Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< キャンペーンやってます! | TOP | フラッシュ・ハイダーってなんぞ?「拡散編」 >>

2015.07.14 Tuesday

長岡観光その1 ガトリングガン家老

皆様、お暑うございます。

ナベ先日の休日に個人的に興味津々の越後、長岡へ行ってきました(いや〜暑かった)。


東京駅から新幹線に揺られて1時間半とちょっとで長岡駅に到着、展示コーナーにある名物長岡花火を華麗にスルーしてお隣のガトリンクガン(模型)と河井継之助を激写、いきなり幸先が宜しいです。

駅からテクテク、長岡空襲資料館でボランティアの方のお話を聞きながら(長岡にも原爆の模擬爆弾パンプキンが投下されたんですね・・・)次の目的地、河井継之助記念館へ(駅から歩いて10分くらいなのが助かります)GO!


幕末で八重といえばスペンサー銃、坂本竜馬といえばS&W・No2、榎本武揚といえば軍艦開陽丸、近藤勇といえば虎徹ですがミスターガトリングガンといえばこちらのお方、長岡藩のご家老河井継之助さんです。当時日本に3門しかなかったガトリンクガンのうち2門(1門?)を入手(残りの1門は軍艦「東」に搭載され宮古湾海戦で土方歳三らの切り込みによる接舷攻撃を撃退するのに使用されました)他にもエンフィールド銃やスナイドル銃2,000挺をファブルブラント商会から購入し重武装中立国(スイス?)を目指します。・・・が官軍との交渉が失敗に終わり開戦、長州薩摩を中心とする官軍の大軍相手に大奮戦するもご家老の戦死により無念にも長岡藩は敗北してしまいました・・・。

こちらがそのガトリングガン(レプリカ)です。実物は会津に撤退中に沼に投棄してしまったそうです。しかし機関銃のような大砲のような奇妙な兵器ですね(実際大活躍・・・とはならなかったらしいです)。しかしレプリカですが良く出来てます。


ちゃんとコルトの銘盤も付いています。因みに1門で5,000両(ゲベール銃1挺5両・・・高くない?)したそうです。

他にも小さい複製のガトリングガンも展示してました。しかし驚くのは河井家老、戦闘中に担当射手を押しのけ家老自ら射撃したそうです。頑張って藩政改革したり米相場で儲けたり、藩主牧野家の家宝を売り払ったりして苦労して貯めた資金で買った新兵器なので自分で撃ってみたかったんでしょうね。射撃中に「快感」とか「ヒャッハー!逃げる奴は西軍だ!逃げない奴は訓練された西軍だ!」とか叫んでいたんでしょうか?(注ナベの妄想です)


でこちらが長岡藩兵のシンボル長岡藩牧野家の家紋「五間梯子」の旗指物です。他にも継之助さんが使った軍扇や書簡等がありました(強いて言えば当時の古式銃があれば・・・)。

次回は河井家老のご近所のこの方をブログにしたいと思ってます。それではまた次回。

長岡藩兵も使ったエンフィールド銃はこちら

当時の激レア銃スペンサー銃(珍しいライフル型)は
こちら
 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、M1 ガーランド ライフル(旧加工品) が東京店に入荷致しました。
お客様にご案内中ですがHP・詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。

M1 ガーランド ライフル(旧加工品) のHPはこちら
M1 ガーランド ライフル(旧加工品) の詳細画像はこちら

 


コメント

毎日心待ちにしているブログに、近所の写真が出ていて面食らっています(笑)
教科書には絶対に登場しないタイプの歴史の偉人ですが、こんなところで取り上げて貰えると地元民としてはなんだか嬉しいですね。ナベさんに感謝です。

この「ガトリング・ガン」という呼び方ですが長岡では一般的でなく、子供からお年寄りまでほぼ「ガトリング砲」と呼びます。私もその一人で、未だに「ガトリング・ガン」には違和感を覚えますね。長岡市民は総じて義務教育課程から「ガトリング砲」で育てられますから。熱心な郷土史教育の賜です。

ちなみにあのガトリング砲は発射機構こそありませんが、ハンドル他各部可動します。あの細長い固定弾倉の中にはちゃんとダミーカートが入っており、薬室も各銃身に対応して6個再現されていて、砲架のハンドルを回すと仰俯角がとれ……。たしか当初は発射機構も再現しようとの動きもあったとかで(許可が下りなかったと市政だよりに書いてあったような)、かなり気合いが入っているモノです。ただし、一応1865年型が再現されましたが、長岡藩が使っていた型は正確には分からないんですよねぇ…。残念。

あと、これとは別のレプリカですが、9月にある米百俵まつりでは空砲射撃が見れますよ〜。

地元のことでつい興奮してしまい、長文になって申し訳ありません。次回のやまm…失礼、某海軍元帥の記事も楽しみにしています。

追記
文中の「長岡空襲資料館」ですが、恐らく「長岡戦災資料館」のことだと思います。駅前の所ですよね?
2015/07/14 11:25 PM by PENF
PENF様

河井継之助さんって玄人好みの偉人ですよね。ナベも司馬先生の「峠」を読むまでよく知りませんでした。

私が記念館でガトリング砲(ガンではないのですね・・・)を見た際細長い弾倉にちゃんと薬莢は入っていて驚きました。発射機能も再現しようとしていたとは・・・確かに許可は下りないでしょうね(見てみたかった)。

すいません「長岡空襲資料館」ではなく「長岡戦災資料館」でした。

しかしオリジナルのガトリング砲どこにいったんですかね?どこかの池の底に今でも眠っているのでしょうか?
2015/07/16 12:19 PM by 新兵社員ナベ

コメントする









▲top