Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< イタリアタンクの車載機関銃ブレダM38・・・のマニュアル! | TOP | 常連様がフェレットMk 1/2でご来店!! >>

2016.08.14 Sunday

ストック交換可能です! M1Aライフル

こんばんは、アルバイトSです。

 

DSCN7342.JPG

 

先日ご紹介したノリンコ製のM1A 自動小銃ですが、ストックは取り替えられるの?とのご質問を頂きました。

おっしゃりたい事はとても伝わってきます。どうせなら模様替え出来た方が良いですし、どちらかといえば木製ストックの印象が強いですし、しかし中国製だと本家のとの組み合わせはどうなんだ……?

 

というわけで、実際に試してみましたそんなブログです。

 

DSCN7346.JPG

 

今更説明することも無いかなーと思わなくもありませんが一応。分解は非常に簡単で、必要なのは指の筋力くらいなものです。

マガジンを抜きまして、トリガー・ガードの後端を引っ張り出します。

 

DSCN7347.JPG

 

するとトリガー・アッセンブリーも一緒に抜けてきまして、

 

DSCN7348.JPG

 

後は自ずと別れてきます。簡単ですよね、本当に良く出来たデザインだと思います…!

 

DSCN7344.JPG

 

というわけで、早速アメリカ製ストックとの組み換えが可能か試してみました。

 

DSCN7345.JPG

 

すると結果はご覧の通り。全く問題なく交換可能でした。

ツートンカラーですとほんのりオシャレですね。艶のある仕上げは民生用のM1Aらしく感じます。

 

DSCN7343.JPG

 

ちなみに、M14のストックでも試してみたところ……

 

DSCN7339.JPG

 

やはりこちらも支障無く取り付けることが出来ました。M1Aのストックと違ってややマットな表面処理ですので、より攻撃的な印象です。

 

DSCN7349.JPG

 

今回はストックにフィーチャーしましたが、アッパー・ハンドガードも分解可能でしたので、こちらも入れ替え可能と思われます。

 

>>ノリンコ製M1A ライフルはこちら

>>アメリカ製M1A ライフルはこちら

>>M14用木製ストックはこちら

 

 

 

本日のワンポイント情報!!

 

買取りで、三八式騎兵銃 (旧加工品) が東京店に入荷致しました。

お客様にご案内中ですがHP・詳細画像ともにアップしておりますので、どうぞご覧ください。


三八式騎兵銃 (旧加工品) のHPはこちら

三八式騎兵銃 (旧加工品) の詳細画像はこちら

 


コメント

コメントする









▲top