Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 羽根つきライオン(?)のパーカッション・ピストル | TOP | PPS43の仲間達 >>

2017.08.10 Thursday

急造モーゼル系軍用ボルト・アクション・ライフル・ブログ

まいど!  8年間毎日欠かさず続いているシカゴ・ブログ!  先日誰もブログを書いていないと思って出張中にチャッ! チャッ! チャッ!とブログ一本を書き上げたシカゴ社長でございます(自慢)!! ←画像加工に尽力してくれた大阪店キヨミズ氏の助けがなければ多分2-3日はかかったと思いますが…。

なのにボツ…。

他のスタッフが急遽ブログを書いたので、社長ブログ(結局画像説明も殆どない不完全な代物ですが)は使われないでお蔵入りとなってしまいました(涙)

ところが本日の「Chicago News (シカゴ速報)」で「シカゴ資料商品の移動」のお知らせをしたので、お蔵入りしたブログが使えるのではないかと言うことになり、不完全ではありますが復活と相成りました!!

ここから下が昭和20年8月の終戦間際に急造されたようなブログでございます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

10月末には完成予定のシカゴ軽井沢倉庫に東京店を始め長野倉庫や自宅から移動させる銃を整理しているとかなり多くのモーゼル・バリエーションがあることに気が付きました。←当然丁数は把握していましたが、こんなに多くの種類があるとは…。 その中でModel 96とModel 98を祖とする品々をピックアップしてみました。

多くの軍用
ボルト・アクション ライフルは大ドイツ帝国が誇る「ボルト・アクションの完成型」である「Gew.98 歩兵銃」が原型になっていますが、南米に輸出された品はそれより先に開発されたM1893を原型としているのが面白いですね。

 

元祖ボルト・アクション ライフル Gew.98 歩兵銃

*ドイツ Gew.98 歩兵銃【0292】

 

*スウェーデン モーゼル M1896 歩兵銃5479

 

*スウェーデン モーゼル M1896/38 短小銃  

 

*スウェーデン モーゼル M38 短小銃 

 

*スウェーデン モーゼル CG80 マッチ・ターゲット ライフル  

 

*ウルグアイ モーゼル M1908 歩兵銃【0493】

 

*アルゼンチン モーゼル M1909 歩兵銃【0494】

 

*アルゼンチン モーゼル M1909 騎兵銃   

 

*ペルー モーゼル M1909 歩兵銃  

 

*ペルー モーゼル M1935 騎兵銃   

 

*ブラジル モーゼル M1935 歩兵銃【0491】 

 

*チリ モーゼル M1935 短小銃   

 

*ユーゴスラビア モーゼル M1898 歩兵銃【5300】

 

*ユーゴスラビア ツァスタバ M1969 狙撃

 

1969年に制式となった、このツァスタバもGew.98の流れを汲む品です。 そんなことを言えばレミントン M700もモーゼル系のボルト・アクションですが、シカゴ社長的趣味だけで考えると、木製ストックを使用しない米軍のM24やM40はモーゼル系軍用ボルト・アクションには入っていません。

「スウェーデン CG80なんてM1896とドコが似ているの!」と言われても木製ストックが付いている限りシカゴ社長的な守備範囲となります。

 

同じようなカテゴリーに入れたい下の「トルコ M1935 歩兵銃」はGew.88系です。 1935年に1888年製のアクションを使用するとは…、ドイツ的メカニズム恐るべし!  

 

*トルコ M1935 歩兵銃  

 

銃名の後のHPナンバー】が入っている品はDetailed Photosに画像をアップしてあります。 またその一部はHP(価格は入っていますが解説分は作成途中)もございます。 【HPナンバー】をクリックしてみてくださいませ。 HPナンバー】が入っていない品は今年度中には商品化致しませんので、もしご希望であればご予約を承ります。 シカゴ社長のライフワークとして「日本にある軍用銃のすべて(仮題)」なんて資料本を出版したいと考えていますので、それまでデータを取っていない品はすべて非売品となります。 ご理解とご協力(すでに販売済でシカゴ資料室にない品のデータ提供など)をお願い申し上げます。

 

 

*ドイツ Kar.98a 騎兵銃

20世紀の世界各国の主力小銃の短縮化に伴い、このKar.98a系のバリエーションも豊富に在庫しておりますので、これらについてはまた日を改めてブログに書きたいと思います。 また19世紀中期から後期の無可動古式銃も沢山あるので、系統立ててまとめたいですね!

 

 

 

本日のワンポイント情報!!

弊社資料として在庫している無可動古式銃と20世紀初頭までのボルト・アクション ライフルを、現在HPとD/P(詳細画像) に順次アップしております。 HPにアップされて価格が付いている商品は現時点では東京店にございますが、10月から年末にかけて全て軽井沢倉庫/事務所に移動予定です。 また重機関銃の多くも倉庫へ移動させる予定です。 移動後は軽井沢倉庫では一般公開しませんが、ご注文があった場合は東京店へ再度移動する事は可能です。

ご不便をおかけしますが、東京ショールームが手狭になったためご了承いただきますようお願い申しあげます。

 

弊社資料として収集してきた品ですので価格は少々高めではございますが、珍しいお品物ばかりですのでぜひご覧ください。

解説がまだ不十分な品もございますが、後日追記予定ですのでご了承くださいませ。


コメント

コメントする









▲top