Chicago Blog

国内唯一の無可動実銃と古式銃の専門店。
スタッフの日記や元フランス外人部隊兵の声、新入荷の情報などの各種おしらせ、在庫状況など、リアルタイムにお知らせします。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.10.19 Thursday

映画と銃「Sector 4」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

久しぶりに銃の世界を垣間見た友人が「最近はまたボブチャウみたいなグリップのステッピングが多いんだね」と聞かれました。
ステッピング・グリップはチェッカーより遥かに手に食い込むし、樹脂フレームの増加に伴い、その加工がしやすくなってきたというのはありますね。しかし実は現状ステッピング・グリップにカスタムする最大のメリットは、より手に食い込むことにより、銃を払い落されたり、取られたりしにくくなること、という話をタクティカル大好きな友人が語っておりました。

そして関連して・・・
銃を構えた相手から銃を奪うには・・・みたいな話や技法があったりいたしますが・・・
銃を相手から奪うだけならば実は簡単です。特にそれがステッピングなどを施していない普通の拳銃ならば。
どんなに大男が構えた拳銃でも、ただ奪うだけなら女子供の力でも可能でございます。

しかしそこに撃たれるかも知れないリスクやそのプレッシャーなどが加わったら簡単ではない。

ネットでも武術の師範みたいな人がターッと銃を奪ったりしていますし、最近は日本のテレビドラマでもそれなりの武術や護身術の師に習った上で、敵の銃を払い落としたり、奪ったりするシーンがあります。
しかし・・・案外多くの場合、特に相手が銃の場合、してはいけない最大の間違いをこれらの映像では犯している場合が多かったりします。
それだけは注意しないとまず撃たれるリスクが大変高い・・・という。
簡単に言うと、サバキ、銃を奪うどの時点でも銃口が自分を向いていてはいけません。これは通常の銃の扱いではむしろ当たり前。ましてや敵が銃を持っている場合はなおさら。しかしここが案外守られていない場合が少なく無い。たぶん、相手のナイフを奪う技術の応用によるものなのか、銃を知らない武術家が教えたかなどが原因かと。
武術はあくまで武術のエキスパートなので、銃のことは詳しくない場合が少なくありません。

で、そんなシーンがある映画、それもなかなか良い例をきっちりやっている映画として、今回はこれを取り上げます。
「セクター4」

主演はこの人オリヴィエ・グラナー。
0.jpg
※私の長年の友人にすごく顔が似ている。老けた顔も似ております。

その昔はこちらのブログでも紹介した「ネメシス」という映画に出ておりまして、知る人ぞ知る、役者以前の経歴がよくわからないけど、やたら良く動く俳優さんという感じ。

今回も脱出時、腕を縛られているため、足技のみでクルクル回ってゲリラを倒すグラナーさん。
2.jpg
こんな脱出方法はグラナーとかラングレンやヴァンダムしかできません。

こちらはネメシスの頃。挽歌の影響が強いですな。
20.jpg
>>以前の「ネメシス」のブログはこちら

ちなみに「ネメシス」以降はさらにマイナーな作品ばかりにしか出ておらず、本当にあまり知られておりません。
なお、昔は日本ではオリバー・グラナーと書かれ、その後オリヴィエ・グラナーになりました。たぶん、後者の発音が近いかと。

しかし今回、グラナーさん、ついに監督脚本主演までやってしまったという。
つまり・・・あなたのやりたいことはつまりこれなのね?という作品。

お話的には、アメリカが非公式にゲリラの巣窟エリア「セクター4」に、傭兵を暗殺に向かわせたが逆に捕らえられ、逃げ延びたグラナーがまた部下を救いに戦場に舞い戻る話。

正直、セクター4でのシーンは安く、そこでの発砲もCGを多用、ゲリラの皆様も安い。映画として観れば間違い無くCZ級のZ付近にある映画です。

何度か出てくる無人機もCZ級の匂いが・・・
1.jpg
ペッペレー♪と往年のテレビスタートレックのエンタープライズ号のシーンみたいでございます・・・

だがしかし・・・このグラナーが脱出後、仲間を助けるために自らを鍛えなおす訓練シーン。
そこで登場するこの方。誰?みたいな。
9.jpg
イスラエル人の元猛者とのことで、「私の生き残ってきた術を教えよう」みたいなことを仰います。
つまりは師匠について修行するわけでございます。

