Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< カメラでカメラ撮るって・・・ | TOP | ファシスト暦とカルカノライフル >>

2017.08.07 Monday

「P」はプロジェクトの「P」 P90

念願の海で泳いで砂遊びをして満喫してきました。

友達と造った砂の星型要塞は思い出、こんばんはアルバイトSです。

DSCN0139.JPG

個性的なデザインで一線を画しているP90。未来的なイメージが付きまといますが1989~1990年の銃なんですよね。僕に至ってはまだ生まれていません。

DSCN0141.JPG

そんなP90ですが、今回入荷した中にバリエーション違いがありまして、照準器のドットを光らせる窓が開いているものとそうでないものがありました。

DSCN0144.JPG

窓が開いていないものはドットを囲むように円が描かれていますが、

DSCN0145.JPG

窓が開いているものにはそれがありません。

DSCN0146.JPG

2つのシリアル・ナンバーの差はわずか18.注文内容による違いなのか、それとも丁度この2つの間に仕様変更があったのか、気になる所ですね。

DSCN0150.JPG

さて、お手軽分解できる事に定評のある(?)P90ですが、分解してみて見つけた気になるものが1つ。(前回の入荷の際分解したブログはこちら)

DSCN0151.JPG

その気になるもの、と言うのはボルトに打たれていました…!

DSCN0153.JPG

この刻印です。どっかで見たことあるなーと。古式銃の銃身の裏側ですとかに打たれているイメージですが、これはP90のボルト。一体どういうことなのでしょう……?

Belgian Listing 1 001.jpg

調べてみるとこの刻印、ベルギーのプルーフ・マークの一種でPerronというモニュメントを模しているとの事。

Perron自体はリエージュをはじめベルギーの大都市には数多く建てられており、栄えた都市の証なんですって!

そしてこのプルーフ・マークは、時代によって若干の意匠の変化はあるものの、古くは19世紀初頭から打たれています。

先日のMINIMIのプルーフ・マークと言い、ベルギーの鉄砲の文化は古くから繋がっているんですね。

 

ペロンの入ってる銃.jpg

どっかで見た事あるって事は、多分在庫品にPerronが打たれている……と言うことで探してみたらありました!

画像は【3986】ベルギー製 単発 パーカッション ピストル (銃砲刀剣類登録証付古式銃、 #9391)です。

 

ペロン.jpg

丁度ニップルのすぐ前辺り、階段と石柱の組み合わせはまさにPerronです……!

DSCN0157.JPG

全くの余談ですが、僕が「Perron」てなんだろ……?とウンウン言いながら調べていると、横にいたキートンさんが「P90のPはPerronのPなんじゃないですか?」なんて冗談を言っていました。ひどいですよね。

 

>>P90 短機関銃はこちら

>>ベルギー製 単発パーカッション・ピストルはこちら

>>最後に写っているP90が20丁入る木箱はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

大阪店在庫品で、Kar.98k 小銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像) にアップいたしました。ぜひHPをご覧ください。 

 

Kar.98k 小銃(9万円、税別)


コメント

記事と関係なくて申し訳ありませんが、私はいつかはモシンナガン狙撃銃を・・と思っている者です。
イマ、シカゴの商品検索でモシンナガン狙撃銃を検索しても手で来ないのは何か理由があるのでしょうか?
いつかは・・と思っているので取り扱いが無くなったとしたらショックなので、ここで申し訳ありませんが質問させて頂きました。
2017/08/08 1:52 PM by かえる
このP90、マ○イ以前にト○テックでモデル化されてましたが、見た感じオモチャっぽく(勿論オモチャですが…)エアーガンには興味がなかった為か気にもせず、マ○イからモデル化されてもそれは変わらずでした。
ところが、マガジンの弾薬が面白い動きをすると言うこと、人間工学に基づいたデザイン、拳銃弾ではなく専用の弾薬であった為、分類的にはSMGではなくPDWだとか…
なんか面白い銃だな♪
「…え? どこ握るん? 親指どこに入れるん?」
実際に構えてみたいな♪
…で、マ○イ のエアーガンを購入
デザイン的にノーマルタイプが好きだったのでノーマルを購入しましたが、サイレンサーを付けると、まるで着火マン♪
(なので個人的にサイレンサー付きは着火マンと命名です。)

しかし、実銃は防弾チョッキを貫通するだとかで悪用されないよう入手が困難だったようで、これは無理だな…と思ってましたが…
シカゴの社長はやってくれましたよ♪
まさか、入荷するとは&#8252;

ヤティマティックもお願いいたします&#8252;


2017/08/08 6:29 PM by パットン
まとめての返信失礼致します。

>>かえる様
コメントありがとうございます。 どうぞお気軽にコメントを頂ければと存じます。

モシンナガン 狙撃銃をご検討なさっているんですね。
残念ながら現在モシンナガン狙撃銃が在庫に無い為、検索されてもヒットしなくなっております。
数年前に入荷してからしばらくは在庫しておりましたが、お陰様で完売しておりまして…!

現状ですと、買取で入荷する方が可能性としては高いと思われますが、何時になるかは正直な所はっきりとお答えできません。

よろしければ、HPの予約&リクエスト・フォームにてご予約いただけますと、入荷の際ご予約順にご紹介させて頂きますんどえ、どうぞご検討くださいませ。


>>パットン様
コメントありがとうございます。
木と鉄こそ魅力という見方からすると、P90は少々毛色が異なりますから、仰らんとする事もよく分かります。
実際初めて入荷すると聞いたときも、多分「マ○イよく出来てるなー」って感想になるだろうと思っていましたが、いざ現物を手にすると樹脂製とはいえやはりトイガンとは違うんですよね、非常に言葉にし辛いのですが……!

特殊部隊の銃!といったイメージを持っていましたからまさか入荷するとは思っていませんでしたが、入ってきてしまうんですからスゴいですよね。

ヤティマティックもいつか見てみたい銃のひとつです。P90がいけるならヤティマティックもいつかいけるいけのでは!?他人事のように思っていますが、社長の発見力を信じましょう……!
2017/08/09 5:30 PM by アルバイトS

コメントする









▲top