Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< こんなものまで!? ヤフオク出品中です!! | TOP | イタリアの選択  >>

2017.08.18 Friday

映画と銃「Tomorrow Never Dies」

御機嫌ようスタッフBでございます。

今回は007のトゥモローネバーダイに登場した意外な銃を取り上げてみたいと思います。

先日、たまたま本作を観ておりまして・・・
ブロスナンのような顔で生まれたら人生違うであろう・・・と思い・・・
いえ、今回はそこではありません。

冒頭のシーンで、「なんであろう、この銃は?」となりました。

これです。
1.jpg
冒頭の核を積んだ機体を奪取するシーン。
ちょこちょこと映っているのでございますけどね。どうもよくわからなかったという。

ぼーっと観ていますと、MP44?あるいはHK53やHK33Kか?みたいな・・・
しかしながらブロスナンボンドの時代にMP44は無いであろうとは思ったのですが・・・

良く観てもわからず・・・色々調べてみると・・・
なんとAR180。しかもカスタムだそうです。

わかりますか?
2.jpg
いや、わかりにくい・・・

一応、プロップが公開されていたので(オークション?)、それを参考に画像合成してみました。
これが合成の元になるノーマルAR18画像。最近は稀少感がございます。
3.jpg

まずはハンドガードを外します。なんとハンドガード無なのです。ピストン部は適当で申し訳ございません。


銃身を詰めます。あるいは原型はSタイプか?
5.jpg
ハイダーは外されているようです。ピストン部も若干形状が変わっているような感じでございました。

次に最大の特徴はストックです。PPS43やスコーピオンのように上部にスイングして畳む仕様だそうです。

ストックを外し・・・
6.jpg

如何にも後付けのストックを付けます。
7.jpg

このストックは似せて画像で作ったものですが、実物はもっと粗い造りでした。
よくわからないのですが、メタルプレートなバットプレートがストックから少しはみ出すようなプレートで、上部に折り畳むときのための、銃身を逃がすスペースがあるようです。

しかし一番気になるのは・・・直銃床じゃなくなっております・・・

さらに上方に畳むにはリアサイトが邪魔だったらしく、簡易なものに変更されているようでした。
8.jpg

だけでなくコッキングハンドルはシンプルで大き目のものに変更(畳む銃としてはノーマルのハンドルは邪魔臭かった?)。
9.jpg
当然ハンドルの後方の溝も広げられている模様。これで完成です。

ちなみに畳むとこんな感じ?
10.jpg

なお、この銃、実は007お約束の秘密兵器の1つだったらしく、本銃を上着から出して、展開させるシーンも撮影済だったという話があります。ポータブル・アサルトライフルという感じだったのでございましょう。
さらには最初はショート・マガジンで、弾倉交換後に30連になるような流れであったとか。

結果的には取り出し展開させるシーンはカットされ、最初からボンドが手にしての登場。これにより秘密兵器的な扱いでも無くなってしまったようです。

これは冒頭のシーンの流れのためという理由が大きかったかと思いますが・・・
同時に、せっかく作ったけど、造りは粗いし、なんだかあまりカッコ良く無い・・・という理由もあったような気がいたします。
何しろ「銃を知らない人がモディファイしたのだろうか?」というセンスを感じてしまいますので・・・

これなら普通のAR18Sとかの方が・・・


さらに時代もあり、現在ならM4カービンのPDW系列やMP7など、コンパクトで秘密兵器っぽいフォルムのものがありますね。

それでも観ていると・・・ふと気づき、気になってしまうものでございます。

>>現在のAR18系の在庫はこちら


本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品で、 五六式騎銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像) に本日アップいたしました。ぜひHPをご覧ください。 

 

五六式騎銃(6万円、税別)


コメント

コメントする









▲top