Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ファシスト暦とカルカノライフル | TOP | 急造モーゼル系軍用ボルト・アクション・ライフル・ブログ >>

2017.08.09 Wednesday

羽根つきライオン(?)のパーカッション・ピストル

皆様こんばんは、キートンです。

 

さて、本日ご紹介するのはこちら。

(画像をクリックすると大きくなります)

スペイン 管打式単発拳銃 (JUAN FRANCISCO VERGARA製) です。

 

こちらの銃でまず目に入るのはライオンの形をしたハンマーでしょうか。

ライオンの背中から生えた翼 (尻尾?) の部分がハンマー・スパー (指掛け) となっており、非常に遊び心溢れるデザインとなっています。

 

このライオン、正面から見るとなかなか愛嬌のある顔をしていますね。

 

さて、こちらの管打式拳銃はスペインで1570年頃に発明された「ミュクレット式」と呼ばれる作動機構が使われているそうで、ハンマー・スプリングとシアが本体右側面に露出したなんとも趣のあるデザインとなっています。

外部に露出したシアはハーフコック用とフルコック用に2つ設けられており、ハンマー・ダウン状態からハンマーをハーフコック位置まで僅かに持ち上げると、円形のハーフコック用シアが本体内部から飛び出してハンマー基部の爪と噛み合いロックがかかります。

 

さらにハンマーをフルコック位置まで持ち上げると、板状のフルコック用シアが飛び出してハンマーをロックし、フルコック状態となります。 この状態でトリガーを引くと、シアが本体内に引き込まれ、ハンマーがリリースされます。 火縄銃の外カラクリにも似た、単純明快で合理的なシステムですね。

 

こちらの銃には他にも安全装置としてパーカッション・ニップルの保護カバーが装備されており、雷管をニップルに装着した状態でも安全に運搬する事が可能となっています。

 

射撃を行う際には、フルコック状態で保護カバー右側面の指掛けを前方に押すと、バネの力でカバーが前方まで完全に開いてロックされます。 流石に片手での操作は難しいと思われますが、セーフティの解除から撃発までの操作はスムーズに行う事が可能です。

 

本銃の口径は6mmと銃身の外径からは想像できないほど小口径ですが、威力よりも一発必中の命中精度を重視した結果のようです。 肉厚の銃身は非常に迫力が有りますね。

 

スペインらしい華やかな装飾性と実用性を兼ね備えたこちらのスペイン製 管打式単発拳銃 (JUAN FRANCISCO VERGARA製)は、他のヨーロッパ製の管打式拳銃とは一味違った魅力のある逸品かと思います。

それではまた!!

 

>> スペイン 管打式単発拳銃 (銃砲刀剣類登録証付古式銃、JUAN FRANCISCO VERGARA製)はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

大阪店在庫品で、M30S 軽機関銃  の新たな個体をHPとD/P(詳細画像) に本日アップいたしました。ぜひHPをご覧ください。 

M30S 軽機関銃(36万円、税別)


コメント

コメントする









▲top