Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.06.22 Thursday

熟成!アメリカ軍ライフル用グリース缶!

皆様こんばんは、梅雨が本格化する前に布団干しや掃除が完了し得もいえぬ満足感に包まれているナベでございます。

 

銃の新入荷時期なのに空気を読まず、本日はこちら大阪店限定(今のところ)「アメリカ軍ライフル用グリース缶」でございます。

DSCN4552.jpg

 

未開封未使用の直径約10cm、高さ約9cmのOD色の缶詰です。 いや〜このオリーブドラブに黄色のステンシル〜いいですねTHEアメリ缶(←?)って感じで。 凹みや若干の錆はございますが在庫の2個とも良い状態です。

DSCN4554.jpg

 

INTERNATIONAL LUBE 社製のライフル用グリースです。 重量は1ポンド( 0.453 592 37 キログラムくらい?)、現在手元に計量計が無いので正確には不明ですがその位の重さはありそうです。 そしてスゴイことにどうやら作られたのは1963年11月・・・54年前か・・・フッ懐かしいぜ(いやナベまだ生まれてませんが)。

DSCN4557.jpg

 

1963年といえばいろいろな事が起きた年でJFKがダラスで暗殺されたり、力道山が刺されたり、ベトナムで軍事クーデターが発生したり、TVでは鉄腕アトムや大河ドラマが放映を始め、三波春夫の「東京五輪音頭」舟木一夫の「高校三年生」が大ヒットした年だそうです・・・フッ懐かしいぜ(いやナベまだ生まれてませんが)。

1024px-JFK_limousine.png

 

1963年で調べてたらWW2時に自由ポーランド軍に参加しイタリア戦線で活躍した、ヒグマのヴォイテク伍長がイギリスのエジンバラ動物園で亡くなった年でもあるそうです・・・(右のクマ)。 1963年に亡くなったJFK、力道山、エディット・ピアフ、小津安二郎、ジャン・コクトー 、徳川好敏らの没名の中にヴォイテクの名があるのはいろんな意味で凄いなぁ・・・。

Wojtek_the_bear.jpg

 

脇道に逸れましたので本道へ、前にも述べましたが凹みや若干の錆は見られますが50年前の品とは思えない程、良い状態です。 ヘンな膨らみも無いのでスウェーデンの某缶詰のようなことは無いと思われます(未開封で50年以上前の缶詰ですので万一があったらゴメンね

11.jpg

 

それにしてもライフル用グリースと一緒に、東京オリンピック前年の昭和38年の空気も入っていると考えると何やらグリース缶詰以上のモノを感じてしまいますね(う〜ん開けてみたい・・・)。

 

タイムカプセル?「アメリカ軍ライフル用グリース缶」はこちら

 

ヴォイテク伍長が加わった自由ポーランド軍が使用した銃器(確か殆ど装備は英軍から供与されたはず)はこちら

 

本日のツーポイント情報!!

⋆買取りで、Ketland & Co.製 パーカッション ネービー ピストル が東京店に入荷致しました。

価格が決まっておりますので、すぐにご紹介可能な商品となっています。

HPとDetailed Photos(詳細画像) も本日完成しておりますので ぜひご覧ください。

Ketland & Co.製 パーカッション ネービー ピストル(50万円、税別)

 

⋆明日6月23日(金)〜6月25日(日)、日本最古の室内アンティーク骨董市 平和島骨董まつり に古式銃専門店として参加いたします。  
 

平和島骨董まつり
期間:6月23日(金)〜25日(日)
時間:10:00〜17:00 (最終日は16:00閉場)
会場:平和島・東京流通センタービル(東京都大田区平和島6−1−1)
入場料:無料

   

国内最大級かつ唯一の古式銃専門店の名に相応しい古式銃の展示を行う予定です。
お客様のご来場を心よりお待ちしております。

平和島骨董まつりの公式HPはこちら
※なお、同期間中はシカゴレジメンタルス東京店での登録証付古式銃の展示品が通常より少ない状態になります。

 

