Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 夏だ!シカゴだ!新入荷だ!「ベクター CR21」 | TOP | 英国からかなり真面目なお話 >>

2018.07.26 Thursday

ちょっと不思議なフォルムのサブマシンガン

どーも、ケンです。

前回から引き続き、新入荷品の話題で、今回はDUX M53というサブマシンガンです。
0.jpg
戦後、設立されたばかりの西ドイツ国境警備隊が採用したのが本銃です。
機関部の見た目の通りPPS43系列ですが・・・
この銃の誕生話は少しややこしい。

ご存知の通り、まずフィンランドのスオミ M31に痛い目にあったソ連がPPSh41を作ります。それをさらに軽量及び省力化したのがPPS43。さらにそれに影響を受けたのがスオミ M44。
・・・という辺りは皆様ご存知かと思います。

つまりここから始まり・・・
15.jpg

ソ連でこうなって
16.jpg

それがソ連で簡易化され、今度はそれがフィンランドに影響を与えた・・・
17.jpg

しかし、今回はさらに・・・
5.jpg
M44の設計長だったWilli Daugsという方が戦後にフィンランドからスペインへ逃げ・・・この際、M44の設計図を一緒に持っていきまして・・・それを元にスペインでLudwig Vorgrimmlerがこれを再設計し、M51を経て、M53を製造した。
・・・という経緯があります。なお、当時のスペイン⇒ドイツの繋がりは今さら語るまでも無し・・・

なお、このM53はさらに改良され、コッキングハンドルを左側に移設、セイフティもピストルグリップ上に位置を変え、左右スライド式に変更したM59(レシーバーやバレルジャケットの形状も変更)となります。

そんなM51。
刻印は極めて少ない。
6.jpg
シリアルくらいでした。

グリップは木製。後にプラスティックになります。
7.jpg

本銃はq折り畳みはワイヤーストック
8.jpg
ですが、PPS43やM44にそっくりな折り畳みストックもあります。
しかしPPS43とはまた雰囲気を異にしたこのワイヤーストックも個人的に好きです。

展開は簡単。PPS43でお馴染みのボタンを押す


すると、ストックが半回転して展開。そのままロックされます。



ストックを畳むには同じボタンを押して下さい。
むしろバットプレートの回転が無い分、展開が速い。

だがしかし・・・何より雰囲気を異にしているのがこのハンドガード。
9.jpg
通常のM53ですと、まんまPPS43やM44のようにバレルジャケットなんですが・・・M53ってバリェーションもあったみたいですからね。このハンドガードはグリップの木と違和感無いし。

しかしこのハンドガードやワイヤーゆえに、個人的にこの個体が好きだ。
ハンドガードは銃身を一周したデザイン。
3.jpg

お陰でマズルフェイス周りもなんだか凄く個性的。
10.jpg

銃身を一周したデザインということは、つまり・・・腰だめに構えたり、コスタ撃ちするにも問題無い。
11.jpg

新入荷のHP作業をガンガンやって、少し落ち着いた(?)アルバイトの青春S君に「ごめん、あなたの1分貸して」と急遽モデルになってもらいました。

腰だめ。


コスタ撃ち風。

ハンドガードって理想は一周あった方がいいんですよね。
でも一周無い銃が多いのは・・・木製などは生産性の問題と分解組立を考えた時に設計がめんどくさいから。

あと、PPS43とスオミM44との関連ゆえ、マガジンの共用化を試してみました。

右からPPS43、真ん中がスオミ M44.

まずPPS43は・・・まあ、無理ですよね。口径違うし。
12.jpg

スオミM44は・・・
13.jpg

マガジンは挿入可能。だがキャッチがかからない。
14.jpg
おしいな・・・

だが絶対無理だわ・・・と気づく。
なぜならDUXはシングルフィード、スオミはダブルフィードでした(どちらもダブルカラアム)。


というわけでDUX M53でした。
なかなかネタの多い銃でした。
1.jpg
このアングルで見ると、スコーピオン計画に入れたいくらいのフォルムですな。

>>DUX M53はこちら
>>スオミシリーズはこちら
>>PPSh41はこちら
>>他国バリエーションを含めたPPS43はこちら



本日のワンポイント情報!!

先日お知らせした新入荷品をHPとD/P(詳細画像)にアップいたしました。 ぜひHPをご覧ください。

新たにアップした商品は下記の通りです。

アカバ 短機関銃 (売約済) こちら

アルカ M93 短機関銃 (売約済) はこちら

HPがまだ無いものがあと少し残っておりますが、順次HPの作成を進めて参りますので、何卒ご了承ください。

今回の入荷品は1挺や2挺のみの入荷数のものが多くなっておりますので、気になるお品物がございましたら、お早めにお問合せ頂けますと幸いです。


コメント

DUX M53…
気になるのがストックの肩当て…
畳んだ状態でも出っ張りがある。

ワイヤーストックで簡略化したんだから肩当てを畳む機能は複雑化になるからいらないよね。
「でも出っ張ってるよ。邪魔じゃね?」
狙うのに支障はないです。
「ぶつけて曲がらない?」
ちょとくらい大丈夫です。
じゃあ、これで採用…

こんなやりとりで採用したのでしょうか?



2018/08/01 10:11 PM by ぱっとん
ぱっとん様

コメントありがとうございます。
スタッフ ケンがお休みをいただいておりますので代わり返信させて頂きます。 遅くなって申し訳有りません。

ワイヤー・ストック、個人的は折畳んだ状態だと非常に簡易なサイトみたいで(どれだけ近距離用だ)面白いと思うのですが、PPS43ですとかしかりバット・プレートも畳めた方が良いと思いますよね。
とはいえ機能として必要充分は満たしていると思われたのでしょうか。 仰るように、意外と勢いで決まったのかもしれませんね……
2018/08/07 11:15 AM by アルバイトS

コメントする









▲top