Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< でーしゃーかー | TOP | スタッフDの、ちょっと気になる商品 番外編 >>

2010.10.17 Sunday

スタッフDの、ちょっと気になる商品 その53

 こんばんは、スタッフDです。

久し振りに、変な(面白い?)マガジンを見つけたので、ご紹介させて頂きます。


こちら、G36用5連マガジンでございます。
「え? G36に5連マガジン?」と思われる方も多いと思われますが、こちらの在庫品は30連マガジンを改造したお手製の一品物です。


30連マガジンの上1/3をカットし、内部に木のパーツを組込むと言う工夫がされています。


口の部分を削ってありますが、ノーマルの30連マガジンに、この様な凹みがある訳ではありません。
脱着に便利な様にしてあるのでしょうか?


弾込めしてみました。
一応、MAXで8発入りましたが、結構ギチギチです。
装填不良しないように、一応5発まで、としてるのかも知れません。


では、実際にG36に装着してみましょう。
さすが1990年代に制式採用されたG36だけあって近代的なフォルムをしておりますが、マガジンが短くなってしまうと、ビームライフル的な、ちょっと近未来的な印象になってしまいますね。

ちなみに、このG36は10分くらいなら水に浸しても動作に不具合を起こさないと言われています。
ジャム(装填不良)を死語にした」とも言われており、非常に安定した精度を持っているようです。
シカゴ最大級の商品はDShKと昨日社長が書きましたが、シカゴ最高級(値段が)はG36です。

シカゴの商品の中では、比較的近代的な銃ですので手に取りたいお客様が多い銃だったりします。
だいたい、お値段をご覧になって驚かれるんですけどね…。

ともあれ、こう言う改造品の一品物はなかなか珍しいと思いますので、気が向きましたらご検討下さい。

そんな、G36の5連マガジンはこちらから…。


コメント

コメントする









▲top