Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< イギリスよ再び!〜その1〜 | TOP | 戦争の雲行きの怪しさ伝える東洋工業製の九九式短小銃中期型 >>

2019.09.09 Monday

イギリスよ再び!〜その2〜

こんにちは、ロンドンの公園にある土道をうっかり歩いていて、馬糞を踏みそうになったキヨミズです。馬術訓練(路上教習?)のための馬道なんですね。いや、ギリギリで踏んでないですよ!


馬糞を避け、大勢の人と犬と鳥を間を抜けつつ、バッキンガム宮殿前まで来ると、上空から聞きなれない重低音がするので見上げると…
うあお!チヌークとロングボウ・アパッチじゃん!目の前の観光資源を無視して上空をパシャパシャ。完全にマニア丸出しの行動でしたが、気付いた周りの観光客もオー!とか言いながら撮っていました。みんな好きだなぁ!(画像荒い…型落ちスマホのカメラと(僕の腕では)これが限界…)


国立陸軍博物館の続きです。
時代を追っての歩兵装備の紹介をするコーナーが続きます。
016_1.jpg
フォークランド紛争時の装備です。落下傘連隊の赤いベレーや受勲した勲章類も並びます。
銃火器は66mmLAWにL1A1、パラ・モデルがありますね。アルゼンチンが狙撃銃的に運用して散々な目に遭わされた、M2重機関銃もあります。展示スペースの関係で銃身はぶった切られてショートバレル化。

>シカゴ在庫のブローニング
50口径重機関銃はこちら

 
フリント・ロックのブラウン・ベスにエンフィールド・3バンド、
SMLEのNo.4とNo.1。
016_2.jpg
ヘルメットやドラム、勲章や様々な装備類が散りばめられていて、興味が尽きません。


>エンフィールド・シリーズはこちら
>SMLEシリーズはこちら


アラビアのロレンス?
016_3.jpg
WAAC(夫人陸軍部隊)の制服姿も登場。


WAACに関しては常設コーナーも設けられていました。
016_4.jpg


体験型のコーナー。固定されたSMLEの模擬銃を操作して、射撃訓練を体感できます。
017.jpg


こちらはレバー・アクションのはマルティニ・ヘンリー模擬銃。
018.jpg
子供だけではなく、大人も喜んでカチャカチャやっていました。


遊びながら学べる、体験型学習っちゅうヤツですね。
遊べるといえばこんなのも。

ギャ!急に現れたチャーチル歩兵戦車?!

…の模型でした。

ペリスコープ部分に取り付けられたモニターにはPCゲーム?と思しきシミュレーターが映っており、操縦手と車長に分かれて操作するみたいです(大人気だったので順番回らず撮影のみ)


戦車が登場した結果、歩兵用対戦車兵器も生まれました。
第一次大戦時はイギリスが生んだマークI戦車を倒すために、ドイツはモーゼルM1918タンク・ゲヴェアーを投入。

次の大戦ではイギリスがドイツ戦車を倒すため、ボーイズ対戦車ライフルやPIATを開発したのでありました。

 

ズールー戦争で使われた英軍とズールー族戦士の装備です。大きな盾ですね。対する英軍歩兵はマルティニ・ヘンリー。
019.jpg
いくら兵器に差があっても、こんな盾持って突っ込んで来られたら怖いだろうな…

>マルティニ・シリーズはこちら

 

こちらは19世紀から20世紀初頭に行われたアフガニスタン戦争のコーナー。アフガンの氏族が使用したジェゼイル・ライフルが展示されています。
020.jpg
その上はアフガン・ナイフ。巨大な牛刀みたいで恐ろしい…

>ジェゼイル・シリーズはこちら

 

戦闘があれば、戦場医療も必然です。19世紀の外科処置用キット。

瀉血よりはマシでしょうが、とにかく切り落とす時代…ボーン・ソウが恐ろしい…
医療用ノコギリですが、実際に使われていた刃物は銃とは異なる迫力がありますね。


おお!SMLEの狙撃銃型、No.4 MKI (T)です!
023.jpg
ストックに刻まれた筋はキル・マークってやつですか…

 
>SMLE No.4 MkI (T) 狙撃銃はこちら
>戦後型である
L42A1 狙撃銃はこちら
 
その横にはドイツのMP-18が。第一次大戦の塹壕制圧のために編成された突撃歩兵にはMP-18と手りゅう弾(弾殻に携帯用のクリップが付いてるんですね。初めて知りました)が配備されました。

戦時急造にもかかわらず完成されたデザインです。

>後継型のMP-28はこちら


 
そして、その後ろには更に衝撃的な展示が!
下手な引っ張り方で申し訳ありません!
削るには惜しいので今回を中編として、後編に続きます!!
本日のワンポイント情報!!
大阪店在庫品の【無可動銃】ステン MkI 短機関銃 の新たな個体をHPとD/P(詳細画像)にアップしました。 ぜひHPをご覧ください。
・【無可動銃】ステン MkI 短機関銃 はこちら

コメント

"対戦車ライフルが大好き"なので、つい対戦車兵器のブ−スを凝視してしまったのですが、イギリスの軍事博物館ってあくまでも兵器を当時の使用済みの雰囲気を残したまま展示してあるのですね?けっして銃をピカピカに磨きあげて展示してあるわけではないのが興味深いデス。

 シカゴレジメンタルスさんも、銃に合わせて表面仕上げ方法を変えたりしているのでしょうか?
2019/09/10 7:29 AM by スト−ナ−65
>ストーナー65様

コメントありがとうございます!

この博物館、あらゆる部分で素晴らしく感心しきりだったのですが、おっしゃる通り古い物も見学者にも見て分かる程度の時代感を残してきれいに整備されていました。こういう所にも博物学に長けた国なんだなと感心しました。

シカゴもオリジナルを最大限に尊重しますので表面処理の再仕上げは行いませんが、オリジナルを保護する整備は徹底して行います。今、まさにその作業の真っ最中です!
2019/09/10 10:37 PM by キヨミズ

コメントする









▲top