実はこの修行シーンが一番面白い。というか、この映画の見どころはそこしかないかも知れません・・・

その前に総合格闘技の訓練シーンとかもなぜかあるのでございますがね。
10.jpg
つまりやりたいことをやっています。

修行シーン。
3.jpg

撃ちましたら、必ず後方確認がこの流派の特徴の1つらしいです。
4.jpg

相手をサバいて銃を抜く。
7.jpg

8.jpg

あるいは突き付けられたり、向けられた銃を奪ったり。
11.jpg

12.jpg

長物(M16A1)で相手の銃をサバキ、
15.jpg

銃口で突いたり。
14.jpg

接近戦では構えがコンパクトなのも最近のトレンドの1つですね。
16.jpg
「ジョン・ウィック」や日本のドラマ「コードネーム・ミラージュ」でもやっていました。

ちなみに戦場では主にFN SCAR-Lを使用。
6.jpg

個人的には訓練シーンでかなり楽しめましたが・・・映画としてはイマイチどころか、全くお勧めできません。
しかも訓練シーンも好き物が見ないと、全く面白くないという。
ですので・・・決してお勧めはしません。

かく言う私も、5枚千円でたまたま観たという・・・

しかしながら今後、このオリヴィエ・グラナーと「ルール/無法都市」のジョニー・ストロングはタクティカル・アクターになるかも知れません。

私と私の友人は地味に注目しているのでございます。

>>セクター4にて使用されたSCARはこちら
>>グラナーが訓練にも使用したM16A1はこちら

 

 

本日のワンポイント情報!!

東京店在庫品の ルフォーショー・フランコット 6連発 リボルバー 短銃身モデル (銃砲刀剣類登録証付古式銃、ダミー薬莢付) のHP解説とD/P(詳細画像) を本日追加いたしました。

この度、新たにダミー薬莢付となりました! (弾頭は付属しません)

ぜひHPをご覧ください。 

 

ルフォーショー・フランコット 6連発 リボルバー 短銃身モデル (銃砲刀剣類登録証付古式銃、ダミー薬莢付)(150万円、税別)


2012.03.11 Sunday

映画と銃「Nemesis」

御機嫌よう、スタッフBでございます。

以前、ケンと話をしておりまして、彼が「B、C級で、傑作とか言う気はないけど、妙に印象に残った」と評した作品がありまして・・・

それが本作「ネメシス」でございました。

ケンの言う評価はあながち外れてはおらず・・・なんと申しましょうか・・・
ところどころの意味深なシーンやアクションシーンはなかなか良いのですが・・・
なにかが足りない。

一応、メインのストーリーというか脚本はそれなりに作りこまれてもいるのですが・・・
映画を観ている観客には設定が頭に残らないというか・・・
ビデオストレートや自主映画な感覚がどこか取り払えないという。・・・大味を通り越して雑・・・
おかげで今のところDVD化はされておらず・・・

それもそのはず、この監督さんはアルバート・ピュン。
いわゆるCZ級のパチくさい映画を大量製作する方。
というか・・・ご本人の経歴もなんだか・・・という方だったりするのでございます(資料によって色々)。

しかし、なんとなくコンセプトが面白かったり、いくつかのカットやシーンにキレているくらいのカッコ良いキレを感じたりするのがなんとも厄介なところ、という。

あくまでも私の意見ではございますが・・・こういう方は監督をやるより、むしろ製作にまわって「こんな雰囲気を撮りたい」「こういうシーンを撮りたい」みたいなところだけを監督に押し付け、あとはお任せした方がより面白い作品が生まれるように思うのでございます。

さて、そんなピュン監督の中でもその代表作といえるのが、この「ネメシス」。
なにしろ「4」まで創られているのですから・・・

そんな「ネメシス」を一言で言うならば・・・
「ブレードランナー」と「ターミネーター」を足して、「攻殻機動隊」で割ったような設定の映画。
しかし・・・冒頭・・・

「男たちの挽歌」みたいでございます。
1.jpg

その後、この主人公は重傷を負うと雰囲気が変わるという感じで・・・

「ランボー」になったり・・・
2.jpg

「ロック様」のようになったりいたします。
3.jpg

登場する銃器はやたらと登場するMP5。特にクルツが多いような・・・
5.jpg
まるで邦画のような銃器のアップ。なぜかフレームのキャップがシルバー。

あとショットガン。

主人公は冒頭にスパス。
4.jpg

オートで撃ちまくるのでございます。
12.jpg

近未来荒廃物ですので、MP5やベネリもやたらとゴテゴテついています。
実際のレーザーサイトから、怪しげなパイプまで。

このベネリなどは・・・
上部の筒がランチャーです。
6.jpg

MP5はSDのサプレッサーをパイプに換えて、マズルブレーキっぽい穴を空けていたりします。
16.jpg

どうでもいい話でございますが、この悪役のボスはスパイ大作戦のフェルブス君みたいに見えます。
15.jpg

さらに壁に銃撃で穴を開けて・・・
10.jpg

登場するのはマシンガンナー。
7-1.jpg

奥の方はM60らしく、手前が30口径・・・と思っていましたら・・・

よく見ると50口径でした・・・絶句でございます。
7.jpg

ターミネーター3より一足早くマシンガンのスリング掛けをやっていると思いましたら、さらに50口径という・・・果たしてこんな風に持てるのでございましょうか?

