Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 大阪店への道順 その2 | TOP | AR-18 >>

2011.10.26 Wednesday

ガラッツ・・・ガリル・スナイパー

ガリル・スナイパー

どーも、ケンです。

今回はガリル・スナイパー。
ガリルにマウントが付いているだけとかではなく・・・

正真正銘のガリル・スナイパーなのです。

いわゆる7.62×51のARM狙撃仕様・・・通称Galat'z(ガラッツ)ですね。
2.jpg

一見・・・ノーマルのARMとそんなに変わりがないようにも見えますが・・・
実は全然違います。

まずはストック
6.jpg

チークパッドが付いて、折り畳める上に木製。チークパッドまで木製なんですよ。
なんか・・・すっごく豪華な仕様。

なによりスナイパー仕様で折り畳みストックって珍しいですよね。
4.jpg

っていうか、折り畳みストックはスナイパーが嫌がる場合もありますが・・・そこは支援スナイパーモデルですから、そこまでセンシティブなスナイパーでは無いのです。

ヘビーバレルにハイダーも独特。
11.jpg

とまあ、こんな感じでドンドン重くなるのはスナイパーモデルの定め。

ハンドガードはフローティングっぽいけどフロートしてません。
10.jpg

ライトスナイパーですからね。
でも2脚はフレームに付いているので、2脚での射撃時には2脚の負荷は銃身に干渉しない作りです。なるほど・・・と。

ハンドガードも狙撃仕様。
8.jpg

2脚は縮めても伸ばしてもそのまま畳めます。
9.jpg

この画像ならわりとわかりやすいのですが・・・


2脚がハンドガードや銃身に付いているふりをして・・・
実はフレームの銃身基部の下部辺りについているのです。
この位置は意外に銃が安定する位置でもあります。


伸ばす際はスプリングのおかげでボタンでポン。
14.jpg

縮める時は手で押すのです。


いよいよ、スコープです。
スナイパーライフルといえばスコープ。

6倍率、40mm径、NIMROD・・・
12.jpg

このタイプはM14などに付いているのを見かけますね。

マウントはガリルっぽい・・・というか、本家のAK系のマウントに近いものです。
15.jpg

スコープが結構大胆に左にオフセットされています。
5.jpg

理由としてアイアンサイトをまんま使いたいとか、コッキングハンドルが引きにくいとかあるようです。

レティクルはレンジファインダータイプのもの。
13.jpg

以上、ガリル好きな方、あるいはモダンなスナイパーライフル大好きな方にはかなりお薦めです。


さらに広義的にはAKバリエーションですから、AKにはあまりないスナイパータイプとして考えてもいいかも。ドラグノフ系とは全然違う形ですしね。

3.jpg

>>ガリルスナイパーはこちら


本日のワンポイント!

下取りで程度の良いRPD 軽機関銃(ポーランド製、新加工)と五六式騎銃(中国製SKSカービン、新加工)が入荷しました。 どちらも入荷してすぐに大量にある中から選ばれたとても程度の良い品です。 
どちらもお値段は通常価格になっています。
すでにHPにアップしておりますので、是非ご覧下さい!


コメント

コメントする









▲top