Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ジリ貧を避けてドカ貧に嵌った・・・九九式短小銃末期型・・・ | TOP | 悪用厳禁 (!?) なB&T MP9 ディスクリート・バッグ >>

2018.04.23 Monday

謎と特徴多き…… P84 短機関銃

こんばんは、アルバイトSです。

 

DSCN0002.JPG

アルバニアのP84 短機関銃は新入荷で現物を目にし、俄然興味の湧いてきた銃です。

一見すると二次大戦中にレジスタンスが造ったかのような見た目ですが、なんと名前の通り1980年代に開発されました。

アルバニアから海を隔てた反対側のイタリアでは、スペクトラ M4やベレッタ M12Sが造られていた頃です。 アルバニアのお国柄がにじみ出るようですね……! 生産された内の大多数がスクラップとして冷戦の間に廃棄されてしまったそうですが、一部はイタリアなどの共産勢力に供与されて使用されたんですとか。 造りの荒さというか適当さはこの画像一枚でもなんとなく伝わるかと思うですが、一方で面白いアイディアが盛り込まれています。

 

DSCN0005.JPG

リトラクタブル・ストックは、縮めるとグリップと一体になります。 小柄な銃ですが出来る限りコンパクトにしようとする意図が見えて面白いところですね。 他の銃ではあまり(というか全く?)目にしませんが、いいアイディアだと思うんですよね……!

 

DSCN0006.JPG

銃身はバレル・ジャケットと面一になっており、お陰で銃身は薬室を引くと8cm程。 ストックと併せて隠し持つような目的があったのでしょうか?

 

DSCN0004.JPG

個人的に一番推したいのがこの輪っか。 写真で見る限りでは何に使うのか見当も付きませんでしたが、正体はグリップ・セイフティ兼マガジン・キャッチ・セイフティでした…!

 

DSCN0007.JPG

こうして親指を通して握りこむ事で、トリガーのロックが解除されます。 と同時にマガジン・キャッチも押さえ込まれてマガジンが抜けなくなります!笑

それ以前、アルバニアの短機関銃は反動でマガジンが抜けてしまったのでしょうか?不思議が止まりません!

と言う事は、P84は両手で構えないと撃てないという事になります。 誤射の防止には良いと思うのですが、隠し持ってとっさに撃つには少々機能と目的がかみ合っていないように思います。

 

DSCN0003.JPG

個性的なグリップ・セイフティでロックされるトリガーもまた個性的です。 指をかけるトリガーとその上のバーは独立しています。

トリガーが上のバーを押し上げる形でシアが外れるようなのですが、バーを内部に収めるとか、トリガーと一体にするとか出来なかったのでしょうか? あるいは、まだ僕の知らない機能が潜んでいるのかも知れません……!

 

そんなP84、大阪店分は販売済みで東京店は最後の1丁です。 今後入るかはかなり怪しい(そもそもまだ他に現存しているのでしょうか?)銃ですので、珍しい銃を集めている方は是非ともお見逃し無く……!

*「この銃を選ぶのに大変な労力を使ったんで二度と仕入れる事はないやろ!  そもそも世界的に見てもコレクター市場に出た事の無い希少品やから意地だけで仕入れた品やで!!  シカゴが再入荷させるつもりが無ければ日本に存在するのは永久に今回の3挺だけやなぁ! 」(シカゴ社長自画自讃談)

 

>>アルバニア P84 短機関銃はこちら

>>アルバニア製AKのASh78-1 自動小銃はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

先日お知らせした新入荷品をHPとD/P(詳細画像)にアップいたしました。 ぜひHPをご覧ください。

本日アップした商品は下記の通りです。

 

ステン MkV 短機関銃 (#208866) (東京店在庫品) こちら

 

HPが無いものがあと少し残っておりますが、順次HPの作成を進めて参りますので、何卒ご了承ください。


コメント

これのストックとは逆に、zagiM91サブマシンガンなんかはグリップと干渉させないようにしたデザインのために肩当て部分が凄く小さくなってしまってて、これも中々他に見られない感じのデザインですよね。
2018/04/24 6:37 AM by AKBよりAKM
AKBよりAKM様

コメントありがとうございます。
zagi M91サブマシンガンを調べてきました。 エンドキャップと一体になるんですね……
グリップを握っていても操作できますからこちらの方が良さそうですが、使い心地は如何なものでしょうか!?
2018/04/24 12:23 PM by アルバイトS
アルバニアは旧ユーゴの隣でしたっけ?ベレッタがユーゴ経由で普及したためにマガジンが共用となったのかな?所謂PDWですね。
2018/04/25 2:03 AM by mk48
mk48様

コメントありがとうございます。
アルバニアはユーゴのお隣ですね。ユーゴも元々はイタリアのお隣ですから、影響しあったのは十分考えられます……!
2018/04/25 2:22 PM by アルバイトS
我が神よ!(申し訳ありませんが、言語が不正確です..私はGoogleのような自動翻訳を使用しています)
EHm…
私の国が作り出した銃を見るのはとても嬉しいです。 正確な非常にオリジナルのもの!私はそれをかなり接近して詳細に見ることを楽しみにしていました。そして、実際にあなたはそれに説明、それに関するコメント、そして銃の背景を与えるでしょう。 非常に稀な銃では見られないものです!
この銃について知り、私たちが知らない情報を分かち合うためには、あなたの飽くなき努力と忍耐力に感謝します。そして、あなたは良い仕事を続けることを願っています!


アルバニアからのご挨拶!
2018/06/07 6:34 AM by Deimos

コメントする









▲top