ちなみにM60はその後に別の役が使いまわし風に装備。
それを見るとM60Dをエイリアン2のスマートガン風にマウントしてありました。
こちらはエイリアン2のパクリでございますね。
8.jpg

この映画、やたらと銃で穴を開けるのが好きでございまして・・・
主人公は床に穴を開けて階下に脱出。
13.jpg

と、このくらいなら、まだ他作品にもありそうな演出でございますが・・・
数フロアをノンストップでこの方法にて降りていきます。

この映画このような無茶な演出が多く。

壊れて斜めに倒れているビルの壁面を登っていったり・・・
9.jpg

しまいには崖から滝の下に落ちながら空中で一回転しつつ射撃・・・のような。
14.jpg

他にも色々とムチャなアクションがございます。
そしてこれこそが「ネメシス」の真骨頂かも知れません。

最後に・・・実は本作品は日本での公開の際にラストのクライマックスが削除されて上映されました。

こんなシーン。
17.jpg

死んだはずの敵が機械の骨組みで襲ってくる・・・それがラストバトルという感じなのでございますが・・・
日本公開版では無し。ビデオでも同じく削除。

このためラストのクライマックスはその1つ前の戦いで終わり、エンディングに至る
ケン曰く「ラストはわりとさっぱり終わる」という印象になっていたようで・・・
理由はわかりませんが・・・敵の骨組みがなんとなくチャチだから削除?という推測はできます。

確かに全編ムチャなボディアクションと撃ちあいで押してきて、最後にこれはないのではないか?と思ったりいたします。

なんにせよ、アルバート・ピュンの作品の中では、とりあえず本作とジャン・クロード・ヴァンダムの出世作「サイボーグ」を観ておけば充分かと思います。
ただし間違えても「ネメシス」の「2」〜「4」はお薦めいたしません。マッチョな女性がお好きならば別でございますが・・・

>>M60はこちら
>>MP5はこちら


2010.10.13 Wednesday

我、ゾンビと戦わば

どーもケンです。

前回に引き続き、あなたや私がゾンビ世界に放り出されたなら・・・
の続きです。

ありがたいお話で、コメント以外にも直接お電話いただいたり、店頭でこのネタに関する話をいただきました。

例えば・・・あるお客様は「MP7」を選択したいとか。
200メートルくらいまでの命中精度は折り紙つき、40発の弾倉もあるし、弾が小さいからマグパウチとは別にショルダーバッグでもDAYバッグに予備の弾を入れておいてもかなり弾が入ります。
なにより銃本体が小さいので様々な状況で負荷が減らせますし。
私も正直MP7は頭にありました。

個人的にFN-P90というのも良いのですが・・・こちらは弾倉にかなりクセがあります。
特に再装填。しかし20連発のFN-ファイブセブンとのコンビネーションは捨てがたい・・・。

他のお客様では「ブッシュマスター」
・・・ええ!? チェーンガンの方じゃないですよね?(当たり前だ)
ブルパップの走り。
私も個人的に結構好きな銃なんですが・・・精度が出せないとか、構えの基本が腰だめですが・・・いいんですか?
今度ご来店になったら詳しくお話を聞いてみたいですね。意外な理由があるかも知れません。
私的にはトリガー部のワイヤーをなんとかして、レール付けてとか・・・アメリカなんかでイングラムやスターリングを大幅カスタムしてるようなノリでモダナイズドしてみたい気はしますね。

しかし・・・ふと気づく・・・この2挺、どちらもPDWコンセプトの銃ですね。
弊社に入荷したら面白そうな銃です。ブッシュマスターは過去にありましたけど。

他にも自分ならこれ!のご意見があればコメントなどでどうぞ書いていって下さい。
ま、好みでいいんですよね。
別に「ナチスドイツ軍装して絶対MP40」でもいいんです。・・・でもその格好でヨーロッパ行っちゃダメですよ。特にドイツ。


