Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.10.29 Sunday

別れは突然に

こんにちは。 タイトルの通り今月10月いっぱいで、ここシカゴレジメンタルスを中退させていただく事になりました、微笑みM14です。 今後は本業である学問に集中する事になります。 短い間ではありましたが、社長をはじめ多くのスタッフの方々には本当にお世話になり、他では経験できない様々な経験をすることが出来ました。 こんな自分ではありますが、「また学業が落ち着いたらシカゴに戻ってきても良いよ」と言ってくれた社長には感謝の気持ちで一杯です。

 

 

私自身、以前から無可動実銃には色々と興味を持っていましたが、まさか日本で唯一の無可動実銃専門店のシカゴレジメンタルスで働ける機会が来るとは思っても見ませんでした。 一年前の自分でしたら、想像もつかなかった事でしょう。

 

 

私が所有する無可動実銃はボルト・アクションのライフル1丁だけですが、ここシカゴレジメンタルスで働くに当たり、様々な銃器に触れる機会を頂きました。 中でも自分が本当に魅了されたのはMG42汎用機関銃です。 小銃や短機関銃と違って、この銃器の手入れは構造が複雑な為に本当に大変でしたが、手入れをする度に新しい魅力を発見していったという所です。 もちろん、専用の三脚であるラフェッテも、すっかり気に入ってしまいました。 当初は手入れをする時に「ああ、MG42とラフェッテかぁ。 これは重いし手をはさみそうだからなぁ。 」と思っていたのが、今ではすっかり「おお、MG42とラフェッテかぁ。 ドイツの工業力の結晶! 可愛いのが来たぞ! 」と言う感じになりました。

 

 

 

そのためか、無可動実銃その物に対する認識も変わりました、以前はコレクション・アイテムとしての視点から見ていましたが、今ではその無可動実銃の時代背景やその生産国の工業力の表れといった、一種の歴史的史料という見方に変わりました。

 

 

今は学問の世界に身をおいている自分ですが、何時の日か就職した時は、一人のお客さんとしてまたシカゴレジメンタルスに戻って来る事が出来ればと考えています。 もしかしたら、シカゴレジメンタルスの店頭やミリタリー・イベント等でまたお会い出来る日も来るかもしれません。 それでは、皆様ありがとうございました。

 

 

本日のワンポイント情報!!

大阪店在庫品で、 スターリング MK4 (L2A3) 短機関銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像) に本日アップいたしました。ぜひHPをご覧ください。 

 

スターリング MK4 (L2A3) 短機関銃 (10万円、税別)


2017.10.16 Monday

キューバ革命で使用された銃器について

こんにちは。 自宅にあったラム酒を使いキューバ・リブレのカクテルを作り、それを飲みながらまだ行ったことのないキューバの地の事を思い描いて夜を過ごしていた微笑みM14です。

 

キューバと聞けば、キューバ革命をイメージする方も多いと思いますが、このキューバ革命に使われていた銃器の種類を調べていくと、シカゴにも在庫がある種類の銃器が幾つかありました。 早速、見てみましょう。

 

 

まずは、革命家のチェ・ゲバラも愛用したM2 カービン。 元となったM1 カービンにフルオート機能を付け加えた銃器になります。 通常の歩兵用の小銃よりも、取り回しが良いので密林の中でも重宝していたようです。

 

 

サブ・マシンガンは様々なものが使われていたようです。 イギリス製のステン 短機関銃やスターリング 短機関銃、アメリカ製のトンプソン 短機関銃にM3 短機関銃など本当に様々です。

 

 写真中央にいる、眼鏡をかけた男性が掲げているのは、チェ・ゲバラも使用していたとされるクリストバル M2 自動小銃というドミニカ製の銃器になります。 その隣にはM3 短機関銃も写っています。

 

小銃はアメリカ軍のM1 ガーランドやM1903 小銃などを始め、本当に多種多様なものが使われていたようです。

 

 

このように基本的には、アメリカ軍関係の銃器が多かったようです。 加えて、イギリス軍等の銃器も比較的少数ですが使用されていたようですが、革命全体では様々な銃が使用されており、自分でも全ては分からないほどです。 今年は、革命家チェ・ゲバラの没後50周年に当たる年ということもあり、映画や書籍でキューバ革命が話題になっています。 映画や書籍だけでなく、無可動実銃からキューバ革命を思い描いてみるのも面白いかもしれません。