期間中に弊社店舗にて登録証付古式銃のご検討もしくはご購入希望の場合は、お早めにメールもしくはお電話にてご連絡頂けますようお願いいたします。

 

(可能な限りご希望の個体を会場に移動せず、店舗に残しておきます。)
※日程によってはご希望の日時にご覧頂くことができない場合もございます。

   

お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。

  


2017.06.21 Wednesday

プライスカードが仕様変更しましたよ〜

新入荷もぼちぼち落ち着いてまいりましたね〜画像加工の話ですが(梱包はまだまだ大変みたいです…!!担当スタッフお疲れ様です!)こんばんはスタッフSです。

 

で、その新入荷なのですが、プライスカードの仕様が変わったのにお気づきのお客さまはいらっしゃいますでしょうか…?
DSCN9813.jpg

比較画像。

 

 

 

IMG_5441.jpg
以前↑は銀に縦筋の入った比較的厚手の紙を使用しておりました。
(※画像はいつぞやの新入荷時のプライスカード製作途中風景)
毎度新入荷を前に販売元の紙屋さんでドサッと大量にまとめ買いをしていたんですね。

 

それで今回も新入荷に合わせてまとめ買いしましょうか…とその紙屋さんのオンラインショップを覗くと……
…………な、ない!!!!!!!!

「特殊な紙なだけに、いつか、いつかこの日が来ることは、なんとなく予想していたが、もしや…まさか…」と問い合わせをしたところ、「生産停止」とのこと。
新入荷を前に、新入荷品につけるプライスカードの紙が足りないなんて!!!!


似たような紙を他で探すもテクスチャの入った銀の厚紙って意外とないんですよね…テッカテカ(折り紙に1枚だけ入ってる銀紙みたいなテカテカ)のとか…
そして銀を探すと漏れなく金の紙もヒットしまして、金になると銀よりはいろんな種類が…でもさすがに金はないわ〜と…。

というわけであーでもないこーでもない…と思案した結果、
「いっそ全面リニューアルだ!!!」となりました。

 

 

DSCN9814.jpg
で、こう。
プライスカードの背景に、ガゼット等でもおなじみの柄を背景に薄く載せて、トレーシングペーパーに刷ることに。

 

トレーシングペーパー、つまり「写し紙」というやつですので背景がちょっと透けます。

 

新入荷品の一部も、以前までの銀縦ラインのものと、新しいトレーシングペーパーのものと混ざっておりますが、意外にも違和感なく混じってくれて一安心でした。


しかしトレーシングペーパーでインクジェット対応紙となると、紙の厚さに限りが在るため、以前の銀厚紙より紙そのものが薄くなったことで、折れやすくなってしまったのはちょっと難点かな…><

 

銃ご購入者様の中にはプライスカードも一緒にほしいという方もたまにいらっしゃいまして、
今回から止むに止まれぬ事情で仕様が変わってしまいましたが、
宜しければNEWプライスカードも、どうぞよろしくお願いいたします^^ノ

 

本日のツーポイント情報!!

⋆下取りで、M4A1 カービン (Norinco社製)が東京店に入荷致しました。

HPとDetailed Photos(詳細画像) は本日完成しております。価格が決まっておりすぐにご案内できるお品物となっております。ぜひHPをご覧ください。

M4A1 カービン (Norinco社製)(27万円、税別)

 

⋆明日6月22日(木)東京上野本店はミーティングの為、19:45に営業を終了させていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどお願い申しあげます。
なお、大阪店(TEL: 06-6223-9070)は通常通り20:00まで営業いたします。


2017.06.20 Tuesday

色味は違えど同じ形 Vz.58 スリング゙

先日行われたエアレースで、ゼロ戦の飛行デモがあったそうですね。(現存している飛行可能な4機のうちの1機でそうで)