さて、本編です。

今回はやや特殊な兵器・・・


機関銃

「ランドオブデッド」
ランド-M60.jpg
こちらはランドオブデッドの対ゾンビ特殊車両。固定銃座にM60。H型のグリップトリガーです。上から垂らされたアモベルトが素敵。

前回、弾をばら撒くのはあまり有効では無いと書きました。
長い射程もあまり必要性が無いとも。
そう考えると機関銃系は選択肢から外れそうですが・・・
車両やどこかに立て篭もる、あるいは一時的にキャンプを張るなどには有効かも知れません。

例えばM2の50口径ならばゾンビのどこに当たっても限りなく致命的に近いダメージを与えられますし(有り余るエネルギーが全身に到達します)、M2を単発にしての狙撃が可能なのはフォークランドを見ても明らか。
狙撃でなくとも、できるだけ単発にして、頭でなくともいいので、1体1体狙っていくべきでしょうね。
フルオートは最後の武器です。

MG34もいいですね。
セミオートも可能ですし、なにより未だに第3国で現役であることからも、その耐久性がわかります。

反面フルオートしかできず、指切りでも常に数発撃ってしまうくらいの発射速度の銃ですと・・・かなり無駄な弾が出て来てしまいます。

あと・・・状況によっては最悪、捨てて行くことになりますけど。なにしろ極限状態になる可能性もありますので・・・

整備を含め、使いこなせる人間がいて、なおかつ車両で移動をして、弾薬を積んでおけるなら、あって損は無い兵器でしょう。


狙撃銃

リメイクゾンビ+狙撃.jpg
「ゾンビ」リメイク版より。M700でしょうか?しかしゾンビで遊んだバチが当たります。

憧れの狙撃銃です。
しかし・・・あまり・・・使いどころが無いかも・・・

300〜500メートル先のゾンビを撃つ必要性・・・無いですよね。
こちらに近づいて来ないなら、放っておきましょう。弾の無駄です。

あえて言うと300メートル先のスーパーマーケットにみんなで移動しよう、とか言うときの露払いならば考えられます。
支援狙撃ですね。

そう考えると、ライトスナイパーライフル辺り・・・それも自動小銃が良いかも知れません。
M16系カスタム、HK33系、SIG550系。これらアサルトライフルなら、いざとなれば近接での射撃でも活躍できます。

もう少し射程と弾道の安定性を考えてAR10系カスタム(SR-25を含む)、M14、G3辺りでも良いかも知れません。

装備として必要以上に隠れる必要は無いので2脚は付けっぱなしで。スコープは低倍率、ダットサイトを併用しておけば咄嗟の際に便利でしょうね。ダットサイトにブースターでも充分かも。

ただし・・・スコープ覗いて集中しすぎて・・・気が付いたら噛まれていた・・・
なんて洒落になりませんから、気をつけて下さい。

バイオ-スナイパー.jpg
「バイオハザード2」のスターズ隊員。L96ですかね?しかし相手が悪かったようです。



ロケットランチャー系

ランド-ロケラン.jpg
「ランド オブ ザ・デッド」の特殊車両から放たれる怪しげなロケラン攻撃。このくらいの威力があれば結構使えるかも・・・。

通称ロケラン。これまた・・・使いどころが難しいです。
映画で観るより最低射程が意外に遠いのはご存知の通り。近くで爆発したら洒落になりませんからね。

すごっく数が多いときの掃討、足止めくらい・・・
しかしすっごく数が多かったら・・・本当に時間稼ぎにしかなりません。
なるべく早くその場から逃げましょう。

それでも・・・あると心強いですよね、この手の兵器は・・・

軽量のM72数本とか、RPGと弾薬なら、爆発系兵器がどうしても必要な際を考えて、持っていても損はありません。できれば要車両で。ベトナム方式でM72をパラコードで繋いで数本持ってもいいですね。
しかしこれらがあっても・・・例えば橋1つを壊して足止めとかはできません。
橋って丈夫なんです。

総合的に考えると、他の装備を犠牲にしてまで持つ必要な無いかと・・・。ネメシスとかTとか出てこないはずですし。

違う選択肢として、爆発物系を念のため持ちたいが、ロケットランチャー系はオーバーウェイトという場合は手榴弾系を持っていく手もありますね。
ただし手榴弾は爆発力自体はあまり無いですから使いどころ、使い方に工夫が必要と思われます。

