Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 初めてのPPD | TOP | ZF41 スコープを極めた人達 >>

2018.12.07 Friday

各部のHKのロゴが眩しい……!G28Z 自動小銃

先日ナベさんが話題に挙げていた「バトル・オブ・ブリテン 史上最大の航空作戦」。 僕も観て来ようと思いきや既に上映終了……代わりに上映しているらしい「恐怖の報酬」のノーカット版を観て来ようと思います。 こちらも意外と(?)鉄砲映画だそうですよ、こんばんはアルバイトSです。

 

DSC03705.JPG

新入荷品が来ているのですから!旬なものを紹介したい! と言うわけで持ち出しましたのがこちら!

HK製の大きなガンケースとなると、期待も大きいですねぇ……!

 

DSC03706.JPG

今回の入荷品の中でも大物の1つであるG28Z 自動小銃です!

アフガニスタンでHK417を使おうとしたら、思ったよりも目標が遠くてHK417では力不足……と言うことで開発された銃ですね。(僕がわざわざ言うほどでも無いかもしれませんが……!)

HK417のアルミ・フレームからスチール・フレームへと変更され重量が上がりましたが強度も上がり、アフガニスタンを意識してボディはタンカラーとなっています。

個人的に、スチール・フレームの重さには驚きました……。 HK416は1日持って回るのも大丈夫そうですが、G28Zはキャスターつきのカートが欲しい所です……!

 

DSC03707.JPG

今回入荷したG28Zはいわば民生用なのですが、違うのは刻印だけで銃としての仕様は軍用と変わりません。 元々G28自体が、民生用のMR308に競技用銃身を取り付けたものから始まっていますので、違いが無くても当たり前ですよね。

 

DSC03708.JPG

長い20mmレールのハンド・ガードには、バック・アップ用のサイトが折畳まれています。 これはもうすっかり最近の風潮ですね。 光学機器が当たり前のように使用される昨今ですので、アイアン・サイトはすっかり緊急用の予備……と言った所ですが、サイトの形はお国柄が出て面白い所ですので少々寂しくもあります……。

 

DSC03716.JPG

ハンド・ガードの中頃に細長い窓が開いており、ここからガス・レギュレーターにアクセスする事ができます。 細い棒を差し込んで回転させると、通常時とサプレッサー装着時のガス量が切り替わります。 ハンド・ガードにインジケーターがプリントされていて一目でどちらのポジションか判りますね。

 

DSC03713.JPG

印象的なのがストック。 よくある伸縮式なのですが、伸ばしても縮めてもチーク・パッドの位置が変わりません。 痒い所に手が届くようなアイディアですね……!

 

DSC03715.JPG

更に、バット・プレート付近のダイヤルを回転させると、ストックの長さが微調整できます。

HK416やHK417ではコンパートメントとなっていた部分ですが、こういう所はさすが狙撃銃です……。

 

DSC03710.JPG

一方でグリップ側のコンパートメントはHK416やHK417と変わりません。 底の栓をひねると……

 

DSC03711.JPG

蓋が抜けて中からマルチ・ツールが出てきました。 このレンチで、先ほどのチーク・パッドも高さを調節する事ができます。

ガス・レギュレーターの操作も、このレンチを使って行うようマニュアルに記載がありました。

画像で見えませんが、コンパートメントの奥にはスポンジが貼られており、蓋を閉めると中で暴れなくなります。 個人的に、一番大きい六角は使うような所あったかな?と思ったのですが……

 

DSC03712.JPG

ハンド・ガードのスクリューに使えました。 G28Zに入っているツールなのに、G28Zに使うところが無いわけないですよね……!

 

今回の品にスコープは付属しませんが、せっかくなので美術系アルバイトЯさんの私物を借りてスコープを載せてみました。 (載せたと言っても、装着跡を付けない様にネジは1本も締めていません。 持ち上げたらマウントから全部外れます……!)

やっぱり……狙撃銃ってカッコイイですね……!(再確認)

 

DSC03718.JPG

銃本体の他、マニュアルとマズル・キャップとガンケースが付属します。 特にマニュアルはカラーと3DCGを駆使した懇切丁寧な内容となっています。 これさえあれば、今日からあなたもマークスマンですよ!!!!

そして現状フリーなのはこの1丁のみとなっております。 値段は決して安いものではありませんが、その価値のある銃だと思いますので迷われた方はまずご相談を……!

 

>>G28Z 自動小銃はこちら

 

本日のツーポイント情報!!

新入荷品のD/P(詳細画像)画像をHPに追加しました。 ぜひHPをご覧ください。

新たにD/P(詳細画像)画像を追加した商品は下記の通りです。

PPSh41 短機関銃 (ロア・フレーム溶接強化型)   ( 8万円、税別 ) こちら

先日東京店に入荷した買取品をHPにアップしました。ぜひHPをご覧ください。D/P(詳細画像)画像は後日アップ予定です。

PTRS 1941 対戦車ライフル ( 70万円、税別、お客様ご連絡中) こちら

 

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

本年より弊社東京上野本店ならびに大阪店では年末年始を休業させていただく事になりました。

2018年12月31日(月)から2019年1月3日(木)までの間、両店とも休業とさせていただきますので、年末年始のご来店をご検討されているお客様はご注意いただきますようお願い申し上げます。

尚、弊社ホームページからのご注文・お問い合わせにつきましても、2019年1月4日(金)以降順次回答をさせていただきます。

お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。


コメント

恐怖の報酬、面白かったですよ。UZIやG3とか色んな銃が出てきます。M76に見えたのは、M76なんだろうか?
2018/12/09 11:56 PM by mk48
mk48様

コメントありがとうございます。 観てきました恐怖の報酬、常に絶望感一杯でヒリヒリする映画でしたね……!
思った以上に鉄砲が出てきてそちらも楽しめました。

ゲリラが持ってたSMG、最初はベレッタ38Aかなーと思いましたがM76でしたね。 機関部が一瞬しっかり映ってました。
同じシーンでステンMKIIとAR18がいましたが、メンツとシーンとで日本のモデルガンだったんじゃないかなと思います。
2018/12/10 11:56 AM by アルバイトS

コメントする









▲top