鉄砲を売ってなければ観に行ったのに…!こんばんはアルバイトSです。

DSCN9990.JPG

てっきり周知の事実だとばかり思っていたのですが、キートンさんとの会話で実は周知されてなさそうな事がありましたので、小ネタながらお知らせしたい今夜のシカゴブログ。

DSCN9733.JPG

画像のVz.58のスリング、軽量なVz.58に合わせたかのように細身ですが、実は他の銃と共用となっています。

DSCN9989.JPG

それがこちら、言わずもがなVz.24ですね。もちろん26や25とも共用です。

というより、Vz.24の方が先に誕生していますので、むしろVz.58の方が後から合わせた事になります。

(M1ガーランドとM14とM16のコットン・スリングが殆ど同じなのと似たようなものでしょうか)

大体同時期のVz.52  自動小銃にも同じスリングをつけているのが見られますので、チェコは暫くの間この型のスリングを使い続けていたようです。流石にCz.805ですとか最近の銃には、今風のタクティカルなスリングを使用している様子ですけどね…!

DSCN9988.JPG

因みこのスリング、個体毎に若干の色味の差はあるものの大きく2色のバリエーションがあります。おそらく時期的な違いでは無いかと思うのですが詳細は不明です。気持ちカーキ色の方が厚手のキャンバスとなっています。

(現状2色とも在庫がございますが、在庫状況によってはどちらか1色のみになる可能性がございますので、お考えでしたらお早めに!)

DSCN9736.JPG

一方、銃本体のスリング・ループの前後をみると

DSCN9735.JPG

サイズが微妙に異なっておりまして、スリングがそれに通るよう幅が合わせられています。(幅が狭い側は先細りになっている革の留め具が通るサイズになっています。)

ですから、順番が違うと逆に通らなくなってしまうんですね。ループが大きい後ろが先です。

 

てなわけで、Vz.24用のスリングをお探しでしたら沢山あります!ぜひ!

 

>>Vz.26と共用のVz.58用スリングはこちら

>>Vz.58 自動小銃はこちら

>>Vz.26 短機関銃はこちら

>>VZ.24 短機関銃はこちら

 

 

本日のツーポイント情報!!

*下取りで、カールグスタフ m/45B 短機関銃 が東京店に入荷致しました。

HPとDetailed Photos(詳細画像) は本日中に完成予定です。 ご予約を頂いているお客様がおられますが、キャンセル待ちもお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

カールグスタフ m/45B 短機関銃 (16万円、税別)

 

*平素は、シカゴレジメンタルスをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

この度ヨーロッパより到着致しました無可動実銃の新入荷品につきまして続報です。

イタリア第4軍「国家治安警察隊(Carabinieri)」より放出された
ベレッタ BM59 自動小銃のご用意ができました。

ベレッタ BM59 Mark Ital 自動小銃 ¥230,000(税別)
ベレッタ BM59 Mark Ital TA 自動小銃 ¥270,000(税別)
ベレッタ BM59 Mark Ital Pc 自動小銃 ¥370,000(税別) (キャンセル待受付可)

今回の新入荷の中でも弊社一押しの商品ですのでご期待下さい。

本日よりHP公開、ご予約案内を開始致します。
皆様のご来店、ご注文をお待ちしています。

株式会社 シカゴレジメンタルス

BM59 自動小銃を仕入れた際のブログはこちら(Part 1)(Part 2)


2017.06.19 Monday

プロが求めたマイクロ・カービン 前編

こんにちは、ねこと遊んでいたら小豆の入ったタッパーをひっくり返してしまい、ねこ共々怒られたキヨミズです・・・フタを閉めずに置いておk・・・いやなんでもないですごめんなさい・・・


・・・気を取り直しまして、本日ご紹介しますのはこちら、
マイクロ ガリル MAR ショート・カービン で、ございます。
01.jpg
イスラエルIMI(現IWI)が生んだ傑作、ガリル自動小銃の“超”短縮版です。
登場は1995年。閉所戦闘を数多くこなす軍や警察の特殊部隊より、強力な5.56mm弾を使用するコンパクトな銃、という求めに応じて開発されました。ガリルのカービン・モデルであるSARの機構は機構はそのままに、バレルを約195mmまで短縮化。


