Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 文豪や戦場カメラマンや牧師さんも貰った米軍 ブロンズ・スター勲章 | TOP | 空撃ち >>

2019.10.08 Tuesday

ワシントンの横顔 パープル・ハート勲章

皆様こんばんは半袖仕舞って長袖着始めたナベです。

 

DSCN2578.jpg

本日はこちら(ナベ的に)米軍勲章シリーズ最後の「米軍 パープル・ハート勲章」でございます。 パープル・ハートはアメリカ軍において戦闘を含む作戦行動中に死傷した際に将兵に授与される勲章です(欲しいような〜欲しくないような〜)。

 

DSCN2577.JPG

元になった勲章はアメリカ独立戦争の際にジョージ・ワシントン大統領が制定したバッジ・オブ・ミリタリーメリットが原型で、1932年にワシントン生誕200周年記念の際にダグラス・マッカーサー陸軍参謀総長が音頭をとってパープル・ハート勲章として復活しました(一番最初に貰ったのが制定したマッカーサー本人だったとか?)。

 

DSCN2579.jpg

略綬などもしっかり付属しています。 授与対象者は基本1917年のWW1世界大戦以降が前提ですが1917年以前の南北戦争やインディアン戦争、米西戦争、中国やフィリピンの戦いにおいても当人が申請時に生存し、戦傷を受けたことを証明することが出来れば授与されたそうです。

 

DSCN2582.jpg

パープル・ハート勲章は第一次世界大戦では320,518個、第二次世界大戦では1,076,245個、朝鮮戦争では118,650個、ベトナム戦争では351,794個、湾岸戦争では607個、アフガニスタン戦争では7,000個以上、イラク戦争では35,000以上を授与したそうです(アメリカ近代史ですね・・・酷いというか凄いというか・・・)。

 

それでは恒例?どんな方々が貰ったんだろうコーナーです。 まあ当然貰ってるんだろうな〜というパットン将軍(左、WW1参戦時に貰った?)、ケネディ大統領(中、駆逐艦天霧に衝突した際の戦傷?)、ダニエル・イノウエ上院議員(右、間違いなく442連隊所属時)。

 

他にも海兵隊のエースパイロットのグレゴリー・ボイントン大佐(左、撃墜されて日本軍の捕虜に)、ドラマ「バンド・オブ・ブラザーズ」の主人公ウィンターズ少佐(中)、ピューリッツァー賞を受賞した従軍記者アーニー・パイル(右、沖縄戦で戦死)

 

多くのハリウッドスターも貰っているようです。  まずリー・マーヴィン(左、海兵隊員としてサイパン戦で負傷)、チャールズ・ブロンソン(中、B29に搭乗時に負傷?)、テリー・サバラス(右、3年間陸軍に所属その際に貰ったそうです)・・・そういえばこの面子って「特攻大作戦」ですね。

 

面白いのがパープル・ハートなんと!人以外も授与されていいます。 左はWW1で活躍した陸軍所属スタッビー軍曹、WW1時に第26歩兵師団に所属し警戒や毒ガスの検知などに大活躍したそうです(ドイツ軍の手榴弾で負傷)。 右は海兵隊所属レックレス軍曹、ソウル競馬場出身で朝鮮戦争で物資の輸送や負傷兵の後送に活躍し上陸作戦にも参加したとか(2回負傷したためパープル・ハートを2個授与)。

 

DSCN2581.jpg

と大統領から馬から犬まで守備範囲が幅広〜いパープル・ハート勲章でした。

 

米軍パープル・ハート勲章はこちら

 

本日のワンポイント情報!!

【無可動銃】US M1 カービン の新たな個体を本日D/P(詳細画像)に追加しました。 ぜひHPをご覧下さい。

・【無可動銃】US M1 カービン


コメント

パープル・ハート勲章はバンド・オブ・ブラザーズでも三個も貰うシーンがありましたね。

また、俳優の三人、リー・マーヴィン、チャールズ・ブロンソン、テリー・サバラスはテレビドラマのコンバットでもゲスト出演していた共通もありました。

ちなみに若き日のブルース・リーが渡米してた時に、リーマーヴィンはブルースより截拳道を教わっていたそうです。

そしてチャールズ・ブロンソンといえば吹替えは1stルパン三世の五右衛門の声と同じ大塚さん♪(渋くて好き)
また、私世代ではチャールズ・ブロンソンと言えば、顎を触りながら「ん〜、マンダム!」のCM
(これが解るのは社長とケンさんだけと思いますので聞いてみて下さい。)
更に北斗の拳の原作者「武論尊」はチャールズ・ブロンソンからとったそうですよ。
(もはやパープル・ハート勲章とは全く関係ないコメント)
2019/10/08 9:06 PM by パットン
パットン様

コンバットにチャールズ・ブロンソンさんが出演していたのは記憶にあるのですがリー・マーヴィンさんやテリー・サバラスさんも出演していたんですね〜。
チャールズ・ブロンソンさんの「ん〜、マンダム!」って当然みんな知ってると思ったのですが・・・時代ですね・・・。
2019/10/12 11:17 AM by 新兵社員ナベ
訂正で、ブルース・リーより教わっていたのはリー・マーヴィンではなくジェーム・スコバーンでした。
このジェームス・コバーンもコンバット「仮面のドイツ兵」にゲスト出演していてハッバ、ハッバの口癖なのが印象的でした。

リー・マーヴィンは「また一人減った」に、テリー・サバラスは「ジープ特攻隊」のイギリス兵に、「砦と化した教会で」にはレジスタンスとしてゲスト出演しているので見てみてください。

面白いのはトップガンの教官、トム・スケリットもゲスト出演していて「恥知らず」(カラー)では怪我をしたサンダース軍曹を見捨てて逃げてしまう役を…
2019/10/12 3:45 PM by パットン
パットン様

う〜んコンバットには有名な俳優さんが多数出演していたんですね。そういえはジェームス・コバーンさんが出ていた回を見た記憶が・・・また見直そう!
2019/10/13 1:55 PM by 新兵社員ナベ

コメントする









▲top