Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< シブいボルト・アクションです。 35M 小銃 | TOP | 大阪の諾威(ノルウェー)経由のKar.98k 小銃 >>

2017.09.13 Wednesday

我らはシカゴ米国班!?

皆様こんばんは。 無事に一週間の米国出張から戻ってまいりましたキートンです。

今回の米国出張も盛りだくさんの一週間でしたが、その内容については先日のブログでも書きましたように基本的にはトップシークレット扱い…。 しかしながら今回は社長の許可を得て特別にその一部を公開させていただく事になりました。

 

今回訪れたのは、米国某空港から車で4時間ほどの閑静な場所にある米国のとある業者さんのご自宅。 こちらの業者さんと米国でお会いするのは今回が初めてでしたが、事前に電話で連絡を取った所、我々の訪問を快諾していただき、今回の米国出張の合間に立ち寄る事になりました。

 

こちらの業者さんは旧軍系小銃のコレクターでもあり、

三八式騎兵銃をベースにストックを折り畳み可能とした試製一式小銃や…

 

九九式をベースに本体を二分割できるようにした試製一〇〇式小銃…

 

6,5mmではなく7,7mm弾仕様の三八式歩兵銃試作モデル (見た目はノーマルと殆ど違いが分かりませんが…) といった非常に希少な旧軍系の小銃を多数見せていただきました。 今回は残念ながらこれらのコレクションの買い付けという訳ではなかったのですが、今後の米国での展開に向けて非常に有意義なミーティングとなりました。 (上記のような銃もいつかシカゴに入荷する日が来るのでしょうか…??)

 

最後にモデルガンでお馴染みの恩賜のベビー南部も見せていただきました。 宝石に例えられるのも納得の仕上げの良さで、素手で触るのが憚られるほどです…。

 

その日の帰りに立ち寄ったレストランにて、ふと店内の壁に目をやるとさりげなくピースメーカーが掛けられているのを発見…(!)。 いかにもアメリカンな装飾ですが、まさか本物…ではないですよね。。

 

今回の出張では他にも複数の業者を訪れたのですが、その内容を詳しく皆様にお伝えできないのが残念です。。社長が言う「ブログのネタにしたいような事が沢山あるのに、ブログに書けないのは辛いなぁ〜!」ってこの事ですね。

しかしながら、今回の出張の成果については将来的に皆様に還元できるかと思いますので、今後の新入荷にもどうぞご期待ください。

 

それではまた!!

 

本日のワンポイント情報!!

大阪店在庫品の MP41 短機関銃 のHP解説を本日追加いたしました。ぜひHPをご覧ください。 

MP41 短機関銃(35万円、税別)


コメント

コメントする









▲top