開発時に意識したと思われるAKS74u(全長726mm(488mm)、 バレル長約206mm)
と、ほぼ同寸です。
02.jpg
(MARはストックやハイダーが各種あるため、画像のモデルでは全長712mm(460mm)
空虚重量はAKS74uの約2.7kgに対し、MARは約2.9kgとなっております。



バレル短縮に合わせ、フロントサイト一体型のガスブロックも専用の物に再設計。咄嗟の視認性重視のためか、サイト・ガードはフード型ではなく上部開放の大型なサイド・ガードのみ。ハンドガードは(恐らく、増大した発射炎から握り手をカバーするため)下側が前方に突き出した面白い形状をしております。
03.jpg
このフラッシュ・サプレッサーは2連丸穴が90度ずつ4方向に開かれています。
MAR用の(フラッシュ・サプレッサー)は微妙に仕様の異なる物が幾つか存在する模様です。


このモデルにはガスチューブ上面に20mmレイルを装備。全長は約85mm。
04.jpg
ドットサイトを載せている画像を見かけます。



右側セレクター。面白い事にボルトハンドルがカットされており、
05.jpg

 

左側に設けられております。
これはMARの後期型である“MODEL 699”に見られる改修で、後のガリルACEシリーズにも受け継がれる特徴です。右側を残して左右両用としなかったのは、興味深い点であります。
06.jpg
ボルトハンドル下にありますのは、ハンドルガイドを塞ぐカバーです。バネのテンションで、ハンドルの前後に合わせ動きます。


 

刻印拡大。“MODEL 699”とあります。
07.jpg
このモデルで、ロングバレル仕様や従来型と同じ右ボルトハンドル仕様や各種レイルの搭載といったオプションが用意されました。

 


このストックは金属製チューブに樹脂性カバーで全面に覆い、非常に厚いリコイル・パッドをそなえた仕様。MARで、組み合わされるストックも各種存在するようです。
08.jpg
ストック根元にありますのはイスラエルお得意のパラ・コードの切れ端。
ここにコードを通し、スリングを使い易いように調整します。



ストックを折り畳むととてもコンパクト。
09.jpg
各部に付けられている黄色のデカールは、イスラエルで現役中に施された物。
よく見ると反射式で、暗所での識別でしょうか?面白い工夫です。

現在、他にも仕様の異なるMARの在庫がございますので、次回はそれらをご紹介したいと思います!


>マイクロ ガリル MAR ショート・カービン シリーズはこちら

 

本日のツーポイント情報!!

下取りで、Vz.26 短機関銃 が東京店に入荷致しました。

HPとDetailed Photos(詳細画像) は完成しておりますので、ぜひご覧ください。

Vz.26 短機関銃(55,000円、税別)

 

平素は、シカゴレジメンタルスをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

この度ヨーロッパより到着致しました無可動実銃の新入荷品につきまして続報です。

イタリア第4軍「国家治安警察隊(Carabinieri)」より放出された
ベレッタ
BM59 自動小銃のご用意ができました。

ベレッタ BM59 Mark Ital 自動小銃 ¥230,000(税別)
ベレッタ BM59 Mark Ital TA 自動小銃 ¥270,000(税別)
ベレッタ BM59 Mark Ital Pc 自動小銃 ¥370,000(税別) (キャンセル待受付可)

今回の新入荷の中でも弊社一押しの商品ですのでご期待下さい。

明日よりHP公開、ご予約案内を開始致します。
皆様のご来店、ご注文をお待ちしています。

株式会社 シカゴレジメンタルス

 

BM59 自動小銃を仕入れた際のブログはこちら(Part 1)(Part 2)

 


2017.06.18 Sunday

「なんかもういいかな…」と思うこと

まいど!  「人生の分かれ目って案外あっけなく来るものだ」と思うシカゴ社長でございます!!

