Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 見た目以上に軽いです | TOP | 日本軍も使ってた?MP34を? >>

2015.02.03 Tuesday

シュバルツ・シュトルム・ゲヴェーア

こんにちは、外国産の入浴剤をもらったのでさっそく試したところ、
レモングラスの香りが強烈で、タイ料理に浸かっている気分になったキヨミズです。
本気でトムヤンクンの素と間違えたのかと・・・


先日、こんな銃が東京店より移動してまいりました。
001.jpg
HK33E A2 自動小銃です。H&K社初の5.56mmx45弾を使用するアサルトライフルとして、
1968年に製品化されました。
外観・中身共に、7.62mmx51のGew.3を小口径化に合わせて縮小した設計となっております。

H&K社はGew.3ゆずりの信頼性、操作性を武器に、M16シリーズに代わる選択肢として
各国に売り込みを図りましたが、小口径高速弾に対する評価が定まっていない事もあり、
本国西ドイツでは採用が見送られ、その他の国でも大規模採用とはなりませんでした。
しかしながら、その性能は高く評価され、各国の軍・警察で限定数ながら採用が行われました。
おそらく、HKウエポンシステムの一環としてMP5等と共に提供された経緯もあるのでしょう、
特殊部隊等エリート要員の武装としても知られる銃でもあります。

本銃はNATO標準であるSS109相当の弾薬に対応したバリエーションで、
モデル名に輸出用を意味する“E”が加えられております。
002.jpg


ガッシリとしたフロント近辺。ここだけ見るとGew.3と見分けがつきません。
003.jpg
当初からライフルグレネードを想定した設計なので、
同じ口径でもバレルが華奢だとされたM16と比べ、堅牢に造る必要があったのでしょう。


ハンドガードはバイポッド対応。傷も少なく、良好な状態です。
004.jpg
この個体はハンドガード上にもスリング取り付け金具がありますね。



マガジンハウジング右側面に誇らしく輝きますのは、南米エクアドル共和国の国章です。
EJERCITO ECUATORIANO はエクアドル陸軍を意味します。
006.jpg
同国ではM4カービン等と併用しつつ、HK33Eも現役使用中に様ですね。



上からセーフ・セミ・フルの“SEF”トリガーグループですね。
意味は S= Safe、E= Economical、F= FUN  だぜ!!
007.jpg
・・・というH&K?ジョークがあるそうですw
正解はドイツ語で S= Sicher、E= Einzelfeuer、F= Feuerstos ですので、お間違えの無い様!



反対側。フィンガーチャンネルのあるグリップは高く評価されています。
005.jpg


A2モデルなので固定バット・ストックです。
使用による擦れの為か、少し艶のある色味の黒色です。
008.jpg

ストックの固定ピンがGew.3の二本に対して一本となっております。リコイルが少なくなった分だけ、一本で間に合うのでしょうね。


マガジンは標準で鉄製30連が付属。
別売のアルミ製40連マガジンを装着してみました。
009.jpg
う゛〜〜〜カッコいい!この組み合わせは、
ベトナムでSEAL隊員が携えていた画像を思い起こさせます。(H&R T223)


最後に、Gew.3とM16A1と並べての一枚。
010.jpg
HK33はGew.3に比べ、かなりコンパクトになっていますね。
M16A1と比べてもコンパクトですが、素材(HK33は鋼でM16はアルミ合金)のためか、
HK33Eの方が重くなっております。

買取品の為、今回ご紹介の大阪店在庫の一丁のみですが
東京店にはリトラクタブル・ストック、キャリング・ハンドル、バイポッドを装備したHK33A3もありますので、
ご興味のある方はご検討宜しくお願いします。
それでは、今回はこれにて!!


>HK33E A2 自動小銃はこちら

>HK33 A3 自動小銃はこちら


本日のワンポイント情報!!
買取りで、ルフォーショー 7連発 リボルバー(H.Ortmann社製)(銃砲刀剣類登録証付古式銃)が東京店に入荷致しました。
HPは近日中にアップしますので、今しばらくお待ちください。
詳細画像(Detailed Photos)はアップしておりますので、どうぞご覧ください。

ルフォーショー 7連発 リボルバー(H.Ortmann社製)の詳細画像はこちら

コメント

コメントする









▲top