Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2014.09.26 Friday

(イギリス)エクセター⇒ボービントン⇒ロンドン

 皆様こんばんは、ロンドン中華街で中華料理を腹一杯食べて、そのまま眠りたい衝動に耐えながらブログを書いているナベでございます。今回はバストーニュ、コブレンツ、ソミュールに続きまして戦車博物館の締めボービントン戦車博物館です。出張前、社長が「ボービントン、ボービントン」と言っているのを聞きながら、社長もマダマダだな本当は「ホービントン」だよ・・・と思ったのが懐かしい(実は正解は社長の「ボービントン」ナベもマダマダだな・・・)。

朝、ホテルを出発し爽やか英国の風景を横目にボービントンへ



イギリス軍基地を通り過ぎながら博物館へ・・・と思ったら道端にマチルダMk1歩兵戦車がころがってる、貴重な戦車なのに勿体ない。


博物館の入り口近くにはチャーチルMk2歩兵戦車が鎮座、これがディエップ上陸作戦でキャタピラに小石が挟まりこんで行動不能になった奴か。


いざ入場。(チャレンジャー1主力戦車がお出迎え)


なかなか凝った博物館でダビンチの木製戦車から始まり、戦車が初めて投入された第一次世界大戦から展示がスタート。セットもリアリティーに溢れてます。鍋の上の🐭がお茶目。


初めて戦車による攻撃を受けたドイツ兵(リアルにも程があるだろ⁉)


陸上戦艦MkIV戦車、戦車の開発を主導したのは海軍大臣W・チャーチルでした。大砲装備型が雄型、機関銃装備型が雌型、両方装備したのが雌雄両体型と呼ばれました。


アラビアのロレンスがのったオートバイも(戦後に一時期、彼はボービントンで勤務していました)映画の冒頭で事故を起こしたバイクかな?


・・・コメントは差し控えさせていただきます。(2度見禁止♡)


ラグレーズ、ソミュールにもあったキングタイガーここには何と2輛も、しかもポルシェ砲塔搭載型!


格好いい砲塔なのですが前面の丸い分部がショットトラップとなって(前に当たった砲弾が上ではなく下に弾かれて車体の上面に被害が及ぶ)ため50個作った時点で生産中止、ポルシェ博士残念。


ドイツ軍の37佶ぁ■毅悪佶ぁ■沓記佶い里海箸瓦箸を弾き返しドイツ軍を恐慌状態に叩き込んだソビエト軍のKV1重戦車も展示


第二次世界大戦最強のキングタイガーを作ったドイツ軍が、コレより強い戦車を連合軍が作ったらどうしよう・・・という被害妄想&取り越し苦労で作ったヤクトタイガー。今の戦車の主砲より大きい127佶い鯏觝

戦車史に燦然と輝くダメ戦車カビナンター(戦況が危機的時期に1000輛以上も作ったのに機械的信頼性がゼロで1輛も実戦投入されず全部訓練用)まで・・・


そして我が国の九五式軽戦車(この博物館の戦車の中で最弱か?)もありました。年輩の職員さん(多分退役した軍人さん)に「ジャパニーズタンクはこっちだよ」と教えてもらいましたアリガトウ<(_ _*)> 」


と思ったらもっと弱い戦車を発見!イタリア軍のL3豆戦車だ。いやこれ火炎放射型だし下手すると九五式負けるかも・・・


ふぅ〜これで全部かヤレヤレと思ったら反対にもコーナーが、ヤバい!時間が無い急げ!残り15分ダッシュ!まず菱型戦車の試作型、戦車の原点リトル・ウィリー


日本海軍陸戦隊が英国から購入して上海事変で大活躍したビッカーズ・クロスレイ装甲車


北アフリカ戦線で捕獲したタイガー1重戦車初期型、なんか今度ブラピ主演の戦争映画に出演するとか。


と最後は時間切れが迫ったため駆け足となりましたが、大変満足100点満点の1日でした。

出張も最終段階、長かったような短かったような・・・



本日のワンポイント情報!!
下取りで、エジプト製 AKMS 自動小銃(新加工品)と 中国 五六式(プレス製レシーバー・モデル、TAG社輸入品) 自動小銃 が東京店に入荷致しました。

価格調整中ですがHPにアップしておりますので、ぜひご覧ください。
 
 

▲top