しかし爆発物があっても可能な限りさっさと逃げましょう。
出ないとそれこそ映画の「バイオハザード2」のような警察と特殊部隊が総力を上げても防ぎきれない状態になります。
バイオ-制圧.jpg
「バイオハザード2」より。軽機や手榴弾も使いましたが・・・この後、ゾンビに殲滅されてしまいます。


その他
アメリカのゾンビ映画ですと・・・なぜか結構登場するウィンチェスター系というかレバーアクション系。

リメイク版「NIGHT OF THE LIVING DEAD」
NOL+ヘンリーライフル.jpg
ヘンリーライフルですね。装弾口が見えないし、ちゃんとしたヘンリーっぽいです。弾こめているらしきシーンがあります。

バイオハザード3でもクレアがウィンチェスターを使用。
バイオ-ウィンチェスター.jpg

現在において実用性はともかく、映画ではアメリカのどこにでもありそうな銃という感じなのかも知れません。
実用的には素人にも扱いやすいところがいいですね。そして巧い人が使えばそれなりに使えます。
自動小銃など近代兵器が手に入らなければこれはこれでありがたい武器です。
弾をポケットにジャラジャラ、あるいはガンベルトに差し込んでおいてもいいです。ショルダーバッグにありったけ持って行きますか?



最後に今回、特殊車両の話が出てきましたので・・・ついでにそんなお話。
「屋根の無い車では・・・」という台詞が映画にあるとおり、それなりの車がほしいですね。

ちょっと見繕ってみましょう・・・
まず「ランド オブ ザ・デッド」の対ゾンビ特殊車両
ランドデッド車両.jpg
トレーラーを改造したのですかね?左右に機関銃座配置、天井には花火打ち上げ機(重要)とカチューシャ風ロケラン。実は正面にはガトリングガンも付いています。内部はなかなかハイテクです。
この映画では安全で補給可能な拠点があるからこそ可能な重装備。


続いて「地球が燃えつきる日」のランドマスター
ランドマスター.jpg
えっと・・・12輪って言っていいんでしょうか?
デザインからわかるとおり3輪が状況に応じてクルクル回ります。本当に回るのです。
察するに車輪とキャタピラの両方のメリットを狙った・・・かどうかはわかりません。駆動系はどうなっている?っていうか駆動系が絶対壊れやすいと思います。

ミサイルに正面左右銃座、ガトリングが無い分、前述の特殊車両より武装は弱いですが・・・内部にいる限り安全だと思われます。
対ゾンビ車両ではありませんが、ゾンビにも充分対抗できるでしょう。
実は映画至上屈指の人気を誇る特殊車両なのです。

しかし映画の内容の方は「燃えつきている」そうで、映画会社が何度か上映を見合わせたほど・・・原作は面白いのに・・・(スタッフB談)
あ、出演者に「エアウルフ」のジャン・マイケル・ビンセントが出てます。


「バトルトラック」のバトルトラック
バトルトラック.jpg
スタッフの誰もこの映画を見てません・・・詳細不明。装甲トラックのようです。
通常のトラックに防弾板付けただけですが・・・結構渋い。
劇中はコンボイ組んでいるようです。

ただ、当時のCMはなにか魅かれるものがありました。
しかしバトルトラックは敵で・・・主人公はイカすバイク野郎らしいです。


これらの車両がもしお気に召さなければ・・・もうこれしかありません。強制です。

メガフォースのハイテク指令車両(1980年代時点のハイテクです)
メガフォース.jpg
怪しげな電子機器満載で主兵装はミサイル。他に小さいバギーやバイクが仲間で・・・みんなミサイル撃ちます。
あげくバイクはジャンプして戦車を倒す。
なお、この車両に乗るには銀色の全身タイツ一歩手前の戦闘服に身を包まないといけません。さらに劇中を観る限りバギーや指令車両は凄く運転が不安定のようです。
対ゾンビ戦に向いているかは全くわからず、それどころかおそらくなぜ自分がこれに乗っているかわからなくなるような乗り物です。

さあ、好きな車両乗って、好きな銃選んで、人類最期の日へGOです!
次回は「我、ターミネーターと戦わば」です(嘘です。)

>>俺は車両から降りないぞ!という機関銃なお客様はこちら
>>俺の支援は誰がするんだー、という狙撃なお客様はこちら
>>RPGだろうがM72だろうが構わず「バズーカ!」と叫ぶバズーカなお客様はこちら
>>ジョン・ウェインを兄貴!と呼ぶレバーアクションなお客様はこちら


本日のワンポイント情報!!
買取りで旧加工品のビッカースMKI重機関銃が入荷しました。
すでにHPに上がっておりますので、どうぞご覧下さい。


▲top