Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< アルバイト大募集〜! (FN F2000 オマケ画像付き!) | TOP | カピタン!! >>

2012.06.01 Friday

The HK21なのです(希少なアモボックス編)

どーも、ケンです。

引き続きHK21のお話。
今回の入荷品に関してはの目玉の1つがアモボックス(弾薬箱)。

あえてアモボックスなんて言い方するのは、通常のマガジン方式と分けるため。別にマガジンと呼ぶのも普通です。
MG34/42のバスケット・マガジンが有名ですね。
それまで軽機関銃では通常のバネの入ったマガジンが普通でした。これは確実でお手軽ですが、機関銃としては装弾数が頼りない。昔は20発が当たり前でしたし、多くても30発とか。円形になると40〜50発もありますね。

それがマルチパーパスになってくると重機関銃、車載としても使用するわけですから、アモベルトが使用できた方が望ましい。でも軽機関銃として使用する場合、できればジャラジャラベルトをぶら下げておかないようにできた方がいいし、場合によっては進撃する際四角くて微妙に大きなボックスはもうちょっとなんとかならんか?とも思います。

というわけでベルトそのものを入れるボックスをもう少しコンパクトにして銃に取り付けられるようにしたら、いかがか?
これなら最悪、とりあえず1人でも運用できるし。

とまあ、人間必要に応じて色々考えます。特にドイツ人は・・・

で、今回付いているやつはそんな円型ボックス。

これです。
3.jpg

あまり見かけないタイプですね。よく見るのは四角いやつ。
こちらの円型かなり珍しいのではないかと。

こいつは完全に銃に取り付けること前提です。ゆえに取り付け用のアームが必須。取り付けないとどこかへ転がっていってしまいそうです。
実際見るとかなりの大きさで・・・100連っぽいです。

しかし・・・
フタがない。普通はバカッと大きく開いて、ボックスにジャラジャラと装弾して、それなりにキレイに並べないと・・・100発上手く入らなかったりします。
ほら、前後共にガッチリスポットされています。
11.jpg

開くのは銃に装弾の際の挿入口のみ。
10.jpg

まあ・・・こっからジャラジャラと入れるしかない。中には回転する円柱とターンテーブルのようなものがあって、送弾を円滑にするようになっています。
大きなフタが無くとも、ジャラジャラ入れる際に気を使えば問題ないですけど・・・手間になります。
予め装填されて現場に供給されるのだと思いますが、当然現場でも再装填するわけで・・・
この辺、ドイツ人らしからぬ気がしますね。

ともあれ早速取り付けてみましょう。

まずはアームから。
4.jpg

銃身の付け根、いわゆる首周りに取り付けるようにできています。
5.jpg

G3シリーズの二脚の取り付け方に似てます。

ミゾに合わせて、
6.jpg

このように回しこんで・・・
7.jpg

ここのロックがかかるまで。
8.jpg

そうしたら円型のボックスを嵌めます。
ここです。
12.jpg

こうね。
13.jpg

こっから弾がジャラジャラ入っていきます。
14.jpg

ダミーカートを出してみると、やはり流れはスムースですね。
21.jpg


しかし・・・でけえよ・・・

こんな感じ。
15.jpg

伝わるかな?

上から見るとこう。
2.jpg

しかも100発入るわけで・・・
弊社に来店される常連のお客様でかなり屈強な方がいらっしゃるのですが・・・
どのくらい屈強かと言うと・・・スタッフDにエメラルド・フロウジョンが掛けられるくらい。
そのお客様をして・・・「これは・・・」と苦笑されたくらい大きかったです。呆れるくらいに大きいというやつですね。
でもこのお客様くらい屈強でないとこの銃は扱いこなせないかも。
これが付くだけでHK91の印象さえ変わります。

というわけで今回もスタッフDに構えてもらいました。
16.jpg

まるでゴルゴのようにスイっと構えて見えますが・・・
実はいつも以上に撮影時間の限界(構えていられる時間)が短かったのです。

正面。
17.jpg

笑っているように見えるのは・・・実は「ムリ・・・ムリ・・・」とか言っていました。
腕の筋肉の強張りがその証拠。

それにしてもまるでMP18の大型版。
やっぱりドイツなんかなぁ・・・みたいな。
20.jpg

でも楽しい銃だなぁ。

>>HK91はこちら
※本日お買い上げ頂きました。
誠にありがとうございました!


コメント

スタッフ・ケンさん

HK21特集,とても楽しく拝読しています。

MP18のスネイル・マガジンみたいで,写真も映えますね。

D氏の構え方(1枚目)も決まっていて(!),かなり長身の方に見えます。
(まるで三沢選手のライバル高山善廣?)
2012/06/02 7:25 AM by やまねこ
こんばんわ。色んな銃が入荷しますね。

「いくらするんだろう?」と思って見てたらもう
売り切れorz・・。

まぁ、買えない私には縁の無い話しですが・・。
2012/06/02 7:02 PM by サンダース軍曹
ケンです。コメントありがとうございます。まとめて返信失礼いたします。

やまねこ 様

G3ライクに取り回せる・・・と思いきや、ヘビーバレルなのでとても重かったです。

スタッフDはだいぶ構えが慣れてきました。
あとは斜に構えすぎるクセと首を傾けるクセが直ればかなりいいかと。どちらもありがちなクセなのですが、修正するのは結構大変です。

なお、Dの身長は180越え、オリジナルホールドにロンドンブリッジフォーリングダウン(バーニングハンマー系)というフィニッシュホールドを持っているようです。


サンダース軍曹 様

ほしくなって頂いて、いずれお買い上げ頂ければ幸いです。

価格に関しては様々ありますので、まずはお値打ちなあたりから検討されるのも良いかと思います。
2012/06/03 1:03 PM by ケン

コメントする









▲top