Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ガゼットVol.15予告!〜ガンプロ掲載銃編〜 | TOP | 我らはシカゴ米国班!? >>

2017.09.12 Tuesday

シブいボルト・アクションです。 35M 小銃

「ボルト・アクション」という2次大戦テーマのミニチュア・ゲームに手を出してしまいました。

当時の兵士を模したミニチュアを交互に動かして対戦し、さながら司令官気分ですが軍事費(ミニチュアの購入)の高いこと高いこと……。 戦争の度に戦時国債の購入が叫ばれるのが大変良く分かります。こんばんはアルバイトSです。

DSCN9983.JPG

初めて見ましたし、初めてその存在を知りました。 35Mというボルト・アクション・ライフルなのですが、もしや見た目と名前でピンと来る方がいらっしゃるやも知れません。 ハンガリーの銃です。

 

DSCN9984.JPG

突き出た固定弾倉に底面の排出口、いかにもマンリッカーのエンブロック・クリップって感じですね。

弾薬も8×56Rですしハンガリーですしでマンリッカーの系統なのは言わずもがななのですが、単純に直系の子孫とは言い切れない特徴を持っていました。

 

DSCN9990.JPG

ご存知M1895はストレート・プルですが

 

DSCN9985.JPG

M35はターン・ボルトとなっています。

コッキング・ピースやセーフティはM1895そっくりなのに、ターン・ボルトになっているとなんだか不思議な感じですね……!

 

ロッキングの開放やエキストラクションを1つの動作で行うストレート・プルは、その分力が必要で動作が重いと言うのは良く聞く話ですが、寒冷な環境ですとこれが更に重くなってしまうんですとか。

それを解決する為に、ターン・ボルトを取り入れて動作を分散させたのが35Mとなります。

 

スリング・スイベルが側面と下面に取り付けられているのも個性的です。 騎兵銃と歩兵銃の両方を担っていたのでしょうか。

 

個人的にはストックも気になるポイントです。 SMLEのようにトリガー根元辺りで2ピースに分かれています。

SMLEには兵士の体格を考慮したバット・ストックの長さのバリエーションがありますが、35Mにもそれが当てはまるのでしょうか……? これに関しては要調査ですね……!

 

と、非常に珍しいこの銃。 本当はもう少し調査したかったのですがこのブログを書いていましたら目の前で売れてしまいました……! ありがとうございます!

その為、途中から画像がDetailPhotoからの引用となってしまいましたが(売れてしまったら写真撮れませんからね……)是非ともブログにしたいと言うことでそのまま書いてしまいました……!

 

>>M1895 歩兵銃 カット・モデルならばまだ在庫がございますのでご検討ください!!!

>>販売済みですが……35M小銃はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品で、 SMLE No.4 Mk1* 小銃  の新たな個体をHPとD/P(詳細画像) に本日アップいたしました。ぜひHPをご覧ください。 

SMLE No.4 Mk1* 小銃 (11万円、税別)


コメント

画像からも質感が伝わってきますね。希少なブダペスト刻印だったりして。
2017/09/14 1:17 AM by mk48
mk48様

コメントありがとうございます。
少々分かりづらいですが、上から4枚目の画像に薬室上部が少しだけ写っています。
BUDAPEST 35M と入っておりましてそのものズバリですね……!

ハンガリーのライフル自体殆ど見た事がないものですから意識しなかったのですが、珍しい刻印だったとは……
2017/09/15 6:17 PM by アルバイトS

コメントする









▲top