Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 「護衛艦かが」観て来ました。前編 | TOP | フランスが長く信頼したMAS 49 >>

2018.05.25 Friday

MP5に付けたいライト

どーも、ケンです。

以前に友達から買った品でですね。
SUREFIRE製MP5用フラッシュライト・ハンドガードというのがありまして…

あの当時はいつかMP5を手に入れてこれを付けてやろうと思っていたわけです。
何しろ、これを付けるとMP5やHK53とかはさらにカッコ良くなるので。

ところが個人的に縁の無い銃というのがありまして。
まあ、ジンクスみたいなものです。なぜか私はMP5に縁が無いという。

無可動実銃はもちろん、トイガンでさえ縁が無いという。
そしてSUREFIRE製MP5用フラッシュライト・ハンドガードだけが手元に残っているという。
でもいつかはね。

で…今回シカゴで入荷したSUREFIRE製MP5用フラッシュライト・ハンドガード
DSCN9941.jpg
うちにあるのと同じだったという。

同じというのは、SUREFIRE製MP5用ライト・ハンドガードというのは結構マイナーチェンジしてきたわけで、この品はわりと初期タイプのやつ。
この後のタイプはライト部分の外周に転がり防止の六角が付いたり(ハンドガードに転がり防止が必要とは思えないので、ライトを外した時のためだと思われる)、ハンドガードにON/OFFスイッチが付いていたり、ライトがLEDになったりとしてきたわけですが、個人的にMP5用フラッシュライト・ハンドガードというと今回の品のイメージがあります。LEDの時代になるとレールにレール用ライトのイメージがありますね。

では早速見ていきましょう。

SUREFIREとしっかり刻印されています。
DSCN9944.jpg

キセノンバルブね。
DSCN9945.jpg
点くかな?
チェックを兼ねて点けてみます。

お、ちゃんと電池があるじゃない?しかもSUREFIRE製♪
DSCN9948.jpg
本ライトはCR123A(SUREFIRE製電池はSF123A)これを2本使います。

まずライト本体部をネジを緩める要領で外します。
DSCN9946.jpg

こんな感じ。
DSCN9947.jpg

なお、間違って上のランプ部を外すと・・・
DSCN9956.jpg

こっちはバルブ交換用です。念のため。
DSCN9955.jpg

さて電池を入れます。電池の向きはこうですね。
DSCN9951.jpg

2本入れるとこんな感じ。
DSCN9952.jpg

そしてネジを閉める。
DSCN9953.jpg

できた!
DSCN9957.jpg
なお、ここがスイッチね。ゴムになっていて押した時だけ光ります。

光った!
DSCN9958.jpg
ライト、スイッチ共に機能問題無し。

せっかくなので銃に付けてみましょう。ちょうどMP5の在庫もあるし。
DSCN9943.jpg

説明するまでもありませんが、ようするにハンドガードを交換するわけです。

まずはこのハンドガードにピンを外します。
DSCN9960.jpg

もはやHKピンと呼んでも差し支えないピン。ま、MP44の頃からあるんですが。
DSCN9961.jpg
しっかりハマって、抜くときも簡単なのが特徴。なお、たまに個体差できついものがあります。

ピンを外したらハンドガードを前側から下にズラし抜きます。
DSCN9962.jpg

簡単です。
DSCN9963.jpg

そしたらライト・ハンドガードを付けます。
DSCN9965.jpg
後ろ側から入れて、前をズラし入れます。
ピン穴を合わせるとスムースです。
DSCN9967.jpg

そしてピンを入れて、
DSCN9968.jpg
出来上がり♪
DSCN9970.jpg


なお、構えた際の左手の指でスイッチが押せるようになっています。
DSCN9971.jpg

ね♪
DSCN9972.jpg

なお、押した時だけ光るのは、そもそも映画のように、ずっと点けておくライトでは無いから。
暗いところや薄暗いところ、果てやそんなに暗く無いとこでも室内ならこれを相手の目に浴びせれば、目潰し効果、平衡感覚を狂わせることが可能。その上で射撃。

どうしても暗闇を照らしたい場合もありますけど短い時間のみ。特に敵が居そうなところ、居るところでは一瞬だけ点けて、空間イメージを目に焼き付けてすぐに動きます。

逆に暗闇をずっと照らしておきたい場合はあまり強すぎないLEDなどを使います。

すごくわかりやすく言うと・・・映画みたいに攻撃用のライトを照らしながら移動したら自分が的ですから。

しかも長時間の連続点灯すると電池はあっという間に無くなるし、ライト自体壊れます(私の友人がM4レール用のライト付けっぱなしにしたら、スゴイ熱になって、ボディ塗装が泡立ったみたいになってました。壊れはしなかったけど)。
これらはLEDでだいぶ解消されましたが、それでも攻撃ライトは長時間照らさないのが基本です。灯りが欲しいなら普通のライトを使う。
だから攻撃用ライトと照らすようのライトが両方付いていたり、別に持っていたりするわけですね。

なお、ライト・ハンドガードを付けた際、元のハンドガードを失くさないようにしましょう。
DSCN9973.jpg

SUREFIRE製MP5用フラッシュライト・ハンドガードでした。
DSCN9976.jpg

個人的にこれと光学機器が付くとMP5は完璧なのです。
DSCN9974.jpg

>>HK MP5はこちら
>>SUREFIRE製MP5用ライト・ハンドガードはこちら


 

本日のワンポイント情報!!

買取りで、ステン MkII 短機関銃 が東京店に入荷しました。 HPとDetailed Photos(詳細画像)は本日アップしております。 価格は現時点では決まっておりません。 何卒ご了承くださいませ。

 

ステン MkII 短機関銃 はこちら


コメント

電動ガンが出始めの頃の純正オプションでライト・ハンドガードもありましたが、これも今になったら希少品ですかね?
当時はSWATスタイル憧れて、電動MP5本体は手に入れたものの、学生の小遣いでは周辺品が集められなくて歯がゆい思いを…
2018/05/25 10:25 PM by SSK
SSK 様

コメントありがとうございます。ケンです。

おっしゃる通りで、私も当時はSWATスタイルMP5カッコイイというくちでした。
でもなかなか実現できなかったのも同様です。

今となっては電動ガンの純正オプションのライト・ハンドガードも見かけない気がします。
時代かなぁ、と。
2018/05/26 12:59 AM by ケン

コメントする









▲top