Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 古今バスケットマガジン比較 | TOP | 映画と銃 「Dr. Strangelove or How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb」 30口径編 >>

2010.10.30 Saturday

コレクションがお嫁に行ってしまいました… 

まいど! 社長です!!

「今日は悲しいお知らせです」って言っても私個人の話ですが…。

私のコレクションの一つであるエンフィールド P1859 ライフルの一団がお嫁に行ってしまいました(涙)。

今年の一月に秘書H美がブログ(http://regimentals.jugem.jp/?day=20100120
)
でも書いていたアバクロンビー&フィッチ(通称アバクロ)さんの福岡店オープンに際して、またアンティーク・ライフルの大量注文を頂きました。

現在のシカゴ在庫ではそれほど多くのアンティーク・ライフルがないので、泣く泣く社長コレクションの中からお嫁に出すと言う事になりました。
アバクロさんとはヘンなお付き合いの始まり(詳しくは昨年10月のブログhttp://regimentals.jugem.jp/?eid=301)があったので、普通は出さないシカゴ社長コレクションの出番となったんです。

まぁ、棚卸しに入っていない私個人のコレクションなので売り上げはそのまま、スパイク・ヘルメット・コレクションになるので、言い換えれば「娘を取り替えた」ようなものでしょうか…(←恐ろしい親です!!)




流石に梱包前のエンフィールド P1859 ライフルを見ると、長年我が家に居たこの娘達の事を思い出します。

でも新しく来るヘルメットの事を考えると何とか気持ちを持ち直すことも出来るようになりますね。
昔から言うではありませんか「布団と娘は新しいほうがいい」と。

シカゴにコレクションを買取りに出されるお客様の心境と同じでしょう。
シカゴ社長、コレクターの方々の身になってご相談に乗りますよ!!

今シカゴでは買取りに力を入れております。 
コレクションの方向を変えたり、整理を考えられているお客様、ぜひこの機会に買取りをご検討頂ければと思います。



昔の写真なのでちょっとピンボケ気味ですみません。
こんな感じで書斎の窓に並んでいたのですが・・・。

イヤイヤ、昔のコレクションの事を考えるなんて男らしくありません!
大事なコレクションでも、あなた以上に大事にしてくれる方もおられるので、
「最近ちょっと愛情が薄れてきたなぁ〜」って思った品をシカゴにご紹介下さい。

誠心誠意のご対応をさせて頂きます。


コメント

コメントする









▲top