Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ツール好きなあなたに | TOP | アメリカ OCD(民間防衛局) スチール・ヘルメット >>

2018.06.15 Friday

そこにAUGがあったから

どーも、ケンです。

ブログネタを何気なく探索していたら・・・
ふとAUGが目に入りましてね。

あ・・・今、かなり種類あるなぁと・・・

並べてみたくなりました。

こう・・・

うわーすげー!
こういうのはある時にしかできませんから。

さ、目的も達したし・・・ではまた来週・・・

というわけにもいかないので、並べてみたヒストリーなどを。

なんと言っても元祖はこれ。F1(細部を除けばつまりはA1)。
3.jpg

着剣装置が付いているのにご注目。軍用です。
3-2.jpg

このF1のように初期のAUGはマガジンの透明度がその後のものより高いです。
4.jpg
重視は透明度が高い方がより紫外線に弱かったりとかありますから、改良されたのかも。

あとストックの色がですね、それこそ生産ロッドによっても違うと思うのですが、ストックも初期の方がなんか透明感のある色合いというかODが入ったグリーンというか(画像だと写しきれない色)・・・結構私好みの色なのです。

お次は個性派というかA1のバリエーション。
カービンとSMG。
5.jpg

カービンはA1の銃身をそのまま切り詰めた感じ。
先ほど話したマガジンはF1のものより透過度が低いタイプになりました。
6.jpg
ストックの色もわかりやすい色合いというか。

SMGはつまり拳銃弾コンバージョンです。
7.jpg

無可動実銃でも、このマガジン挿入口のコンバージョンユニットが簡単に外せます。
8.jpg
AUGシステム・ウェポンがよくわかるバージョンでもありますね。
当然軍用というよりは警察用なのでストック色もブラック。

見た目の個性と言えばこれ。
AUG軽機関銃バージョン。
9.jpg

40連マガジン標準。
10.jpg

ブルバレルにバイポッド。
12.jpg

なによりスコープマウント付きでキャリングハンドルも。
11.jpg

まあ、その分、他のAUGに比べたら結構な重量感。

そして近年入荷がこのA3。
13.jpg
さすがに時代が変わってきたのを感じます。

でも実はこの流れだと思うのです。
A1カービンが、A3に・・・
14.jpg

M16でいうならXM177のような旧来のコマンドーカービンがM4になったような。

とは言え、細かい部分は色々改良。

STANAGマガジンになりました。
15.jpg

あとSTANAG対応になったので、マガジンをキャッチしておく部分が側面になり・・・
このためリリースはここを押してもリリースできます。
18.jpg

ブルパップゆえにスコープ付きは変わらず。
16.jpg
しかしこのスコープ自体レールで取り外し可能なので、他の光学器を載せることも可能。
17.jpg

なお、これらレールは上下左右に標準装備。
他にもチャージングハンドルも変わりました。
19.jpg

というわけで、AUGマーチでした。
21.jpg
いや・・・最初の画像の撮影は、店内に並べるの苦労してしまったくらい・・・
20.jpg

あるうちに是非ご検討下さいね。

>>AUGシリーズはこちら

 


本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品で、 Vz.61 スコーピオン 短機関銃 (ブルー仕上げ) と ツァスタバ M70B 自動小銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像) にアップいたしました。ぜひHPをご覧ください。 

 

Vz.61 スコーピオン 短機関銃 (ブルー仕上げ、8万円、税別) こちら

ツァスタバ M70B 自動小銃  (10万円、税別) こちら


コメント

コメントする









▲top