Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 「毒を喰らわば皿まで」より「賽は投げられた」でお願いします!! | TOP | 意外な共通点!? >>

2017.07.29 Saturday

さすが天下の MR223A1

こんばんはアルバイトSです。

DSCN0963.JPG

今回はMR223A1、HK416の民生用ですね。M(atch)R(ifle)223と名づけるところにHKの自信みたいなものを感じます。

HK416が米軍の特殊部隊向けに作られたのは言わずもがなですが、高価格と部品の調達しにくさで本格的な採用はされなかったようですね。その点、実は軍用よりも競技用に向いているようにも思います。

重量もそこまで重い印象は受けませんが、とにかくカッチリしてまして、何処をとってもガタツキらしいガタツキはまるでありません。さすが天下のHKとも言えるイイ造りしてます…!

DSCN0966.JPG

民生用と言うことでフルオートは省略され、セミオートとセーフティの2ポジションです。

これはもう民生用ではお約束みたいな物ですね。

DSCN0972.JPG

レシーバーの側面には至る所に刻印が打たれています。そういえばFNなんかですと、銃の一部にバーコードやQRコードが印刷されていましたが、HKではそういう管理はしないみたいですね。コードの類のシール、刻印は見られませんでした。

鉄砲は当たってナンボ撃ててナンボですが、「HK」と入っているだけで迫力が出て価値が上がるようです……!

DSCN0964.JPG

ボルトにまで「HK」と入っています…!

DSCN0965.JPG

MR223A1では軍用のHK416と一部部品が異なるようで、例えばグリップはアングルがより直角に近く、フィンガー・チャンネルが無いタイプとなっています。 またHK416とはスリング・ループの位置が異なっていまして、加えて外見上では分かりませんが、銃身内のニッケル・プレートがMR223では省略されているんですとか。それについてHKは、HKが作る高品質の銃身ならそれでも問題なく、しかも長寿命であるなんて言ってるんですとか。

細かい所では、テイクダウン・ピンがSIGのような片側から押しながら反対側から押さないと抜けないプランジャー付きになっていました。

DSCN0970.JPG

ストックはHKのちょっと大型のタイプですが、バット・プレートを捻ると外れて、中がコンパートメントになっています。

中にポンチを兼ねたレンチが入っていました…!

DSCN0979.JPG

一方で付属品もありまして、紙箱がついてきます。非常にシンプルなボール紙で飾りっ気の欠片もありません。

中身も長いクッション材が二つ折りで入っているだけです。

箱についても各メーカーで個性が出ますね。

CZはド派手でしたし、FNは中の仕切りが銃の形になってたりしました。

DSCN0980.JPG

そしてその中にはマニュアルも。ドイツ語ですが写真が豊富に使われています。

DSCN0981.JPG

断面図から始まり、撃ち方、狙い方、掃除の仕方、順を追って丁寧に解説されています。

DSCN0982.JPG

DSCN0978.JPG

どうもハンド・ガードはこのネジ1本で留まっているようです。

ガタツキなどまるでありません。強固に固定されているのも技術力の証ですね。

そんなMR223A1は東京・大阪それぞれ1丁ずつとなりました。お値段もそれ相応ですが、是非ともこの機会に。

 

>>MR223A1 自動小銃はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、無可動実銃コレクション4丁が東京店に入荷致しました。

HPとDetailed Photos(詳細画像)は順次アップしていきます。価格は現時点ではまだ決まっていません、何卒ご了承くださいませ。

 

FN モーゼル M1924 短小銃

モーゼル スタンダード 短小銃 × 3挺

 

以上4挺です、HPアップ作業や価格設定などの進捗状況は随時本シカゴ速報にてお知らせ致します。


コメント

コメントする









▲top