 

>>US M2 カービン はこちら

>>ステン 短機関銃 (各種) はこちら

>>スターリング Mk4 (L2A3) 短機関銃 はこちら

>>トンプソン 短機関銃 (各種) はこちら

>>M3 グリースガン 短機関銃 はこちら

>>ドミニカ クリストバル M2 自動小銃 はこちら

>>M1 ガーランド ライフル はこちら

>>スプリングフィールド M1903 ライフル はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品の ステン Mk I 短機関銃 のHP解説とD/P(詳細画像) を本日追加いたしました。

ぜひHPをご覧ください。 

 

ステン Mk I 短機関銃(7万円、税別)


2017.10.06 Friday

レール付きマイクロ・ガリル

こんにちは。 先日サバイバルゲーム仲間が購入した、光学機器が山ほど取り付けられたM4カービン小銃の電動ガンを見て、少し羨ましく思ってしまった微笑みM14です。

 

現代の銃器は、簡単に光学機器やフォアグリップ等のアタッチメントが取り付けられるようにアクセサリー・レールが装着されているものが多いです。 このアクセサリー・レールはピカティニー・レールのようにNATOの標準規格にもなっている物もあり、現代の銃器の最大の特徴の一つとも言えるかもしれません。

 

ふと東京店3階の店内にある銃器棚を見てみますと、イスラエル製マイクロ・ガリルの中に1丁だけハンドガード上部にアクセサリー・レールが装備されている物がありました。

 

試しに、東京店にありましたBROWNINGのBUCK MARK ドット・サイトを付けてみました。 かなりタクティカルな感じが出て行きました。 全体的にバランスがいいです。

 

また、本来は組み合わせとしてはありえないのですが、イギリスのFAL L1A1用 SUIT L2A2 サイトも取り付ける事も可能でした。 私個人としては好きな形状です。 でも流石に、大きさ的にかなり無理がありますね。

 

レールその物が短いので使用できるマウントにやや制限があるものの、幅広い光学機器が付けられます。 無可動実銃に実物のアクセサリーを組み合わせるのも非常に面白味があるものです。 イスラエル警察が使用したものと思われるこちらのアクセサリー・レール付きの個体は、コッキング・ハンドルが左側面に移されているなど、マイクロ・ガリルの中でも特殊かつ希少なバリエーションとなっています。 ご興味のある方は是非お早めにどうぞ。

 

 

>>アクセサリー・レール付きのマイクロ・ガリルはこちら

>>BROWNING BUCK MARK ドット・サイトこちら

>>FAL L1A1用 SUIT L2A2 サイトこちら

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、 インド FAL L1A1 自動小銃 が東京店に入荷致しました。 HPとDetailed Photos(詳細画像) は本日中にアップする予定です。

価格は現時点ではまだ決まっていません、何卒ご了承くださいませ。


2017.09.29 Friday

重厚感あふれる三年式重機関銃

こんにちは。先日のとある昼下がりに、久しぶりに着ようとしたコレクションの軍服のウエストが締まらなくて絶望した微笑みM14です。

 

今日は自分に負けずにヘビーな、日本軍で開発された三年式重機関銃について紹介したいと思います。

 

三年式重機関銃は大正三年、1914年から日本軍で使用された重機関銃で、装備の更新が間に合わないという理由で1945年の終戦時まで使用され続けた息の長い銃器です。 シベリア出兵時など、過酷な環境下でも問題無く使用できた丈夫さが特徴です。 実際に使用している当時の写真を探して見ると、何点か見つかりましたので早速見ていきましょう。

 

 

こちらは上海の市街戦で使用された時の写真です。 機関銃だけで25kg以上ありますから、射撃の安定性は抜群だった様です。

 

 

こちらも中国戦線。 排薬莢を回収する為の袋が付いています。

 

 

さて、シカゴには現在こちらの希少な三年式重機関銃の在庫が1挺のみございます。 こちらの個体は全体的にブルー仕上げが綺麗に残った状態の良い品です。 日本軍の戦争映画等で登場する九二式重機関銃のベースとなっただけあり、その重厚なイメージと重なる全体像ですね。

