Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 戦車の祭典 2019!! | TOP | 迷った時のオススメその7 >>

2019.06.30 Sunday

快走!! 九五式軽戦車 Ha-GO!!

皆様こんばんは、キートンです。

さて、昨日に引き続き本日はいよいよ九五式軽戦車の走行展示の模様をお伝えしていきましょう。

 

ポーランドから到着した九五式戦車は早速トレーラーから降ろされ、外観及び作動のチェックが行われます。

 

明るい場所でよく観察すると、操縦席前面の弾除けやリベットの形状など、細かい所にも配慮して設計されている事が判ります。 なんとなく鎧兜を思わせる作りですね。

 

足回りについても完璧にレストアされており、転輪のゴム部分のメーカー名などもモールドでオリジナル通りに復元されています。 今回のレストアはオリジナル度を最優先したとの事で、こういった部分にもこだわりが感じられます。

 

九五式軽戦車は到着時には主砲が付いていない状態でしたが、こちらも別便で到着し、早速戦車に装着されました。 主砲が付いた九五式は全体のバランスが取れて実に美しいですね。

 

戦車内部を覗いてみると、比較的スペースに余裕があるように感じられますが、弾薬などを搭載するとあまりスペースがないそうです。

 

こちらは別途準備していた主砲用の照準器を取り付けている様子。 照準器側のネジにより照準器マウントを前後から挟み込むように固定していきます。

 

車体の最終チェックが完了した後、車体に日章旗が掲げられました。 そのインパクトは絶大で、一目で日本の戦車と判ります。

 

車体の前には九五式軽戦車の解説パネルも設置されました。

 

さて、九五式軽戦車の最終調整やエンジンの作動チェックも完了し、土日はいよいよ走行会へ。

 

タンクフェストでは大戦中から戦後にかけての各国の戦車が動く姿を間近で見られるとあって、一般入場ゲートには朝早くから長蛇の列ができていました。

 

こちらはソミュール戦車博物館からやってきたパンター戦車 対 ウォーダディーのフューリー号やファイアフライなどとの模擬戦闘の様子。

 

観客席に狙いを定めながらアリーナを疾走するパンター。

 

パンターに撃破されて黒煙を上げるソ連のT-34戦車…。

 

戦後の戦車も英軍のセンチュリオンやチーフテンを始め様々な車両が登場しました。 こちらは濛々と白煙を上げながら爆走するT-72戦車。

 

今回のタンクフェストで個人的に最も気に入ったのがチャーチル歩兵戦車。 巨大な車体と走行時に足回りから発生する金属音が相まって、凄まじい迫力です!

 

こちらはいよいよ出番を待つ我らが九五式軽戦車。

 

軽快にアリーナを駆け抜けていきます!! 九五式軽戦車の走行展示は今回のイベントでも目玉の一つで、海外の戦車ファンの方々も熱心にカメラを向けていました。

 

さて、2日間にわたる走行展示も大きなエンジントラブルなどもなく無事に終了し、海外の方々にも存分に日本軍戦車の魅力を堪能していただけたかと思います。

 

近い将来こちらの九五式軽戦車が日本に無事に里帰りを果たし、国内の方々が身近にその雄姿を見られる日が来ると良いですね!

 

それではまた!!

 

本日のワンポイント情報!!

大阪店在庫品の【無可動銃】 アルバニア ASh78-1 自動小銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像)にアップいたしました。 ぜひHPをご覧ください。

・【無可動銃】 アルバニア ASh78-1 自動小銃 (9万円、税別) こちら


コメント

ハゴ(ハ号)たんばんじゃーい!ヽ(^o^)丿

BF1942のMODではシャーマンやバズーカに一撃粉砕されましたが思い出深い戦車です。

最近は某戦車アニメのおかげでメディア露出も上がり嬉しい限りです。
2019/06/30 8:21 PM by 謎の日本兵Z
・・・・・素人の質問ですみません。

一体どうやって九五式戦車に主砲を装着したのでしょうか?

なんかいかにも開口部が狭そうな上部ハッチから主砲をアクロバティックに挿入していくのでしょうか?この方法だと長い砲身長の対戦車砲は装着出来ませんよね。それとも先に対戦車砲のレシ−バ−?のみ閉鎖器部?のみをハッチから挿入砲搭内装着部に固定して、一番最後に砲身を外部からねじ込んでいくのでしょうか?これだと対戦車砲の強度が充分に保てないような....?

教えてください。よろしくお願いします。
2019/06/30 9:35 PM by スト−ナ−65
謎の日本兵Z 様

コメントを頂きまして、ありがとうございます。

九五式軽戦車、ゲームにも登場しているのですね!
シャーマン等に比べて扱いやすいサイズ感が魅力ですよね。

日本への里帰りが実現すれば、国内のファンの方々の熱気もさらに盛り上がる事かと思います!
2019/07/01 2:33 PM by キートン
スト−ナ−65 様

ご質問をいただきありがとうございます。

主砲は車内側から挿し込む形で取り付けを行うようです。
砲塔内部のスペースが限られていますので、取り付け時には砲塔後部のハッチを開放して行うとの事でした。

当時は基本的に使用する毎に取り外して、別個に運搬・保管していたそうです。
2019/07/01 2:37 PM by キートン

コメントする









▲top