 

オーストリアのザルツブルクからロンドンのガトウィック空港に到着。  ガトウィック・エクスプレスと地下鉄を乗り継いでいつもと同じようにパディントン駅まで行くと…、いつもとは違う雰囲気(気持ち)です。 

 

何回このパディントン君に会ったことだろう…。 二ヶ月前にスタッフSちゃんがここで写真を撮っていたなぁ…。

いつまでも続くと思っていたパディントン駅から工場のあるレッドルース駅までの夜行列車の旅。 しかし、オーストリアに作る新工場と同時進行で英国工場の移転も決まりました。 場所は英国中部Leicestershire州(East Midlands地方)にほぼ決定。 シカゴが無可動のビジネスを始めた1993年から2009年末までの約17年間この地方に工場があったので元の巣に戻るようでもありますが…。

2009年末からDevon州のプリモスにあるCrown Hill要塞に移って2年、それから今のCornwall州で5年目。 南へ西へと英国の端っこまで来て「もう引っ越しする事はないだろう」と思っていただけにショックです。

 

クラーゲンフルト(オーストリア中央の南端)からレッドルース(便宜上今までは知名度の高いニューキィと呼んでいた所で、英国の南西端)まで「僻地から僻地の移動」には丸一日かかっていました。 これから二つの工場を維持していくのは実際問題ムリがあります。 East Midlandsには大きな空港があってヨーロッパ大陸との空の便も問題なし、英国の銃産業の中心地Birminghamにも近いので銃の業者も集まって好立地。←「これでエエんだよ」と自分自身に言い聞かせていますが全く納得が出来ない自分がいます。

 

いざ引っ越すとなったら今まで泊まっているホテルともお別れなんですね…。

 

このホテル(B&B)は質素ですが高級ホテルに負けない(Booking.comの)スコアが非常に高い素晴らしい宿。 室内は真っ新のように清潔でゴミ一つどころかホコリ一つありません。 ホテルが清潔にしているとお客さんも綺麗に使うので善のループが働くのでしょうね!

 

天気の良い日には庭でゆっくりと朝食が取れます。 ここに通い出して早数年「仕事でこの街に来ている」と宿の人には言ってありますが、扱っている商品については話した事はありません。 個人経営なので常連客の素性は知りたがるのですが…。

 

とてもこんな品物を扱っているとは一般人には言えませんよね!

 

引っ越しにあたってスティーブ君がコレクションを売るという事になり、シカゴがその殆どを引き受けました。 毎年恒例のウェールズ射撃旅行に持って行ったスコープ付きの銃達が無可動になるのは忍びないです。 撃ったことはありませんがソ連製 YakB ガトリングガンも含まれています。

 

これは昨年スタッフ・キートン氏と元外人部隊が使って抜群の性能を発揮した頼もしい相棒。

 

シカゴに在庫のあるガリルスナイパーライフルはこちら

ウェールズ射撃ツアーのブログはこちら

 

この下の段もスティーブ君から今回買う事になりました。 これらは映画の撮影に貸し出すビジネスをしていた時に使った品々でスクリーンに可動状態だった時の(空砲ですが)雄姿が残っているはずです。 上段はシカゴがヨーロッパから仕入れた品々。

 

同じ壁を反対側から、床に置いてあるシュワルツローゼとMG151はオーストリアから来た品です。

 

こちらは次回入荷の品。 オーストリアから来たレイジング 短機関銃にはポーランドで見つけたマガジンが無事にフィットして安心しました。 どちらも元々の放出国は同じなので行き別れの親子が再会したようですね。 片方が拒否らなくて良かった! 良かった!!

 

昔、シカゴが海外ガンショー・ツアーを組んでガンショーで日本から来たお客さんが銃を買って(勿論シカゴが購入代行して)、シューティング・レンジで射撃してから無可動にするという計画がありましたが、今考えると可哀想なことです。

自分が撃った銃を無可動にするのは、自分で育てた動物を食べてしまうような感覚ですね。

 

なんて傷心気味の事を言いながらもバッサバッサと日本向けの無可動を選んでいたらあっという間に2日間の工場での作業は終了。 最後の最後に壁に立て掛けてあったボルトアクションのライフルが滑って倒れそうになったので、とっさに銃身を掴もうとしたら指を掠めて倒れてしまいました。 指が銃身に触れた時にガードのないフロント・サイトで指をガッサリ(それも二本も)切って、床に銃と血痕がドバーッと…。 あまりにも生々しいので画像ではアップできませんが、よほど無可動になるのが嫌だったのでしょうね。 英語でフロントサイトの先ちょを「Blade(刃)」と呼ぶのも頷けます。 こんなに切れるとは…。