 

 

大型の冷却フィンが印象的です。 こちらも綺麗な仕上げが残っています。

 

 

東京砲兵工廠小石川小銃製作所製の証しである四輪マークもしっかりと残っています。

 

 

三脚も、仰角の調整など問題なく動かせます。

 

 

グリップ部分の木部の状態も綺麗です。 トリガー・テンションもしっかりしています。

 

 

 旧軍好きの方にお勧めの三年式重機関銃、今なら東京店にこちらの1挺のみ在庫がございます。 今回ご紹介した個体は希少な三年式重機関銃の中でも欠損部品が少ない完全度の高い品ですので、ご興味のある方はお早めにどうぞ。

 

 

 

>>三年式重機関銃はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、エンフィールド P1856 2バンド ライフル (銃砲刀剣類登録証付古式銃) が東京店に入荷致しました。

HPとDetailed Photos(詳細画像) は近日中にアップする予定です。 価格は現時点ではまだ決まっていません、何卒ご了承くださいませ。

 


2017.09.22 Friday

MG42は美しい!!

先日、シカゴにてMG42汎用機関銃の三脚の清掃と手入れをしていたら、その構造と機能に魅了されて、『ドイツの工業力は凄い!』と興奮気味になっていた微笑みM14です。 と言う事で、今回は第二次大戦期のドイツ軍で使用されたMG42汎用機関銃について紹介したいと思います。

 

軽機関銃と重機関銃の機能を兼ね備えた汎用機関銃、その傑作の一つといわれているMG42汎用機関銃は第二次世界大戦で使用されたドイツ軍の象徴とも言える機関銃になっています。 毎分1200発を超える連射速度により発射音が連続して聞こえるため、「ヒトラーの電動のこぎり」と言う別名で連合国側から恐れられていました。 その連続して聞こえる発射音を連合国側の兵士が恐れて、前へ進めなくなったと言うエピソードもあります。

 

全体を見てみても、非常に無駄の無い形をしています。 特にバレル・ジャケット部分がきれいに平行になっているため造形美が溢れる仕上がりになっています。 ストックの部分も、フィードカバー上面からストック上端までの流れるような曲線がデザイン的な魅力にもなっています。

 

 

 

二脚使用時は手を挟まないように注意ですね。

 

 

 

横から見ると、大きなコッキング・ハンドルが目にとまります。 ここまで大きいと、手袋をしたままでも問題なく操作できそうですね。

 

 

 

 

ストックの部分は、黒のベークライトの他に茶色の木製の物もあります

 

 

 

 

銃身を簡単に交換できることもMG42汎用機関銃の特徴なので、このバレル・リリースのレバーを操作すると銃身が簡単に取り出せます。 無可動実銃の場合、銃身の取り外しは出来ませんが、本個体ではバレル・リリースのレバーのみ可動します。

 

 

 

 

ラフェッテと呼ばれるこの三脚も、MG42汎用機関銃の魅力を更に高めるアイテムです。 コンパクトに折り畳めて、移動するときに背負うことが出来るよう、パッドも付いています。

 

 

 

 

本当はまだまだ書きたいことが沢山あるのですが、全体の文章量の都合もあるので今回は此処までです。 ドイツの工業力が産んだMG42は本当に美しいです。 その銃器としての完成度だけでなく、是非その重みや質感も実際に体感してみては如何でしょうか。

 

>>珍しい対空リア・サイト付きの旧加工品からお値打価格のアウトレット品まで、今なら多くの中からお選び頂ける MG42汎用機関銃 はこちら

 

>>個体差があって選ぶ楽しさがあります、お気に入りの品を見つけられるチャンスです。 三脚の半分は軽井沢新倉庫に移動予定ですので東京店に在庫がある時にご来店頂ければ幸いです。 海外からの入荷が価格的に難しくなった MG42ラフェッテ三脚 はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

大阪店在庫品の マキシム MG08 重機関銃 のHP解説を本日追加いたしました。ぜひHPをご覧ください。 

マキシム MG08 重機関銃(120万円、税別)


▲top