Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< FAST FIVE | TOP | お手軽に、だけど気を付けて…(Webオリコについて) >>

2012.02.10 Friday

小粒で小粋なMP5K

どーも、ケンです。

MP5は人気の高い銃です。最近でこそ在庫が結構あるのですが、一頃は完全に在庫切れだったりしたこともあります。

そして中でもMP5Kはいつも在庫切れ。入荷しても足がとっても速い銃です。
おかげでMP5K自体、それどころか関連アクセサリーネタでさえブログではなかなかやりにくいという・・・

これだけ人気銃なのにブログに無いというのは寂しいので・・・
ならば今回入荷したMP5Kがブログのチャンスか?
2.jpg

とか思ったら・・・これやっている間にもやっぱり商談が・・・
たぶん、このブログが公開される頃には本体は売れてしまっているかと・・・

MP5KはよーするにMP5の短いやつ。K=クルツの名前の通りです。

しかしね、いくら短くした、と言ってもこんなに小さくなるのはびっくりです。
これだけ違う。
3.jpg

しかも銃身がかなり短くなったとは言え、そこはローラーディレイド・ブローバック。
射撃のコントロールはしやすいし、それなりの命中率を持っています。
まさに小粒でピリリと辛い名銃です。

ちなみに・・・
ローラーディレイド・ブローバックは広義的にはローラーロックの一種とも言えるんですが、厳密にはローラーロックとは別物。ローラーロックは名のごとくロックをかけますが、ローラーディレイド・ブローバックは後退を遅延させるだけでロックされていません。

ローラーロックと言えばMG42。そんなMG42の開発途中に偶然というか、事故みたいなカタチでローラーがロックされない遅延現象が起こり・・・
「これ使えないかな?」
と簡易閉鎖機構のMG42みたいなカタチで研究が進められますが・・・
結局戦中は間に合わず・・・このシステムの本格的な採用銃はセトメの完成を待つことに・・・

まあ、でも偶然さえも研究してしまうのはやっぱりドイツだなぁと。

そんなローラーディレイド・ブローバックのMP5Kの特徴といえば・・・
まずはやっぱりここ。
フォアグリップ。ハンドガードじゃないんだよ、と。
4.jpg

短すぎてハンドガードじゃダメなんです。
でもこのフォアグリップゆえにMP5シリーズの中でも特に個性的な顔になりました。

そしてここ。
5.jpg

ストックレスでスィベルが付いてます。
KP5Kは基本的に要人護衛などの極特殊な任務向けですから、拳銃以上の攻撃力を持ちながら、大きさは最低限というのが設計思想。ゆえにストックも無し。

それからここは絶対じゃないですが・・・短いマガジン。
6.jpg

やっぱりMP5Kと言えば短いマガジンを付けておきたいもの。個人的にはストレートをね。

それからそれから、意外に盲点ですが、リアサイト。
16.jpg

同じロータリーサイトでも、ピープではなく、オープンなのです。精密な射撃より素早いサイティングです。

さてさて、折角ですから、今回一緒に入荷してきた、あるいは以前からあるストックをご紹介です。

前述したとおり、MP5Kは元々はストックレス仕様なわけですが、せめて簡易なストックがあればもっといいんじゃない?という発想からサードパーティのストックが結構作られました。
そしてHKも「そんなに需要があるなら・・・」と純正の折り畳みストックが作られ・・・
さらにそれが発展して銃身をちょっと伸ばし(ハイダーやサプレッサーも付けられるし)、折り畳みストックを装備してPDWとなる流れがありまして・・・
MP5Kにもストックというのは当然の流れなわけですね。

まずはこれ。
MP5K用究極の簡易ストック。
7.jpg

ここが大事。
8.jpg

どうやらスィベルを外して取り付けるようです。
9.jpg

かなりユニークな取り付け方法のようですが・・・
何しろEリングが怖いので・・・(ピーン!と飛んで失踪とか)
実際に取り付けはしませんでしたが・・・合成画像で許してください。
10.jpg

本当にシンプルですよね。


もう1つ、今回入荷した折り畳みストック。
19.jpg

一見以上に丈夫な造りです。

こちらはMP5Kのエンドキャップを外して・・・
11.jpg

代わりに取り付ける感じ。
12.jpg

MP5Kのストックにはこの取り付け方が多いです。

13.jpg

展開はアクティブなロックなどはなく、凸凹を合わせてスプリングでテンションをかけているだけ。
ですから、このようにストックを上にズラして、回転させれば折り畳みできます。
15.jpg

材質がアルミだからか、凸凹が噛み合うためこれでもかなりのロックとなっています。

折り畳むときっちりフォアグリップの位置にバットプレートがきます。逆に邪魔じゃない?と思いますが、それほど邪魔にはなりません。
14.jpg

これだけコンパクトなので、あえて構えてみたくなりました。
「スタッフDの今日もいくぜよ、構えてみるでごわす。ご飯は3杯。」のコーナーですが・・・
これを書いている本日はスタッフDが休みを頂いていますので、急遽スタッフAにモデルをお願いしました。

ストックがあるだけで、かなり小さなMP5Kでも普通に構えられます。
17.jpg

確かに拳銃だけでなく、これが1挺あるだけで攻撃力は全く違います。
18.jpg

フルオートはもちろん、セミオートでも射程、命中率などが全然違うのです。

2-1.jpg

>>MP5Kの固定ストックはこちら
>>MP5Kの折り畳みストックはこちら


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://regimentals.jugem.jp/trackback/1211

トラックバック

-
管理者の承認待ちトラックバックです。
(- 2013/04/26 11:05 AM)

▲top