Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< KA1のベトナム製 AK47 | TOP | 1936年のベルリンオリンピック関連アクセサリー >>

2016.01.20 Wednesday

孤高のSMG、MP5

こんにちは、思い付きで始めた我が家のガーデニング(とは名ばかりの狭いベランダに置かれた小さなプランター)なんですが、パクチーの生育が凄まじく、同時期に植えたローズマリーを完全に駆逐。こういうのは適当にやっちゃダメだと幼き日のチューリップで学習したんじゃなかったのか!と、ベランダに出るたびにトラウマに襲われているキヨミズです・・・


今回は先日、お買取で入荷しましたコチラ、

001.jpg
MP5A3 短機関銃 です。
HKが展開するGew.3自動小銃を基本としたウエポンシステムの一環で、9x19mm弾を使用する短機関銃型として開発され、1964年に“HK54”として完成。西ドイツの陸軍、連邦警察や連邦国境警備隊にてテストされ、1966年(65年とする資料もあり)“MP5”として限定的に制式採用されました。

メカ的にはGew.3の縮小版であり、ローラーロッキングシステム・クローズドボルトという、短機関銃としては手の込んだ動作機構を備えます。この動作機構の組み合わせは汚れの付着や部品精度に繊細な面があり、パワーのあるライフル弾薬であれば問題無い環境でも、拳銃弾では動作不良が懸念されましたが、そこで簡素化したりしないのがHK。入念に設計し、構成部品を高精度に仕上げる事で対処します。結果、高コスト化を招く事にもなりましたが、短機関銃としては異例の命中精度を発揮(特にセミオート)するに至りました。

登場よりしばらくの間、“高価で野戦向きではない短機関銃”とされ、評価は捗々しくなく、多数の競合他社製品があった事もあり、販売に苦戦する状況が続きましたが、西ドイツ連邦国境警備隊に設立された対テロ特殊部隊“GSG9”がMP5に着目。市街地や人質を伴う接近戦への対抗手段としてMP5の運用研究を行います。
その結果、MP5を手にしたGSG9は1977年に発生したルフトハンザ航空ハイジャック事件を解決。GSG9と密接な関係にあった英SAS(CRWウィング)も、1980年にプリンセスゲート・イラン大使館事件を解決し、MP5の有用性を証明しました。その後は急速に世界的な警察・対テロ部隊の標準装備となり、ライセンス生産品を含め、現在でも非常に多くの国々で活躍しておりますのはご存知の通りです。

002.jpg
MP5シリーズは非常に多くのバリエーションがありますが、今回の品はリトラクタブルストックにSEFトリガーグループを備えた“A3”モデルです。

ハンドガードは前期型の特徴である“スリムライン”を装備。金属プレス製なんですね。
熱の問題で後に樹脂製のタクティカル(トロピカル)ハンドガードと交替します。

003.jpg

レシーバー上部の刻印。
一見、素っ気無く思えますが、Heckler & Koch製造を示す“HK”ロゴがさん然と輝いております!

004.jpg
製造年は1976年。
ルフトハンザ航空ハイジャックの前年、イスラエルのエンテベ空港奇襲作戦があった年です。
(最近はサンダーボルト作戦とは呼ばないんですね)

マガジンハウジングにある口径表記。
MP5は標準的なボール弾頭だけでなく、ホローポイント等の拡張弾頭やサブソニック弾薬等、
各種弾薬への適応が優れていた事も、普及を促した一因だとされています。

005.jpg
リングとなっている部品はスリングホルダーやスリングクリップと呼ばれ、
スリングのバックル部を引っ掛けて3点スリングとして使用します。

グリップはSEFトリガーグループ。セレクターレバーは左側のみ。
非常に良い状態ですね!

006.jpg
これも前期型に見られる装備で、現行のシンプルな物より、フィンガーチャンネルやセレクター形状からこちらの方が使いやすいとする意見もあるようです。
そのためか、タクティカルハンドガードに換装してもトリガーグループはSEFの個体の画像を見かける事があります。

リトラクタブルストック。内側のレバーを左方向に押し込みます。

007.jpg
思いの外、レバーのテンションが強い!(トイガンの記憶で操作して戸惑ったのはここだけの話)

そして展開。非常に堅牢で、無駄なガタツキもありません。

008.jpg

東京店には固定式ストックのA2モデルがございます。
タクティカルハンドガードを装備。

014.jpg
ストックを使用した射撃を大前提とする制服警官やSWATチームの装備として、
固定ストックモデルが選ばれる事も多いようです。


このモデルはHK製造のパーツを英国エンフィールド造兵廠にてノックダウン生産したモデルです。そのためHKロゴの替わりに、ENの刻印が入っております。

014_1.jpg

最後は素晴らしいタイミングでお買取させて頂きました、
POF(パキスタン国営造兵廠)製のMP5Kと並べての一枚!

015.jpg
・・・と、本ブログを作成中、大阪店在庫であった画像の2丁はお買い上げ頂きました。
(ありがとうございます!)

MP5、今後なかなか入荷の難しいシリーズです。
東京店にはまだA2とA3が各一丁ずつ在庫ございますので、どうぞご検討下さい。
それでは今回はこれにて!


>MP5A3 短機関銃 はこちら
>MP5A2 短機関銃 はこちら


本日のワンポイント情報!!
下取りで、56-1式 自動小銃 (プレス・レシーバー、新加工品) が東京店に入荷致しました。
HP・詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。

56-1式 自動小銃 (プレス・レシーバー、新加工品) のHPはこちら
56-1式 自動小銃 (プレス・レシーバー、新加工品) の詳細画像はこちら

コメント

コメントする









▲top