの方が可愛らしくて好きなんですが、全長が短いせいか、通常のUZIより強力なバネが使用されているそうで、連射速度も速くなって扱うのは難しいとのこと、無可動なのでそこは関係ないんですが。


今回は各UZIのストックを見て行きましょう。


まずは通常のUZI短機関銃

DSC01193.JPG

 

DSC01195.JPG

ストックに特徴があって2段階で折り畳むことが可能となっています。

折り畳み時からストックを開く場合もストックのお尻を手で叩けば簡単に伸ばすことが可能です。 この開閉を常連のお客様はすんなり行えるので流石です。


ミニUZI、マイクロUZIはストックが通常のUZIよりもシンプルなイメージ

DSC01201.JPG


勿論肩に当てて打つことも可能ですが、折り畳むと、バット・プレート部分を握って構えることが可能となっています。見た目はコンパクトで可愛らしい、でも反動などは見た目に反してなかなかのようで、名探偵〇〇ン的な銃のようですね。

 

映画等にも登場する機会が多いUZI短機関銃ですが、現在シカゴにはこれらの希少なUZIファミリーが揃っております。 いずれもコンディションの良い品ばかりですので、ぜひ映画鑑賞のお供にいかがでしょうか。

 

>>今なら豊富なラインナップの中からお好みのバリエーションがお選びいただける、各種UZI短機関銃はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、M16A1 自動小銃 (東京店) と M53 汎用機関銃 (大阪店) が入荷致しました。HPとDetailed Photos(詳細画像) はアップしております。

価格が決まっておりますので、すぐにご紹介可能な商品となっています。ぜひHPをご覧ください。

 M16A1 自動小銃  (28万円、税別)

M53 汎用機関銃(15万円、税別)


▲top