Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 大阪店ラスト1挺!(今のところ)Vz.58p 自動小銃 | TOP | 岐阜かがみがはら航空宇宙博物館へ行ってきました。 >>

2019.09.03 Tuesday

たまにはこんな品 (ナイフ)

どーも、ケンです。

今回もたまにはこんな品シリーズ。

まずこれが目に止まったわけですよ。
1.jpg

ベレッタの92Fのグリップっぽいもの。
でもサイズがなんだか違う。

ベレッタには間違いない。
2.jpg

実はこのように・・・
3.jpg

フォールディングナイフでした。
4.jpg
ベレッタ社ならではのベレッタグリップ風ナイフというわけです。

刃はタントー(短刀から名がある。カッコイイ形状に加え、実は研ぎやすさが最大のメリット)型で、刃は起こす小さなハンドルが付いた現在のフォールディングナイフのスタンダードなスタイルです。

ベレッタ刻印に、右端が歯を起こすハンドル。
5.jpg

ロックはここね。ギザギザしたとこ。
6.jpg

ハンドル内部のロックを手でズラす。
7.jpg
やりにくいように見えて、実は簡単堅実です。これも現代のナイフのスタンダード。

グリップの逆側にはクリップ付きですから、ケースはありません。
8.jpg

せっかくなので他にも…
9.jpg
こちらもフォールディングナイフ。
S&W。
10.jpg
やっぱりS&Wは色々出しています。
13.jpg

なんと刃を出す溝やハンドルが無い…
11.jpg
でも取り出しのテンションは軽いので問題無い感じです。

こんな感じで刃の形状や鏡面仕上げ、ハンドルのウレタン仕上げなどクラシックなナイフを意識した感じです。
12.jpg

ロック解除はここ。ちょっと固め。
14.jpg

こちらは革ケース付。
16.jpg

こんな感じですね。
17.jpg

だが…実はフタのホックが壊れている。
18.jpg

これはアメリカのホックあるあるです。特に使わないでただ保管しておくと起こりがち。ホルスターとかにも言えます。
なお、壊れて外れた部分はこちらにハマっていますので…
19.jpg
直してみるのも手かもです。

一応、フタを閉じるとなんとなく留まっています。
20.jpg

ケース裏側。
21.jpg

ロゴ付。
23.jpg

ホックでベルトの着脱が楽な仕様。
22.jpg
実際、これは便利です。
こちらのホックは壊れてません。

S&Wお約束のようなあるとうれしいS&W油紙付。
24.jpg

最後にMAUSERブランドのビクトリノックス製マルチツールナイフ。
25.jpg

MAUSERとしっかりロゴ有り。
26.jpg
つまりはOEMですね。

マルチツールたる道具を見ていきましょう。
ビクトリノックスらしいナイフ。
27.jpg
ビクトリノックスの刻印も入っています。
28.jpg

なぜかもう1本ブレード形状の違うナイフがある。
29.jpg
普通のビクトリノックスは無いブレードです。
こちらはMAUSER社仕様のナイフということらしい。
30.jpg

そして缶切り&ドライバー。
31.jpg

いや…ここ…
32.jpg
なんかカミソリ刃のカバーのようなものが…
33.jpg

外すことができそう…
34.jpg
あ…外れました。
35.jpg

ハンドソーだった…
36.jpg
かなり鋭利。
37.jpg

他、コルクスクリュー。
39.jpg
実はこのコルクスクリューは単にT字として使うより、わずかにテコを使うと簡単に抜けるですが…ソムリエナイフとは逆のテコです。

お約束の爪楊枝&リムーバー。
38.jpg
しかしホントにこれで歯をいじったら、舌とか切れそう。
実はこれちょっとしたものを刺して取ったりなど、なんでも好きに応用してね、という道具です。
サバイバル的にはあると便利な道具。

マルチツールって感じです。
42.jpg

今回ご紹介するナイフは以上です。
0.jpg

他にも複数ございますのでご興味があれば一度ご覧下さい。

>>ナイフの在庫はこちら


本日のワンポイント情報!!

【無可動銃】モシンナガン M1944 騎兵銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像)にアップいたしました。 ぜひHPをご覧ください。 

 

・【無可動銃】モシンナガン M1944 騎兵銃 こちら


コメント

まさしくこのモーゼルナイフのノコ刃部分のカバーを陸自某演習場で失くしました!苦笑

演習場整備の時に直径4〜5センチぐらいの細い木をたくさん伐採したんですが、伐採用のナタやノコギリが足りなくて、このモーゼルナイフのノコで切ってたんですが、すごいよく切れて面白くて夢中になって20本ぐらい切ったあとに気が付いたらカバー紛失!

ただ、別に紛失しても全く問題無いんですけどね!
2019/09/04 3:06 PM by AKBよりAKM
AKBよりAKM様

コメントありがとうございます。
実際に使われていたのですね! このテのものは、機能があーだこーどと気になる割には使う機会が少なく…(そのくせ本数は増えていく…)
実際に使われてモーゼルナイフも本望だった事でしょう。
無くしたカバーも官給品でなくてラッキー(?)でしたね。」
2019/09/10 4:45 PM by アルバイトS

コメントする









▲top