 

シーズン中(夏場は観光地です)の関係で二泊目は別のホテル(こちらは町一番の高級ホテルでスタッフと来るとここに泊まります)で朝御飯。  ここの洒落た朝御飯もあと何回食べられることやら…。

 

もう今回は感傷旅行と言う事で、明日のバーミンガムのミリタリー・イベントへ行く途中に昔工場のあったプリモスのCrown Hill要塞に寄って行きました。

 

残念ながら要塞の中には入れませんでした(秘密の地下道を知っているので物理的には中には入れますが、法的には入れないので)。 よくまぁ、こんな恐ろしい要塞の中で何日も泊まったなぁ、と感心することしきり…。 要塞から今の工場に移る事が決まった時は「銃屋を隠さないでいられる仕事場から離れる」のはかなりショックでした。 ←要塞の中に自分が寝泊まり出来る部屋もあったし…。

 

要塞に移った頃(2009年11月)のブログはこちら

要塞に引っ越したのが2009年の10月末ですので、その頃のシカゴ社長ブログを見てもらうと要塞の事しか書いていません。

 

2012年4月に要塞からレッドルースへ引っ越しが決まった際の驚きブログはこちら

 

2012年6月にレッドルースの最初の工場(狭い方)に移った直後のブログはこちら

偶然このブログにシカゴが本格的に古式銃のビジネスを始めるキッカケとなったコルト M1861 ネービーの入荷のお知らせが載っています。

2013年11月にレッドルースの狭い工場から広い工場に移転が決まった際のブログ

 

2014年2月の新しい(広い)今の工場の工事途中のブログはこちら。 嬉しさ満点、ここからまた元のEast Midlandsに戻るとは夢にも思っていませんでした。

 

私の人生は世界中の色んな所で住んで、落ち着いたら引っ越して…。 その場所が嫌で引っ越した事は一度もなく「もっと便利な場所!」と全て仕事の効率ばかりを考えていました。 規模が大きくなっていたので振り返る事もなく、イケイケドンドンだったのでしょうね。

 

会社の方針がイケイケドンドンでも、社員は安定した生活を望んでいるものだと言う事が「今回の(自分の意思に反しての)引っ越しの件」で良く分かりました。 

 

「社長」って仕事は人の人生を変えてしまうので私には合っていませんね。 引っ越しするだけでも嫌なのに、自分の意思に反して職が無くなるなんて考えられません。 それを決めなければいけない時があるのです、それが社長なんですよね。 

 

こんな仕事中心の生活は「なんかもういいかな…」と思う今日この頃です。

 

 

本日のツーポイント情報!!

下取りで、下記の無可動実銃3挺 が東京店に入荷致しました。

HPとDetailed Photos(詳細画像)は完成しております。

 

一部の商品ははご予約を頂いているお客様がおられますが、キャンセル待ちもお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

ベクター LM6 自動小銃(35万円、税別)

M14 ライフル(60万円、税別)

スターリング MK7 短機関銃(22万円、税別)

 

 

平素は、シカゴレジメンタルスをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

 

お待たせしております新入荷品のうち、 ベレッタ BM59 の販売を今週中に開始できる予定です。
準備が整い次第HPのアップとご予約者様へのご案内を開始する予定ですので、もうしばらくお待ちくださいませ。


ベレッタ BM59 Mark Ital 自動小銃 ¥230,000(税別)
ベレッタ BM59 Mark Ital TA 自動小銃 ¥270,000(税別)
ベレッタ BM59 Mark Ital Pc 自動小銃 ¥370,000(税別) (キャンセル待受付可)

 

皆様のご来店、ご注文を心よりお待ちしております。

 

株式会社 シカゴレジメンタルス

 

BM59 自動小銃を仕入れた際のブログはこちら(Part 1)(Part 2)


▲top