Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 魅惑の機関部「ガスピストン式(ガス直噴式:ストーナー式)」 | TOP | マガジンの長さを変えてみると… >>

2012.05.21 Monday

The HK21なのです

どーも、ケンです。

HK21が入荷しました。
1.jpg

見た目、Gew.3をSF映画用にモディファイしたような・・・そんな斬新なカタチです。

実際、メカの方もこいつはスゴイぜ!!

って、そんなことは言うまでも無いのですが、ブログネタ的にも満載な銃でして、今回から2回、もしくは3回に分けてやりたいと思います。

今回は極基本的な美味しい部分で・・・
早速見ていきましょう。

まず目立つのはバレル周り
5.jpg

まあ、なんというか・・・完全に機関銃化してます。

バレルはもちろん太いですし・・・

まさに「漢の武器」
なんて書くと逆にネット弁慶の軟弱な感じがするので・・・
藤岡弘的には「男の武器」と書くのが正統的・・・
・・・って何の話だ?(昔「男の武器!」ってCMがありましたねー)

バレルの交換はこれ
6.jpg

もちろん、無可動実銃では何も起こりません。

2脚も普通のGew.3より極太。
4.jpg

畳んだ時にキッチリ足先が合うのがドイツっぽい。
3.jpg

リアサイトも特徴があって・・・
7.jpg

右側のローレットを回すと、かなりアップダウンします。やはり機関銃なんです。

一番低い位置
8.jpg

一番高い位置
9.jpg

そうそう、実はこの個体は・・・
10.jpg

コッキングハンドルが動きます。
11.jpg

ボルトはもちろん溶接固定されているので、ただコッキングハンドルが動くだけなんですけど。
ちょっとしたオマケな感じですね。

とりあえず今回は軽く基本的な部分。

もっと美味しいあんなところやこんなところは次回なのです。

2.jpg

>>HK21はこちらです


今日のワンポイント!
本日、M16A1(旧加工)が買取りで入荷しました。
すでにHPにアップしております。
ご予約の方から順次ご紹介させて頂いておりますので、何卒よろしくお願い致します。

コメント

コメントする









▲top